活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

データ・ドリブン・エコノミー デジタルがすべての企業・産業・社会を変革する


データ・ドリブン・エコノミー デジタルがすべての企業・産業・社会を変革する

満足度★★★
付箋数:24

ダイヤモンド社の小川さんより、
献本いただきました。ありがとうございます。

インターネットやスマートフォンの普及に
よって、私たちの生活は大きく変わりました。

一般的には、それを「デジタル革命」と
呼びます。

しかし、東京大学大学院工学系研究科教授の
森川博之さんは、本当のデジタル革命は、
私たちはまだ体験していないと言います。

  「私は、過去20年間はデジタル革命の
   “助走期” にすぎず、本当の意味での
  デジタル革命はこれから幕を開けると
  とらえている。まもなくICTが真価を発揮
  する “飛翔期” に入り、デジタルが社会の
  隅々まで浸透していくだろう。」

これまでのデジタル革命においては、
データの活用といっても、そのほとんどは
「ウェブデータ」に限定されていました。

ウェブ閲覧履歴、ウェブ購入履歴、
画像・動画データ、SNSの個人関連データなど。

しかし、飛翔期の「真のデジタル革命」では、
ウェブ限定ではなくなり、リアルな世界での
データの活用が本格化していきます。

製造業や農業・漁業、医療から地方再生まで、
あらゆる分野で、リアルなデータが収集され、
活用されていくことが見込まれています。

それを可能にしたのが、情報通信技術です。

Information and Communication Technology
は「ICT」と略され、通信技術を活用した
コミュニケーション全般を指す言葉です。

本書が解説するのは、あらゆるモノが
データ化される時代に起こる未来について。

それが、本書のタイトルになっている、
「データ・ドリブン・エコノミー
(データ駆動型経済)」です。

データ・ドリブン・エコノミーとは、
リアルな世界から集めたデータが新たな
価値を生み出し、あらゆる企業・産業・社会
を変革していく一連の経済活動を指します。

データ・ドリブン・エコノミーでは、
モノのデジタル化によって、リアルな世界と
サイバー空間が相互に関連します。

あらゆる分野で適用され、これまでなかった
社会的価値が生み出されていきます。

例えば、医療の分野では、バイタルセンサ
によってデータが集められます。

そのデータは、データベースに蓄積され、
解析されます。

そして現実世界への応用として、個人特性を
考慮したテーラーメイド医療が施されます。

あるいはモデル化によって予測することで、
医療の重点が「治療」から「予防」へと
移行していきます。

集められるデータは、ビッグデータに
限られるわけではありません。

ビッグまでの規模のない、スモールデータも
活用されていきます。

ゴミ回収ボックスにセンサを取り付けて、
集めたゴミ収集データなどがその一例です。

こうしたリアルデータは、あらゆる産業から
集められる泥臭いものです。

森川さんは、こういった泥臭いデータには
GAFAM(グーグル、アップル、フェイスブック、
マイクロソフト)はあまり手を出さないと
見込んでいます。

だからこそ、データ・ドリブン・エコノミー
は日本にとって大きなチャンスなのです。

むしろ、地味で泥臭いリアルデータの活用は
日本企業や日本人の得意分野だと森川さんは
指摘しています。

確かに、GAFAMが農業や建築・土木などの
スモールデータを集めとは考えにくいですね。

  「本書では、データ・ドリブン・エコノミー
  が足下で、企業・産業・社会をどう変えて
  いるのかを事例を交えながら詳しく紹介
  していく。また、真のデジタル革命時代に
  企業や個人がどう対処すればよいのか、
  私なりの視点を整理してお伝えしたい。」

本書は、データ・ドリブン・エコノミーが
もたらす未来像を見通す良書です。

現在進行中の具体事例も豊富に紹介されて
いるので、本書を読むと、こらからの時代が
どう変わっていくのかがわかります。

この本から何を活かすか?

本書で紹介されていた事例で、私が面白と
思ったのが、「ペイ・パー・ラフ」です。

これは、スペインのお笑い劇場が導入した
1回笑うごとに課金するシステム。

各座席の前に設置されたカメラで、
観客の顔を認証して、笑顔になった回数を
リアルタイムで計測して課金するようです。

アナログだと思っていた、お笑いの世界に
このような仕組みが導入されているのは、
非常に驚きでした。

このシステムでは、観客の満足度も上がり、
劇場の売り上げも30%増加したそうです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| IT・ネット | 05:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

情報戦争を生き抜く 武器としてのメディアリテラシー


情報戦争を生き抜く 武器としてのメディアリテラシー (朝日新書)

満足度★★★
付箋数:20

  「耳目を集める扇動的な情報を掲載する
  ことでアクセスを集め、貼り付けた
  ネット広告で荒稼ぎするネットメディアが
  増加していることも大きな社会問題に
  なっている。今、ネット上で注目される
  匿名の政治的な投稿の一部は、確実に
  何らかの作為が加わったものである。
  我々はこのことに留意してネット上の
  情報に触れなければならない。
  今まで以上に情報の意図を読み解く能力
   “メディアリテラシー” が求められると
  いうことだ。冷戦集結から30年、世界は
  新たな “情報戦争” の時代に突入した。」

世の中にソーシャルメディアが浸透した
ことで、そこに広がるフェイクニュースや
デマが問題になっています。

ロシアの世論工作が、米大統領選挙を左右
したとも言われているのは、記憶に新しい
ところです。

最近では、バイトテロとも言われる
「バカッター」問題が頻繁に起こり、
社会問題にもなっています。

バカッター問題は情報戦争とは違いますが、
ネットの影響力の認識不足なので、
リテラシー不足と考えることもできます。

情報操作されるソーシャルメディアに
翻弄されないために、私たちに必要なのは
「メディアリテラシー」です。

本書は、実際の事例を多く紹介しながら、
情報を読み解く力をつけるための本。

著者はメディア・アクティビストの
津田大介さんです。

津田さんは、ネット情報を汚染する勢力を
次の4つに分類しています。

  1. 義憤に燃えた確信犯
  2. 世論工作業者
  3. ビジネス目的のネットメディア
  4. 中間層・善意の拡散者

この中でメディアリテラシーが不足していると
私たち自身がなってしまう可能性があるのが、
4番の「中間層・善意の拡散者」です。

悪意なく、情報操作をされてしまって、
フェイクニュースなどをシェアしたり、
リツィートしてしてしまう層です。

自覚がないまま、歪んだ情報を広めてしまい、
情報汚染の中でも、最も人数が多いため、
「ネット世論」を形成することになります。

  「現在起きている情報戦争の本質とは何か。
  それは、ソーシャルメディアの影響力が
  マスメディアを超えつつあることで、
  事実が軽視されるようになり、
  その結果として、論理や理屈よりも
  感情が優越し、分断の感覚が増大している
  ということである。」

津田さんは、本書を情報戦争を生き抜く
ための「兵法書」とするために、
最後に4つの方策を示します。

  1. 「技術」で解決する
  2. 「経済制裁」で解決する
  3. 発信者情報開示請求の改善で解決する
  4. 「報道」で解決する

津田さん自身は、こららの方策はいずれも
問題の根本を解決する「特効薬」ではなく、
「対処療法」であると認識しています。

だからと言って、どの対策も、
やらないよりマシだから、すべて粛々と
進めるべきであると述べています。

本書は、1つ1つのトピックは短く読みやすい
反面、ニュースをつなぎ合わせた感があり、
もう少し深く考察しかかった感があります。

本書のベースになっているのが、
津田さんが「週刊朝日」で連載してる
コラムの「ウェブの見方 紙の味方」です。

そのため、少し朝日的な偏りも感じられます。

個人的には、情報社会学と呼べるかどうかは、
少々疑問が残りました。

この本から何を活かすか?

  「多くの人は見出ししか読まない」

これは米コロンビア大学とフランスの
国立情報学自動制御研究所の共同チームに
よる調査結果です。

この結果に対して、津田さんは次の通り
指摘しています。

「見出ししか読まない」のは、別にネット
だけで起きている現象ではないこと。

しかし、マスメディアと異なるのは、
「読まなくてもシェアする」人が多いこと。

確かに、見出しだけが独り歩きすることは、
頻繁に起こっています。

私たちにも簡単に、ネットの見出しを
鵜呑みにしない姿勢が求められます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| IT・ネット | 05:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

疲れないパソコン仕事術 多忙な毎日をちょっとラクにする90TIPS


疲れないパソコン仕事術 多忙な毎日をちょっとラクにする90TIPS (できるビジネス)

満足度★★★
付箋数:17

あなたは、1日何時間ぐらいパソコンの
操作をしますか?

一般的なビジネスパーソンなら、少なくとも、
毎日数時間はパソコンに触れているでしょう。

事務系の仕事の方なら、ほとんど1日中、
パソコンで何らかの作業をしているはずです。

現在のビジネス環境では、
パソコンでの作業は必須です。

そして、パソコンに向かい合う時間が
長くなればなるほど、肩こりや目の疲れなど、
身体的疲労が、徐々に蓄積していきます。

  「本書では、業務の効率化だけでなく、
   “どうすれば疲れないのか” をテーマに、
  パソコン操作のテクニックを紹介しています。」

著者は、PCやスマートフォン関連の記事を
執筆する機会が多いテクニカルライターの
小枝祐基さん。

パソコンのタッチパッドジェスチャーと
ショートカットキーを駆使して、日々、
操作を楽にするためのワザを追求している
ようです。

「疲れないためのパソコン技」といっても、
1つ1つのテクニックで、劇的に負担が軽くなる
わけではありません。

ちょっとずつ、負担やストレスを軽減する
技を積み重ねて、総合的に疲れないPC環境を
整えていきます。

ショートカットキーの使用が絶対ではなく、
マウス操作の方が負担がかからない場合は、
そちらが推奨されています。

本書で紹介されているテクニックは、
パソコンスクールなどでは、一番最初に
基本として教えることかもしれません。

しかし、毎日、当たり前にパソコンを使って
仕事をしていくうちに、変な癖がついたり、
忘れてしまっていることもあると思います。

まずは、マウスを置く位置について。

  「マウスは、キーボードに置いた片手を
  そのまま横方向へ平行に移動した位置に
  置きます。手を横へずらせば届くので、
  無駄な動きがなくなります。」

次にモニターの位置と座り方。

  「視野を広くとれるようにモニターとは
  40cm程度距離をとります。モニターの高さ
  は目線よりやや低くし、首や肩に負担が
  かからない位置に。椅子はやや浅めに
  腰をかけ姿勢を正します。肘掛けの高さが
  調整できる椅子だとなおよいです。」

そしてディスプレイの明るさ調整。

  「パソコンを使っていて“目が疲れるな”
  と感じたときには、ディスプレイが
  明るすぎ、または暗すぎて目に負担を
  かけている可能性があります。
  これを防ぐには、周りの明るさに合わせて
  ディスプレイの明るさを調整します。」

これらの環境設定の技術は、決して初めて
聞くようなことではありません。

しかし、意外と見落とされていて、
知らず知らずのうちに、負担がかかった状態
のまま仕事をしている人もいるはずです。

それ以外でも本書では、覚えると便利な
ショートカットキーなども多数紹介されて
いますから、実用的なパソコン操作の本
になっていると思います。

ただ、全体を通して見ると、期待したほど、
他のパソコン操作本との違いは見られない
印象でした。

  第1章 まずはこれだけ。
     どこでも使える万能ワザ
  第2章 全部はかどる。
     仕事に集中できる環境設定術
  第3章 もう迷わない。
     ムダなく探せる情報収集術
  第4章 これで快適。
     ストレスゼロの文字入力術
  第5章 もう疲れない。
     今日から時短できるExcel術
  第6章 最短で仕上げる。
     伝わるプレゼン資料作成術
  第7章 ラクになる。
     自由自在のファイル操作術
  第8章 これで万全。
     仕事が進むメールさばき術

この本から何を活かすか?

プレゼンファイルは「PDF」で保存する。

本書では、プレゼンをする場所に、
自分のパソコンが持ち込めない事態も
想定してします。

そのため、プレゼント用のファイルは
「PDF形式」で保存しておくことが
推奨されていました。

借りたPCでも、パワーポイントが
入っていない可能性は低いと思います。

しかし、インストールされている
パワポのバージョンが違っていることは
あるかもしれません。

確かに、PDFならWindowsでもMacでも、
iPadでもAndroidでも、大丈夫ですね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| IT・ネット | 05:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フェイクニュースを科学する 拡散するデマ、陰謀論、プロパガンダのしくみ


フェイクニュースを科学する

満足度★★★★
付箋数:24

2016年の米大統領選は、当初、民主党候補の
ヒラリー・クリントンが優位に進めていました。

しかし、結果はご存知の通り共和党候補の
ドナルド・トランプさんが、大方の予想を覆し
歴史的勝利をおさめました。

この大統領選をめぐって、根も葉もない嘘や
デマ、政治的なプロパガンダがSNSを通じて、
大量に拡散し、米国社会は大きく混乱しました。

こうしたソーシャルメディアなどで拡散する、
ニュースを真似た偽情報は「フェイクニュース」
と呼ばれます。

フェイクニュースは、どのように生まれ、
どんな仕組みで拡散していくのか?

本書は、フェイクニュースを情報生態系の
問題として捉え、計算社会科学の知見を
取り入れながら解明する本です。

著者は、名古屋大学大学院情報学研究科
講師の笹原和俊さん。

フェイクニュースの問題が難しいのは、
単にSNSなどのテクノロジーだけが
原因ではない点です。

人間が本質的に持っている特性と、
デジタルテクノロジーの相互作用によって、
より深刻な状況を生み出しているのです。

まず、人には「見たいように見る」と
「みんなと同じようにする」という
認知バイアスがあります。

「見たいように見る」傾向は、偽ニュースの
原因になるだけでなく、それの訂正を妨げる
要因にもなります。

「みんなと同じようにする」傾向は、
似た者同士が社会的につながり、
偽ニュースが拡散しやすい状態を作ります。

ちなみに、次の3つの性質を持つニュースは
拡散されやすいようです。

 ・受け手の価値観、思い込み、偏見に合致
 ・受け手の(道徳)感情を刺激
 ・みんなが評価している

そして、ソーシャルメディアによって、
「エコーチェンバー」と「フィルターバブル」
という2つの効果が偽ニュースの拡散性を
増幅します。

エコーチェンバーとは、閉じた小部屋で
音が反響する物理現象への喩えです。

意見をSNSなどので発信すると、自分と
そっくりな意見ばかりが返ってくる状況。

これは、自分と似た興味関心を持つ人が、
お互いにフォローしてSNSでつながることで、
閉じた情報環境になっているからです。

フィルターバブルとは、ユーザーの
個人情報を学習したアルゴリズムによって、
その人の興味関心がありそうな情報ばかりが
集められるような情報環境。

このエコーチェンバーとフィルターバブル
の効果によって、より早く、より遠くまで
偽ニュースは拡散します。

また増え続ける情報量に対して、私たちの
注意力は有限なので、その隙間を突いて、
扇情的な偽ニュースや憎悪に満ちた投稿は
広がっていくようです。

本書は、あまり派手さはありませんが、
逆にそこが信頼できる、ネットリテラシー
の教科書です。

大量に偽ニュースが飛び交う今の時代には、
必要な良書だと思います。

この本から何を活かすか?

ネット上で目にする情報を評価する際に、
疑ってみるのは「ESCAPE」の6項目。

  Evidence : その事実は確かか?
  Source : 誰が作った? その人の信用は?
  Context : 全体像はどうなっている?
  Audience : 誰に向けて書いてある?
  Purpose : なぜこの記事が作られたのか?
  Execution : 情報はどのように提示される?

この6項目の中でも、特にSourceの
情報源を確認する習慣は大事のようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| IT・ネット | 06:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハードウェアハッカー ~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険

満足度★★★
付箋数:23

  「 “これ、いったい何の本なの?” 店頭で
  ぱらぱらめくっている人は、本書の中身の
  得体の知れなさを見てそう思うはずだ。」

本書の監訳者、山形浩生さんはこのような
解説の言葉を書いています。

私が本書を書店で見つけたときの、
第一印象がまさにこの通りでした。

こんな世界があるのかと得体の知れなさに、
吸い寄せられる感じがしました。

最近の電子機器はかなり高度になっていて、
完成品を購入して、メーカーの指示通りに
使うのが当たり前になっています。

しかし、「分解するな」と言われると、
逆に分解したり、改造したくなる人がいます。

場合によっては、部品を買って自らの手で、
新しいものを生み出す人もいます。

このようにハードウェアの常識を覆して
しまう人たちは、「ハードウェアハッカー」
と呼ばれます。

本書の著者、アンドリュー “バニー” ファンさん
は、世界的に有名なハードウェアハッキングの
第一人者です。

マイクロソフト社のXboxを分解して解説した
Hacking the Xbox』で有名な方です。

本書は、バニーさんが道先案内する、
新しいモノをつくる破壊と創造の冒険の旅。

  「中国に行くまでは、最新のエレクトロニクス、
  ジャンク品、部品がほしいなら、東京の
  秋葉原に行くしかないと思っていた。
  でも、2007年の1月に深センのSEG Electronics
  Market(賽格電子市場)を訪れたとき、
  その考えはまちがっていたことを知った。」

本書は、バニーさんの深センのSEGとの
出会いから始まります。

私も深センの話は聞いていましたが、
秋葉原の時代ではなくなっているのですね。

あらゆる部品は格安で手に入るし、
試作品の製造を小ロットで発注しても、
スピーディーかつ安価で作れる。

深センは、モノづくりをする人に
とっては魅力的な街なのだと思います。

バニーさんは、MITでは「深センの男」と
呼ばれているそうです。

本書では、深センでのビジネスの仕組みや、
知財の考え方、ニセモノ製品の裏側などを
解説します。

  「中国では知的財産の扱いがかなり違う。
  自分のオリジナル作品を作るために、
  買ってきた電話を使ってもいいし、
  実際にみんなそうしている。
  僕が中国で経験した2つの経験は、
  知的財産の扱い方が1つじゃないという
  ことを教えてくれた。」

私たち日本人は、中国のトンデモナイ
模倣品は許せないと考える人が多いでしょう。

しかし、キャラクター製品はさて置き、
電子機器に関しては、模倣品を作り出す
エコシステムがイノベーションを生むことに
つながっています。

それが中国経済が躍進してきた一因でも
あるようです。

本書では、著作権に違反せずにプロテクトを
外す方法や、わずか12ドルで携帯電話を作る
方法なども解説します。

知的財産を守ることも大切ですが、
守ることばかりに気を取られていると、
世の中のスピードについて行けなくなる。

日本からイノベーションが生まれない
と言われるのも、正論過ぎるからなのかも
しれません。

正直、電子部品の解説や詳しい改造方法を
読んでもよくわからない部分はありますが、
本書から、その凄さは伝わってきました。

この本から何を活かすか?

  「ハッキングするときのいちばん大きな
  心理的な障害は、 “ハックすることでそれを
  壊してしまうかも” という恐怖だ。
  でも、オムレツを作るには卵を割る必要が
  ある。同じように、システムをハックする
  ときには、デバイスを犠牲にする覚悟が
  必要だ。」

本書では、具体的な電子機器のハック方法が
写真付きで解説されています。

家電製品を分解した経験のある人なら、
本書を手引書として、チャレンジしてみる
価値はあるかもしれません。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| IT・ネット | 05:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT