活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

バッタを倒しにアフリカへ

満足度★★★★
付箋数:24

最近は、滅多に使われることが
なくなりましたが、「末は博士か大臣か」
という言葉がありました。

将来有望な子供や若者に対して、
かつては、こう言ったものでした。

しかし、「大臣」は昔とそれほど
変わりませんが、「博士」を取り巻く環境は
大きく変わりました。

  「苦労の末に手にした博士号は、
  修羅への道の片道切符だった。」

学位としての博士号は、大学を4年で卒業し、
修士過程を2年、博士課程を3年と、
浪人・留年せずにストレートに進むと、
最短27歳で取得できます。

しかし、大変なのはそこから先です。
いわゆる「ポスドク」問題があります。

これは、博士号の取得後、期間の限られた
研究に従事する博士研究員が増えて、
大学の教員にもなれず、企業へも就職
できないという問題です。

最近言われる「高学歴ワーキングプア」が
まさにこの状態です。

しかも、専門が「バッタの研究」だったら、
日本で職を得るのが難しいことは、
誰でも容易に想像がつくことでしょう。

  「博士になったからといって、自動的に
  給料はもらえない。新米博士たちを
  待ち受けるのは命懸けのイス取りゲーム
  だった。イス、すなわち正規のポジション
  を獲得できると定年退職まで安定して
  給料をもらいながら研究を続けられる。
  だが、イスを獲得できるのはほんの
  一握りどころか、わずか一摘みの博士だけ。
  夢の裏側に潜んでいるのは熾烈な競争だった。」

本書は、そんな熾烈な競争に晒されながら、
バッタの研究を続ける様子を綴る
科学冒険「就職」ノンフィクションです。

著者の前野 ウルド 浩太郎さんは、
バッタ博士で、本書を出版した時点での
研究上の立場は、任期付研究員。

5年間で成果が上がらなければ無収入に陥る
まだまだ予断が許されない状況です。

本書は、そんな前野さんがバッタの研究で、
西アフリカの国、モーリタニアで奮闘しながら、
ポスドクの悲哀と就活の様子を綴ります。

これが、抜群に面白い。

前野さんが子供の頃からの夢は
「バッタに食べられたい」でした。

果たして、モーリタニアでその夢は叶うのか。

  「バッタが大発生することで定評のある
  モーリタニアだったが、建国以来最悪の
  大干ばつに見舞われ、バッタが忽然と姿を
  消してしまった。人生を賭けてわざわざ
  アフリカまで来たのに、肝心のバッタが
  いないという地味な不幸が待っていた。
  不幸は続き、さしたる成果をあげることなく
  無収入に陥った。なけなしの貯金を切り崩して
  アフリカに居座り、バッタの大群に相まみえる
  日がくるまで耐え忍ぶ日々。バッタのせいで
  蝕まれていく時間と財産、そして精神。
  貯金はもってあと1年。全てがバッタに
  喰われる前に、望みを次に繋げることが
  できるだろうか。」

ちなみに、前野さんの名前に入っている
「ウルド」は、モーリタニアでの研究活動が
認められて授かったミドルネーム。

「誰それの子孫」という意味で、現地では
最高に尊敬されるミドルネームのようです。

本書は冒険要素をふんだんに含み、
読む者をワクワクさせます。

前野さんの文才と、特殊なフィールドワーク
があれば、本を出すにはネタが尽きない
ように思えました。

仮に前野さんが研究者としての終身雇用が
得られなくても、十分やっていけそうな
バイタリティーとキャラクターの濃さが
あります。

むしろ、安定な立場を得ると今の面白さが
なくなってしまうような気がしますね。

この本から何を活かすか?

モーリタニアでは、モハメッドという名前が
圧倒的に多いようです。

  「日本の苗字トップ3に君臨する佐藤、鈴木、
  高橋の比ではなく、驚愕のモハメッド率の
  高さだった。研究所内だけではない。
  出会う人がことごとくモハメッドだった。」

そんな誰もがモハメッドの状態を、
一体、どのように区別しているのか?

これを現地では、「コックのモハメッド」、
「門番のモハメッド」、「大きなモハメッド」、
「小さなモハメッド」と職業や体格と結びつけ
区別しているようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 06:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

超能力微生物

満足度★★★
付箋数:23

  「微生物は神出鬼没の生命体である。
  とうてい考えることのできない不可思議な
  生命体である。人間界では想像できない、
  怪しいほどの生命体である。
  その大体の大きさは、1ミリメートルの
  500分の1、いやそれ以下で1000分の1、
  もっともっと小さくて1万分の1しかないのに、
  とんでもなく強かに生きていて、
  ちょっとやそっとではへこたれない。」

本書は、驚異的な微生物の能力について
解説して、その有効利用についても伝える
本です。

著者は、東京農業大学名誉教授で、
ありとあらゆる微生物および発酵食品を
研究対象とし、世界中の発酵食品を味わい
つくしている小泉武夫さん。

本書で、「超能力微生物」と呼んでいる
微生物は、オカルト的な力が宿っている
ということではありません。

人間を含めた通常の生物では到底
考えられないような、とてつもない力を
秘めている微生物をこう呼んでいます。

では、一体、微生物にはどんな力が
あるのでしょうか?

小泉さんは、本書の「はじめに」で、
その驚くべき3つの力を紹介しています。

まず第1に、気が遠くなるほど長い間、
形や性質を変えないで生き続けている
微生物がいるということ。

今から何十億年も前の地球の創世記に
生まれた古細菌は、今日まで生まれたままの
姿で生き続けています。

第2に、地球上のびっくり仰天するような
ところにまで住んでいるということ。

ジェット機が飛ぶ遥か上空に浮遊していり、
海底水深6500メートルで生息していたり、
南極の極寒でも凍らずにいたり、
ヨルダンの塩湖・死海の中でも平気で
生きていたりする微生物もいます。

第3に、逆境に耐える恐ろしいほどの底力を
持っているということ。

特にスゴいのは、人間の皮膚についたら、
たちまち重度の火傷を負うような濃硫酸の
中でも育成可能なスーパー耐性菌です。

さらには、人間が死に至る放射線の1000倍
以上の殺人光線ともいうべきガンマ線に
耐えうる菌の存在も見つかっています。

小泉さんが本書で主張したかったのは、
これだけ多くの超能力微生物が存在するので、
遺伝子組換えやゲノム編集に頼らなくても、
自然界から人類に役立つ微生物を得られる
ということです。

むしろ古典的なバイオテクノロジーの技術、
発酵や分離によって、効率よく自然由来の
微生物の性質を入手できるのです。

そして、小泉さんはIT革命ならぬ、
「FT革命」が人類を救うと言っています。

FT革命の「F」は発酵(Fermentation)の
頭文字です。

発酵が、人類が直面する「環境」「食料」
「健康」「エネルギー」の問題を解決する
鍵になるという考えです。

小泉さんは15年前からFT革命を提唱して
いますが、実際に実用化が進んでいる
研究もかなりあるようです。

また、本書では小泉さんが食べた、
発酵食品のグルメエピソードも豊富に
紹介され、読者を楽しませてくれます。

この本から何を活かすか?

この地球上で最も珍しい発酵食品は何か?

この質問に、小泉さんは迷わず答えます。

  「それは日本の石川県でつくられるフグの
  卵巣の糠漬けでしょう。世界広しといえども
  全く他に例のない驚くべきもので、
  単独で食の『世界遺産』に登録できる
  ほどのものであります。なにせ、あの猛毒が
  詰まっているフグの卵巣を食べてしまう
  民族など、発酵の知恵者である日本人以外、
  見当たりません。」

微生物の発酵の力を借りて、3〜4年もの
時間をかけて、フグの猛毒を解毒する製法は、
江戸時代から行われているようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カラダはすごい! モーツァルトとレクター博士の医学講座

満足度★★★★
付箋数:25

非常にベタなタイトルですが、本当に人間の
「カラダはすごい」と思える一冊です。

  「私は現在、健診センターに非常勤で勤務する
  かたわら、医療小説を書き、三足目のワラジ
  として福祉系の大学で “医学概論” の講義を
  しています。本書は、その講義ノートの
  一部を読み物ふうにアレンジしたものです。」

本書のようなエピソードが詰め込まれている
講義なら実際に聞いてみたいと思えるほど、
魅力ある内容でした。

とにかく、久坂部羊さんの医療にかかわる
雑学がものすごい。

本職の医師なので、医療の知識が確かである
ことはもちろんですが、映画や小説、著名人
に関わる医学的エピソードの知識が豊富で
まったく飽きさせません。

  「サブタイトルを『モーツアルトとレクター
  博士の医学講座』としたのは、講義中に
  脱線する雑談の中に、モーツアルトや
  『羊たちの沈黙』でおなじみの
  ハンニバル・レクター博士などが
  よく登場するからです。」

では、本書からレクター博士のエピソードを
紹介しましょう。

レクター博士とは、1991年に公開された
アメリカの映画『羊たちの沈黙』の中で
アンソニー・ホプキンスさんが演じた
美食家の天才外科医。

原作はトマス・ハリスさんの同名小説で、
レッド・ドラゴン』、『ハンニバル
ハンニバル・ライジング』でも主人公
として描かれています。

さて、レクター博士は、憎まれ役の
司法省監察次官補をつかまえ、
生きたまま頭蓋骨を切り取り、
露出した脳をスプーンのような器具で
すくい取って食べます。

ヒロインのクラリス捜査官の前で、
次官補を椅子にくくりつけて、
意識がある状態で、脳を食べてしまうのです。

果たして、このようなことが医学的に
可能なのでしょうか?

  「脳の表面には知覚神経がないので、
  すくい取られても痛くありません。
  ですから、小説にある通り、頭蓋骨を
  切断するときだけ曲部麻酔をかけておけば、
  あとは問題なくできるでしょう。」

実際に久坂部さんは、脳外科医が
脳の前頭葉の半分ほどを切除して、
そこから腫瘍をより分けているのを
生で見たことがあるそうです。

その様子を、次のように描写していますから、
レクター博士の脳を食べるシーンも
よりリアルに感じたのだと思います。

  「それは茶碗蒸しの中からぎんなんを
  取り出しているようでした。
  脳は固めの豆腐かフグの白子のようなので、
  指で押さえれば簡単につぶれるのです。」

これはかなり特殊なエピソードですが、
本書には日常生活に関わるような
医学知識も豊富に紹介されています。

 ・アルコールを飲むとトイレに行きたくなるわけ
 ・しゃっくりの止め方
 ・慢性便秘が起こるわけ
 ・血圧が高いとなぜ悪いのか
 ・長期保証のないレーシック

本書を読むと、世間でまことしやかに
噂されている医学知識があまり根拠のない
ことがよくわかります。

また、本書の医学知識は単に雑学だけでなく、
日常生活にも生かすこともできるでしょう。

ちなみに本書は、久坂部さんが2012年に
出版した『モーツアルトとレクター博士の
医学講座』の内容を一部アップデートした
新書版です。

この本から何を活かすか?

私は、本書で久坂部さんを初めて知りましたが、
かなり面白かったので、久坂部さん医療小説も
読んでみたくなりました。

・『廃用身
・『悪医
・『神の手 上』『神の手 下
・『虚栄

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 06:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コスパ飯

満足度★★★
付箋数:21

日本マイクロソフトの社長だった時代から、
国内はもちろん、世界中で「うまいもの」を
食べ尽くしてきた成毛眞さん。

どこで食べたものが、一番うまかったのか?

成毛さんの答えは、国内の名店でも、
美食の都と言われるサン・セバスチャンで
ミシュランの星を獲ったレストランでも
ありません。

成毛さんが、一番うまいと感じるのは「自宅」。

お金がある成毛さんだからと言って、
必ずしも自宅で高級食材を使っている
わけではありません。

また、奥さんが凄腕の家庭料理人でも
ありません。
(ただし、奥様はかなり料理の上手な
方のようです)

なぜ、成毛家の食事がうまいのかと言うと、
その理由は、外で食べてうまかったものを
家でバージョンアップして再現しているから。

ただし、使う食材や調味料はこだわるものの
一般に手に入るものを使って再現します。

しかも、コストパフォーマンスも追求して。

だから成毛さんが外食するのは、
家で真似して作る味を探すためなのです。

  「外食は、うまいものを堪能する機会でも
  あるが、家でつくるうまいもののヒントを
  得るチャンスでもある。むしろ新メニューを
  仕入れるため、積極的に外食をしている。
  写真を撮ることがあるのは、使っている
  素材をメモする手間を省くため、盛り付けの
  アイディアを盗むためなのだ。」

本書は、このように食に関して、ちょっと
変わったこだわりのある成毛眞のエッセイ本。

巻末には「食にまつわるガイドブック」
として、10冊の食に関する本が紹介されて
います。

ひょっとすると、このパート書くために、
まるまる一冊、食の本を書いたのではないか
とも疑って見てしまいました。

本編の話は、テーマに沿っているような
沿っていないような食の話しが続きます。

ただ、どんな話になろうとも、
成毛さん独自の視点で語っていますから、
読んでいて飽きることはありません。

さて、私が本書で真似してみたいと思った
「コスパ飯」は、「マルちゃん焼きそば」
で作る「カリカリ焼きそば」です。

スーパーでよく見かけるシンプルな袋に
3人前入りで売っているあの焼きそばです。

レシピは以下の通りです。

 1. 中華鍋を熱して米油を十分に入れる。

 2. 十分に熱したら、袋から出したままの
  形状で、麺を置いて焼く。

 3. 中火で根気よく、こんがり焦げ目が
  付くように焼く。

 4. 具材は豚の切り落としとキャベツで、
  別のフライパンで調理する。

 5. キャベツはおののくほど大量を使い、
  味付けは麺に付属する粉ソースの
  3分の2をこの具材の調理で使う。

 6. 具材の隠し味には、ベル食品の
  「ジンギスカンのたれ」をからめる。

 7. 麺は裏返して裏面もしっかり焼く。
  麺は決してほぐさず、水も加えない。

 8. 焦げ目がついたところ、茶色になった
  ところ、色がかわっていないところが
  ほどよく分布したら火を止める。

 9. 最後だけわずかにほぐし、残った
  粉ソースを麺にコーティングさせる
  ように全体に振りかける。

 10. 麺はシッカリとしたまま皿に盛り付け、
  その脇に炒めた具材を配置する。

このレシピのどの部分が外食からヒントを
得たのかわかりません。

しかし、調味料も食材も我が家にあるもの
なので、チャレンジしてみたいと思います。

この本から何を活かすか?

本書で紹介されている食に関する本で、
読んでみたいと思ったのが、檀一雄さんの
美味放浪記』です。

  「女優檀ふみの父親で作家の檀一雄が、
  食をテーマとして綴った放浪記である。
  彼は高級料理を好まず、旅先でも現地の
  人で賑わう食堂や居酒屋で食事をした。
  (中略)昭和40年代に国内から海外まで
  渡り歩き、地のものを食べ尽くしたのは
  彼くらいであろう。」

文壇屈指の料理人としても名高い檀さん
ならではの視点で綴られているようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 06:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。

満足度★★★★
付箋数:24

  「あなたには、鳥類学者の友人はおられる
  だろうか。多くの方にとって、答えは
  否だろう。原因の半分は、鳥類学者が
  シャイで友達作りが下手だからだ。
  残り半分は、人数が少ないからである。
  日本鳥学会の会員数は約1200人。
  『日本タレント名鑑』に載っている
  タレントまたはモデルの数が1万1千人。
  学会員が全員鳥類学者だとしても、
  タレントより希少なのだ。日本の人口を
  1億2千万人とすると、10万人に1人。
  つまり、10万人の友達をつくらないと
  鳥類学者と仲良くなれないのである。」

本書で、鳥類学の魅力を語るのは、
国立研究開発法人森林総合研究所
主任研究員の語る川上和人さん。

小笠原諸島を主な調査フィールとする
シャイ(?)で希少な鳥類学者です。

そんな川上さんが、あなたの友人になって、
鳥類学者の知られざる日常と鳥の生態に
ついて語ります。

  「今日から私が貴公の友人だ。
  見知らぬ中年紳士の話を聞く義理はない
  だろうが、友人の言葉に耳を傾けるのは
  紳士淑女としての礼儀である。
  束の間のあいだ鳥の話におつきあい
  いただき、共に鳥類学の世界を楽しんで
  もらえると幸いである。」

いくら川上さんが、鳥類学の面白さを
語ってくれると言っても、そもそも鳥に
あまり興味はない。

強いて言えば、フライドチキンと焼き鳥が
好きなくらいか。

実際、そんな方も多いでしょう。

でも本書は、そんな美味しくなった鶏に
しか興味のない方でも十分に楽しめます。

なぜなら、川上さんの話は脱線しまくり、
およそ3分の1はユーモアで埋め尽くされて
いるからです。

本当の鳥好きの人からすると、
「もっと鳥のことを語ってくれ」と怒られる
くらいのレベルでだと思います。

それが本書の最大の魅力であり、
敷居が高かった鳥類学の世界を
もの凄く親しみやすものにしています。

そもそも、川上さん自身も子どもの頃から
鳥が好きだったわけではありません。

  「私は鳥とは無縁の子供時代を過ごした。
  公園のハトがドバトなのかキジバトなのかも
  知らなかったし、そもそもハトに種類が
  あることも知らなかった。
  そんな私も自堕落で日和見主義的な
  大学生になり、野生動物を探求するサークル
  に入会した。自然が大好きなどという
  軽薄な理由ではない。小学生時代に
   “風の谷のナウシカ” に感動し、
  ちょっとミーハーに憧れていたのだ。
  みんな口にはしないが、私の世代には
  そういう研究者は多いと思うぞ。」

そしてかなり受動的に、川上さんは鳥類学の
研究の世界に足を踏み入れていきます。

さすがにナウシカがきっかけだっただけに、
川上さんのアニメに対する造詣は深く、
文章の所々にその片鱗が表れています。

といかく笑える本が読みたいと思ったら、
本書を是非オススメしたいですね。

腹を抱えながら読み終わったら、
知らないうちに鳥についても興味が
持てるようになっているハズです。

それぐらいの気軽さで読んで欲しい本です。

 第1章 鳥類学者には、絶海の孤島がよく似合う
 第2章 鳥類学者、絶海の孤島で死にそうになる
 第3章 鳥類学者は、偏愛する
 第4章 鳥類学者、かく考えり
 第5章 鳥類学者、何をか恐れん
 第6章 鳥類学者にだって、語りたくない夜もある

この本から何を活かすか?

キョロちゃんはどこに生息しているのか?

ご存知、森永チョコボールのキャラクター
として親しまれるキョロちゃん。

川上さんは、そのキョロちゃんの外的な
特徴から生息地を予測します。

注目しているのは、つぶらな瞳が共に
正面を向いていることです。

これはキョロちゃんの捕食者がいない証拠。

  「きっとキョロちゃんは、捕食者がおらず
  警戒を必要としない地域で、樹上の果実を
  食べて暮らしているのだろう。
  そこは、肉食哺乳のいない孤島だ。」

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 06:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT