活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

がんばらないから続けられる心がバテない健康法


がんばらないから続けられる心がバテない健康法

満足度★★★
付箋数:21

サンライズパブリッシングさんより、
献本頂きました。ありがとうございます。

あなたは、30年後、40年後の自分の
ことを想像して、生活していますか?

もし、あなたが今、健康なら、病気に
かかる自分のことは想像できないでしょう。

特に仕事や家庭のことが忙しいと、
健康のことは、後回しにしてしまいます。

しかし、本書の著者、サクラクリニック
院長の野田泰永さんは、「健康余命」を
意識するのは、早ければ早いほどいい
と言います。

  「健康で充実した生活を長く送るため
  には、みなさん自身が “健康余命” を
  意識することです。
  たとえば、あなたが歳をとり病気に
  なってから、 “どうしてこんな身体に
  なってしまったのか” なんて後悔
  しないためにも、10~20年さかのぼって
  40~50代の時から余命について真剣に
  考えてほしいのです。

  若い方にとっては、健康余命といっても
  あまりピントこないかもしれません。
  しかし健康余命を意識するのは早いに
  こしたことがありません。
  なぜなら、40歳代の人が健康余命の
  大切さに気づいて、その時から健康に
  気をつけながら生きるのと生きない
  のとでは残りの30~40年間の人生に
  大きな差が出てくるからです。」

野田さんが提唱するのは、細く長く
続けられる健康法。

何十年も先のことを見据えるので、
一瞬だけ健康改善に取り組んでも、
効果はあまり期待できないでしょう。

長期戦なので、心と体がバテずに
楽しく続けられる方法でなくては
いけません。

本書では、手間、時間、お金をかけずに、
健康余命を延ばす具体的な方法が
紹介されています。

年齢や体力以上に高い目標を掲げて
しまうと、後で必ず心や体にムリが
生じてきます。

そうならないために、少しでも早い
時期から、「やれそうなこと」から
取り組みます。

最近は「筋トレ」ブームなので、
ジムや家庭で、日々トレーニングを
している人も多いと思います。

しかし、筋トレをやっているからと
いって、安心はできません。

なぜなら、健康管理は食事が8割で、
運動が2割だからです。

  「毎日運動をしたり筋トレの習慣
  を身につけている人は、食事は
  好きなものを食べてもいいと
  思っているかもしれません。
  しかし、運動しているからといって
  好きなものだけを食べていいことは
  ありません。」

たとえ筋トレをしていても、
糖質の多いものを食べすぎてしまうと、
血糖値のアップダウンが激しくなり、
血管を痛めてしまいます。

だからと言って、糖質は一切摂らないと、
ストイックに取り組む必要はありません。

あまりストイックに取り組み過ぎると、
心がバテる原因になってしまいます。

  「3食のうち1食だけ改善する」

こう考えるだけで、残りの2食は
楽しめるので、心が軽くなって、
長く続けることができるのです。

食事は主食よりおかずを多めにします。
そして、おかずから食べ始める。

こういったちょっとした工夫を
日々の食生活に取り入れていくのが
長続きのポイントです。

本書は、まだあまり将来のことを
考えていなかった、今、健康な人にこそ
読んで欲しい本です。

この本から何を活かすか?

糖尿病や高血圧などの生活習慣病に
かからないようにするためには、
「口腔ケア」がとても重要なようです。

統計によると、40歳以上の約8割が
歯周病だと言われています。

歯周病は、全身の血液にも影響を及ぼし、
動脈硬化や糖尿病の要因になることも
あるようです。

歯周病予防のためには、食事の後は、
歯磨きとセットで歯間ブラシも使って
歯垢を除去することが勧められています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 05:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日経テクノロジー展望2020 世界を変える100の技術


日経テクノロジー展望2020 世界を変える100の技術

満足度★★★
付箋数:24

 第1位 AI(人工知能)
 第2位 自動運転
 第3位 5G(第5世代移動通信システム)
 第4位 産業用ドローン
 第5位 IoT(インタネット・オブ・シングス)

これは日経BP総研がビジネスパーソン
1000人以上を対象に行なった調査、
「2020年に期待するテクノロジー」の
ランキングです。

では、更に10年後の2030年にはどのような
テクノロジーが期待されているのか?

 第1位 AI(人工知能)
 第2位 自動運転
 第3位 再生医療
 第4位 量子コンピューター
 第5位 生体埋め込み機器

1位と2位は変わりませんが、3位以下の
顔ぶれが大きく変わっています。

特に注目は、「量子コンピューター」。

従来型のコンピューターの処理速度が
限界に達しているとの見方もあるので、
それを打破するテクノロジーとして
期待されています。

これは一般のビジネスパーソンを対象に
行った調査ですが、果たして専門家は
どういった技術に注目しているのか?

  「本書は “世界を変える” であろう
  テクノロジーを百件選び、解説する。
  まず、日経BPの専門メディアの
  編集長三十人が将来有望と考える
  テクノロジーを挙げた。
  これを百件に絞り、 “体験が変わる” 
  など四テーマに分類し、専門メディア
  の記者、編集委員が解説していく。」

例えば、一般の調査では「再生医療」
というざっくりとした括りでしたが、
それを支える技術に分けて解説します。

この分野では、以下の6つの技術が
紹介されています。

遺伝子治療、CAR-T治療、細胞医薬、
AAV遺伝子治療、プラスミドベクター
利用の遺伝子治療、再生誘導医薬品

はじめて聞くような技術もありますが、
そこは専門的になり過ぎない程度に、
写真等を交えて概要が示されています。

最初のページから順に読んでいっても
いいですし、新聞やニュースなどで
耳にした技術を辞書のように調べる
使い方でもいいと思います。

いずれにせよ、これだけの技術が
現在進行中で開発されていることを
知ると、本当にユートピアが実現する
のではないかと期待しそうになります。

それほど、テクノロジー進歩には、
明るい未来を感じ取ることができます。

実は、この『100の技術』は2017年から、
毎年刊行されているシリーズで、
今年で4年目、4冊目になります。

毎年、年末が近づくとその年を総括
する本が多く出版されますが、
本書はそういった季節モノの一冊と
考えることもできます。

また、年を追うごとに、注目される
技術がどう入れ替わっていくのか、
あるいは進捗はどうなっているのか
という経年の変化を比較する読み方も
可能です。

今回は、2020年の東京五輪を支える
10のテクノロジーが、ひとまとめで
紹介されているのが特徴的でした。

自由視点映像配信、空飛ぶクルマ、
テレイクジスタンス/ハプティクス、
セキュリティインテリジェンス、
IT警備、顔認証、フラクタル日よけ、
遮熱性舗装/保水性舗装、ゲノム編集、
遺伝子ドーピング対策

このシリーズはずいぶん好調なようで、
今年は『100のブルーオーシャン』、
100のリスク』といったスピンオフの
ような本も日経BP社から出ているので、
そちらとも比べてみたいところです。

この本から何を活かすか?

私が注目しているのは次世代電池の技術。

どんなテクノロジーが開発されても、
バッテリー大きさや持ち、安全性が、
その実用化に大きく影響します。

今回は、リチウムイオン電池に代わる、
「超小型全固体電池」が紹介されていました。

リチウムイオンでは、内部に電解液を
入れていため、耐熱性に課題があり、
液漏れの危険性がありました。

全固体電池はそれらの問題を解決し、
悪環境でも利用でき、急速充電も可能
なため、実用化が期待されています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 05:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

医者が教える「ヤブ医者」の見分け方


医者が教える「ヤブ医者」の見分け方

満足度★★★
付箋数:25

サンライズパブリッシングの加藤さんより
献本頂きました。ありがとうございます。

本当にいい本を頂きました。

正直、この本を読むと安心して病院に
かかれるようになります。

私たちは病気になって通院するときに、
「名医」にかかりたいと考えますが、
それより「ヤブ医者」を避けることの方が
重要だとわかります。

  「残念なことに患者さんの多くは
  医師免許があるというだけで、
  医者を疑うことをしません。
  しかし、ヤブ医者に一度でも引っか
  かってしまうと、とんでもない被害に
  遭ってしまうこともあります。
  私はそんな不幸な患者さんをこれ以上
  増やさないためにも、

  ・ヤブ医者を見抜いて、いい医者と
   出会うための方法
  ・患者さんが損しない医療の受け方
  ・医者との上手な付き合い方

  などをお伝えしたいと思います。」

本書の著者は、とうきょうスカイツリー
駅前で内科院長を務める金子俊之さん。

リウマチ・膠原病内科の名医として
知られるドクターです。

ところで、なぜ金子さんは、こんな
同業者を売るような本を書いたのか?

こんなタイトルの本を書いて、
業界内では、大丈夫なのでしょうか。

そんなリスクを省みず、金子さんを
突き動かしたのは激しい憤りです。

  「特に私の専門であるリュウマチの
  分野ではとくに、ろくに勉強もして
  いないがため、中途半端な治療しか
  できないとんでもないヤブ医者が
  大勢います。」

専門医として患者を救おうと心血を
注いでいるからこそ、いかげんな治療を
行う医師がどうしても許せないのです。

ちなみに、「ヤブ医者」とは、
一般的にざっくりした表現ですが、
金子さんは、次のように定義しています。

 ・ろくに勉強をしない医者
 ・最新の医学情報、医療機器の知識を
  アップデートしない医者
 ・きちんとした治療法を患者さんに
  提案できない医者
 ・治療ガイドラインを逸脱した独自の
  主観で治療をおこなう医者
 ・患者さんの気持ちを理解できない医者

確かに、ここに挙げられている医者は
できれば避けたいと思います。

しかし、患者の立場からすると、
その医者が「勉強をしているかどうか」
などは、簡単にはかわかりません。

ところが、本書の「ヤブ医者の見分け方」
を知ると、意外と簡単に素人でも、
見分けられるようになります。

その根拠も明確に書かれていますから、
自信を持って、ヤブ医者を回避できる
ようになると思います。

また、せっかく病院にかかるのなら、
医者とうまく付き合っていきたいもの。

本書では、どんな医療を受けるべきかの、
医者との付き合い方のアドバイスも
書かれているので心強いですね。

私には医者の友人が1人いますが、
本書はいつでも相談できるそんな友人が
もう1人できた感覚になります。

 第1部 ヤブ医者の見分け方
  1章 間違いだらけの病院選び
  2章 医者が患者に教えない健診のヒミツ
  3章 あなたを守る医療情報
 第2部 ほんとうに頼れる医者の見つけ方
  4章 患者から医者へ
  5章 医者から患者へ
   ~どんな医療を受けるべきか~

この本から何を活かすか?

本書に記載の簡単にヤブ医者を見分ける
方法をいくつか紹介します。

 ・4個以上の診療科目揚げている開業医
 ・風邪に抗生物質をすぐ出す医者
 ・ホームページがないクリニック
 ・設備に一貫性がないクリニック
   待合室のポスターが古い
   メインの診療科目が判別できない
   スリッパを履かせる
   古い機械しか導入していない

また、混んでいるからいい病院で、
空いているからダメな病院と安易に
判断するのは間違いのようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 05:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

科学者が消える: ノーベル賞が取れなくなる日本


科学者が消える: ノーベル賞が取れなくなる日本

満足度★★★
付箋数:22

日本人初のノーベル賞受賞者は、
1949年に受賞した湯川秀樹さんでした。

以来、2019年までに日本人のノーベル賞
累計受賞者は27人に上ります。

国別の受賞者数では、日本は世界で6位。

特に2000年以降、自然科学部門での
受賞が増え、日本はノーベル賞大国の
1つになっています。

最近では、ほぼ毎年受賞者が出ている
ので、日本の科学技術の将来は明るいと
感じている方も多いでしょう。

しかし、2016年に生理学・医学賞を
受賞した大隅良典は訴えました。

  「このままでは、日本からノーベル賞
  学者が出なくなると思っている。
  (日本人の連続受賞は)過去の遺産
  という面もある。」

この大隅さんの警鐘を聞いた、
本書の著者、ノンフィクションライター
の岩本宣明さんは、次のように思いました。

  「なんぼなんでも、京大や東大で
  そんなことはないやろ。
  ノーベル賞を受賞するような人は
  理想が高すぎるんとちゃうか―。」

本書は、このような疑問を感じた、
岩本さんによる調査レポートです。

  「本書の結論を先に言ってしまいます。
  本当に酷い。無茶苦茶です。
  このままでは、ノーベル賞はおろか、
  日本から科学者自体がいなくなって
  しまいそうです。嘘だと思われたら、
  是非、最後までお付き合いください。」

まず、岩本さんが指摘するのは、
ノーベル賞の受賞対象の功績の大半は
受賞者の若手時代の研究である点です。

受賞時点ではそれなりの年齢なので、
長年の苦労の末の受賞というイメージ
があります。

しかし、実際は30代での研究成果を
評価されての受賞が最も多いのです。

次に指摘するのは、日本の博士の卵が
減っていることです。

理工系博士課程入学者は、ピーク時の
3分の2にまで減少しています。

それは、博士課程を終了しても
9割以上が安定した研究職就けない
現実が影響しています。

更に、日本の科学技術の基礎的な力
については、「論文」に注目します。

まずは、論文数が減っていること。

全世界の自然科学系論文数の推移を
見ると、主要国の中では日本の論文数
だけが減っています。

日本の人口あたりの論文生産性では、
世界37位でしかありません。

また、論文の質の目安となる、
他の論文に引用される頻度でも、
近年は相対的に減ってきていることが
データでわかります。

こういった日本の研究力低下は、
研究資金に問題があります。

科学技術白書のデータを紐解くと、
日本の研究者1人当りの研究費は、
過去35年間まったく増えていない
事実が浮かび上がってきます。

特に懸念されるのは基礎研究費への
割当が低いことです。

短期で役立つ研究に予算が集中的に
割当られているので、基礎研究が
疎かになっているのです。

本書では、あまり目を向けたくない
現実が明らかにされていきます。

しかし、日本が科学技術立国を
標榜するなら、現状のままに
してはおけない問題なのです。

 第1章 憧れだったノーベル賞
 第2章 研究者がいなくなる
   -空洞化する大学院博士課程
 第3章 衰弱している日本の研究力
   -主要国で最低レベルに凋落
 第4章 忙しくて研究できない
   -「選択と集中」の弊害
 第5章 ノーベル賞が消える
   -研究者が共有する危機感
 第6章 大学解体のとき

この本から何を活かすか?

では、日本はどうすべきなのか?

岩本さんは、次の提言で本書の最後を
締めくくっています。

  「教育と研究の二兎を追う大学は、
  すでに耐用年数が切れています。
  大学進学率が60%に迫る状況の中で、
  もはや教育と研究の両立は無理です。
  それが、日本の研究力が衰退して
  きている構造的な問題だと、
  私は思います。
  分離して再出発するしかありません。」

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 06:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

我々は生命を創れるのか 合成生物学が生みだしつつあるもの


我々は生命を創れるのか 合成生物学が生みだしつつあるもの (ブルーバックス)

満足度★★★
付箋数:23

  「たとえ僕が今の人口細胞を見せて、
  面白おかしく発表したとしても、
  それを生命だと思う人はほとんど
  いないでしょう。ただ、何とか中で
  脂質ができて、エネルギーがつくれて、
  タンパクもつくれて、1個が100個くらいに
  増えましたという、ボコボコボコという
  ムービーを見せたら、 “ああ、やべえこれ” 
  と思ってくれるかもしれない。
  そう思ってくれたら、それは生物で
  いいんじゃないか」

これは海洋研究開発機構(JAMSTEC)
超先端研究開発部門研究所で合成生物学の
研究をしている車兪澈さんの言葉。

車さんにとっては、人工細胞が自己複製
したら、それはもう「生命」です。

それは「5年以内」に実現する可能性が
あるようです。

厳密に生命の定義に当てはまるかどうかは、
別にして、見た目で本当の生命と区別が
つかなくなったら、それを生命とみなす
という考えは理解できます。

その考えは人工知能の分野で行われている
「チューリングテスト」と似ています。

チューリングテストとは、目隠し状態で
コンピューターと対話した人が、相手を
人間とみなすかどうかを判定するテスト。

人間と区別がつかなければ、人間並みの
知能を得たとみなします。

あなたは、生命はどこで生まれたと
思いますか?

このように聞くと、ほとんどの人が、
「海」と答えるはずです。

それは、生命史を扱ったテレビ番組等で
海で生まれた原子生物の姿が描かれている
ことが大きく影響しています。

確かに、海は生命が生まれた最有力候補
ではありますが、最近では他の説も
支持を集めています。

それは、「陸」から生まれたという説と、
「宇宙」から来たという説です。

果たして、生命は、どこでどのようにして
誕生したのでしょうか?

この究極の問いに、全く別の角度から
アプローチするのが「合成生物学」です。

それは生命の起源を探るために、
新たに生命を生み出してしまおうという
試みです。

冒頭のJAMSTECで研究する車さんも、
その分野で活躍する気鋭の研究者です。

  「もし起源を不連続なものとするなら、
  生命の起源もビッグバンにさかのぼる
  と言わざるをえない」

さて、本書はそんな最先端を走る
合成生物学者や宇宙生物学者たちに
連続取材して、「生命の起源」に迫った
本です。

著者は、SF作家でノンフィクションライター
の藤崎慎吾さん。

藤崎さんの個人的な想いやエピソードを
交えながら、レポートしています。

純粋な研究者の書く本とは違った趣で、
生命の起源の謎にアプローチしています。

科学的な解説もしっかりしていて、
素人が読んでも十分理解できるように
書かれています。

 第1章 「起源」の不思議
 第2章 「生命の起源」を探す
 第3章 「生命の起源」をつくる
 第4章 「生命の終わり」をつくる
 第5章 「第二の生命」をつくる

この本から何を活かすか?

車さんは、かつて「クックパッド」に
「簡単♪人工細胞」というタイトルで、
人工細胞を作るレシピをアップしたことが
あったそうです。(現在非公開)

本書では、それをもう少しわかりやすく
改良した「キッチンで人工細胞」のレシピが
掲載されていました。

私が一番惹かれたのは、このパートです。

スーパーやドラッグストアで揃う材料、
総額1500円以内で人工細胞が作れます。

材料は以下の通りです。

 1. 鶏卵
 2. 捨ててもかまわない容器
 3. 食紅
 4. 小さなタレの瓶
 5. にがり
 6. 無水エタノール(消毒用エタノール)
 7. 純粋(精製水でも可)
 8. ポカリスエット

詳しい手順は本書を参照ください。
私も挑戦してみたいと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 05:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT