活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新たなAI大国 その中心に「人」はいるのか?


新たなAI大国 その中心に「人」はいるのか?

満足度★★★
付箋数:24

スマートフォンアプリにAIスピーカー、
スマート家電、車の自動運転・・・。

今やあらゆるモノにAIが組み込まれ、
AIは私たちの日常にありふれた存在に
なりつつあります。

今後、さらなる進歩を続けるAIと、
私たちはどのように付き合っていけば
いいのでしょうか?

次のような状況を想像してみてください。

あなたが、長い間子どもが欲しかった
夫婦だったとします。

そんな夫婦に、ついに奥さんが妊娠
していることがわかりました。

しかし、残念なことに奥さんに
乳がんが見つかります。

このとき、過去のデータを統計的に
リスク計算したAIから、「中絶」を
勧められたらどうしますか?

AIの診断に従って、一番リスクの少ない
中絶を選択するでしょうか?

それとも、わずかな可能性に賭けて、
リスクが高い、中絶しない別の道を
選択するでしょうか?

  「本書では、私たちが今後AIによって、
   “知的である”  “人間である” 
   “自立している” このとの意味を、
  いかに考えさせられることになるか、
  説明していく。そして、人として
  疑問を抱かずにはいられない事柄に
  ついても考えていきたい。
  ――AIは一体どうすれば倫理的で
  思いやりのある意思決定ができる
  ようになり、効率一辺倒ではない
   “何者か” になれるだろうか? と。
  こうした問題は、 “価値観”  “信頼” 
   “力” をめぐる私たちの地域的・
  世界的な概念に疑問を呈するだろう。
  だから私たちは、本書全般を通して、
  この3つのテーマに触れていきたい
  と思う。」

本書は、『Solomon's Code: Humanity
in a World of Thinking Machines

の翻訳本。

日本の読者向けに、一部を割愛した、
コンパクト版となっています。

著者は、シンクタンク「Cambrian.ai
(カンブリアン・ドット・エーアイ)」
の創業者兼CEOのオラフ・グロスさんと、
同僚のマーク・ニッツバーグさん。

原題の『Solomon's Code』は聖書に
登場するソロモン王に由来しています。

ソロモン王は、富と倫理的な知恵の
象徴であると同時に、欠点を持つ
指導者の象徴です。

ソロモン王は知恵を用いて国を
治めましたが、過ちによって国の
混乱と衰退を招きました。

  「本書は、人類が知恵と先見の明
  を持って行動し、次世代のAIを設計
  する際に自らの欠点から学べば
  繁栄できる――という立場をとって
  いる。」

AIという知恵は非常に便利ですが、
使い方によっては、私たちの世界を
滅ぼしかねません。

本書では、国や地域によって異なる
AIとの関わりを見ていきます。

そして、AIを道具として使いながら、
人間は人間としての価値をどのように
見出していくかを考えます。

そのときに私たちが考えるのが、
「知的である」、「人間である」、
「自立している」ことの3要素です。

世界各国のAI戦略を俯瞰しながら、
どのようにバランスを取っていけば
いいかを考えさせられる本です。

 第1章 すでに存在しているAI世界
 第2章 新たなパワー・バランス
 第3章 「より賢い世界」の
    トップランナー
 第4章 AI世界のパワーゲーム
 第5章 そう遠くはない未来に
    ついての未来予想図

この本から何を活かすか?

ヨーロッパには、ロボットを
人間社会を破壊し、人間を脅かす
恐ろしい存在だと考えている人が
多くいます。

一方、日本ではロボットは人間の
護り手か友だちのような存在に
なれると考える人が多くいます。

本書では、日本で人間とロボットの
共生思想に大きな影響を与えたのが、
『鉄腕アトム』だったと指摘しています。

個人的には、放送年数や世代も考えると
『ドラえもん』の方が、日本人のロボット
に対する感情に、より大きな影響を
与えたのではないかと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| IT・ネット | 07:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サイバーアンダーグラウンド / ネットの闇に巣喰う人々


サイバーアンダーグラウンド / ネットの闇に巣喰う人々

満足度★★★★
付箋数:26

アマゾンのレビューに「やらせ」が
多いことをご存知の方も多いでしょう。

特に、中国の業者が販売する製品で、
いかにも「さくら」と思わしき
絶賛レビューをよく目にします。

以前は、中国で自動翻訳ソフトを使って
大量にレビューが書かれていました。

しかし、最近アマゾンでは、
「日本でレビュー済み」と国を表記
するようになったので、その手口は
減りました。

その代わり、フェイスブックなどの
SNSを通じて、日本人にレビューを
依頼することが増えています。

「やらせレビュー」は1件当たり、
いくらで書き込まれているのか?

  「日本の口コミ代行業者なら、
  やらせレビュー1件当たり35元
  (約525円)、欧州の業者は50元
  (約750円)、米国は70元(約1050円)
  が相場となります。レビュアーを
  募集し、要領を伝え、投稿させ、
  謝礼を渡す。その一連の業務を
  任せられます。」

この単価は、中国の出品者が、
日本の口コミ代行業者に支払う
手数料です。

では、アマゾンの「やらせレビュー」
を書く側はいくらもらっているのか?

それは一般のレビュアーと
「ベスト500レビュアー」では
報酬単価が大きく異ります。

  「500位圏内の『ベスト500レビュアー』
  にやらせレビューを書いてもらうため
  の相場は時期によって変動しており、
  現在は1000元(約1万5000円)で
  推移しています。もちろん商品は
  無償で提供します。」

アマゾンのその他大勢のレビュアーは、
商品の無償提供だけがやらせの見返り
になっているようです。

また、やらせレビューを書き込む
タイミングも巧妙に工夫されています。

初日は10件、2日目は15件、3日目は
20件と増やしていき、4日目は10件減らす。

初期の需要が一巡して、一旦販売が
落ち着く過程を模倣しているようです。

  「世界最大の通販サイト、アマゾンで
  商品を絶賛する “やらせレビュー” が
  横行している。消費者をだます
  不届き者の正体を追ってたどり
  着いたのは中国・深セン。
  路地に立つ雑居ビルから全世界に
  向けて次々のやらせの指令が発せ
  られていた。不正対策に年間400億円
  以上を投じるアマゾンをあざ笑う
  黒幕が、ついに全手口を明かした。」

本書は、ネット社会の闇を3年の
時間をかけて追った、ルポルタージュ。

著者は、日経ビジネスの記者の
吉野次郎さんです。

さすがに、ネット犯罪に通じる
相手なので、取材は難航したようです。

知人のツテをたどり、取材交渉を重ね、
黒幕への面会を取り付けました。

  「青年ハッカーは10代で悪事の限りを
  尽くし、英国人スパイは要人の殺害を
  はじめとする数々のサイバー作戦を
  成功させていた。老人から大金を
  巻き上げ続けていた詐欺師、
  アマゾンにやらせ口コミを蔓延
  させている中国の黒幕、北朝鮮で
   “サイバー戦士” を育てた脱北者、
  プーチンの懐刀・・・・。
  取材活動が軌道に乗ると一癖も二癖も
  ある者たちが暗闇から姿を現した。」

他のネット犯罪を取り扱った本では、
決して辿り着かない相手にまで、
直接取材を行っている貴重な本です。

資料としての価値だけでなく、
吉野さんの真相に迫る筆力は、
読者を引きつけるものがあります。

この本から何を活かすか?

  「試しにフェイスブックやツイッター
  内を “アマゾンレビュー” の
  キーワードで検索してみてほしい。
   “レビュアー” と呼ばれる投稿者を
  募集する項目がずらりと表示される
  はずだ。」

実際にフェイスブックとツイッターで
検索てみると、レビュアー募集が
数多く表示されました。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| IT・ネット | 05:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

米中AI戦争の真実


米中AI戦争の真実

満足度★★★
付箋数:17

  「ジョージ・オーウェルの『1984年
  を読むと、今の世界が描かれている。
  多くの描写が、今、私たちが現実に
  経験していることだ。(中略)

  ファーウェイのスパイ事件に巻き込
  まれてから、自分は「この世界
  (ディストピア)」に突入した
  ことに気づいた。」

本書は、タイトルにある通り、
「米中AI戦争」について詳細に
レポートしている本です。

ただし、書かれていることが真実か
どうか、よくわからないというのが、
私の正直な感想です。

それは著者の深田萌絵さんの経験が
どこまで本当か判断がつかないから。

書かれていることが本当なら、
非常に恐ろしい『1984年』の世界が、
私たちの知らないうちに進行して
いることになります。

もし、単なる深田さんの被害妄想なら、
本書に書かれていることすべてが
信じられないことになります。

そのため、深田さん経験したことを
信じるかどうかで、本書の評価は
大きく2つに分かれます。

以下、深田さんが経験したことです。

  「大学の同級生が実は亡くなった
  日本人の戸籍を乗っ取った人物で、
  弊社の技術を盗み、ねつ造された
  証拠でこちらを訴えてきた。
  誰に相談しても、 “スパイなんて
  いない、気のせいだよ。
  君は精神的に病んでいるんだ” と
  病人扱いされる。」

まずは、深田さんの会社は中国人の
スパイによって訴えられている
ということです。

  「外事課が調査に乗り出した瞬間に
  担当調査官が担当を外され、
  あちら側の接待を受けた刑事が
  交代要員として表れる。
  FBIに通報しても捜査すら始まらず、
  最後には信頼していた副社長が
  何もかもを持って突如失踪した。

  別れたはずの恋人から連絡があり、
   “助けてやるよ” と弊社の買収を
  提案し、彼のスマホには失踪した
  はずの副社長からの着信履歴が
  表示された。

  CIAに通報して、星条旗がたなびく
  部屋に現れたのはCIAの担当官と
  報告を握りつぶしたFBIの担当捜査官
  だった。担当捜査官が筆者をスパイ
  に仕立て上げようとしているのを
  目の当たりにして愕然としたのだ。」

この深田さんの経験は、スパイ映画の
1シーンを想像してしまいます。

さて、本書の内容としては、中国の
グレート・ファイアウォール(GFW)
の話や、米中の技術合戦など興味深い
テーマが扱われています。

そして、中国が「監視」と「言論統制」
を行い、『1984年』のディストピアが
近づいている兆候はあります。

信じるかどうかは、あなた次第。

私は、深田さんが書いていることを
すべて鵜呑みにできないという
印象を持ちました。

 序章 米中AI戦争の幕開け
 第1章 AI戦争の真実
 第2章 AIの進化で実現する『1984年』
    の世界
 第3章 牙をむいた中国のグレート・
    ファイアウォール
 第4章 繰り広げられる技術合戦
 第5章 デジタル冷静のカギは「暗号技術」
 第6章 中国の情報覇権に立ち向かう
    日本とアメリカ

この本から何を活かすか?

AIに負けない「ウソを見抜く」論理力を
身につける方法が紹介されていました。

 ・ジャンルにとらわれず古典や名作を
  読み、リテラシーを身につける。
 ・文章の意味を理解して事実関係を
  検証する。
 ・文章内の情報を、物事の基本的な
  仕組みと照らし合わせる。
 ・事象を時系列で追いかけ、変化に
  隠されたストーリーを読み解く。
 ・因果関係を明確にする。
 ・ニュースを読むときは語られて
  いない最大受益者をまず探す。

ここに書かれいることは身につけたい
と思いました。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| IT・ネット | 05:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サイバーセキュリティ: 組織を脅威から守る戦略・人材・インテリジェンス


サイバーセキュリティ: 組織を脅威から守る戦略・人材・インテリジェンス

満足度★★★★
付箋数:25

もし、あなたの個人情報が盗まれたとすると、
一体いくらぐらいで売買されるのか?

2017年時点の米ブラックマーケットでの
個人情報の値段は以下の通りです。

 ・社会保障番号は1ドル(110円)
 ・クレジットカード情報は5~110ドル
  (550~1万2100円)
 ・運転免許証は20ドル(2200円)
 ・卒業証書は100~400ドル
  (1万1000~4万4000円)
 ・医療情報は1~1000ドル(110~11万円)

クレジットカード情報は、裏面にある
3桁のセキュリティコードがわかっているか
どうかによって値段が変わるようです。

また、卒業証書が高値で取引されているのは、
結構、意外なことでした。

これらの個人情報は、内部から持ち出される
こともあれば、外部からのサイバー攻撃に
よって盗まれる場合もあります。

ある調査によると、1日に新たに生まれる
コンピューターウィルスの数は100万を
超えるとも言われます。

インターネットで世界中がつながった
環境において、私たちは個人でも組織でも、
そして国としても、サイバー攻撃の脅威に
備える必要があります。

サイバー攻撃による被害は、単に情報が
盗まれるだけではありません。

  「 “サイバー攻撃” を行う犯罪集団や
  国家は、ITを使うことで、自ら国境を
  越えて相手の建物の中に入り込まなく
  ても、最新技術や安全保障上の情報を
  盗めるようになりました。
  今や工場や発電所のほとんどは
  コンピュータ制御され、ネットワークに
  繋がっており、サイバー攻撃で運用や業務
  を止めることさえ可能となったのです。」

本書は、「サイバー脅威インテリジェンス」
を身につけるための本。

著者は、防衛省出身のサイバーセキュリティ
の専門家、松原実穂子さんです。

サイバー脅威インテリジェンスは、
様々な情報源から断片的なデータを集め、
文脈の繋がった情報にするところから
始めます。

そして、その情報を吟味して総合的分析を
加え、次にとるべき行動について意思決定
するための判断材料とします。

現在の巧妙なサイバー攻撃は、被害が
視覚化されず、被害に気づくまでに
数ヶ月かかる場合もあります。

そしてサイバー攻撃に気づいたときには、
すでに手遅れなるほど被害が広がっている
ケースも見受けられます。

本書では、まず世界中で起こっている
サイバー攻撃の事例を見ていきます。

次に、インテリジェンス(諜報)のプロ
である政府の情報機関など、攻撃者の
実像を明らかにします。

攻撃者はどのような戦略のもとで、
どんな教育を受け、生活をし、
国境を跨いで、活動を行っているのか。

攻撃者の視点に立って見るレポートは
かなり新鮮でした。

それに対して守る側は、どういう態勢で
日々攻撃者と戦い、防御を固めている
のかが、次に紹介されてます。

その上で、サイバー攻撃に対抗する
技術的・戦略的知恵を与える
「サイバー脅威インテリジェンス」に
ついて解説します。

サイバー攻撃から政府や企業を守る
ために本当に必要な対策や負担は、
日々増加の一途を辿っています。

にもかかわらず、サイバーセキュリティ
について理解しようともせず、
サイバー攻撃への対策を放置し、
予算を割かない組織もあります。

本書は、そんな組織に警鐘を鳴らします。

サイバー攻撃は、あまりメディアでも
取り上げられないので、その実態が
つかめず、他人事になりがちです。

そうならないためにも、本書は、
是非、読んでおきたい本です。

非常に読み応えのある良書でした。

この本から何を活かすか?

サイバー攻撃者として、最も注意すべき
国の1つに北朝鮮が挙げられています。

  「(北朝鮮は)サイバー空間の閉鎖性
  を逆手にとったところがあります。
  北朝鮮国内はインターネットにほとんど
  繋がっていないため外国からのサイバー
  攻撃を受けにくく、被害も限られる反面、
  北朝鮮からは外国にサイバー攻撃を
  仕掛けられ、大きな成果を期待できる。
  これが北朝鮮ならではの強みなのです。」

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| IT・ネット | 05:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

業界別! AI活用地図 8業界36業種の導入事例が一目でわかる


業界別! AI活用地図 8業界36業種の導入事例が一目でわかる (AI&TECHNOLOGY)

満足度★★★
付箋数:21

2019年現在、AI(人工知能)は
第3次ブームと言われ、様々な分野で
研究・開発が進められています。

しかし、実際はそれぞれの業界において、
AIの活用は、計画したほど進んでいない
状況があるようです。

  「PoC(仮説検証)と呼ばれるトライアル
  を実施したが想定した精度が出ない、
  投資効果が見込まれないなどの理由から
  途中で停滞してしまうプロジェクトも
  多くあります。
  これはAIやその元になるデータ活用に
  ついての企画の段階で、自社や組織の
  課題に対して俯瞰的に考え、どのデータ
  を蓄積し、どの業務を改善するAIを
  開発していくのかのロードマップが
  適切に作られていないことが原因の
  ひとつであると著者は考えています。」

本書の著者、AI活用のエキスパート、
本橋洋介さんが指摘する課題は、
AI開発の適切なロードマップが
不足していることです。

そこで、各業界でのロードマップ
作成を手助けするために書かれた
のが本書です。

通常、本書のような大判オールカラー
の業界マップ本は、業界外の人向けに
書かれているケースがほとんどです。

しかし、本書のメインターゲットは、
それぞれの業界内の人です。

  「本書を参考に、自社でのデータ
  活用・AI活用のロードマップ作成に
  取り組んでいただければと考えて
  います。また、自社内でロードマップ
  を作成した後には、それぞれの
  活用例がどのようなデータやツール
  を必要とするかを整理し、データを
  蓄積、整備する計画を立てて
  いただくのが良いと考えます。」

本書は、金融、流通、製造、インフラ
など、全8業界36業種のAI導入について、
マップ形式で整理しています。

マップと活用事例は業種ごと、
ROI算出・利用データ・分析方法・
システム構成と業務プロセスなどは、
業界ごとにまとめられています。

更に、データ加工時のポイントや
分析時に注意すべきポイントも
掲載されています。

すべてがAIプロジェクトを円滑に
進めるための、情報整理です。

最初に紹介されている流通業界では
次のような目的や分析方法などが
示されています。

<目的>
 ・在庫切れによる機会損失、在庫過多
  による廃棄ロスの削減
 ・発注作業効率化による人件費の削減

<ROIの算出例>
 ・廃棄率を5%削減
 ・発注業務にかかる時間を30%削減

<利用データ>
 商品別の販売実績データ、気象データ、
 キャンペーンのデータ、イベントデータ、
 カレンダーデータ、在庫データなど

<分析方法>
 ステップ1 在庫量に基づく自動発注
 ステップ2 機械学習に基づく需要予測
      の活用
 ステップ3 強化学習による発注数
      自動決定

<データ加工時のポイント>
 ・商品コード変更による名寄せの必要性
 ・「販売数0」の取扱いに注意

<分析時に注意すべきポイント>
 1. 他の店舗の影響を学習しきれない
  ことが多い
 2. ID-POSデータがあるときに常連データ
  と一見客データに分けて分析する

かなり突っ込んだノウハウも掲載
されているので、本書を一般的な
業界マップ本と侮ってはいけません。

この本から何を活かすか?

放送局のAI活用事例の1つとして
紹介されていたのが、AIアナウンサー
ニュースのヨミ子」です。

事前にアナウンサーが原稿を読み、
録音した音声データを音素に分解。

NHKのWebサイト上のニュース原稿を
基に、音素を組み合わせて発話する
ようです。

「ニュース シブ5時」と
「気になるニュースランキング」
に出演しています。

AmazonのAlexaスキルにもあるので、
私はそちらで使ってみます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| IT・ネット | 05:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT