活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

生物はウイルスが進化させた

満足度★★★
付箋数:24

2003年に普通の「光学」顕微鏡でも見えるほどの
巨大なウィルスが見つかりました。

その名前は「ミミウィルス」と言います。

見つかったと言うと、少し語弊があるかも
しれません。

ミミウィルスがこの世に存在することが
認められたのは1992年、イギリスのある病院の
冷却塔の中でした。

しかし、ミミウィルスはその巨大さゆえに、
当初は「細菌」の一種と考えられ、
発見された地名から「ブラッドフォード球菌」
と名付けられていました。

誤認されるのも当然で、ウィルスは
「電子」顕微鏡でなければ見ることができず、
ゲノムサイズは生物より小さいというのが
当時の常識でした。

しかし、「細菌」と「ウィルス」は全く別物。

細菌は生物ですが、ウィルスは生物では
ありません。

したがって、細菌には抗生物質が効きますが、
ウィルスには全く効きません。

ウィルス性の風邪を引いた場合、
治療としては対処療法しかできないのは、
ウィルスには抗生物質が効かないからです。

さて、ブラッドフォード球菌が、ウィルスである
ことを発見したのが、仏マルセイユ大学の
ベルナルド・ラ・スコラ博士でした。

ブラッドフォード球菌には、細菌であれば必ず
持っているはずの遺伝子がありませんでした。

そこでラ・スコラ博士は、さらにその性質を
詳しく調べ、それが今までの常識では
考えられないほど「巨大なウィルス」
であることを確認しました。

そして、あまりに細菌に似ていたため、
模倣するという意味の「mimic」から
ミミウィルスと命名しました。

ところで、巨大ウィルスが発見されると、
一体、どんなことが起こるのか?

実は、光学顕微鏡でも見えるほどのサイズだと、
これまで見えていなかった世界が、
どんどん見えてくるようになるのです。

  「本書は、巨大ウィルスたちの世界を
  まずは謙虚に見つめ直したうえで、
  そこから浮かび上がってくる生物世界の
  成り立ちに関するまったく新しい見方を、
  読者諸賢に提供しようとするものである。
  (中略)
   “生物とは何か”  “ウィルスとは何か” 、
  そして “生物の進化とは何か” を問い直す
   “コペルニクス的な転回” を余儀なくされる、
  そんな存在こそが “巨大ウィルス” なのかも
  しれない。」

巨大ウィルスは、ミミウィルスだけでなく、
現在までに100種類以上が発見されています。

本書の著者は、日本で初めて巨大ウィルス
を見つけ「トーキョーウィルス」と命名した
東京理科大学教授の武村政春さんです。

本書では、第1章から第3章までで、
巨大ウィルスの発見でわかったことなど、
ウィルスの性質について詳しく解説します。

そして最終の第4章では、巨大ウィルスに
よってもたらされる新しい生命観となる
仮説を解説します。

それは「ウィルスによる細胞核形成説」
という仮説です。

  第1章 巨大ウィルスのファミリーヒストリー
    ― 彼らはどこから来たのか
  第2章 巨大ウィルスが作る「根城」
    ― 彼らは細胞の中で何をしているのか
  第3章 不完全なウィルスたち
    ― 生物から遠ざかるのか、近づくのか
  第4章 ゆらぐ生命観
    ― ウィルスが私たちを生み出し、
     進化さてきた!?

この本から何を活かすか?

これまでの常識では、ウィルスは細胞性生物から
派生するように生じたと考えられていました。

しかし、竹村さんの仮説では、細胞性生物は、
ウィルスの一部から生じたと考えます。

細胞核はウィルスが作ったとするものです。

そして、さらに仮説は大胆に進み、
細胞性生物は、ウィルスが進化するために
利用してきた「土台」であると考えます。

これが今までの見方や考え方が反転した、
コペルニクス的な転回の仮説です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 06:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

宇宙に「終わり」はあるのか

満足度★★★★
付箋数:24

宇宙が誕生した瞬間は、「ビッグバン」である
ことがよく知られています。

つまり、宇宙には「始まり」がありました。

では、宇宙に「終わり」はあるのでしょうか?

この疑問が本書のタイトルになっていますが、
結論を先にいうと、宇宙に「終わり」はあります。

宇宙の終わり方には、いくつかの可能性が
ありますが、最も可能性が高い終わり方が、
「ビッグウィンパー」です。

宇宙の始まりがビッグバンなので、
それに呼応するように終わりにも「ビッグ」
をつけるのが宇宙理論研究者の習わしです。

ウィンパーとは、すすり泣きの声を表わす表現。

20世紀を代表するイギリスの詩人、
T・S・エリオットさんの『うつろな人間』という
長詩の中の一節に由来するようです。

本書は、ビッグバンからビッグウィンパー
までの全宇宙史を俯瞰する本です。

時間にすると、「10の100乗年」という
途方もない長い時間の宇宙史を扱います。

著者は科学哲学や科学史をはじめ
幅広い分野の研究を行っている吉田伸夫さん。

まず、一般的なイメージが覆されるのが、
宇宙の始まりの「ビッグバン」についてです。

「バン」の意味が、大きなバーンという爆発音
であるため、最初に何やら「爆発があった」と
イメージしている人も多いことでしょう。

しかし、実際にビッグバンで「爆発」が
あったわけではありません。

そこにあるのは、名前のイメージとは真逆で、
密度や温度がきわめて大きいにもかかわらず、
かなり整って秩序だった状態。

高度な一様性があって、異常に高温の中で
膨張が始まるという、かなり不自然で
奇妙な状態です。

宇宙は、そのものすごく整った状態から始まり、
物質の凝集によってその整然さが徐々に崩壊
していきます。

そして、凝集と拡散がせめぎ合う中で、
銀河やガス流が作られ、更に元素合成のある恒星や
造山活動のある惑星などが作られます。

凝集と拡散のせめぎ合いは、最終的には拡散の
方向にながれ、その極限状態に行き着きます。

ビッグバンから10の20乗年後には、
銀河がブラックホールに飲み込まれ、
ブラックホールと漂流天体だけが残ります。

10の40乗年後には、漂流天体などの物質を
構成していた素粒子が崩壊。

最終的に10の100乗年後には、最も大質量の
ブラックホールがホーキング放射で蒸発し、
新たな構造形成の可能性は失われます。

それが、宇宙の終焉、ビッグウィンパーです。

宇宙の終わりといっても、この宇宙が、
自然界から忽然と姿を消すわけではありません。

生物でいうと、死骸と同じ状態です。

そこにあるだけで、宇宙の生命活動ともいえる
新たな構造を生み出す物理現象が何ひとつ
起こらない、完全なる活動停止になります。

構造形成を起こす材料もエネルギーもなく、
後は、永遠の沈黙が支配した状態です。

このビッグウィンパーまでの時間軸で考えると、
宇宙が生まれてから、現在までの138億年は
刹那ともいえる短い期間のようです。

  「本書の “はじめから始めて、終わるところ
  まで終わらない” 叙述を通じて、
  想像を絶する宇宙の巨大さと、ちっぽけな
  存在であるにもかかわらず宇宙の全貌を
  知ろうとする人間の気骨を、実感して
  いただきたい。」

あまりにも私たちの普段の時間感覚とは
かけ離れた壮大な宇宙のストーリーに、
今まで仕事や生活で悩んでいたことが、
ほんの些細なことに思えるかもしれません。

本書は、専門的知識がない人でも、
非常に興味深く読める良書だと思います。

この本から何を活かすか?

H・G・ウェルズさんの古典SF小説、
『タイム・マシン』では、最後は燃え尽きる
太陽の姿が描かれていました。

その描写では、光りが次第に弱々しくなって、
最後には冷えて赤みを帯びた巨星になります。

しかし、現実の太陽は、核融合の効率を上げ、
次第に高温になっていきます。

そして膨張を始めた太陽は、ガスを放出して
軽くなっていき、核融合のエネルギーが
なくなると、最後は白色矮星になるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 07:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ささやかな知のロウソク―ドーキンス自伝2

満足度★★★
付箋数:23

  「『好奇心の赴くままに』とちがって、
  私の自伝のこの第二巻は、単純に時系列に
  沿ったものではないし、私の70歳の誕生日
  からの1回のフラッシュバック的回想でさえ
  ありません。むしろこれは、テーマによって
  分けられ、横道への脱線と逸話によって
  区切られた、一連のフラッシュバックです。
  厳密な年代順に従うことをやめたので、
  テーマの順序はいくぶん恣意的であります。
  第1巻で私は “私をかくあらしめるに
  与ったものが何かというかぎりにおいて、
  オックスフォード大学こそそれだった” 
  と言いました。ならば、その鮮やかな
  大理石の壁をもつ大学に私が帰還した
  ところから始めない理由はないでしょう。」

本書は、リチャード・ドーキンスさんの
自伝2部作の完結編。

ドーキンスさんは、どのようにして、
「利己的な遺伝子」、「延長された表現型」、
「ミーム」などの概念を着想したのか。

その当時を思い出して振り返っています。

ドーキンスさんと言えば、世界で最も有名な
進化生物学者の1人です。

その名声は、1976年の著書『利己的な遺伝子
の発表によってもたらされました。

それ以降は、純粋な科学者というよりも、
科学「啓蒙者」として精力的に活動しています。

生粋のダーウィニストで無神論者、
それどころか宗教批判者として有名です。

キリスト教文化が背景にある欧米において、
神は妄想であるThe God Delusion)』
なんていう本をよく執筆したなと思います。

進化論さえまともに学校で教えていない
文化の中で、反迷信、反・非合理主義を
徹底して主張しているのは凄いことです。

ちなみに『神は妄想である』も150万部以上の
ベストセラーになっています。

本書は、世間を騒がしてきたドーキンスさんの
論争を振り返っている部分もありますが、
目を引くのは、自慢話も含んだかなり豪華な
交遊録です。

どうしてこんなに凄い人脈を持つのかと
思ってしまいますが、これはドーキンスさん
ならではの特別なことです。

登場する科学界の著名人の一部を挙げると、
ジョン・メイナード・スミスさん、
ウィリアム・ドナルド・ハミルトンさん、
スティーヴン・ワインバーグさん
ピーター・メダワーさんなどなど。

その綺羅びやかな交遊録は巻頭に24ページの
カラー写真としても収められています。

私が本書で興味を持ったのは、英国王立研究所の
クリスマス講演をドーキンスさんが引き受けた
経緯です。

クリスマス講演とは、イギリスの科学者、
マイケル・ファラデーさんが1860年に
子供向けに行った由緒あるレクチャーです。

有名な『ロウソクの科学』はその講演内容を
収めたもの。

この王立研究所の講演は、季節は違いますが、
日本でも実施されたこともあり、
ドーキンスさんは、その時に来日しています。

クリスマス講演での来日や小笠原諸島への
訪問は「至福の島」の章に書かれています。

本書は600ページを超えるかなり分厚い本ですが、
ドーキンスさんファンにとっては、
そのウィットに富んだ文章をもっと読みたいと
思うことでしょう。

翻訳は、『利己的な遺伝子』の増補版以降、
ドーキンスさんの著作のほとんどを担当する
垂水雄二さん。

神は妄想である』、『進化の存在証明』、
好奇心の赴くままに』など、最近の本は、
ずっと垂水さんが翻訳しているので、
安心して読むことができます。

この本から何を活かすか?

「コンコルドの誤謬」もドーキンスさんが
生み出した表現です。

これは経済学で言う「埋没費用効果
(サンク・コスト)」の比喩表現です。

それまでの投資を惜しんで、途中で開発を
やめられなかった音速旅客機コンコルド事業の
失敗例から名付けられたもの。

タムシン・カーライルさんとの共同論文で
発表され、『利己的な遺伝子』の中でも
使われている表現です。

こういった種類の表現が本当にドーキンスは
上手いですね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 07:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

目に見える世界は幻想か? 物理学の思考法

満足度★★★
付箋数:23

  「この世を可能な限り理解したい、
  その心が物理学の研究を進めてきた。
  本書で最も伝えたかったことは、
  この世界が人間の常識的な感覚で
  思うようなものにはなっていない、
  という事実だ。
  これまでの思考法が通用しないとなると、
  苛立ちを覚えたり悲しい気持ちになったり
  するが、それは次へ進むために必要な
  スプリングボードだ。逆境から立ち上がると、
  それまでに見えていなかった地平が
  見えてくる。物理学の紆余曲折には、
  そうした要素が満ち溢れていて、
  読者が生きていく上においても、
  なんらかのヒントになってくれるのでは
  なかろうか。」

本書は、主に文系の方向けに書かれた
物理学の入門書です。

物理学とはどのようなものなのか、
数式だけでなく難しい図表も一切使わず、
ひたすら言葉だけで説明しています。

著者は、名古屋大学大学院理学研究科
准教授の松原隆彦さん。

松原さんは、これまで『宇宙に外側はあるか』、
宇宙はどうして始まったのか』など
宇宙関係の本を多く執筆してきました。

しかし、今回、物理学の入門書を書こうと
思ったのは、理学部以外の一般の学生には、
物理学があまりに強い拒否感を
持たれているからです。

学生時代にわけのわからない計算をさせられ、
物理学の本当の面白さを知る前に、
物理学を嫌いになっていく人が多い。

そんな状況を憂えて、本書は執筆されました。

ところで、なぜ、物理学では、非現実的な
状況を設定して、よくわからない計算を
するのでしょうか?

例えば、「空気抵抗を無視して、
ものを投げたら、どこに落ちるか」
などの計算です。

そんな現実的にありもしない場合だけ考えて、
何の役に立つのかと、考えた方も多いはず。

  「物理学の本質は、複雑で予測不可能にも
  思える現実の現象について、そこに秩序を
  見出すことにある。複雑なものを複雑なまま
  理解しようとしても、途方に暮れてしまう。
  そこで、まずは複雑な現象を単純な要素に
  分解することが有効なのだ。(中略)
  空気抵抗を無視するという理想化を行うと、
  放り投げた物体の運動が単純な法則で
  理解できるのである。」

本書では、近代物理学の誕生の経緯、
そして物理学に大きな革命をもたらした
量子論と相対論の成り立ちを見ていきます。

人間の目に見える世界は、本当の世界なのか?
見えない部分には、一体、何があるのか?
人間は、この世界でどのような存在なのか?

現代の物理学の成り立ちを学びながら、
こうした根源的な問にも答えていきます。

  第1章 物理学の目的とは何か
  第2章 天上世界と地上世界は同じもの
  第3章 すべては原子で作られている
  第4章 微小な世界へ分け入る
  第5章 奇妙な量子の世界
  第6章 時間と空間の物理学
  第7章 時空間が生み出す重力
  第8章 物理学の向かう先

目に見えない部分、常識に反する部分の
最たる分野は量子力学です。

本書では、量子力学についても、
平易な言葉で丁寧に説明されていますから、
これまであきらめていた方でも、
概要を理解できると思います。

わかりやす表現で書かれていますが、
内容は深いので、理系の方が読んでも、
十分楽しめる本です。

そして、理系の方が読むと、よく言葉だけで
説明し切ったなと、感心することでしょう。

この本から何を活かすか?

「量子力学」が理解しにくいのは、
実は物理学の素人に限ったことではなく、
専門家の間でも大差はないようです。

  「現代の科学者の多くは、量子力学の
  意味について深く考えることを避けている。
  その努力が有用な結果を生まないことを、
  先人たちは学んでいるからだ。
  こうした問題にはまりそうになると
  科学者によく言われるフレーズがある。
  それは、 “黙って計算しろ!” 
  というものだ。」

このスローガンのもと、量子力学に基づいて
物理学は大きく発展してきたようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本列島100万年史

満足度:★★★
付箋数:23

NHK総合テレビで2008年から
放送されている人気番組「ブラタモリ」。

町歩きの達人・タモリさんが、ブラブラ
歩きながら、知られざる町の歴史や
人々の暮らしに迫る、探索バラエティです。

タモリさん独自の視点で街歩きを行い、
町に残された痕跡に出会いながら、
新たな魅力や歴史を再発見しています。

一見、地味そうに見える番組ですが、
タモリさんの目のつけ所と博識ぶりに、
「私もタモさんと一緒に散歩してみたい」
とファンを唸らせています。

本書は、そんなタモリさんに近づくための一冊。

  「幸いなことに、最近ではタモリさんが
  出演するテレビ番組 “ブラタモリ” などの
  おかげで、地形を見てそのでき方や発達史
  などに興味を持つ方が増えてきました。
  本書では、そのような方々のお役に立とうと、
  日本各地のさまざまな地形がどのように
  作られてきたかを分かりやすく説明して
  いきます。日本列島の成り立ちを単なる
  紙の上の知識ではなく、それぞれの経験に
  照らしながら理解していただこうとする
  ものです。」

ブラタモリに便乗と言えばその通りですが、
そこはブルーバックスですから、
専門家による研究をわかりやすく紹介し、
しっかりとした地形発達史の本に
仕上がっています。

本書では、おもに100万年前以降を中心に、
複雑な地形に富んだ日本列島の成り立ちを
解き明かします。

私たちが見慣れた景色の足元に隠された、
壮大な物語の世界へ導いてくれます。

著者は、首都大学東京の名誉教授である
山崎晴雄さんと、早稲田大学教授の
久保純子さんのお二人。

 第1章 日本列島はどのようにして形作られたか
 第2章 北海道
  2・1 大雪山と氷河期
  2・2 石狩平野と泥炭地
 第3章 東北
  3・1 三内丸山遺跡と縄文海進
  3・2 奥羽山脈と三陸リアス海岸
 第4章 関東
  4・1 関東平野はなぜ広いのか
  4・2 武蔵野台地と東京低地
  4・3 天下の険、箱根火山
  4・4 御殿場泥流と足柄平野
 第5章 中部
  5・1 富士山はどうして美しいのか
  5・2 日本アルプスと氷河
 第6章 近畿
  6・1 近畿三角帯-京阪神と中京の地形
  6・2 神戸と兵庫県南部地震
 第7章 中国・四国
  7・1 西南日本と南海トラフ
  7・2 瀬戸内海と中国地方
 第8章 九州
  8・1 九州シラス台地

全国を7つの地区に分けて2テーマで
掘り下げます。

関東のみ4テーマなのはわかりますが、
九州だけなぜか1テーマでした。

それぞれの地区で、現在の複雑な地形は
どのようにしてできたのか、
自然史を遡り見ていきます。

全体的にはプレートや地震についての
解説が多くなっています。

タモリさんの軽妙なトークと比較するのは
酷かもしれませんが、個人的にはもう少し
現在の日常から入って、地形発達史の
解説をして欲しかったところです。

この本から何を活かすか?

  「(大雪山の)高山帯の中の岩がごろごろ
  した場所で、 “ピチッ” という鳥のような
  鳴き声が聞こえたら、それはナキウサギ
  (エゾナキウサギ)です。
  体長20センチメートル弱の耳の丸い茶色い
  ウサギで、見た目は大きなハムスターの
  ようですが、前足で物を持たないので、
  れっきとしたウサギです。」

私は3年に1度くらいのペースで大雪山系の
山に登りますが、以前はよく見かけた
エゾナキウサギを、ここ10年くらい
見た記憶がありません。

あらためて調べてみると、エゾナキウサギは
準絶滅危惧種に指定されていました。

個体数が減っているようなので、
今後も出会える機会はそれほど多くない
のかもしれません。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 06:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT