活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

星野佳路と考えるファミリービジネスの教科書


星野佳路と考えるファミリービジネスの教科書

満足度★★★★
付箋数:27

日本の上場企業1367社の過去の業績で、
次のうち、誰が経営した会社の成長が
最も高かったか?

 a. 創業者
 b. 創業者の実の息子、娘
 c. 創業者の娘、息子の配偶者
 d. サラリーマン経営者

最も成長したのは、aの創業者。

創業で失敗するリスクは高いものの、
ゼロから立ち上げた会社の成長力は
高いものです。

この答えは納得感がありますが、
この問いの肝は、「2番が誰か?」
にあります。

2番は、cの創業者の娘、息子の配偶者。

ほとんどが、娘婿のパターンです。

このクイズは、星野リゾート代表の
星野佳路さんが講演会を行うときに、
つかみとして出すクイズです。

選択肢a・b・cの3つはほとんどの場合、
経営の形態が「同族経営」です。

では、同族経営と非同族経営では、
どちらの経営の業績が良いのか?

実は業績が良いのは、「同族経営」。

かつては、研究の対象にさえなって
いなかった同族経営でしたが、
近年の研究によりその優位性が、
数字でも示されるようになりました。

同族経営という言葉を本書では、
ファミリービジネスと呼びます。

  「1990年代から2000年代にかけて、
  ROE(株主資本利益率)、ROA
  (総資産利益率)といった資本効率
  や利益率、売上高成長率といった
  数値において、ファミリー企業の
  ほうが優れているという研究報告が、
  米国、イギリス、フランス、イタリア
  など世界各国で発表されました。」

では、なぜ同族企業の業績の方が
非同族企業より優れているのか?

その問いに答えるのが本書です。

本書は、星野佳路さんがライフワーク
として行っているファミリービジネス
の研究についてまとめた本です。

本というより、研究レポート。

日本では、ファミリービジネスの
研究が欧米に比べて進んでいないので、
貴重な文献になっています。

ファミリービジネスが強い理由は、
「30年に1度のビジネスモデル
自動転換システムがビルトイン
されている」ことにあります。

非ファミリー企業では、別に株主が
いるので、重視されるのはの安定性。

そのため経営トップの継承は、
まだ経験の少ない30代などへの
大幅な若返りが難しいのが実態です。

しかし、ファミリー企業の場合は、
好むと好まざると、親から子へ
政権が渡ったときに、突然30歳も
若返りが起こります。

前任者とは、世代も違いますし、
価値観も大きく異なります。

これがビジネスモデルの自動転換
システムです。

星野さんは、ファミリービジネスは、
「立ち上げリスクが軽減された
ベンチャービジネスだ」とも言います。

本書は、星野さんの研究プロセスを
たどり、そこで得られた知見を一冊の
本としてまとめたもの。

研究アシスタント兼記録者として
書籍としてまとめたのは、
日経トップリーダー副編集長の
小野田鶴さんです。

星野さんが、ライフワークとして
取り組んでいるだけあって、
非常に中身の濃い本になっています。

対談形式のケーススタディも豊富に
掲載され、読み応えがあります。

ファミリービジネスの教科書と
銘打っている通り、同族企業の経営者は
必読の本だと思います。

この本から何を活かすか?

  「 “ファミリービジネスは駅伝
  である” というのが、私の持論です。
  タスキを受け取る側の覚悟も
  大事ですが、それと同じぐらい
  タスキを渡す側に準備と覚悟が
  必要です。」

同族経営では、一般的に継ぐ側に
注目が集まりがちです。

しかし、星野さんは継がせる親側の
覚悟や勉強が足りないことに言及
しています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経営・戦略 | 07:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

amazonの絶対思考


amazonの絶対思考

満足度★★★★
付箋数:26

  「アマゾンジャパンに入った私が
  強烈に意識して、自ら働き方を進化
  させざるを得なかったポイントは、
  アマゾンの “普通の基準” がそれまで
  働いていた日本企業や海外現地法人
  での経験から身につけていた “基準” 
  と異なることだった。
  そのアマゾンの “普通の基準” を、
  本書ではアマゾンの “絶対思考” と
  呼ぶ。」

本書は「アマゾン」の本当の強みを
内部から語る本。

著者はアマゾンに10年間勤務して、
リーダーシップチームメンバーや
事業本部長などの要職を歴任した
星健一さんです。

本書はアマゾンの経営会議のメンバー
に名を連ねた日本人が書いた貴重な本。

世間では、ジェフ・ベゾスさんの
経営手法や発想に学べといった本が
多く出版されています。

しかし、星さんをもってしても、
ベゾスさんの生き様や仕事ぶりから
学ぶことは難しかったそうです。

学ぶべきことは、ベゾスさんの思考では
なく、もっと他にあった。

  「学ぶべきなのは、ジェフ・ベゾスの
  理念をスタートとして、アマゾン、
  そしてアマゾニアンと呼ばれる社員が、
  その理念を具現化して貫いてきた
  ビジネスを進める上で “普通” と
  なっている “基準” である。」

まず、アマゾンの「普通の基準」
として挙げられているのが、精神論
ではない「カスタマーセントリック
(顧客中心主義)」です。

顧客中心主義とは、多くの企業で
よく聞く言葉ですが、実際には、
「言うは易く行うは難し」です。

それを本当に実践しているのが、
アマゾンの凄いところ。

例えば、価格設定の仕組みは、
仕入れ価格に関係なく、オンラインの
他の店舗の最低価格に近い値付けを
しています。

結果、商品によっては赤字で販売を
せざるを得ないこともあるようです。

そして、「普通の基準」を常に進化
させていくためのベースとなる考えが、
「Every day is still Day One
(毎日が常に1日目)」です。

毎日が、新たな挑戦を心待ちにする、
最初の一歩を踏み出す日。

そして「Day 2(2日目)」は停滞を
意味するので、そうならないように
顧客のために何か新しいことを提供
できるように取り組みます。

また、アマゾンには一般にも公開される
リーダーシップ・プリンシプル」と
呼ばれる14項目の規範があることが
知られています。

これは「全員がリーダーであるべし」
とするアマゾンで、全社員が実践する
行動原則が示されたものです。

この14項目をどのように解釈して、
具体的にはどう実践されているかが、
本書では説明されていました。

アマゾン以外の会社に勤めていても
「リーダーシップ・プリンシプル」は
真似することはできるので、具体例が
示されているのは参考になります。

1つ1つの項目は、他の会社でも
掲げられているかもしれません。

しかし、それを単なるお題目にせずに、
「普通の基準」として実践する文化を
醸成するのが難しいところです。

本書は、アマゾンについて外部から
客観的に分析する本とは大きく異なり、
アマゾンのDNAを社員レベルにまで
浸透させる手法を公開しています。

10年間アマゾンで要職を務めた
星さんだから書ける、類まれな本です。

この本から何を活かすか?

アマゾンが常に「Day One」であるために
こだわる「イノベーション」とは何か。

それには3つの定義があるようです。

 ・常に「普通という基準」を作り変える
 ・常に「お客様の期待や要望」を上回る
 ・常に「長期性」に基準を置く

アマゾンではイノベーション実現のために、
「イノベーションサミット」と呼ばれる
ワークショップが毎年開催されています。

本書では、少しだけ紹介されていましたが、
正直、このワークショップだけでも
参加してみたいと思いました。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経営・戦略 | 06:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

知略の本質 戦史に学ぶ逆転と勝利


知略の本質 戦史に学ぶ逆転と勝利

満足度★★★★
付箋数:27

野中郁次郎さんの30年以上に渡る、
あの大傑作シリーズが遂に完結しました。

  「本書は、戦略の本質を探求する
  われわれの四度目の試みである。
  一度目は、日本軍の失敗から、
  戦略不在の原因と結果を論じた。
  二度目は、戦いの逆転現象から、
  戦略の本質を導き出そうとした。
  そこで気づかされたのは、戦略を実践
  する人間の資質・能力がいかに重要
  な部分を占めるか、ということであった。
  したがって、三度目は、戦略を実践する
  国家経営に焦点を定め、彼らの優れた
  資質・能力の核心がどのようなところに
  あるのかを考察した。
  四度目の試みとしての本書は、
  あらためて本来の戦略の実践分野
  である軍事に立ち戻り、もう一度、
  新たな視点から、戦略の本質の洞察を
  めざす。」

1984年刊行の『失敗の本質』。
2005年刊行の『戦略の本質』。
2014年刊行の『国家経営の本質』。

本書は、それに続く「本質シリーズ」の
第4弾です。

私は、このシリーズは野中さんの
ライフワークだと思っていました。

行けるところまで行くのかと思って
いましたが、本書で一旦完結です。

このシリーズの目的は「戦略」の本質を
明らかにすること。

本書では、もともと戦略が使われてきた
軍事の分野に立ち戻って事例を見ます。

しかも、圧倒的に不利な状況から
逆転をなしえたケースを厳選しています。

その方が、戦略の役割が鮮明に表れる
からです。

選ばれたのは、次の4つの戦争です。

第二次世界大戦における独ソ戦、
バトル・オブ・ブリテンと大西洋の戦い、
第一次インドシナ戦争とベトナム戦争、
イラク戦争と対反乱作戦。

この4つの戦いから、逆転をなしえた
勝者に共通する「知略」を解明します。

野中さんらは日本のケースも
取り上げたかったようですが、
残念ながら、第二次世界大戦における
日本の戦いに逆転はありませんでした。

軍事戦略とは、究極的には知力の
勝負になります。

だからこそ、本書では、戦略の本質と
しての「知略」に着目しています。

知略とは、戦略現象を「二項動態」的
に把握したうえで、情況と文脈に応じて
具体的戦略を実践していくことと
定義されています。

二項動態とは、二項対立とは異なる構造。

軍事戦略では、一般的に攻撃と防御、
機動戦と消耗戦、直接アプローチと
間接アプローチといったように
二項対立的なとらえかたをします。

しかし、現実の戦争の中では、
それら2つが連続して起こったり、
局面で入れ替わることがあります。

そのため、どちらか一方に固執する
のではなく、時と場合によって使い分け、
総合的使うのが二項動態です。

本書では、4つの戦争の事例を見た後、
知略モデルの構築を試みています。

導かれる、知略モデルや要件は、
企業での戦略構築はもちろん、
国家レベルでの戦略構築の際も、
是非、活用したいものです。

本書は過去3作と同様、十分に時間を
かけて研究された質実剛健な本です。

スキマ時間で斜め読みすのでのはなく、
年末年始のまとまった休みを利用して、
じっくり読むことをオススメしたい
一冊です。

この本から何を活かすか?

  「『孫子』の伝統的戦略観を駆使する
  中国が “強国” として台頭し、
  超大国としての余裕と自信を失いつつ
  あるかのように見えるアメリカとの
  間で熾烈な覇権争いを繰り広げている。
  ヨーロッパは不安定化し、中東情勢は
  依然として予測不可能である。
  こうした国際情勢に、はたして日本は
  国家レベルで対応できているのだろうか。」

本書で、過去に知略を駆使した日本の
リーダーとして名前が挙がっているのが、
吉田茂さんと中曽根康弘さんです。

日本にはこの2人に続く、知略をめぐらす
リーダーの出現が望まれます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経営・戦略 | 05:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

外資の流儀 生き残る会社の秘密


外資の流儀 生き残る会社の秘密 (講談社現代新書)

満足度★★★
付箋数:24

日本の労働生産性は、先進7カ国(G7)
中最下位、アメリカの約3分の2。

昨日紹介した、崔真淑さんの本、
30年分の経済ニュースが1時間で学べる
で、日本の生産性が低い原因は、
解明されていないと書かれていました。

しかし、本日紹介する本『外資の流儀』
の著者、中澤一雄さんはその理由を
明確に言い切っています。

  「日本企業の生産性がアメリカの企業の
  半分程度にとどまってしまっている
  最大の原因は、日本企業が新卒採用や
  年功序列、終身雇用といった日本流の
  経営を続けており、世界標準である
  外資流の経営手法を取り入れて
  いなかったからだと私は考えています。
  好むと好まざるとにかかわらず、
  近い将来、日本の企業は必ず、
   “外資型” に変わっていくでしょう。
  なぜなら、外資型に変わらなければ
  生産性が低いままで生き残れない
  からです。」

本書は、日本企業の生産性向上のため、
外資流の効率経営を推奨する本です。

著者の中澤さんは、マクドナルドや
ディズニーなどで45年間働いた経験
のある、外資系元トップの方です。

中澤さんが挙げる、日本の生産性が低い
原因をもう少し詳しく見てみましょう。

1つ目は、新卒採用はデメリットが
多すぎること。

もちろん、外資系企業で新卒採用が
完全にないわけではありません。

ただし、外資系企業では学生時代に
インターンとして、実務経験をかなり
積んでいるので、業務知識がない状態
で採用されることはありません。

2つ目は、年功序列という摩訶不思議な
システムが採用されていること。

日本でも崩壊しつつありますが、
年功序列では、勤続年数で昇格します。

一方、外資ではジョブディスクリプション
とジョブサイズをクリアしなければ、
昇格はありません。

ペイ・フォー・パフォーマンス
(働き方に応じた給与)の考えが、
徹底されているのです。

3つ目が、終身雇用・定年制が生み出す
「生産性ゼロ」の社員がいること。

日本には「窓際族」という言葉が
ありますが、外資にはそういう存在は
ありまあせん。

なぜなら、結果を出せない人は、
退職勧奨されて会社に残れないから。

中澤さんは、これら日本独自のシステムが
生産性が低い元凶だと、断言しています。

では、日本企業は今後どのように
改革していったらよいのでしょうか?

中澤さんが挙げる「勝利の方程式」は
次の8つです。

 1. タイトル(職位)別の職務内容と
  仕事の領域の確定
 2. 期初前に個人目標を設定
 3. 期末の成果重視による人事評価
 4. 業務改善と退職勧奨
 5. 後継者育成計画
 6. 外資流のリストラクチャリング
 7. 5年戦略計画
 8. 年間遂行計画

これらは、外資では当たり前のように
行われていること。

グローバル化が進んだ世の中では、
この「勝利の方程式」を実践して、
世界の企業と伍していかなければ、
生き残っていけないのです。

本書では、中澤さんのこれまでの経験を
交えて、豊富な事例も紹介されています。

企業のトップの方はもちろんですが、
一般社員でも、今の会社のシステムに
モヤモヤとしている方は、読んだ方が
いい本だと思います。

この本から何を活かすか?

中澤さんは、本書で転職を勧めています。

転職を決断する条件は3つ。

 ・仕事が楽しくない
 ・パッション(情熱)がなくなった
 ・会社の売り上げが上がらない。
  もしくは右肩下がり

ただし、転職するにはスキルがないと、
受け入れ先がないので要注意です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経営・戦略 | 05:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GAFA×BATH 米中メガテックの競争戦略


GAFA×BATH 米中メガテックの競争戦略

満足度★★★★
付箋数:26

  「2018年春頃から一気に顕在化してきた
  米中貿易戦争、私は、その本質を
   “貿易×テクノロジー覇権×安全保障” 
  の戦いであると見ています。
  貿易戦争自体は表面的には比較的早期に
  収束する可能性がある一方、
  テクノロジー覇権と安全保障に関する
  戦いは長きにわたると予測されます。」

その米中でテクノロジーの覇権争い
をしているのが、「GAFA」と「BATH」。

GAFAとは、言わずとしれた、グーグル、
アップル、フェイスブック、アマゾン
の米国4社のこと。

これに対して、BATHとは中国のバイドゥ、
アリババ、テンセント、ファーウェイ
の4社を指します。

これらの米中メガテック企業8社は、
テクノロジー企業と言うより、
プラットフォーマーと呼ばれる、
独自の経済圏を築く企業です。

その覇権争いが、米中貿易戦争の根底に
あるのです。

本書は、8社を分類・比較・分析して、
各社の今後の動向と、米中新冷戦の行方を
占う本です。

 「アマゾン」対「アリババ」
 「アップル」対「ファーウェイ」
 「フェイスブック」対「テンセント」
 「グーグル」対「バイドゥ」

著者は、『アマゾンが描く2022年の世界
が好評だった、立教大学ビジネススクール
教授の田中道昭さんです。

田中さんは、本書の分析によって次の5つが
見えてくると説明しています。

 1. 「プラットフォーマーの覇権争い」
  が読める

 2. 「先駆者利益を創造する存在となった
  中国勢の動向」が読める

 3. 「同じ事業ドメインから異なる進化を
  遂げる理由」が読める

 4. 「産業・社会・テクノロジー・
  あるべき企業の未来」が読める

 5. 「日本の未来」が読める

テクノロジー覇権争いには加わることが
できなかった日本ですが、間違いなく、
こらら米中のメガテック企業の影響は
日本にも及びます。

その意味では、日本企業が今後取るべき
戦略についても示唆を与えてくれます。

本書で興味深いのは、分析する際に、
既存のフレームワークを使わずに、
独自のフレームワークを用いていること。

SWOT分析、PEST分析、3C分析などの
よく知られたフレームワークだけでは、
国家にも匹敵する規模の企業の全体像は
押さえることができないようです。

そこで本書では、孫子の兵法を基にした、
「5ファクターメソッド」という
フレームワークを採用しています。

5ファクターとは、孫子の兵法で
戦いをデザインするとされる、「道」
「天」「地」「将」「法」の5項目です。

「道」とは、企業としてどのように
あるべきかのグランドデザイン。
各企業の戦略目標に当たります。

「地」とは、外部環境を踏まえた
タイミング戦略のこと。

「地」とは、地の利を指します。
市場・業界構造のことです。

「将」と「法」は、戦略を実行に移す
際の両輪で、リーダーシップと
マネジメントに該当します。

前著の『アマゾンが描く2022年の世界』も
実は、5ファクターメソッドの分析を
用いて、まとめたものだったようです。

GAFAを模倣する格好でスタートした
BATHでしたが、局所局所で見ると、
本家を十分に脅かすところまで来ている
ことが本書の分析でよくわかります。

ルールを変えるプラットフォーマーの
覇権争い後の未来を見通すために、
本書は、是非、読んでおきたい一冊。

この本から何を活かすか?

本書では、最後に5ファクターメソッドの
基になった孫子の兵法からの一文、
「兵は国の大事なり」を掲載しています。

[原文]
 孫子曰く、兵とは国の大事なり。
 死生の地、存亡の道、察せざるべから
 ざるなり。
 故に、之を経るに五事を以てし、
 之を校ぶるに七計を以てし、
 その情を索む。
 一に曰く道、二に曰く天、三に曰く地、
 四に曰く将、五に曰く法なり。

本書を読んで、もう一度、孫子の兵法を
学び直したいと思いました。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経営・戦略 | 05:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT