活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

イケてる大人 イケてない大人

満足度★★★
付箋数:22

お金を持っている50~60代生活者の
マーケットを狙って、数多くの企業が
「シニア向け」の商品やサービスを
提供しています。

しかし、当の50代、60代の方は自分が
シニアと呼ばれることを認めたくありません。

商品に「シニア」を匂わすフレーズが
ついていると、かえって自分のことではない
と思うのです。

当然、高齢者、シルバーといった呼称も
この世代には届きません。

では、どんな呼び方だったら届くのか?

この層は歳を経て社会生活を積んできた
自分たちのことを、若者ではないと
思っていますが、おじいさん、おっさんとも
違うと思っています。

そんな彼らが、唯一抵抗なく受け入れている
呼称があります。

それが、「大人」という呼び方。

本書は、そんな「大人」と呼ばれたい層の
中でも、マーケットを牽引し、若い世代から
支持される「イケてる大人像」を
アンケート調査等によって炙り出す本です。

調査したのは、広告会社博報堂の
「新しい大人文化研究所(新大人研)」です。

新大人研は、博報堂の社内組織として
発足して、40代後半から70代までの
大人世代のリサーチとマーケティングを
専門に扱うプロフェッショナル集団。

実は、イケてる大人像といっても、
大人世代が考える「イケてる」と
若者世代が考える「イケてる」は違います。

新大人研が実施した調査では、その両方の
世代にアンケートを取り、その認識の違いを
浮き彫りにします。

大人世代の人が、後輩や部下と2名で食事を
したとき、お勘定はどうすべきか?

実際に大人世代がどのように支払っているか
というと、一番多いのが「全ておごる」で、
37%を占めました。

一方、若者世代にお勘定の何割を
おごってくれる大人が、「イケている」かを
聞くと、ちょっと違った答えが返ってきました。

一番イケているのは、全ておごるではなく
「8割」という回答でした。

  「えらい人だったら、全おごりして
  もらうのがありがたいけど、直属の上司
  だったら、気がひけるので多めくらいが
  ちょうどいい」

今の若者世代は、空気を読む力が高いので、
上司のお財布事情まで察してくれるようです。

また、20代~30代の働く女性「キャリジョ」
が行った座談会では、「イケてる上司」の
飲み会の誘い方も紹介されていました。

誘う側の上司に知っておいて欲しいのが
「3分の2の法則」。

これは、お店・メンバー・タイミングの
3つの項目のうち、どれか2つがGoodなら、
その飲み会には行きたくなるという法則。

この3項目のうち、2項目を揃えられるのが、
イケてる上司なのです。

メンバーについては、上司が部下の人間関係
の本音を把握していなければ難しいですが、
お店とタイミングの判断は、実は簡単です。

お店選びのイケてるポイントは、
「同世代だけでは行きにくいお店」かどうか。

ちょっと高級、通っぽい、大将が強面、
こういった店だと歓迎されます。

タイミングの判断は、プライベートタイム
として楽しみたい次の2つを避けるだけ。

1つは毎週の金曜日の夜、そしてもう1つは
キャリジョにとって大切な誕生日やクリスマス
近くのイベント繁忙期です。

キャリジョを誘って飲みに行きたい上司は、
「3分の2の法則」は、押さえておいた方が
いいようです。

この本から何を活かすか?

本書では、アンケート調査や座談会、
インタビューなどを通じて、新大人研は
「イケてる大人の7か条」をまとめています。

  第1条 誰に対しても気遣う、励ます
  第2条 人前でいつも元気、明るい
  第3条 丁寧に話す、礼節がある
  第4条 挑戦し続ける、勉強し続ける
  第5条 「家族と仲良く」に努力する
  第6条 責任を持って知恵を伝える
  第7条 見た目によく気を配る

この第1条とは逆に「愚痴る・威張る・不機嫌」
が、嫌われる大人の特徴のようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| マーケティング・営業 | 06:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

起業家のためのマーケティングバイブル

満足度★★★
付箋数:20

株式会社ウェイビーの伊藤史織さんより、
献本いただきました。ありがとうございます。

株式会社ウェイビーは2010年に設立された、
比較的新しい起業家を支援するための会社。

同社は「起業家とともに世界を変える」ことを
ポリシーとして掲げています。

現在は支援する起業家数は年間3000社を超え、
国内屈指の起業家支援会社に成長しました。

本書は、ウェイビー代表取締役社長の
伊藤健太さんが、起業家が必ず知っておくべき
マーケティングについて書いた本です。

ところでマーケティングとは、一体、何か?

今さら、そんな常識的なことを聞かなくても、
マーケティングなんて知っていて当然と
思った人も多いことでしょう。

しかし、市場調査や新し商品を作ること、
あるいは売れる仕組みをつくって集客する
ことがマーケティングだと考えている人が
多いと、伊藤さんは指摘します。

もちろん、これらの考えが完全に
間違っているわけではありません。

ただし、これらはあくまで手段であって、
マーケティングの根本ではありません。

  「マーケティングはツールではありません。
  企業の目的である “お客様を守る” 
   “お客様を豊かにする” ということを
  達成するための根源的な考え方なのです。
  市場調査にも、研究開発にもマーケティングの
  エッセンスが必要となります。
  マーケティングとは何かと問われたら、
   “お客様を守る”  “お客様を豊かにする” 
  という発想のことだと、考えるように
  してください。」

本書は、具体的なノウハウよりも、
このような起業家が押さえておくべき
大切なことについて書かれている本です。

ところで、自社の商品を売るための営業活動に
あまりいい印象を持っていない人もいます。

それは営業が、売上を上げるために、
お客様にゴリ押しするイメージを
強く持っているからだと思います。

まず、前提として、自分たちが提供する
商品やサービスは、相対的、もしくは
比較ができないレベルで、自社にしかできない
価値をつくっていかなければいけません。

だからこそ、お客様にとって価値のある
商品やサービスを知らせなければ、
お客様は他のサービスレベルの低いものを
買ってしまうことになります。

結果として、しっかりと営業しなければ、
お客様は不幸になってしまうのです。

  「問題を抱えるお客さまの役に立ち、
  その結果売上があがり、企業が成長し、
  さらにお客さまの役に立てるように
  なるのです。だからこそ、お客さまに
  しっかりと価値を提供していかなければ
  なりません。
  そのような気持ちがあるかないかで、
  商品やサービスの売れ行きは
  変わってきます。」

本書で伊藤さんが熱く語っているのは、
このような本質論です。

本書にマーケティングのテクニックを
求めて読むと、あまり期待したノウハウが
書かれていないと思うかもしれません。

しかし、本書には広義のマーケティングに
ついて書かれていて、それは起業する方が
見失ってはいけない大切なポイントに
なっていると思います。

  第1章 起業家が知っておくべき
     基礎的マーケティング術
  第2章 起業家必見 徹底的にマーケティングを
     大切にした発想
  第3章 お客さまのことを考え抜いた販売術
  第4章 商品&サービスや販売&営業を
     決定的に強化するための提携術
  第5章 お客さまとの関係強化、
     成長をしていく術
この本から何を活かすか?

食べログとホットペッパーは競合していない?

飲食店のマッチングを提供する2社。

実はお客様に提供する価値で考えると、
それほど競合していないと伊藤さんは
指摘します。

食べログが本来提供すべき価値は、
「失敗しないお店選び」です。

そのための手段が「口コミ」です。

一方、ホットペッパーのベネフィットは、
「安いお店の検索」です。

だから、安さを提供するために、
クーポンを配布しているのです。

つまり、食べログは失敗しないお店選びで、
ホットペッパーが安さという、
異なったベネフィットを提供しているので、
この2社は両立しているのです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| マーケティング・営業 | 06:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

レシピ公開「伊右衛門」と絶対秘密「コカ・コーラ」、どっちが賢い?

満足度★★★★
付箋数:24

・個人で特許を取れば、特許料が入ってきて、
 働かずして収入を得ることができる。

・特許をたくさん取っている会社ほど儲かる。

・特許を取れば、そのアイディアは盗まれない。

特許について、このように思っている方も
多いかもしれません。

これらは、特許に抱く幻想であり、
大きな誤解のようです。

日本で最も特許出願の多い企業の一つに、
パナソニックがあります。

そのパナソニックが大赤字を出した2013年に、
当時、同社の知的財産センター所長だった
豊田秀夫さんは、次のようなコメントを
残しています。

  「特許をたくさん持っているだけでは
  競争相手と戦えないことがよく分かった。
   “この職場で50件” などど決めて特許を
  取っても、使えるのは1、2件ということも
  あった。取得数が多いのは技術者に対する
  発明奨励のため、積極的に出願させたことが
  一因だ。その結果、取得数がノルマ化し、
  実際に活用できる特許は限られていた。
  特許の取得や維持のコストもかさんだ。」

実際にビジネスで使えない「休眠特許」は、
コストだけがかかる不良在庫です。

自己満足でしかありません。

しかし、特許を取ることのデメリットは
それだけではありません。

本書の著者、知財コミュニケーターの
新井信昭さんは、特許を次のように表現します。

  「私なりの言い方をすると、特許という
  ものは “知財に着せた透明な防護服” です。
  放射線から作業者を守る放射線防護服や
  火災から消防士を守る消防服のイメージです。
  防護服を着ていれば、外敵からは守られる
  かもしれませんが、透明なので中身は
  丸見えになってしまっている。
  これが特許なのです。」

新井さんが、特許を「透明な防護服」と
形容するのは、出願してから1年半経つと、
そのアイディアはインターネットを通じて
全世界にさらされてしまうからです。

特許が取れた、取れないにかかわらず、
出願された全てのアイディアが公開されます。

アイディアを守ろうとして出した特許が、
守るどころか、逆にそのアイディアを
全世界にさらす行為になるのです。

特許が取れなかった場合、そこにあるのは、
「大事なアイディアが世界中にさらされる」
というリスクのみ。

では、無事に特許が取れれば安心なのか?

実は、そうでもありません。

なぜなら、アイディアには国境はありませんが、
特許には国境があるからです。

特許は国ごとのものなので、
その効力は国内限定です。

世界中でそのアイディアを守ろうとすると、
何十カ国でも同じ特許を取得しなければ
ならないのです。

新井さんは、特許への誤解を解くために、
このようなデメリットを並べていますが、
特許を完全に否定している訳ではありません。

特許は、出願したほうがいい場合と、
出願しないほうがいい場合があるのです。

本書のタイトルにもなっている、
レシピ公開のサントリー「伊右衛門」と
絶対秘密主義を貫く「コカ・コーラ」の
どちらが賢いかは、その企業の取る
戦略次第なのです。

本書は、私たちの特許に対するイメージを
覆し、特許・知財についての新しい常識を
わかりやすく解説します。

特許の実例を挙げてた説明には、
なるほどと、思わず膝を打ってしまいます。

ただし、後半で知的財産管理技能士の
資格取得を推奨するくだりは、
個人的には、そこまで重宝される
ようには思えませんでした。

この本から何を活かすか?

本書で解説される特許を取得すべきかどうか
見極めるポイントは、次の3つです。

 1. その特許が現在または将来の自分の
  ビジネスに役立つかどうか。

 2. 自分のアイディアをもとに作られた製品を
  見たただけで、他者がそのアイディアを
  真似できるかどうか。

 3. 自分のアイディアをパクった者が現れた
  とき、裁判を戦う覚悟と勇気と費用が
  あるかどうか。

新井さんは、この3つのポイントに加え、
特許を取得する「目的」を、しっかり考える
ようにアドバイスしています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| マーケティング・営業 | 06:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

空気のつくり方

満足度★★★★
付箋数:25

2016年10月16日、横浜DeNAベイスターズ
球団社長だった池田純さんが任期満了を伴って
退任しました。

池田さんは2011年12月に球団社長に就任以来、
数々の改革を断行し、2015年にはハマスタの
友好的TOBに成功します。

このTOBによって、前代未聞、不可能といわれた
球団と球場の一体経営を実現させ、
短期間で経営を大きく好転させました。

池田さんが就任してからのベイスターズの
観客動員数と売上の推移は次の通りです。

    観客動員数    売上高
2011年  110万人   51億円
2012年  117万人   58億円
2013年  143万人   68億円
2014年  156万人   77億円
2015年  181万人   93億円

2011年以来、観客動員数は65%アップ、
売上高は80%アップ、球団の赤字も80%削減
しました。

実は、この間、ベイスターズは勝つことで
来場者数の増加を実現したわけではありません。

2011年からのセ・リーグのペナントレースでの
結果は、6位、6位、5位、5位、6位と
ずっと最下位争いを続けていました。

それでは、なぜ、ベイスターズは最下位でも、
連日球場が満員になったのでしょうか?

  「データをひたすら分析するだけでなく、
  世の中に漂う空気を嗅ぎ取り、その先の空気を
  つくり出すことが重要なのです。
   “今、ハマスタへ行くとワクワクドキドキする
  何かに必ず出会えるはず!” 
  大袈裟な表現かもしれませんが、ファンと
  お客さまのこうした気持ちをつくり出すことが
  理想です。コントロールできる領域は
  完全にコントロールし、勝敗や天気にすら
  左右されない “空気” をどれだけつくれるかが、
  スタジアムが連日連夜満員になる鍵なのです。」

本書は、池田さんの「空気をつくる」
マーケティングのノウハウをまとめた本です。

ちなみに、本書のタイトルは1970年代に
出版された山本七平さんの『「空気」の研究
へのオマージュでもあります。

池田さんは20代前半でこの本に出会い、
日本人を支配する「空気」が経営においても
重要な武器になることを知ったそうです。

さて、池田さんが、「コントロールできる領域」
として徹底してコントロールしたのが
次の3つの領域です。

 1. コミュニケーション

 地元の方々にあらゆる情報を発信して、
 チームが成長しようともがいている姿を
 我がことのように感じてもらう努力を
 あらゆる側面で続けました。

 2. 経営の革新性・透明性

 ハマスタのTOBを含め、既存の概念にとらわれず、
 新しいことに挑戦し、経営を透明にして、
 地元の方々に伝えました。

 3. ブランディング
 
 横浜という街のブランドにシンクロさせるため、
 広告を含むすべてのデザインにこだわり、
 おしゃれでカッコいいと感じてもらえるよう
 ブランディングを進めました。

池田さんのマーケティングは数値で綿密に
計算されていると同時に、空気感やセンスを
重要視したものです。

  「本当に魅力的なものは人間のハートが
  生み出すものです。顧客のハートを魅了する
  情緒的な何かを創造して、興奮し驚愕し感動する
  エンターテイメントやストーリーを提供する。
  それが究極のマーケティングです。」

本書では、その究極のマーケティングの
極意が惜しみなく公開されています。

ベイスターズファンの方でも、そうでない方でも
非常に参考になるマーケティング本です。

この本から何を活かすか?

  「どんなにマーケティングを駆使しても、
  究極的にいうと、ブランドをつくる
  ということはできません。
  ブランディングという作業をし続ける
  ことはできますが、ブランドと認識
  するのは、あくまで顧客の心です。
  ブランドは “なれるか・なれないか”
  であり、こちらの意図によってつくる
  ことができると考えるのは、
  あまりに傲慢です。」

30代半ばから社長に就任したこともあり、
どちらかと言うと、若くて傲慢と見られる
こともあった池田さんですが、
実は、経営には謙虚でしたたかな方でした。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| マーケティング・営業 | 10:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

これ、いったいどうやったら売れるんですか?

満足度★★★
付箋数:20

  「ビジネスの世界には、2種類の人がいます。
  一生懸命頑張っているのに、なかなか商品が
  売れない人。そして、あまり頑張っている
  感じはしないのに、なぜか商品が売れている
  人です。
  なぜか売れている人は、マーケティングの
  考え方を理解して、それを行っています。
  マーケティングとは、 “頑張らなくても
  売れる方法” を整理して、誰もができるように
  した考え方なのです。だからビジネスパーソン
  にとって、必ず役に立ちます。」

本書は、マーケティングを知らないまま、
ムダな努力をしないように、マーケティングの
考え方をわかりやすく解説した本です。

著者は、『100円のコーラを1000円で売る方法
のシリーズが累計60万部を超える大ヒットと
なった、マーケティング戦略アドバイザーの
永井孝尚さんです。

本書では、身近な疑問からはじめて、
楽しみながらマーケティング理論が、
自然とわかるように書かれています。

各章のタイトルだけ見ても非常にキャッチーで
思わず「どうして?」と聞きたくなるような
疑問形の文章が並んでいます。

 第1章 腕時計をする人は少ないのに、
    なぜ腕時計のCMは増えているのか?
 第2章 人はベンツを買った後どうして
    ベンツの広告を見てしまうのか
 第3章 雪の北海道でマンゴーを育てる?
 第4章 あの行列のプリン屋が赤字の理由
 第5章 なぜセブンの隣にセブンがあるのか?
 第6章 女性の太った財布には、何が入っているのか
 第7章 きゃりーぱみゅぱみゅは、
    なぜブレイクしたのか?
 第8章 古本屋がふつうの本屋より儲かる理由

では、この中から「北海道のマンゴー」について
紹介します。

真冬のある日のこと。

永井さんは、デパ地下のフルーツ売り場で、
超巨大マンゴーに遭遇しました。

「海外のどこで取れたマンゴーだろう?」と
思って見てみると、なんとそこには
「北海道・十勝産白銀の太陽」と書かれていました。

マンゴーといえば、トロピカルフルーツの代表。

なぜ、真冬の北海道でマンゴーなのか?

しかも、通常の2倍はあろうかというほどの
超ビックサイズです。

疑問に思った永井さんは、売り場の人に
質問すると、こんな答えが返ってきました。

  「不思議に思われますよね。実は夏場は、
  冬に降った雪で大型ハウスを冷やし、
  冬場は十勝川温泉の温泉水でハウスを暖める
  ことで、マンゴーに7月が冬で、12月が夏だと
  勘違いさせているんです。十勝は全国でも
  日照時間がトップクラスなので、冬は温泉水と
  太陽の光で完熟になり、最高の糖度と
  とろける味わいのマンゴーに育つんです。」

この十勝産のマンゴーは、宮崎の経験豊富な
マンゴー生産者から強力なサポートを得て
作られているそうです。

ところで、十勝産マンゴーの出現は、
宮崎の生産者にとっては、強力なライバルの
出現にならないのでしょうか?

実は、まったく問題ないといいます。

宮崎のマンゴーは春から夏、一方、
十勝のマンゴーは冬に出荷されるので、
市場では競合しません。

むしろ1年中マンゴーが食べられることで、
新たなお客さんが増え、マンゴーの需要は
拡大します。

十勝産マンゴーは、これまでにいなかった、
冬にマンゴーを食べる新たな消費者を
創り出したことになります。

これは「商品開発」ではなく、
「顧客開発」をした実例です。

この本から何を活かすか?

本書では、「顧客開発」に成功した事例として
他に2つ挙げています。

口臭を予防することで、相手に好印象を
与えたい人を創造した「リステリン」。

自分のニオイを気にする年配者を創り出した
「加齢臭防止グッズ」。

いずれもお客さんが気づかないニーズを
見つけ出し、そのニーズに応える商品を開発して、
新しい市場を創り出しました。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.


このエントリーをはてなブックマークに追加

| マーケティング・営業 | 05:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT