活かす読書

ikadoku

ビジネス書・ベストセラー本・科学本を中心に13年以上、ひたすら本を紹介し続けるブログ。既に紹介した本は3700冊以上。

堀江貴文VS.外食の革命的経営者満足度★★★ 付箋数:21 posted with ヨメレバ堀江貴文 ぴあ 2020年06月01日頃楽天ブックス楽天koboAmazonKindle本書は、堀江貴文さんが注目する9人の「食のカリスマ」との対談をまとめた本。対談した時期は、2019年8月~2020年1月までなので、ビフォー・コロナの時点です。ですから、現在では大きく状況が変わっているかもしれません。しかし、少なくとも、もともと儲かっていなければ、ウィズ・コロ...

ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現posted with ヨメレバフレデリック・ラルー/鈴木立哉 英治出版 2018年01月楽天ブックス楽天koboAmazonKindle満足度★★★★付箋数:27今さらですが、やっと読みました。2018年に日本語訳が刊行され、ベストセラーになった「ティール組織」。600ページ近い分厚さで、購入してから2年近くも放置していました。フレデリック・ラルーさんによる新しい組織論の本です。もともとは『...

3000年の叡智を学べる 戦略図鑑posted with ヨメレバ鈴木 博毅/たきれい かんき出版 2019年12月18日楽天ブックス楽天koboAmazonKindle満足度★★★★付箋数:25著者の鈴木博毅さんより献本頂きました。ありがとうございます。  「戦略は人類が歴史を通じて高め  られてきた、大きな存在です。  古代の戦争から中世の政治戦争、  現代ではビジネス戦争など・・・  勝者と敗者がある場合には、  常に “戦略” がありました。...

星野佳路と考えるファミリービジネスの教科書posted with ヨメレバ小野田鶴/日経トップリーダー 日経BP 2019年11月26日楽天ブックス楽天koboAmazonKindle満足度★★★★付箋数:27日本の上場企業1367社の過去の業績で、次のうち、誰が経営した会社の成長が最も高かったか? a. 創業者 b. 創業者の実の息子、娘 c. 創業者の娘、息子の配偶者 d. サラリーマン経営者最も成長したのは、aの創業者。創業で失敗するリスクは高いものの、...

amazonの絶対思考posted with ヨメレバ星 健一 扶桑社 2019年11月05日楽天ブックス楽天koboAmazonKindle満足度★★★★付箋数:26  「アマゾンジャパンに入った私が  強烈に意識して、自ら働き方を進化  させざるを得なかったポイントは、  アマゾンの “普通の基準” がそれまで  働いていた日本企業や海外現地法人  での経験から身につけていた “基準”   と異なることだった。  そのアマゾンの “普通の基準” を、...