活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

世にも危険な医療の世界史


世にも危険な医療の世界史

満足度★★★★★
付箋数:28

  「通常はインチキ療法というと、
  詐欺目的で治療を行うことや宣伝する
  ことを意味するが、なかには効果がある
  と信じて宣伝する人もいる。(中略)
  何百年も前のことだったために、
  科学的な手法がまだ文化に根づいて
  いなかったケースもある。
  現代の私たちが見るとくだらない
  治療法はたくさんある。
  イタチの睾丸が妊娠に効く?
  出血を治療するためには瀉血する?
  失恋の痛手を癒すために熱々の
  焼きごてをあてる? ―――
  どれも実際に行われていたことだ。」

本書は、科学が未発達だったがゆえに、
これまで人類が行ってきたトンデモ治療
の歴史を綴った本。

すごく面白い本に出会ったと思うと
同時に、今の時代に生きていて良かった
と実感できる本です。

著者は、内科医のリディア・ケインさん
とフリージャーナリストのネイト・
ピーターセンさんです。

表紙に使われている絵は、17世紀に
梅毒患者が受けるスパ治療を描いたもの。

当時、水銀を吸い込むと体に良いと
考えられていました。

中央に描かれている手榴弾のような
形の釜で行われるのは、裸の患者を
水銀入の釜に入れる、蒸し風呂療法です。

こうした治療が行われていたのは、
古代ローマの医学者、ガレノスさんが
提唱した「四体液説」が信じられて
いたからです。

四体液説とは、人間の体液は、血液、
粘液、黄胆汁、黒胆汁の4種類からなり、
このバランスが崩れると病気になる
という考え方です。

そのため、病気を治すためには、
嘔吐、下痢、発汗、唾液を過剰に分泌
させて、四体液のバランスを整える
治療が行われていました。

水銀中毒になると、口から大量の唾液が
分泌されるので、それで病気が治ると
信じられていました。

実は、米大統領のリンカーンさんも
その犠牲者の一人でした。

大統領になる前に、リンカーンさんは
気分障害、頭痛、便秘などの症状に
悩まされていました。

そこで処方されたのが、水銀入の丸薬。

しばらくこれを服用していましたが、
さすがにその丸薬を飲むと症状が悪化
するだけと気づき、ホワイトハウスに
入ってからは服用量を減らしたようです。

他にも本書では、以下のような治療法が
紹介されています。

 ・ラドンが溶け込んだ放射性飲料水を
  がぶ飲み!

 ・溺れて意識を失ったら、タバコを
  尻に挿し込んで蘇生!

 ・大量に出血した患者には
  ブランデーを生で注射!

 ・ペストになったら粘土を食べて解毒!

 ・ヒルを肛門に突っ込んで内臓から瀉血!

 ・ヤギの睾丸を身体に移植して若返り!

まさにトンデモ治療のオンパレードです。

これらの治療は、詐欺目的だったり、
悪意をもって行われた訳ではないのが、
逆に怖いところです。

ある治療を行って効果があるように
見ると、本当は別の理由で回復して
いても、そのトンデモ治療が信じられ、
まかり通っていました。

ひょっとすると、私たちが今、
効果があると信じている治療法も、
100年後の未来では、トンデモ治療に
見えるのかもしれません。

本書は、扱っている題材もさることながら、
著者の、皮肉とユーモア溢れる語り口が
本書をより一層魅力的なものにしています。

アメリカで出版されて大きな反響を呼んだ
というのも納得できる一冊。

私の中では驚きの連続で、今年の上半期で
一番に推薦したい本です。

この本から何を活かすか?

同じ文藝春秋からの出版で似たような
タイトルの本がありました。

 『世にも奇妙な人体実験の歴史

著者が違うので、本書と同じように
面白いかどうかわかりませんが、
こちらの本も読んでみようと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 05:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

科学的に正しい筋トレ 最強の教科書


科学的に正しい筋トレ 最強の教科書

満足度★★★
付箋数:24

2018年に第1弾が放送されたNHKの体操番組、
みんなで筋肉体操』。

筋肉指導者の谷本道哉さんの決めゼリフ、
「筋肉は裏切らない」は、2018年流行語大賞
の候補にも挙がりました。

そんなこともあって、今や、猫も杓子も、
筋トレに励む、一大ブームとなっています。

いざ筋トレを始めてみて、多くの人が混乱
するのが、何が効果的か、専門家によって
言っていることが違うことです。

なぜ、専門家によっても意見が違うのか?

それは、筋トレの研究も日進月歩。

新しい研究によって、これまで正しいと
されていた筋トレの常識が覆り、
効果的な方法が刷新されているからです。

  「本書は、 “筋トレを始めたけれど、
  本当にこのやり方でいいのか?” 
  “頑張っているのになかなか結果が出ない”
  “忙しくて時間がないので筋トレの
  生産性を最大化する方法を知りたい”
  と悩んでいる人のために、 “科学的に
  正しい筋トレの方法” を伝える1冊です。」

著者は、理学療法士でトレーナーとしても
活躍する庵野拓将さんです。

私も、5年ほど前からジムに通っていますが、
その頃、トレーナーの方から聞いた方法と、
本書で紹介されてる方法は異なりました。

 「筋肉を大きくしたければ、高強度で
 トレーニングしよう」

これが私がジムで聞いていた方法です。

しかし、本書で示される新常識では、
筋肥大の効果は、バーベルの重さでは
決まらず、「総負荷量」であることが、
エビデンス付きで示されています。

つまり、ベンチプレスで筋肉質の男性が
100Kgを1回挙げた場合と、高齢の方が
1Kgを100回挙げた場合の効果は同じ
ということです。

 総負荷量=トレーニングの強度(重量)
      ×回数×セット数

この公式は、1回の筋トレの効果だけに、
限らないようです。

筋肥大の効果は、週単位の総負荷量に
よって決まります。

筋トレを始めると、週に何回やれば
いいのかという疑問が出てきます。

しかし、筋トレの効果は総負荷量で
決まるので、週の回数自体は3回でも
6回でも、総負荷量が変わらなければ
同じなのです。

あと、もう1つ私が聞いた常識と違って
いたのは、タンパク質の摂取について。

 「筋トレ直後は、タンパク質摂取の
 ゴールデンタイム」

これが私の常識でした。

しかし、最新のスポーツ栄養学の研究では、
「それだけではまだ足りない」ことが
明らかになっているようです。

筋タンパク質の合成感度は24時間継続
するので、筋トレ直後だけでなく、
24時間以内の食事全体を意識することが
効果的だと書かれています。

ゴールデンタイムが重要であることは
変わりませんが、筋トレ後にプロテイン
を飲むだけではダメなんですね。

本書で紹介される筋トレの新常識は
次の7つです。

 1. 筋トレの効果は、バーベル、ダンベル
  の重さでは決まらない
 2. 生体力学が明らかにした「正しい
  筋トレのフォーム」
 3. 従来の常識を覆す「タンパク質の
  最適な摂取方法」
 4. タンパク質を摂っても「腎臓」は
  悪くならない
 5. 筋トレに効くサプリメント、
  効かないサプリメント
 6. 筋トレが「病気に強いカラダ」
  を与えてくれる
 7. 筋トレが続かない理由は
  「ヒトの進化」にあり

これらの新常識意外にも、本書では
科学的に正しいトレーニング方法、
タンパク質の摂取方法、筋トレの続け方が
紹介さています。

筋トレをする方は、参考にしたい本です。

この本から何を活かすか?

本書では、明らかに安全で効果のある
強力なエビデンスがある「サプリメント」
として、以下の4種類が紹介されていました。

 ・HMB(トレーニング初心者)
 ・クレアチン
 ・必須アミノ酸(EAA)
 ・プロテイン

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 05:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ビッグ・クエスチョン―〈人類の難問〉に答えよう


ビッグ・クエスチョン―〈人類の難問〉に答えよう

満足度★★★★
付箋数:26

2018年3月14日に亡くなった、理論物理学者の
スティーヴン・ホーキングさん。

ホーキングさんは、世界で最も有名な科学者
のひとりでした。

それは、「車椅子の物理学者」だったから、
というよりも、一般人向けに書かれた、
ホーキング、宇宙を語る』などの著書が
あったからだと思います。

かの名著に対して、ホーキング博士は、
次のように語っています。

  「『ホーキング、宇宙を語る』があれほど
  成功を収めようとは、まったく予想して
  いなかった。障害を抱えているにも
  かかわらず、私がいかにして理論物理学に
  なり、ベストセラー本を書くことができた
  のかという、人間的な興味が売上を
  伸ばしたのは疑う余地がない。
  誰もがあの本を最後まで読みとおした
  わけではないかもしれないし、読んだこと
  のすべてを理解したわけでもないだろう。
  それでも読者は少なくとも、私たちの
  存在にかかわるビッグ・クエステョンの
  ひとつと向き合った。そして、私たちは
  科学を使って発見し、理解することの
  できる、合理的な法則に支配された宇宙に
  住んでいるのだということをわかって
  くれたのではないかと思う。」

ホーキング博士は、非常に客観的に
分析していることがよくわかります。

本書は、人類の多くが抱く大きな疑問、
「ビッグ・クエステョン」に対して、
ホーキング博士が語る本です。

これまでの講演・インタビュー・エッセイ
で語ってきたものを、まとめたものです。

本書で語られる、ビッグ・クエステョンは
以下のとおりです。

 1 神は存在するのか?
 2 宇宙はどのように始まったのか?
 3 宇宙には人間のほかにも知的生命は
  存在するのか?
 4 未来を予言することはできるのか?
 5 ブラックホールの内部には何があるのか?
 6 タイムトラベルは可能なのか?
 7 人間は地球で生きていくべきなのか?
 8 宇宙に植民地を建設するべきなのか?
 9 人工知能は人間より賢くなるのか?
 10 より良い未来のために何ができるのか?

人はいつの時代も、ビッグ・クエステョン
に対する答えを求めてきました。

それはホーキング博士にとっても同じです。

本書では、10のビッグ・クエステョンに
対して、宇宙や物理学の知見から
ホーキング博士らしいウィットを交えて、
答えていきます。

例えば、「神」の存在については、
人格を持たない「自然法則」と再定義して、
語っています。

神の存在を考えることは、宇宙の存在や
始まりを考えることと同義なので、
科学者が扱うにふさわしい問題と
ホーキング博士は考えています。

ビッグ・クエステョンは、今まで誰も
解き明かしていない究極の問いです。

もちろん、ホーキング博士も、
これらすべての問に明快な回答や
解決策があるわけではありません。

しかし、私たちが、ビッグ・クエステョン
について考え続けることで、将来的に
答えが見つかることを望んでいます。

  「人はみな、未来に向かってともに
  旅するタイムトラベラーだ。
  私たちが向かう未来を、誰もが行きたい
  と思うような未来にするために、
  力を合わせようではないか。
  勇気を持とう。知りたがりになろう。
  確固たる意思を持とう。
  そして困難を乗り越えて欲しい。
  それは、できることなのだから。」

本書は、未来に生きる私たち人類に向けた
ホーキング博士からのメッセージです。

読めば読むほど、もっとホーキング博士の
話を聞いていたいと思える一冊でした。

この本から何を活かすか?

本書の「はじめに」はイギリスの俳優、
エディ・レッドメインさんが寄稿しています。

レッドメインさんは、2014年に制作された
映画『博士と彼女のセオリー』で、
主役のホーキング博士を演じた俳優さん。

レッドメインさんは、映画の撮影以来、
ホーキング家の人々と親交を深め、
博士の葬儀の際には弔辞も述べたようです。

博士と彼女のセオリー』は、見逃して
いたので、今週末に見てみようと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 07:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

続 ムダな医療


続 ムダな医療

満足度★★★
付箋数:23

日経BP社の日野さんより献本頂きました。
ありがとうございます。

あなたの受けている治療は、本当に必要な
治療でしょうか?

医療経済の分野では「誘発需要」という
言葉があります。

これは金銭的なインセンティブによって、
必要以上の医療行為が行われることです。

誘発需要は、医療ドラマで見にする
ことがありますが、実際の医療の現場でも
本当にあるようです。

また、金銭的な目的でなくても、
日本の医学の常識が世界とズレている
可能性は考えられないでしょうか?

本書は、室井一辰さん著で2014年6月に
刊行されて、大きな話題となった
絶対に受けたくない無駄な医療
の続編です。

そもそも「ムダな医療」とは何なのか?

これは3つのケースが考えられます。

1つ目は、デメリットがメリットを
上回るケース。

例えば、CT検査は得られる情報の価値より、
放射線被ばくによる発がんリスクの上昇
の方が問題視されています。

2つ目は、メリットがほぼゼロのケース。

例えば、細菌にしか効かない抗菌薬を、
ウィルス感染の治療に使うような場合です。

3つ目は、デメリットが大きすぎるケース。

例えば、延命治療などの良かれと思って
行った医療行為が、患者に無視できない
負担を強いる場合です。

厳密に言えば、2つ目と3つ目は、1つ目の
理由に含まれますが、わかりやすくする
ためにあえて3つに分けています。

では、その医療行為がムダとされる
根拠はどこにあるのでしょうか?

それは、「チュージング・ワイズリー
(Choosing Wisely)」という活動です。

直訳すると、「賢く選ぼう」という意味です。

チュージング・ワイズリーは、世界的に権威
のある米医学界が、「受けない方がいい」
と示している医療行為のリストです。

このリストに掲載されるのは、さまざまな
研究を経た結果、受けるメリットよりも
受けるデメリットが上回ると判断された
医療行為です。

室井さんが、このリストに初めて出会った
ときのことを次のように述懐しています。

  「その内容はまさしく “衝撃のリスト” 
  と表現するほかないものだった。
  日本の医療現場をくまなく取材し、
  全米の医学界の情報をチェックしている
  私でも、知らないものがたくさんあった。
  そして、その活動は日本では全く
  知られていない。」

室井さんは、このチュージング・ワイズリー
を元に、『絶対に受けたくない無駄な医療
を日本・韓国・中国・台湾で刊行しました。

実は、チュージング・ワイズリーは
現在進行中の活で、室井さんが前著を書いた
後にも、「ムダな医療」が追加されました。

本書は、前作以降に新たに米チュージング・
ワイズリーに追加された、約300項目を
整理して、わかりやすく解説を加えたもの。

いくつか取り上げると、次のような
「受けたくない医療」が掲載されています。

 ・前立腺ガンの医療行為には不必要な
  ものが多い

 ・子供にCT検査やMRI検査を安易に
  実施しない

 ・古くなったというだけで、歯の詰め物
  を取り替えない

 ・手術する場所の毛髪は剃らない

 ・ヘリコバクター・ピロリ菌を調べる
  ために血液検査を実施しない

辞書的な本なので、自宅に置いておいて、
病院で診察を受けて、治療する前に
チェックするのがオススメの使い方です。

前著『絶対に受けたくない無駄な医療
とあわせて、一家に一冊置いておくと
安心できると思います。

この本から何を活かすか?

  「チュージング・ワイズリーは、日本の
  医療従事者にとっては、まだまだ
   “広がると困る” 動きなのかもしれない。
  本書で何度もお伝えしたように、
  チュージング・ワイズリーは、
  医療従事者が自分たちの首を絞める
  ような活動でもある。 “ムダな医療” に
  よって得をしている病院や医師も多い。
  ムダな医療がなくなれば、損をする。」

米国では、医療行為の費用対効果に対する
監視の目が厳しく、逆に費用対効果の高い
医療を行ったときのインセンティブも
用意されているようです。

医療環境が異なる日本では、米国と同じ
動きにはなりにくいため、今のところ
「自衛」するしかないように思えます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 05:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サピエンス異変――新たな時代「人新世」の衝撃


サピエンス異変――新たな時代「人新世」の衝撃

満足度★★★★
付箋数:26

あなたは、身体に不調なところはありませんか?

身体のどこかに、大なり小なり不調を抱えて
いる方も多いことでしょう。

その不調は、歳のせいではありません。
それは、現代に生きる私たちが背負った宿命。

なぜなら、私たちの生活を豊かにしている
文明に、実は私たちの身体は、ついていけて
いないからです。

それは、今に始まった話ではありません。

1万年前の「農業革命」によって人類は移動
しなくなりました。

250年前の「産業革命」での効率化によって、
更に人類の動く範囲は狭くなりました。

そしてスマホ・AI時代の「現代文明」では、
人類は身体を動かす必要はなくなりました。

指先を動かすだけ、または声を発するだけで、
好きなことができるようになりました。

文明の発展と共に、どんどん便利になって
きましたが、それと同時に私たちの身体の
使い方も大きく変化してきました。

実はこうした文明の発展に、私たちの身体は、
まだ「適応」できていないのです。

本書は、人類史と人類の身体をめぐる
壮大なノンフィクション。

知的好奇心を刺激する本とは、
こういう本のことを言います。

著者は、英国ケント大学准教授の
ヴァイバー・クリガン=リードさん。

人類史、古典文学、健康、環境問題など
幅広いテーマを研究している方です。

本書を読むと、リードさんの教養の深さが
よくわかります。

あなたは、現在の地質学上の年代をご存知
ですか?

これまで、最終氷河期以降から現代までを
「完新世」と呼ぶのが通説でした。

しかし、最近になって、地球は新しい
地質年代に突入したと考えられるように
なりました。

この新しい地質年代を「人新世(アントロ
ポセン)」と言います。

これは「人間」と「近年」を意味する
ギリシャ語を合成して作られた言葉です。

「人新世」は、まだ一般には広く知られて
いませんが、正式な地質年代名と認められる
予定で、いずれ教科書にも載る名称です。

本書は、「人新世」を生きる私たちの
身体に、大きな変化がもたらされていると
警告しています。

  「人新世に対する解決策はなくとも、
  人新世の身体に対する解決策ならたくさん
  あるのだ。私たちの病気の多くの原因が
  ライフスタイルなのだから、生活に
  大きな影響を与えるようなかんたんで
  身体によい変化を心がければいい。
  つまり、コンクリートの世界に代わりに、
  身体が期待して生まれてきた環境を
  提供すればすむ。生肉を食べて川の水を
  飲もうというのではない。
  現代生活の利点をもう少し自分たちの
  ために役立てるのだ。」

本書には、人類史を振り返る中で、
文学や哲学から最新の科学までの筆者の
豊富な知見に触れる面白さがあります。

と同時に、身体の健康を維持するための
実用面のヒントが書かれている稀な本です。

各章の最後では、「まとめ」として、
どのように身体を動かすと良いかの
アドバイスが紹介されています。

BBCで本書を番組化することが決定した
との話ですが、それも納得の内容です。

たまに、こういう本に出会えると、
本当に嬉しいですね。

 第1章 ヒトは「移動」で進化した
 第2章 「人新世」以前の身体
 第3章 人類は「定住」に適してしない?
 第4章 家畜は何を運んできたのか?
 第5章 古代ギリシャ・ローマ人の警告
 第6章 腰が痛い!
 第7章 大気汚染
 第8章 身体は現代の食生活に追いついていない
 第9章 超人類への扉を開ける「手」

この本から何を活かすか?

  「ニンジンがニンジンでないのはいつか?
  それは、人新世のニンジンであるときだ。
  18本の染色体は変わらないが、この新たな
  環境におけるDNAの働き方が、ニンジン自体
  を変えてしまっているのだ。
  まるで私たち人間のようでははいか?」

実は、今の時代のニンジンは昔のニンジンと
違っていて、かなり甘くなっているようです。

これも興味深い指摘でした。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT