活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

外資の流儀 生き残る会社の秘密


外資の流儀 生き残る会社の秘密 (講談社現代新書)

満足度★★★
付箋数:24

日本の労働生産性は、先進7カ国(G7)
中最下位、アメリカの約3分の2。

昨日紹介した、崔真淑さんの本、
30年分の経済ニュースが1時間で学べる
で、日本の生産性が低い原因は、
解明されていないと書かれていました。

しかし、本日紹介する本『外資の流儀』
の著者、中澤一雄さんはその理由を
明確に言い切っています。

  「日本企業の生産性がアメリカの企業の
  半分程度にとどまってしまっている
  最大の原因は、日本企業が新卒採用や
  年功序列、終身雇用といった日本流の
  経営を続けており、世界標準である
  外資流の経営手法を取り入れて
  いなかったからだと私は考えています。
  好むと好まざるとにかかわらず、
  近い将来、日本の企業は必ず、
   “外資型” に変わっていくでしょう。
  なぜなら、外資型に変わらなければ
  生産性が低いままで生き残れない
  からです。」

本書は、日本企業の生産性向上のため、
外資流の効率経営を推奨する本です。

著者の中澤さんは、マクドナルドや
ディズニーなどで45年間働いた経験
のある、外資系元トップの方です。

中澤さんが挙げる、日本の生産性が低い
原因をもう少し詳しく見てみましょう。

1つ目は、新卒採用はデメリットが
多すぎること。

もちろん、外資系企業で新卒採用が
完全にないわけではありません。

ただし、外資系企業では学生時代に
インターンとして、実務経験をかなり
積んでいるので、業務知識がない状態
で採用されることはありません。

2つ目は、年功序列という摩訶不思議な
システムが採用されていること。

日本でも崩壊しつつありますが、
年功序列では、勤続年数で昇格します。

一方、外資ではジョブディスクリプション
とジョブサイズをクリアしなければ、
昇格はありません。

ペイ・フォー・パフォーマンス
(働き方に応じた給与)の考えが、
徹底されているのです。

3つ目が、終身雇用・定年制が生み出す
「生産性ゼロ」の社員がいること。

日本には「窓際族」という言葉が
ありますが、外資にはそういう存在は
ありまあせん。

なぜなら、結果を出せない人は、
退職勧奨されて会社に残れないから。

中澤さんは、これら日本独自のシステムが
生産性が低い元凶だと、断言しています。

では、日本企業は今後どのように
改革していったらよいのでしょうか?

中澤さんが挙げる「勝利の方程式」は
次の8つです。

 1. タイトル(職位)別の職務内容と
  仕事の領域の確定
 2. 期初前に個人目標を設定
 3. 期末の成果重視による人事評価
 4. 業務改善と退職勧奨
 5. 後継者育成計画
 6. 外資流のリストラクチャリング
 7. 5年戦略計画
 8. 年間遂行計画

これらは、外資では当たり前のように
行われていること。

グローバル化が進んだ世の中では、
この「勝利の方程式」を実践して、
世界の企業と伍していかなければ、
生き残っていけないのです。

本書では、中澤さんのこれまでの経験を
交えて、豊富な事例も紹介されています。

企業のトップの方はもちろんですが、
一般社員でも、今の会社のシステムに
モヤモヤとしている方は、読んだ方が
いい本だと思います。

この本から何を活かすか?

中澤さんは、本書で転職を勧めています。

転職を決断する条件は3つ。

 ・仕事が楽しくない
 ・パッション(情熱)がなくなった
 ・会社の売り上げが上がらない。
  もしくは右肩下がり

ただし、転職するにはスキルがないと、
受け入れ先がないので要注意です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経営・戦略 | 05:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GAFA×BATH 米中メガテックの競争戦略


GAFA×BATH 米中メガテックの競争戦略

満足度★★★★
付箋数:26

  「2018年春頃から一気に顕在化してきた
  米中貿易戦争、私は、その本質を
   “貿易×テクノロジー覇権×安全保障” 
  の戦いであると見ています。
  貿易戦争自体は表面的には比較的早期に
  収束する可能性がある一方、
  テクノロジー覇権と安全保障に関する
  戦いは長きにわたると予測されます。」

その米中でテクノロジーの覇権争い
をしているのが、「GAFA」と「BATH」。

GAFAとは、言わずとしれた、グーグル、
アップル、フェイスブック、アマゾン
の米国4社のこと。

これに対して、BATHとは中国のバイドゥ、
アリババ、テンセント、ファーウェイ
の4社を指します。

これらの米中メガテック企業8社は、
テクノロジー企業と言うより、
プラットフォーマーと呼ばれる、
独自の経済圏を築く企業です。

その覇権争いが、米中貿易戦争の根底に
あるのです。

本書は、8社を分類・比較・分析して、
各社の今後の動向と、米中新冷戦の行方を
占う本です。

 「アマゾン」対「アリババ」
 「アップル」対「ファーウェイ」
 「フェイスブック」対「テンセント」
 「グーグル」対「バイドゥ」

著者は、『アマゾンが描く2022年の世界
が好評だった、立教大学ビジネススクール
教授の田中道昭さんです。

田中さんは、本書の分析によって次の5つが
見えてくると説明しています。

 1. 「プラットフォーマーの覇権争い」
  が読める

 2. 「先駆者利益を創造する存在となった
  中国勢の動向」が読める

 3. 「同じ事業ドメインから異なる進化を
  遂げる理由」が読める

 4. 「産業・社会・テクノロジー・
  あるべき企業の未来」が読める

 5. 「日本の未来」が読める

テクノロジー覇権争いには加わることが
できなかった日本ですが、間違いなく、
こらら米中のメガテック企業の影響は
日本にも及びます。

その意味では、日本企業が今後取るべき
戦略についても示唆を与えてくれます。

本書で興味深いのは、分析する際に、
既存のフレームワークを使わずに、
独自のフレームワークを用いていること。

SWOT分析、PEST分析、3C分析などの
よく知られたフレームワークだけでは、
国家にも匹敵する規模の企業の全体像は
押さえることができないようです。

そこで本書では、孫子の兵法を基にした、
「5ファクターメソッド」という
フレームワークを採用しています。

5ファクターとは、孫子の兵法で
戦いをデザインするとされる、「道」
「天」「地」「将」「法」の5項目です。

「道」とは、企業としてどのように
あるべきかのグランドデザイン。
各企業の戦略目標に当たります。

「地」とは、外部環境を踏まえた
タイミング戦略のこと。

「地」とは、地の利を指します。
市場・業界構造のことです。

「将」と「法」は、戦略を実行に移す
際の両輪で、リーダーシップと
マネジメントに該当します。

前著の『アマゾンが描く2022年の世界』も
実は、5ファクターメソッドの分析を
用いて、まとめたものだったようです。

GAFAを模倣する格好でスタートした
BATHでしたが、局所局所で見ると、
本家を十分に脅かすところまで来ている
ことが本書の分析でよくわかります。

ルールを変えるプラットフォーマーの
覇権争い後の未来を見通すために、
本書は、是非、読んでおきたい一冊。

この本から何を活かすか?

本書では、最後に5ファクターメソッドの
基になった孫子の兵法からの一文、
「兵は国の大事なり」を掲載しています。

[原文]
 孫子曰く、兵とは国の大事なり。
 死生の地、存亡の道、察せざるべから
 ざるなり。
 故に、之を経るに五事を以てし、
 之を校ぶるに七計を以てし、
 その情を索む。
 一に曰く道、二に曰く天、三に曰く地、
 四に曰く将、五に曰く法なり。

本書を読んで、もう一度、孫子の兵法を
学び直したいと思いました。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経営・戦略 | 05:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

amazon「帝国」との共存


amazon「帝国」との共存

満足度★★★★
付箋数:25

フォレスト出版の三上さんより献本頂きました。
ありがとうございます。

投資家の神様、ウォーレン・バフェットさんは
CNBCのインタビューで、ある衝撃の事実を
明らかにしました。

それは、バフェットさんが率いる、
バークシャー・ハサウェイ社が、8億ドル超の
Amazon.com株を取得したことでした。

バフェットさんは、バリュー投資家として
知られるため、割高感のあるアマゾン株に
投資したことは、世間の注目を集めました。

今後の成長を見込み、アマゾンに投資する
価値があると判断したのです。

なぜ、バフェットさんは、今頃になって、
アマゾンに投資し始めたのか?

個人的には、アマゾンの実店舗への
拡大戦略が見えてきたからではないかと
睨んでいます。

2011年の「アマゾン・ロッカー」に始まり、
2018年にサービス開始の「アマゾン・ゴー」
まで、アマゾンの実店舗化への流れは
加速しています。

オンラインとオフラインの境界線は消え、
「オンライン・ツー・オフライン」、
略して「O2O」という言葉まで生まれました。

これからは、オンラインだけでも、
オフラインだけでも生き残っていけない
時代に突入していきます。

さて、本書はオンラインもオフラインも
制する勢いの、アマゾンの戦略を詳細に
記した本です。

著者は米小売アナリストのナタリー・
バーグさんと、ミヤ・ナイツさん。

  「本書は、あなたのビジネスの終末を
  知らせる黙示録になるかもしれない。
  あるいは、目まぐるしく変化する
  昨今のビジネス環境を生き延びる
  ヒントや、新たなチャンスをあなたに
  与える虎の巻になるかもしれない。
  そして一般消費者にとっては、
  これまで経験したことのないような
  ストレスレスで娯楽的な顧客体験を
  見せてくれるガイドブックとなる
  かもしれない。」

このように解説するのは、本書の監訳者を
務める成毛眞さんです。

もはやオンラインでも、オフラインでも、
アマゾンの影響を受けることなく、
ビジネスができない状況になっています。

そんな「アマゾン帝国」には勝とうなどど
思わずに、どのように利用するかを
考えたほうが得策です。

そのためには、アマゾンの手の内を知る
ことが先決。

本書は、あらゆる企業がアマゾン帝国と
共存して、生き残って行くための
ヒントを示した、アマゾンの解体新書。

  「アマゾンは矛盾に満ちた密林だ。
  設立当初から “長期的に利益を出さない”
  ことを戦略としながら、今や世界第2位
  の資産価値を誇る企業に成長した。」

すべての始まりは、ジェフ・ベゾスさんが、
紙ナプキンに書いたとされる、アマゾンの
ビジネスモデルのメモでした。

価格を下げると、来客数が増える。
来客数が増えると、売上と売り手が増える。
売り手が増えると、品揃えが充実し、
新たな顧客体験を提供できる。
新たな顧客体験を提供できると、
更に来客数は増えて、会社は成長する。

アマゾン成功の鍵は、この好循環の
スパイラルを回していることです。

長期的に利益を出さないことで、
このサイクルを「はずみ車」として、
アマゾンは成長を続けてきました。

本書では、ただの破壊者ではない、
アマゾンの全貌がよくわかります。

今後、アマゾンの未来はどうなるのか?

本書は、その未来の姿を映し出す、
「預言書」でもあるので、是非、
読んでおきたい一冊です。

この本から何を活かすか?

日本でも2019年にアマゾン・プライムの
年会費の値上げが発表されました。

3900円から4900円になったので、
約25%の大幅値上げです。

これに対して、継続すべきかどうかの
議論も巻き起こっていました。

しかし、アマゾン・プライムは顧客の
購買活動を促進するためのプログラム。

アマゾンは年会費で儲けようとは、
微塵も考えていません。

従って、アマゾン・プライムは
そのまま「続ける」のが正解。

今後更なる値上げがあっても、
それ以上の価値のあるサービスが
アマゾン・プライムで提供されることは
間違いないでしょう。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経営・戦略 | 06:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スポーツチーム経営の教科書

満足度★★★
付箋数:20

学研プラスさんより献本いただきました。
ありがとうございます。

スポーツ業界では、パワハラや助成金の
不正流用など、様々な不祥事が起こり
悪い意味で話題になることがあります。

なぜ、スポーツマンシップに則るべき業界で、
このような不祥事が発生するのでしょうか?

それは、スポーツがビジネスとして、
指導する側や経営する側に旨味があるから。

特に、チームスポーツになると、
入ってくるお金も出ていくお金も、
その規模は大きくなります。

そのお金の流れを、適切にスポーツチームを
経営できない人材が握ってしまうと、
様々な不祥事を起こしてしまうのです。

現在、日本のスポーツ業界は大きな変革期を
迎えようとしています。

2019年のラグビーワールドカップ、
2020年の東京オリンピックなどのメガイベント
が予定されていますから、スポーツ業界には、
より大きな利権が発生します。

これからのスポーツビジネスを健全に
盛り上げていくには、チームを適切に
運営・経営できる人材が必要です。

しかし、現状ではスポーツで一定の成果を
上げた選手が、引退後に経営に関する知識を
持たずに、チーム運営に携わっていることが
多く見受けられます。

それでは、選手を育てることはできても、
スポーツをビジネスとして発展させることは
できません。

そこでスポーツチームの正しい経営方法を
教えるのが本書です。

本書では、今のスポーツ経営に必要な、
「ガバナンス」、「コンプライアンス」、
「アカウンタビリティー」の3つの要素を
中心に解説します。

なぜ、この3つの要素がスポーツチームには、
必要なのでしょうか?

それは、あずさ監査法人が、これまでに多くの
スポーツチームを監査、コンサルティングを
行ってきた結果、特に不足している要素として
浮かび上がってきた項目だからです。

この3要素が不足していると、そのチームは
不祥事が発生するリスクを抱えたまま、
運営されていることになるのです。

まず、ガバナンスがないと、スポーツチームは
チームはオーナーだけの持ち物になってしまう
可能性があります。

資金の流用など公私混同の不祥事が起こるのが、
ガバナンスが不足している典型です。

ガバナンスは、組織を規律させるための
仕組みであり、チーム内外からのチェックが
正しく働いていることが必要です。

次にコンプライアンスですが、法令遵守に加え、
常識を含めたルールを守ることが、スポーツ
チームでは求められます。

これを徹底するとチーム経営だけでなく、
選手個人が不祥事を起こすことを防止する
ことになります。

暴力や薬物乱用、八百長や賭博、ドーピングや
飲酒運転など、スポーツ選手の周りには、
気をつけるべきことがたくさんあるのです。

そして、最後のアカウンタビリティーは、
説明責任と訳される言葉です。

スポーツチームには、直接的に資金援助や
備品やサービスの提供をしてくれる多くの
ステークホルダーが存在します。

これらの関係者にチームの活動報告を行い、
信用を得ることは、今後も引き続き支援を
してもらうためには必要なことです。

チーム状況を透明性のある数字で
説明できるようになれば、関係者の信頼も
得やすくなります。

本書では、ある大学のスポーツマネジメント
研究室に通う2人の学生の会話を糸口に、
3要素の強化方法をわかりやすく解説します。

本書のチーム経営の概念が正しく理解され、
浸透すると、こんなに不祥事は起こることがなく、
日本のスポーツは健全に発展していくだろうと
感じました。

この本から何を活かすか?

本書では、スポーツチーム経営の3要素を
取り入れるためのツールも巻末資料として
掲載されています。

 1. 現状把握:簡易現状診断チェックシート
 2. 目標設定:目標設定チャート
 3. 文書化:業務方針書・標準業務フロー

実際にスポーツチームの経営を改善するには、
1→2→3の順で使っていくことが必要です。

解説だけでなく、実際に使える雛形やサンプルが
掲載されているのは有り難いですね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経営・戦略 | 06:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

余計なことはやめなさい!: ガトーショコラだけで年商3億円を実現するシェフのスゴイやり方

満足度★★★★
付箋数:25

オトバンクの上田さんより献本いただきました。
ありがとうございます。

あなたは、「ケンズカフェ東京」の
「特撰ガトーショコラ」を食べたことが
ありますか?

私は、「特撰ガトーショコラ」を
食べたために、困ったことになっています。

他のガトーショコラを食べても美味しいと、
感じなくなってしまいました。

一度でも、最高級の「本物」を食べてしまうと、
舌が覚えていて、それがガトーショコラの
基準になってしまったのです。

「特撰ガトーショコラ」は「日本一美味しい」
という評判もありますが、それは本当です。

しかも、今は通販で手に入らなくなったので、
ますます食べたい気持ちが駆り立てられます。

さて、本書はそんなケンズカフェ東京の
オーナー、氏家健治さんによる経営書。

当ブログでは、2014年に氏家さんの前著、
1つ3000円のガトーショコラが飛ぶように
売れるワケ
』を紹介しましたが、本書の方が、
より詳細なノウハウが開示されています。

今では、ガトーショコラ1本で年商3億円を
稼ぐようになった、ケンズカフェ東京。

しかし、1998年に創業した当初は
赤字続きで倒産寸前だったようです。

それが、あることをきっかけに奇跡的に
苦境から好調に転じました。

それは本書のタイトルにもなっている
「余計なことをやめた」から。

  「本書は私の経験をベースに、余計な
  ことを捨て、ビジネスが一気に好循環に
  入る具体的なやり方を紹介しています。
  ビジネスの中身の違いはあっても、
  好転させるための本質は同じ。
  ガトーショコラ1つだけで年商3億円を
  稼げるようになるまでのすべてを
  本書で明らかにしていきます。」

氏家さんが言う「余計なこと」とは何か?

これを取り違えてしまうと、ビジネスは
間違った方向に進んでしまいます。

「余計なこと」とは、「本質ではないこと」。

そして「本質」とは、「本当に重要なもの、
実現したいこと」です。

余計なことに煩わられなければ、
経営の本質に立ち返ることができ、
長期的な視点で考えられるようになります。

氏家さんは、戦略とは戦う場所を決める
ことと考え、戦う場所をガトーショコラ1本に
絞りました。

戦略は、やらないことを決めることとも
定義されますから、ケンズカフェ東京の場合、
余計なことを捨てることが最重要戦略と
なったのです。

もともとイタリアンレストランだった
ケンズカフェ東京は、段階を踏んで、
いろいろなことを捨てていきました。

 ・ディナーをやめて宴会営業だけに
 ・ランチとカフェもやめ、ガトーショコラのみへ
 ・レストランの宴会もやめる
 ・ガトーショコラの通販もやめる
 ・氏家さん自身はシェフ業もやめる

ケンズカフェ東京は、1つ余計なことを
やめるたびに、成長していきました。

もちろん、ただやめるだけではありません。

大切なのは、余計なことをやめる代わりに
強化すべきことにリソースを集中させる
ことです。

会社の経営が苦しくなってくると、
経営者としては、他の可能性を求めて、
余計なことに手を広げたくなるものです。

そのような状況で、1つの本質に絞って
勝負するのは、非常に勇気がいることですね。

「集中と選択」というシンプルな戦略ですが、
シンプルであるがゆえに強力なのです。

  「あなたも、まず何か1つ、捨ててみませんか?
  きっとあなたのビジネスは、息を吹き返します。
  すぐ目の前に、ストレスのない、あたらしい
  人生が待っています。」

本書は、ビジネスだけでなく、生き方として
参考にしたい本だと思いました。

この本から何を活かすか?

氏家さんは現在、ファミリマートの
スイーツを監修しています。

  「私は “チョコといえば” の言葉の後に
  すぐ続く存在にファミリマートを持って
  いきたい。
  さらには、業界順位も押し上げたい。」

この本気度を聞くと、ファミリマートの
スイーツが食べたくなりました。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経営・戦略 | 06:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT