活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

科学のミカタ

満足度★★★★
付箋数:25

毎日新聞東京本社科学環境部長で科学記者の
元村有希子さん。

まったく、なぜかはわかりませんが、
2017年秋の明け方に、ある人物が元村さんの
夢枕に立ちました。

その人物とは、清少納言さん。

それをきっかけに、元村さんは『枕草子』を
読み返してみたそうです。

この作品は、「春はあけぼの。やうやう白く
なりゆく山ぎは・・・」から始まる、
日本最古のエッセイ集です。

この作品には、宮中のきらびやかな日々、
そして、若き皇后にかしづいたエリート女性が
何を美しいと思い、何を好み、どんな会話を
楽しんでいたかが思うままに綴られています。

  「こうなったからには、彼女のエッセイ集
  『枕草子』にならって、科学のあれこれを
  見つめてみるのも悪くないと思い始めた。」

本書は、科学記者として20年近く科学技術や
環境問題をウォッチしてきた元村さんが、
心に引っかかった科学に関するトピックを
清少納言風に綴ったエッセイです。

元村さんの作品の中では、2012年12月に刊行した、
気になる科学』の続編になります。

さて、今から77年前~12万6000年前の時代を
地質年代では「千葉時代(チバニアン)」と
名付けようとしています。

これは千葉県市原市に実在する地層にちなんだ
ネーミングで、ここには地磁気が逆転した痕跡
(N極とS極が入れ替わった)が残っています。

最近のニュースでは、国内の別の団体から
国際学会に対して「申請された研究データは
捏造された」などとしたメールが送られ、
国際学会の審査が中断して話題になりました。

その疑義はさておき、本書では地質年代の中の、
スケール感をつかむために、地球が誕生して
からの46億年を1年に縮めて説明しています。

まず、地球誕生を1月1日午前0時だとします。

生命の誕生は3月29日。

古生物界のアイドル、三葉虫が登場するのは
11月に入ってから。

11月27日に魚類、12月4日に両生類、
12月15日に恐竜が出現します。

恐竜絶滅に登場する哺乳類は、もう仕事納めで
大掃除をしなきゃならない年末の12月28日。

そして、我々ホモ・サピエンスが登場するのは、
大みそかの午前11時37分ごろ。

キリストが誕生するのは、年が改まる14秒前。

  「なんてこった、地球の支配者よろしく
  大きな顔をしている人間も、地球の歴史では
  圧倒的に “新入り” ではないか。
  もっとも、紅白歌合戦で11時37分といえば、
  紅組・和田アキ子、白組・北島三郎クラス
  ですけどね。あ、お二人とも “紅白” は
  引退でしたね、すみません。」

本書では、このようにライトな感覚で、
様々な科学のトピックについて紹介します。

しかし、語り口は軽くても、各トピックを
まとめて眺めたときに、どう受け止めるかを
考えるヒントになるように書かれています。

タイトルの「ミカタ」は、「味方」の意味も
あると同時に、「見方」という意味も込めて
つけられました。

個人的には、読んでいて非常に楽しくなる
科学エッセイでした。

ちなみに、目次も枕草子風になっています。

 Ⅰ こころときめきするもの
  平安京とオーロラ/チバニアンなど19編

 Ⅱ すさまじきもの
  トランプ・ハリケーン/生物多様性など12編

 Ⅲ おぼつかなきもの
  「ガタカ」が描く未来/ゲノム編集など8編

 Ⅳ とくゆかしきもの
  体内コンパス/絶滅動物と私たちなど13編

 Ⅴ 近うて遠きもの、遠くて近きもの
  がん100万人時代/尊厳死と安楽死など9編

この本から何を活かすか?

本書の中で、紹介されていた映画『ガタカ』。

遺伝子情報が人間の価値を決める未来を描いた
イーサン・ホークさん主演の1998年のSF映画。

ディストピアの名作と言われていて、
私も好きな映画で、懐かしく思い出しました。

また、元村さんは本書の執筆の合間に、
オルダス・ハクスリーさんのディストピア小説
すばらしい新世界』を読んだそうです。

この作品は、ジョージ・オーウェルさんの
一九八四年』とよく対比される
ディストピア小説の名作のようです。

私は『すばらしい新世界』は未読なので、
早速読んでみたいと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 06:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界を変えた50人の女性科学者たち

満足度★★★
付箋数:22

本書は電子書籍版(Kindle版)も出ていますが、
購入するなら、紙の本を買いましょう。

なぜなら、本書は素敵なイラストを見て楽しむ
ビジュアルブックであり、所有することに
喜びを感じる本だからです。

電子書籍版だと、その喜びは感じられません。

  「その昔、女性が教育を受ける機会が制限
  されるのは決して珍しいことではありません
  でした。女だという理由で科学論文を発表
  するのが許されないこともよくありました。
  女たちは夫に養われる良い妻として良い母
  になることしか期待されていなかったのです。
  多くの人々は、女性は男性ほど賢くないと
  思っていました。この本の女性たちは
  自分のやりたい仕事をするためにこうした
  固定観念と闘わなければならなかったのです。
  彼女たちは規則を破り、偽名で論文を発表し、
  すすんで独学で研究を続けました。
  周りの人々にその能力を疑われていた彼女
  たちは、自分自身を信じる必要があったのです。」

本書は、古代から現代まで、世界を変える
ような偉業をなしとげた女性科学者50人を
紹介した本です。

著者のレイチェル・イグノトフスキーさんは、
歴史や科学、また教育、ジェンダーなどを
テーマに描くことが得意なイラストレーター。

女性科学者の紹介文とイラストの両方を
ひとりで書いています。

左ページが女性科学者のチャーミングな
イラストで、右ページが紹介文という、
2ページで1人を書くシンプルな構成です。

ドラマチックな生涯が、僅か1ページだけに
凝縮されているので、文章としては少し
物足りなさを感じます。

しかし、イラストでその足りない分を
別の角度から、十分に補っています。

さて、本書の中から、女性科学を2人ほど
紹介しましょう。

1人目は、アインシュタインさんが、
「女性の高等教育がはじまって以来最高の、
偉大な数学の天才」と称賛した女性。

その女性は、1882年生まれのドイツの数学者、
エミー・ネーターさんです。

彼女は群と環についての新しい概念を証明し、
抽象代数学の分野を発展させました。

ネーターさんが学生時代のドイツでは、
女性が高等教育を受けることが違法でした。

そのため、彼女は大学の教室の後ろの席に座り、
正式に単位を取れなくても学ぼうとしました。

また、ゲッティンゲン大学に招かれて数学の
研究を行っていた際も、女性であったため、
7年間無給で働くことになりました。

それでも研究を続け、1918年に
「現代物理学の発展を先導したこれまでに
証明された最も重要な数学な定理の1つ」
とまで評される「ネーターの定理」を
発表しました。

2人目は、栄光を盗まれた孤高の化学者の
ロザリンド・フランクリンさん。

彼女は、1953年にDNAの二重らせん構造の
解明につながる、X線回折写真の撮影に
成功しました。

DNAの二重らせん構造を解析したことで
有名なのは、ジェームズ・ワトソンさんと
フランシス・クリックさんです。

彼らは、フランクリンさんの写真を
許可なく使い、研究の一部として発表しました。

更に、ワトソンさんはフランクリンさんを、
「気難しく、ヒステリックなダークレディ」
と批判しました。

それでも研究を続けたフランクリンさんは、
実験でX線を用い、大量の放射線を浴びたため、
ガンで亡くなったと言われています。

本書では、ネーターさんやフランクリンさん
のように、世間では知られていないけれど、
本当は凄い業績を残した女性科学者を
数多く紹介しています。

この本から何を活かすか?

本書は、小学5年生以上で習う漢字にルビ付で
書かれていますから、未来の女性化学者には
ぜひ読んで欲しい本です。

正直、小学生が読んで理解できるとは思えない
内容もありますが、綺麗なイラスト見ながら、
お気に入りの科学者を見つけて欲しいものです。

興味が湧けば、ちょっと難しくても知りたい
という好奇心が出てきますから、それが将来
科学の研究を続ける原動力になるでしょう。

本書は、小学生女子のいる家庭には、
置いておきたいと思える本です。

知り合いの家庭に一冊贈りたいと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 06:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「おいしさ」の科学 素材の秘密・味わいを生み出す技術

満足度★★★
付箋数:24

「あの人は、舌が肥えている」といった表現を
使いますが、私たちが、「おいしい」と感じるのは
舌や口の中ではありません。

私たちは、脳で「おいしい」と感じます。

私たちが、食べ物を食べるとき、
まずにおいを感じ、食べ物の色や形を認識して、
口の中に入れます。

口の中で、味を感じ、同時にやわらかいなどの
食感を感じ、耳では食べ物の音を聞いています。

このように、臭覚、視覚、味覚、触覚、聴覚の
五感を使って、食べ物のあらゆる情報を受け取り、
脳はそれを食べてよいか悪いかを判断します。

そして、私たちは生命を維持するために、
人体に必要なものをおいしいと感じ、
人体に害のあるものをおいしく感じない
ようになっているのです。

では、コーヒーやビール、梅干しなどのように
苦味や酸味のある食べ物を、なぜおいしいと
感じるのでしょうか?

実は、おいしさは、本能的に感じるものと、
経験的に感じるものの2種類があります。

疲れたときに、甘いものをおいしく感じ、
汗をかいたときに塩分を含むものがおいしく
感じるのが本能的なおいしさです。

一方、子供のときは苦手だった食べ物が、
大人になったらおいしく感じるのが、
経験的なおいしさです。

味覚には、甘味、塩味、うま味、酸味、苦味の
5種類があります。

この内、甘味、塩味、うま味の3つは、
食経験のない赤ちゃんでもおいしく感じる、
本能的なおいしさの味覚です。

なぜなら、甘味はエネルギー源の糖、
塩味は生体調整などに必要なミネラル、
うま味はタンパク質源のアミノ酸や核酸に
由来しているからです。

この3つの味覚は、人体に必要な栄養素の
存在を知らせるシグナルになっていて、
誰もが生まれながらに持っているものです。

これに対し、酸味は腐敗を、苦味は毒素の
存在を知らせる味で、避けるべき危険の
シグナルです。

しかし、食経験を積んで、安全な食べ物だと
認識されれば、酸味や苦味のある食べ物も
おいしく感じるのです。

これが経験的なおいしさで、その感じ方は
人それぞれによって基準が異なります。

さて、本書は「おいしさ」の秘密を科学的に
探る本です。

私たちの脳は、どのような仕組みで
おいしさを感じるのか?

食材のおいしさはどこからやって来るのか?

食材は、その成分や、調理や熟成によって、
どのような化学変化が起こり、おいしくなるのか?

著者は、サイエンスライターで、明治学院大学や
東洋大学でも非常勤講師を務める佐藤成美さん。

本書では、「おいしさ」に関して、
多角的にアプローチして、その秘密に迫ります。

「食」に関する研究の最前線もリポートします。

私たちが毎日食べる食品は、奥が深く、
そこにはいろいろな科学や技術があります。

おいしさとは、食べ物を食べた時の快感。

この仕組みを知ることで、おいしいものを
もっとおいしく食べられるようになり、
逆に止められない食欲にも歯止めをかけることが
できるようなります。

食にこだわる人にとっては、本書を読むと、
おいしさの根拠を科学的に知ることができるので、
必読の書だと思います。

本書は、ブルーバックスらしい科学への興味と
科学的な視点を培うことができる良書です。

  第1章 おいしさとはなにか
  第2章 おいしさを生む化学変化
  第3章 おいしさの素を探る
  第4章 食材のおいしさを探る
  第5章 調理から生じるおいしさ
  第6章 おいしさを作るテクノロジー
  第7章 おいしさを感じる脳と味細胞のしくみ

この本から何を活かすか?

調味料は、おいしさを引き出す働きがあります。

では、最高の調味料は何か?

  「近年の研究によれば、食欲を促すホルモンは、
  甘味や香りに対する感受性を高めていると
  示唆されています。つまり空腹であればより
  おいしさを感じるということ。」

実は、「空腹」こそが最高の調味料なのです。

当たり前のことかもしれませんが、
ご飯をおいしく食べたければ、
しっかりお腹を減らしてから食べるのが、
一番おいしく感じるのです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 05:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

宇宙に命はあるのか 人類が旅した一千億分の八

満足度★★★★★
付箋数:28

私は、ほぼ毎日、1冊本を読むので、
年間の読書量は、300冊以上になります。

その大半は、それなりに面白く、
それなりに参考になる本です。

しかし、時として、予想もしないぐらい、
もの凄く面白い本と出会うことがあります。

それはまさに、読書冥利に尽きる
衝撃的な出会です。

 「今まで、毎日読書を続けてきたのは、
 この本と出会うためだった。
 本当に、この本に出会えて幸せだ。」

そこまで強く思う本は、正直、年に数冊しか
ありません。

本書は、私がここ数年で出会った本の中で、
最も幸せを感じた本です。

久しぶりに、「読みだしたら止められない」
という読書中毒感を味わいました。

  「アポロはどうして月に行けたのだろうか?
  考えてほしい。アポロ11号が月着陸を果たした
  1969年といえば、ケータイもデジカメも
  カーナビもなく、電子レンジやエアコンすら
  ほとんど普及していなかった。
  人々はレコード盤でビートルズを聴き、
  カラーテレビを持っているお金持ちの家に
  クラスメイト全員が集まってウルトラマンや
  長嶋茂雄を見ていた。飛行機は東京から
  ニューヨークまで直行できずアラスカで
  給油する必要があり、コンピューターは
  一般人には縁遠く、電卓すら数十万円する
  デカブツだった。 “捏造説” を信じる人が
  いるのも、無理はないかもしれない。」

これは、本書の「第二章 小さな一歩」の
冒頭部分からの引用です。

この章で語られているのは、テレビなどで
よく見るアポロ計画の話とは、だいぶ違った
ストーリーです。

それは権威と常識に反抗してアポロ計画を
陰から支えた、2人の技術者の話です。

1人は、ジョン・ハウボルトさんという名の
NASAの研究者。

彼のアイディアと頑固さがなければ、
人類が1960年代が終わるまでに月に行く
という偉業は成し遂げられませんでした。

もう1人は、マーガレット・ハミルトンさん
というMITの女性プログラマー。

彼女が、批判されながらもソフトウェアを
開発しなければ、アポロ11号は着陸直前に
大惨事に見舞われていたはずです。

本書には、あまり知られていないけれども、
宇宙への熱き想いをもった人たちの
ストーリーが詰め込まれています。

なぜ、こんな凄い本が書けたかというと、
そこには著者の小野雅裕さん自身の、
ほとばしる宇宙への想いがあるからです。

小野さんは、NASAの中核研究機関である
ジェット推進研究所(JPL)で、火星探査用の
ロボットの開発をリードしている技術者です。

  「なぜ僕はこの本を書いたのか。
  その “何か” に書けと命じられたからだ。
  それは七歳の時に僕の心に浸潤した。
  それ以来、僕は “何か” の忠実な下僕である。
   “何か” はもっと増殖したいと欲している。
  この本は、その “何か” をあなたの心に
  侵入させ、繁茂させるためのアプローチである。」

小野さんが語る「何か」が、かつて「SFの父」
を生み出し、それが「ロケットの父」を生み、
アポロ計画を成功させ、人類を宇宙探査へと
導きました。

「何か」は、1840年から連綿と継承され、
人類は歴史的な偉業を成し遂げます。

「何か」がいったい何を指すのかは、
是非、本書を読んでお確かめください。

読んで損がない本であることは保証します。

本書の表紙は『宇宙兄弟』のムッタですが、
この面白さがあれば、その人気をあやかる
必要は全くありません。

この本から何を活かすか?

  「人は想像できることは、すべて実現できる」

これは本書の主人公の1人、フランスの小説家で
SFの父と呼ばれるジュール・ベルヌさんの言葉。

海底二万里』や『八十日間世界一周』などが
日本でも有名なSF作家です。

ベルヌさんの名前は、国際宇宙ステーションへ
食糧などを運ぶ欧州補給機(ATV)の初号機の
名前としてもつけられました。

そして、ベルヌさんの著書『地球から月へ』と
月世界へ行く』の2冊が、宇宙ステーションへ、
記念品として届けられたようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 06:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

仕事のパフォーマンスが劇的に上がる食事のスキル50

満足度★★★
付箋数:24

あなたは、集中力が切れたときに、
「ブドウ糖は脳のエネルギー源だから」という
理由で、飴やチョコレートなどの甘いものを
口にすることはありませんか?

私たちは、幼い頃から「脳が疲れたら甘いもの」
と刷り込まれてきたので、そう考えるのも
自然なのかも知れません。

しかし、この常識は間違っています。

  「脳のエネルギーはブドウ糖だけだから、
  集中力が切れたら、 “ブドウ糖=甘いもの” 
  を食べる。
  この行為は、さらなる集中力の低下をもたらす
  残念な選択です。」

ブドウ糖が、かえって集中力の低下を招く
メカニズムは次のようになっています。

ブドウ糖を摂取すると、血糖値が急激に上がる。

すると、それを下げるために膵臓から大量の
インスリンが放出される。

その結果、今度は急激に血糖値が低下する。

すると、集中力が欠如する、疲労感を覚える、
イライラする、眠気をもよおすといった
ことが起こる。

つまり、飴やチョコレートなどの甘いものを
食べると、血糖値の乱高下が起こってしまい、
余計に集中力がなくなってしまうのです。

でも、疲れているときは、身体が甘いものを
必要としているのでは?

こう考える人もいるかもしれません。

しかし、「身体が欲している=身体に必要」
というのも大きな勘違いです。

確かに、甘いものを身体が欲していることは
ありますが、それは必要としているのではなく、
単なる「依存」の可能性が高いのです。

毎日、甘いものを口にしているうちに、
砂糖や小麦粉の「中毒」に陥ってしまって
いるのです。

よく糖質はダイエットの大敵と聞きますが、
仕事のパフォーマンスにも影響するのです。

さて、本書はビジネスパーソンが仕事の
パフォーマンスを上げるための食事について
書かれた本です。

著者は、数々のトップアスリートをサポート
しているカリスマ栄養管理士の川端理香さん。

川端さんは、これまでオリンピック代表チーム、
プロ野球・Jリーグの選手、ラグビー日本代表、
プロゴルファーなど多くのアスリートの
栄養サポートを行ってきました。

  「アスリートは、身体づくり以外の分野に
  関しても、食事によってパフォーマンスを
  上げているのです。そしてこのノウハウは、
  ビジネスパーソンの仕事のパフォーマンスを
  上げるためにも大きな効果を発揮します。
  本書では、日々アスリートをサポートしている
  ノウハウを、ビジネスパーソン向けに
  カスタマイズしてお伝えしていきます。」

ビジネスでも成果を上げるためには、
常に最良のコンディションを保っておく
必要があります。

そのためには、食生活を改善することが
最も効果的なのです。

食事には、特別な才能や資質は必要ありません。
行動すれば、必ず成果を得ることができます。

川端さんは「食事には人生を変える力がある」
とも言っています。

実際に、身体に必要な栄養素をきちんと
摂れている人は、本当にごく僅かしかいない
ようですから、一度、本書でしっかりと学ぶ
ことは必要だと思います。

 第1章 なぜ、食べ物を変えると人生が変わるのか?
 第2章 集中力を上げる食事
 第3章 思考力・判断力を上げる食事
 第4章 疲労回復に効く食事
 第5章 メンタルを整える食事
 第6章 サプリメントの正しい使い方

この本から何を活かすか?

エナジードリンクは、疲れを増大させる?

エナジードリンクには、ビタミンB1を
はじめとするビタミンB群やアミノ酸など、
疲労回復に効果がある栄養成分が多量に
含まれてします。

しかし、実際にこういったドリンクを飲んで
元気になるのは、カフェインが含まれているから。

カフェインの覚醒効果で、一時的に元気に
なったような気がしているだけなのです。

また、エナジードリンクが謳っている
疲労回復効果は、食事から簡単に摂ることが
できるようです。

例えば、栄養素としてよく聞く「タウリン」は
タコやイカの刺身から摂れるのです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 05:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT