活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

我々は生命を創れるのか 合成生物学が生みだしつつあるもの


我々は生命を創れるのか 合成生物学が生みだしつつあるもの (ブルーバックス)

満足度★★★
付箋数:23

  「たとえ僕が今の人口細胞を見せて、
  面白おかしく発表したとしても、
  それを生命だと思う人はほとんど
  いないでしょう。ただ、何とか中で
  脂質ができて、エネルギーがつくれて、
  タンパクもつくれて、1個が100個くらいに
  増えましたという、ボコボコボコという
  ムービーを見せたら、 “ああ、やべえこれ” 
  と思ってくれるかもしれない。
  そう思ってくれたら、それは生物で
  いいんじゃないか」

これは海洋研究開発機構(JAMSTEC)
超先端研究開発部門研究所で合成生物学の
研究をしている車兪澈さんの言葉。

車さんにとっては、人工細胞が自己複製
したら、それはもう「生命」です。

それは「5年以内」に実現する可能性が
あるようです。

厳密に生命の定義に当てはまるかどうかは、
別にして、見た目で本当の生命と区別が
つかなくなったら、それを生命とみなす
という考えは理解できます。

その考えは人工知能の分野で行われている
「チューリングテスト」と似ています。

チューリングテストとは、目隠し状態で
コンピューターと対話した人が、相手を
人間とみなすかどうかを判定するテスト。

人間と区別がつかなければ、人間並みの
知能を得たとみなします。

あなたは、生命はどこで生まれたと
思いますか?

このように聞くと、ほとんどの人が、
「海」と答えるはずです。

それは、生命史を扱ったテレビ番組等で
海で生まれた原子生物の姿が描かれている
ことが大きく影響しています。

確かに、海は生命が生まれた最有力候補
ではありますが、最近では他の説も
支持を集めています。

それは、「陸」から生まれたという説と、
「宇宙」から来たという説です。

果たして、生命は、どこでどのようにして
誕生したのでしょうか?

この究極の問いに、全く別の角度から
アプローチするのが「合成生物学」です。

それは生命の起源を探るために、
新たに生命を生み出してしまおうという
試みです。

冒頭のJAMSTECで研究する車さんも、
その分野で活躍する気鋭の研究者です。

  「もし起源を不連続なものとするなら、
  生命の起源もビッグバンにさかのぼる
  と言わざるをえない」

さて、本書はそんな最先端を走る
合成生物学者や宇宙生物学者たちに
連続取材して、「生命の起源」に迫った
本です。

著者は、SF作家でノンフィクションライター
の藤崎慎吾さん。

藤崎さんの個人的な想いやエピソードを
交えながら、レポートしています。

純粋な研究者の書く本とは違った趣で、
生命の起源の謎にアプローチしています。

科学的な解説もしっかりしていて、
素人が読んでも十分理解できるように
書かれています。

 第1章 「起源」の不思議
 第2章 「生命の起源」を探す
 第3章 「生命の起源」をつくる
 第4章 「生命の終わり」をつくる
 第5章 「第二の生命」をつくる

この本から何を活かすか?

車さんは、かつて「クックパッド」に
「簡単♪人工細胞」というタイトルで、
人工細胞を作るレシピをアップしたことが
あったそうです。(現在非公開)

本書では、それをもう少しわかりやすく
改良した「キッチンで人工細胞」のレシピが
掲載されていました。

私が一番惹かれたのは、このパートです。

スーパーやドラッグストアで揃う材料、
総額1500円以内で人工細胞が作れます。

材料は以下の通りです。

 1. 鶏卵
 2. 捨ててもかまわない容器
 3. 食紅
 4. 小さなタレの瓶
 5. にがり
 6. 無水エタノール(消毒用エタノール)
 7. 純粋(精製水でも可)
 8. ポカリスエット

詳しい手順は本書を参照ください。
私も挑戦してみたいと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 05:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

がんにならない体をつくる32の生活習慣: 末期ガンから生還した患者さんが教えてくれた


がんにならない体をつくる32の生活習慣: 末期ガンから生還した患者さんが教えてくれた

満足度★★★
付箋数:23

サンライズパブリッシングの加藤さんより
献本いただきました。ありがとうございます。

以前の私は、こうした病気を予防するための
本には、それほど関心がありませんでした。

しかし、今年の夏、私の母親ががんと
診断されました。

切除できない小さな、腹膜播種という
ステージ4のがんだったため、
現在、抗ガン治療を行っています。

2人に1人が、がんになると言われますが、
やはり身内がなってみると、その罹患率の
高さを改めて実感します。

そんなこともあり、本書はかつてないほど、
真剣に読みました。

さて、がんなどの大病の原因は何なのか?

よく言わらるのは、タバコの吸い過ぎや、
お酒の飲みすぎなど、行き過ぎた何かが
災いしたということです。

しかし、本書の著者、統合医療の医師として
日々患者さんと接する水足一博さんは、
その原因について次のように述べています。

  「元を辿ると、私たちがこれまで当たり前
  のようにやってきた何げない生活習慣の
  積み重ねが、気づかないうちに病気を
  生じさせています。」

テクノロジーが発達して、私たちの生活
は豊かで快適になりました。

しかし、その代償として、以前はなかった
生活環境に、私たちは囲まれて生活をする
ようになりました。

具体的には、「金属汚染」、「電磁波」、
「化学物質」、「潜在感染」、「ストレス」
が、生活環境から排除すべき5大要素です。

これらの中で、私がこれまで全く意識して
いなかったのが「金属汚染」でした。

では、私たちは、一体どこから金属汚染
されるのでしょうか?

  「体内にある金属としてメジャーな
  ものは “歯科金属” です。いわゆる
   “金歯”  “銀歯” と呼んでいる、
  虫歯治療の際の詰め物や被せもの、
  またはブリッジや入れ歯などに使われて
  いる金属を指します。」

これまで気にしていませんでしたが、
私は子どものころに虫歯の治療をして
銀歯になっている歯があります。

では、そいう人はどうしたらいいのか?

  「体の不調は、まず口腔内の衛生状態を
  疑う、特に口腔内金属に注意。
  医師と歯科の連携が重要」

私は定期的な歯科検診に行く習慣が
ありませんでしたが、歯石除去などの
口腔ケアも必要なようです。

あと、もう1つ本書の生活習慣の改善で
気になったのは、食習慣についてです。

  「スムージーやサラダは実は危険が
  いっぱい。生食は、体の防御作用を
  下げるので、極力避ける」

スムージーやサラダと聞くと、
ヘルシーで健康にいいイメージでしたが、
食べ方によっては、病気への感染リスクを
高めてしまうようです。

もちろん野菜から摂取できるビタミンや
食物繊維などは、必要な栄養素です。

問題なのは、生野菜についている
農薬や化学肥料、有機肥料です。

ですから、どうしても生で野菜を
食べたい場合は、無農薬無施肥(無肥料)
の本当に安全な野菜を厳密に選んで
食べることが勧められています。

もし、そういった野菜が手に入らない
場合は、「50℃洗い」をしてから、
食べるのが良いようです。

50℃のお湯で、10~30秒よく洗う。

すると、水に比べて汚れがよく落ち、
日が経って鮮度の落ちた野菜でも、
驚くほど蘇り、その後の保存期間も
ずいぶん延びるようです。

ここでは私の気になったものだけを
紹介しましたが、本書には32個の生活習慣
を改善するヒントが書かれています。

1つ1つは難しくないので、着実に生活に
取り入れていきたいところです。

この本から何を活かすか?

本書では、道具を使わず、どこでも、
いつでもできる「全身脱力ゆるゆる体操」
が紹介されていました。

やり方は非常に簡単です。

固まっている、凝っている、動かし切れて
いないと感じる部分を揺さぶるだけ。

手をブラブラ、足をブラブラ、
肩を上げ下げ、肩甲骨を回すなどして、
ただゆらゆらするだけです。

〇分以上続けなくてはいけないなどの
時間に決まりもないようです。

私は首筋に張りを感じるので、
このブログをアップしたら、
早速、やってみようと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 05:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プリンシピア 自然哲学の数学的原理


プリンシピア 自然哲学の数学的原理 第1編 物体の運動 (ブルーバックス)


プリンシピア 自然哲学の数学的原理 第2編 抵抗を及ぼす媒質内での物体の運動 (ブルーバックス)


プリンシピア 自然哲学の数学的原理 第3編 世界体系 (ブルーバックス)

満足度★★★
付箋数:3冊まとめて53

  「本書はサー・アイザック・ニュートン
  (Sir Isaac Newton, 1642-1727)原著
  『プリンシピア』(“Principia”;
  くわしく書けば “Philosophia Naturalis
  Principia Mathematica”)の全訳である。
  改めて述べるまでもなく、原著はニュートン
  の主著であり、今日の物理学の原点とも
  いうべきいわゆるニュートン力学の根幹を
  なすものであって、古来幾多の卓絶した
  物理学者、数学者、天文学者らの脳裡を
  占有し、彼らを讃歎させてやまなかった
  真に独創的な書である。」

いつかは読んでみたいと思っていた
アイザック・ニュートンさんの名著、
『プリンシピア』。

近代の科学はここから始まったと
言っても過言ではない、歴史的な本です。

私がこれまで『プリンシピア』に手を
出せなかった理由は2つありました。

1つは、難しすぎて読んでも理解できない
だろうということ。

私自身の数学と物理の知識は、
大学以来、何十年も使っていないので、
かなり怪しくなっているため、
読んでもわからないと思っていました。

さらに、独特の言い回しがあり、
使われている術語の呼称やその意味が、
現代のものと同じではありません。

そのため、知識のある人にとっても
「読みにくい本」と言われていました。

もう1つの理由は、読みたいと思っても、
日本語版が長らく絶版になっていた
ことです。

おそらく、図書館の所蔵を確認すれば、
あったのかもしれませんが、ハードルの
高い本だったので、そこまでして読もう
とは思いませんでした。

しかし、その『プリンシピア』が
講談社ブルーバックスから42年ぶりに
復刊されました。

  「『プリンシピア』は序論と三つの編
  から成る本論とから成り立っている。
  まず序論では、従来いろいろと批判論議
  の闘わされた力学上の基礎的な諸概念
  として、質量、運動量、力をはじめ、
  絶対時間、絶対空間、絶対運動などが
  定義され、解説されており、絶対回転認識
  の可能性を示す有名なバケツの実験が
  記されており、つづいて、いわゆる運動の
  3法則をはじめ、力の合成分解の法則
  ないしは公理が述べられ、力学の理論的、
  方法論的な基礎が確立されている。」

ということで、今回、全3冊を入手し、
約3週間かけて読み進めました。

結果としては、予想通り「撃沈」でした。

何度も挫折しながら、それでも多少は
理解できる部分をつまみ食いした
程度にしか読めませんでした。

今は我が家の書棚に3冊並んでいるので、
新書版であっても、箔がつくという意味
では、十分過ぎるように思えます。

『プリンシピア』は、微分法を用いれば、
もっとわかりやすく書けるところを、
あえて古典的な手法で書かれています。

その理由について訳者の中野猿人さんは、
次のように述べています。

  「その理由は想像するに難くない。
  すなわち、微積分法は当時、発見後日
  なお浅く、ことにニュートンの記法は
  ライプニッツのものにくらべて不便であり、
  一般に行きわたっておらず、もしもこれを
  用いてニュートンが自分の理論を展開した
  ならば、 人はその理論を受け入れる前に、
  彼らがまだ親しむに至らないその方法の
  妥当性を論ずるであろうことを、
  ニュートン自身最もよく知っていたから
  であるにちがいない。」

私は本書が読めたと言える状態では
ありませんが、すべてを幾何学を使って
証明していることと、その証明の独創性
には感動しました。

この本から何を活かすか?

「私は仮説をつくらない」というのは、
ニュートンさんの有名な言葉です。

ニュートンさんは、着実な実験観察に
基づいて、自然現象を機械的、数学的に
把握すべきだと主張しました。

本書では、全巻の結びとして設けられた、
「一般注」に、その言葉が発せられるに
至った、当時の思想背景が解説されています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 05:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

京大変人講座: 常識を飛び越えると、何かが見えてくる


京大変人講座: 常識を飛び越えると、何かが見えてくる (単行本)

満足度★★★
付箋数:24

  「ここは “変人”  “奇人” が集まる
  と噂されている京都大学・・・。
   “変人” と聞いて、眉をひそめる人も
  いるかもしれない。
   “みんなと違う” ことは、ちょっと
  恥ずかしいことだと思う人もいるかも
  しれない。
  しかし、この地球上の発展は
  “変なヤツが支えてきた”といっても
  過言ではないのだ。
  だから、京大では “あの人、変人
  だよね” という呼び名は、むしろ
  立派な “ホメ言葉” !!」

本書は、噂の「京大変人講座」を
書籍化したものです。

京大変人講座とは、京都大学に連綿と
受けつがれている「自由の学風」
「変人のDNA」を、世に広く知ってもらう
ため発足した公開講座です。

2017年5月に第1回目の講座がスタートし、
2019年9月現在では、すでに13回の講座が
終了しています。

越前屋俵太さんがナビゲーターを務め、
ユニークな研究をする京大の先生を
講師に迎えて講座が開催されています。

本書は、その中から6つの講座を紙面で
再現しました。

 1. 毒ガスに満ちた「奇妙な惑星」へ
  ようこそ
  ― 学校では教えてくれない!
   恐怖の「地球46億年史」

 2. なぜ鮨屋のおやじは怒っているのか
  ― 「お客様は神さま」ではない!

 3. 人間は“おおざっぱ”がちょうどいい
  ― 安心、安全が人類を滅ぼす

 4. なぜ、遠足のおやつは“300円以内”
  なのか
  ― 人は「不便」じゃないと萌えない

 5. ズルい生き物、ヘンな生き物
  ―  “単細胞生物” から、進化の
   極みが見えてくる

 6. 「ぼちぼち」という最強の生存戦略
  ― 未来はわからないけど、
   なるようになっている

タイトルだけ見ても、非常に魅力的な
講座が並んでいます。

正直、どの講座もそれだけで一冊の本
にしても、十分に売れる内容です。

ところで、世の中に「変人」が存在する
ことが、なぜ重要なのでしょうか?

その理由を変人講座の発起人の1人である
酒井教授は「変人ナマコ理論」で説明
しています。

ある村に10人の農家がいたとします。

彼らは自分たち10人分のお米をつくって
いました。

そのうち彼らはイノベーションを起こし、
今までの2倍の量のお米をつくれるように
なりました。

つまり10人全員がお米をつくると20人分
できてしまい、閉ざされた市場では、
お米は飽和状態になってしまいます。

この村に必要なのは、さらにせっせと
働き、お米をつくる人ではありません。

農家の何人かは、海にでも遊びに行って、
ナマコでも採ってくればいい。

ナマコが食べられるとわかるまで、
お腹をこわして、何人か死ぬかも
しれません。

しかし、ナマコを「食べられる」と
発見した人は、既存の社会を変える
「スーパー・イノベーター」に
なるのです。

世の中の発展のためには、全員がお米を
つくっていてはいけないのです。

京大は、最初は変人だと思われても、
あえてリスクをとって、ナマコを採りに
行く人つくることを目指しています。

変人がいたからこそ、イノベーションが
起こり、人類は繁栄してきたのです。

この本から何を活かすか?

私が一番気に入ったのは、経営学の
山内准教授のサービスについての講座です。

客に媚びた接客をすることは、
自らの価値を落とすことになるようです。

なぜなら、人は自分に従属する人から
サービスを受けても、その価値を低く
感じてしまうから。

その反対をいくのが、鮨屋のおやじです。

「自分のために仕事をしているんだ。
客のことなんか関係ねえと」という
態度は、決してホスピタリティに
溢れているわけではありません。

しかし職人としての姿勢を貫き、
もてなさないからこそ、客がその
価値をありがたく感じるのです。

それが、鮨屋のおやじが怒っていても
店が繁盛している理由です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 05:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

王家の遺伝子 DNAが解き明かした世界史の謎


王家の遺伝子 DNAが解き明かした世界史の謎 (ブルーバックス)

満足度★★★★
付箋数:25

人類の最も偉大な発明の1つに、
「文字」があります。

文字によって文明は発達し、
過去の歴史は綴られてきました。

ただし、文字による歴史の記録は、
完璧ではありません。

歴史の記録が部分的に欠落していたり、
飛躍があったり、あるいは意図的に
闇に葬られてきたこともあります。

しかし、現代のわたしたちは、
その文字によって記録されなかった
欠落部分を埋める技術があります。

それが「DNA解析」です。

もちろんDNAで歴史を解明するには、
分析に使うサンプルが必要です。

そして、そのサンプルの身元が、
ハッキリしていれば、より正確な解析が
可能となります。

この条件を満たすのは何か?

  「2010年以降、DNAに刻まれた
  歴史を読み解く試みが多数なされ、
  論文として報告されてきた。
  その対象となったのは、家系が克明に
  記録され、なおかつ遺体(遺骨)が
  なんらかのかたちで保存されてきた人
  たち、すなわち “王家” の人々である。」

本書は、王家の遺伝子にまつわる物語を
縦糸にしながら、その解析を可能にした
生命科学の最新情報も織り交ぜて、
解説した本です。

著者は、同志社大学特別客員教授で、
東京大学名誉教授の石浦章一さんです。

これまで歴史の謎とされてきたことを
DNA解析という生命科学の力によって
解き明かすミステリー。

本書を歴史と科学の両方を学べる、
1粒で2度美味しい本と捉えるか、
二兎を追ったどっちつかずの本と
捉えるかは、読み手次第です。

私の場合は前者で、生命科学の技術解説
の割合が多いのが丁度よく感じました。

さて、本書が解き明かす歴史の謎は
以下の通りです。

 第1章 駐車場から掘り起こされた遺体
  ─行方不明だった国王の秘密
 第2章 DNAは知っている
  ─遺伝子で何がわかるか、何ができるか
 第3章 リチャード3世のDNAが語る
  「身体改造」の未来
  ─デザイナーベビーを可能にする
   24の遺伝子
 第4章 「ツタンカーメンの母」は誰か?
  ─ミイラに遺されたDNAからわかったこと
 第5章 「エジプト人」とは何者か?
  ─DNAが語る人類史
 第6章 ジョージ3世が患っていた病
  ─歴史は科学で塗り替えられる
 第7章 ラメセス3世殺人事件
  ─DNAによる親子鑑定の可能性とその限界
 第8章 トーマス・ジェファーソンの
  子どもたち
  ─DNAだけがすべてか?

第1章の主役となるイングランドの
レスター市の駐車場から掘り起こされた
遺体は、リチャード3世のものでした。

リチャード3世は、薔薇戦争の最後の闘い
である、ボズワースの戦いで戦士した
イングランド王です。

リチャード3世は、戯曲で描かれている
イメージが広く浸透しています。

戯曲を書いたのは、英語を用いて創作
した最も偉大な作家と称される
ウィリアム・シェイクスピアさんです。

シェイクスピアさんが描く
リチャード3世は、醜悪な悪役です。

貪欲にして冷酷、脊髄が曲がって
脚をひきずった不具の王。

完全な「極悪非道な王」として
描かれています。

しかし、本書ではDNA解析によって、
530年の時を経て、稀代の悪役の
本当の姿が明らかにされます。

シェイクスピアさんによる描写は、
かなり創作だったことが判明しました。

この本から何を活かすか?

ファラオの象徴となった「黄金のマスク」
の持ち主である、ツタンカーメンとは、
いったい何者だったのか?

エジプトの歴史でも、ツタンカーメン
には、多くの謎が残されいます。

この謎も、2010年のDNA解析によって、
一部が解明されています。

ツタンカーメンは誰の子なのかは、
ほぼ特定されています。

今後、さらなる研究と解析が期待されます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 06:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT