活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

太陽を創った少年:僕はガレージの物理学者

満足度★★★★
付箋数:24

あなたに、天才的な子どもができたとします。

その子は、あまりに天才過ぎて、まだ中学生で
あるにも関わらず、自宅に非常に危険な
「核融合炉」を作ろうとしています。

親として、あなたはどうしますか?

子どもに危険なことをやめさせようと
するのが、普通の親の反応でしょうか。

実際に、アメリカにはティーンエージャーで
ありながら、自力で核融合をやってしまう
早熟の天才が2人いました。

1人目の天才は、1976年、ミシガン州生まれの
デイヴィッド・ハーンさん。

2人目は、1994年、アーカンソー州生まれの
テイラー・ウィルソンさん。

この2人の大きな違いは、親の反応でした。

デイヴィッドさんの親は、自宅での危険な
科学実験をやめさせようとしました。

一方、テイラーさんの親は、その情熱を理解し、
実験をやめさせようとせず、専門家からの
アドバイスを求めました。

この親の対応の違いは、どのような結果に
つながったのか?

自宅で実験を禁止されたデイヴィッドさんは、
裏庭の小屋で隠れて実験するようになります。

その結果、18歳の時に自作で製作した原子炉を
稼働させようとして、周囲に深刻な放射能汚染を
引き起こしました。

デイヴィッドさんは高校時代の原子炉実験での
被爆が原因かどうか、はっきりわかりませんが、
39歳で亡くなっています。

もう1人の天才、テイラーさんは親の理解を得て、
安全面でのチェックをしてくれる専門家が
メンターとなり、自宅での実験を続けました。

その結果、14歳で核融合炉を作ることに成功し、
19歳で小型モジュール式原子炉を発明しました。

テイラーさんの名前が、世間で知られるように
なったのは、17歳のときに行ったTEDトークです。

「Yup, I built a nuclear fusion reactor
(うん、核融合炉を作ったよ)」というタイトルの
3分半ほどのプレゼンテーションです。

現在、24歳になったテイラーさんは、
気鋭の原子核物理学者として、ヘレナグループの
シンクタンクに所属して、世界を改善する
プロジェクトに取り組んでいます。

さて、本書はテイラーさんが核物理学者として
育つ過程を追った、サイエンス・ノンフィクション。

著者は、ナショナル・ジオグラフィックなど、
多くの一流誌に寄稿するライター兼ジャーナリスト
のトム・クラインズさんです。

クラインズさんは、ポピュラー・サイエンス誌に
テイラーさんの記事を書き、それが大きな反響を
呼んだため、取材を進め本書の執筆に至ります。

  「手つかずの才能を発見し、育てて、才能を
  並外れた成功につなげるには、何が必要なの
  だろうか? 途方もなく強い意志と高い知性を
  そなえた子どもたちどのようにして育てて、
  潜在能力を発揮させればよいのだろうか?
  あるいは、もっと従来の意味で才能ある
  子どもが、自発性を身につけ、外部からの
  支援を得て、自分の夢をかなえるために前進
  できるようにするには、私たちには何が
  できるのだろうか? そして、かつては希望の星
  とみなしていたギフテッドの子どもたちを
  意欲を失わせる環境においてきた、
  過去数十年間の教育文化の方向性を変えるには
  どうすればよいのだろうか?」

ギフテッドとは、いわゆる天才児のことで、
先天的に平均よりも、顕著に高度な知的能力を
持っている子どものことをいいます。

本人の天才性もさることながら、やはりそれを
サポートする大人が、その行末に大きな影響を
与えます。

本書は、天才少年テイラーさんの情熱と、
その才能を育てた大人たちの奔走を描いた
優秀なノンフィクションです。

500ページ近い厚い本ですが、熱量があるので、
一気に読めると思います。

この本から何を活かすか?

テイラーさんが2012年に17歳のときに行った
TEDトークの映像はこちらです。



Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最強の健康法 世界レベルの名医の「本音」を全部まとめてみた【病気にならない最先端科学編】

満足度★★★
付箋数:22

ムーギー・キムさんが2年間かけて、数多くの
名医・健康の専門家に取材して2冊にまとめた
『最強の健康法』。

昨日は前編の「ベスト・パフォーマンス編
を紹介しましたが、本日紹介するのは後編の
「病気にならない最先端科学編」です。

『最強の健康法』の5つの特徴は、前後編共通
なので、昨日の記事をご覧いただくとして、
本日はもう少し中身を紹介したいと思います。

かなりざっくり言うと、30代までの方は、
「ベスト・パフォーマンス編」の方が参考になり、
40代以上の方は「病気にならない最先端科学編」
の方が気になる内容が掲載されています。

  「本書『最強の健康法 病気にならない
  最先端科学編』は、老いと病を寄せ付けずに、
  最高のコンディションを保つ “最新科学に
  基づく簡単な習慣” をコンセプトに制作されて
  いる。
  ここでは人生100年時代で人口の大半が罹患
  するようになったがんや糖尿病、脳卒中などの
  深刻な病気や、ウィルス性の病気、不妊症、
  また老化に伴うホルモン変化、それが引き
  起こす毛髪、骨の問題、さらには終末期医療
  といった、人生のライフステージごとに
  知っておくべき医療・健康分野の知識が、
  一気に1冊にまとめられている。」

本書で最初に扱われているテーマは、
日本では国民の義務として行われている
「健康診断」について。

「けんしん」には「健診」と「検診」の
2種類があることをご存知でしょうか?

このうち科学的根拠が認められているのは、
日本で義務化されていない「検診」の方。

例えば、がん検診は欧米での受検率は
70~80%にものぼりますが、日本での
受検率は50%を切っているようです。

一方、「健診」を受けることを働く人に
義務付けているのは、世界中を探しても
日本だけです。

なぜ、他の国では「健診」を行っていない
のかというと、その検査基準に科学的根拠が
ないからです。

特に問題なのは、健康な人でも「異常」と
判定されてしまうことです。

検査項目が30項目ある健診では、
健康なのに「異常」と出てしまう確率は、
なんと「80%」近くにもなるようです。

これだけ精度の低い「健診」ですが、
義務化をやめて「異常」と判定される人が
減ってしまうと、病院の儲けも減るので、
やめられないという話も一部にあるようです。

本書では「健診」に関しては、1つ1つの
検査値に一喜一憂せず、「自分自身の経年変化」
に着目すると良いとアドバイスされています。

本書から、もう1つ紹介したいのが、
健康寿命の要となる「血管の健康」について。

  「血管壁の主成分は、コラーゲンです。
  したがって血管を強くするには、体内で
  コラーゲンが十分に作られるようにすること。
  コラーゲンの材料であるタンパク質は
  体内でアミノ酸に分解され、これがビタミンC
  と結びつくことによってコラーゲンに変換
  されます。そのためコラーゲンそのものを
  とるだけでなく、タンパク質とあわせて
  ビタミンCもふんだんにとるといいでしょう」

血管を強化するために、ビタミンCを摂る
という話は、他ではあまり聞いたことが
ありませんでした。

健康に気を使い過ぎてもいけませんが、
ある程度の年齢になると、老いとの戦いになる
シーンが増えることは否めません。

本書は、それほど特殊なことが書いてある
わけではありませんが、年齢が進むに連れ、
頼りにしたくなる本だと思います。

この本から何を活かすか?

アンチエイジングのためのアクションプラン

  1. 十分な運動で、成長ホルモンを分泌させる。

  2. 抗酸化のため、色とりどりの野菜などで
   ビタミン、ミネラル、ファイトケミカルに
   富む食べものをとる。

  3. カロリー・リストリクション
   食事は「腹七分目」を心がける

  4. 会社をやめてからも、人から頼られる場所、
   求められる場所を作り出す。

  5. 恋がホルモン分泌を促進する。
   何歳になっても恋愛をする。

また男性は、「筋肉」をつけてテストステロン
の分泌を増やすことも、重要なようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 06:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最強の健康法 世界レベルの名医の「本音」を全部まとめてみた【ベスト・パフォーマンス編】

満足度★★★
付箋数:24

あらゆる病気を防ぐために、最も効果がある
ことは何か?

この問に対する答えは、実は2000年以上前から
変わっていません。

それは古代ギリシアからの普遍的健康法。

  「病気を防ぐのは、医者でも薬でもありません。
  ただ『歩くこと』に尽きます。」

このように語るのは、兵庫県尼崎市にある
長尾クリニック院長の長尾和宏さん。

歩いて痩せれば、血糖値や血圧、
コレストロール値や尿酸値が改善します。

歩行習慣は、メタボの解消や心筋梗塞の予防
だけでなく、幸福感に影響する脳内物質、
セロトニンの分泌により、うう病などの
心の病気も改善が期待できます。

更に、歩きながら別のことをする
「デュアルタスク」の健康増進効果によって、
パフォーマンス向上に加え、認知症予防も
期待することができるようです。

では、どのような歩き方をしたら良いのか?

そのポイントは以下の3つです。

  1. 自分が「楽しくできる」歩き方を選び、
   歩行を習慣化する。

  2. 肘を後ろに引きながら、足だけでなく
   上半身も動かして全身で歩く。

  3. 体と脳を鍛えるために、「デュアルタスク」
   「トリプルタスク」に挑戦する。

実は、ゴルフは非常に効果的なデュアルタスク
ウォーキングのようです。

さて、本書はシンガポールを拠点に、多様な
ベンチャー企業の投資・支援を行っている
ムーギー・キムさんが制作した健康本。

2年間で数多くの名医・健康の専門家に取材して、
「最強の健康法」として2冊にまとめました。

前編の「ベスト・パフォーマンス編」と、
後編の「病気にならない最先端科学編」の
2冊セットで制作されています。

本日紹介するのは、その前編です。

キムさんが本書を制作する際に、
特に意識したのは次の5点です。

 1. 最強の信頼性

  各分野の名医・専門家にインタビューした
  だけでなく、それが正しいことの裏付けとして、
  セカンドオピニオン、サードオピニオンを
  入れて正確性の確認を行っています。

 2. 1日の流れに沿った健康法を全部1冊に

  本書は、朝から晩まですべての生活シーン
  において、仕事や勉強のパフォーマンスを
  高めるための科学的実践法がわかるように
  編纂されています。

 3. わかりやすさ、楽しさ、覚えやすさへ
  徹底的にこだわる

  キムさん自身は医学の専門家ではありません。
  そんなキムさんが、医学知識ゼロの人でも
  理解できるレベルまで徹底的に質問し、
  かみ砕いて解説をしてもらっています。

 4. 本物の名医から見た、怪しげな健康法や
  信用できない医者を見抜くポイントを掲載

  実はメディアでは有名だが、医療業界では
  「トンデモ医者」と呼ばれている専門家も
  少なくないようです。

  本書では数多くのコラムでトンデモ医者を
  見抜く方法を解説。

 5. 行動が変化する「ヘルス・シフト」の実現

  本書は、単に学ぶのみならず、行動に移すこと
  にこだわり、お金をかけずに実践できる
  アクションプランとしてまとめています。

本書は年齢を選ばず、すべての人の健康維持と
生産性向上のために必要な健康リテラシーを
高める本としてまとめられています。

表紙を見ると「できるビジネスパーソン」を
イメージする印象を与えますが、中身は
2色刷りで文字も大きく、イラストも豊富で、
非常にとっつきやすい本になっています。

この本から何を活かすか?

  「耳ひっぱり」で頭のストレスをとる

頭蓋骨には、二十数枚の骨が寄り集まっていて、
あごの緊張などで頭蓋骨周りの筋肉がこわばると、
圧迫されて、脳の機能にも影響が出るようです。

そのため、「耳」を通じて頭蓋骨のバランスを
とり、緊張・圧迫状態から解放します。

視線を水平にして、耳のつけ根を持ち、
ソフトに引っ張ります。

時間はせいぜい30秒から、長くても1分程度。

これで頭蓋骨の圧迫を緩め、自律神経系も
機能しやすい状態となり、自己調節能力が
元に戻るようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 05:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

宇宙ビジネスの衝撃――21世紀の黄金をめぐる新時代のゴールドラッシュ

満足度★★★
付箋数:23

今、最も過熱しているビジネス市場はどこか?

グーグル、アマゾン、フェイスブック、
マイクロソフト、アップル

いわゆる「BIG5」が、こぞって狙っている
市場が、インターネット以外にあります。

それは、「宇宙ビジネス」。

IT企業の巨人以外でも、シリコンバレーの企業や
ベンチャーキャピタルも、宇宙ビジネスに
熱い視線を送っています。

実際に2005年に17兆円だった宇宙ビジネス、
「スペース・エコノミー」の市場規模は、
ここ10数年で倍増しています。

民間の宇宙への商業的な投資が大きく伸び、
2016年には33兆円に達しました。

この過熱ぶりは、21世紀の「ゴールドラッシュ」
とも呼ばれています。

なぜ、宇宙ビジネスがゴールドラッシュ化
しているのでしょうか?

  「IT関連の技術や資金が流れているのは、
  宇宙をインターネットの延長として見ている
  からです。宇宙にネットワークを張り巡らせる
  ことで “地球のビッグデータ” が手に入る。
  これが、さまざまなビジネスを生み出すと
  期待されているのです。」

今、宇宙で何が起きているのか?
これから何が起きるのか?

「宇宙旅行」や「火星移住計画」は、
もはやSFではありません。

本書では、ここ10年で一気に加速した
宇宙ビジネスの最前線を詳細にレポートします。

著者は、宇宙ビジネスコンサルタントの
大貫美鈴さん。

大貫さんは、大学卒業後、清水建設に入社し、
新設された「宇宙開発室」に配属されてから、
宇宙ビジネスに関わるようになりました。

2002年には清水建設を退職して渡米し、
宇宙ビジネスが勃興していく姿を
目の当たりにしました。

帰国後はJAXAに入社し、宇宙のことを
世の中に広める広報活動を行っていましたが、
現在は宇宙ビジネスコンサルタントとして独立。

海外と日本の宇宙ビジネスのブリッジ役として
活躍しています。

民間による宇宙ビジネスと言えば、まず最初に
名前が挙がるのが、イーロン・マスクさんです。

大風呂敷を広げている印象もありますが、
実際に、ロケット開発と打ち上げを成功させ、
既にビジネスとして動かしています。

また、マスクさんの掲げる「火星移住」は
構想ではなく、「計画」です。

液体酸素とメタンを燃料とする超大型ロケット
「BFR」で、800人以上を月や火星に大量輸送
する計画を発表しています。

もう1人、宇宙ビジネスのキーマンとなるのが、
アマゾン・ドット・コムの創業者である、
ジェフ・ベゾスさんです。

ベゾスさんは、「100万人が宇宙に住んで働く」
というビジョンをかかげています。

ベゾスさんの会社、ブルーオリジン社へは、
日本の宇宙関連予算の3分の1に当たる
1000億円が毎年投入されることになっています。

この予算で、垂直離着陸型のサブオービタル機
によって、有人宇宙飛行を目指しています。

また、月面基地建設のための輸送機となる
「ブルームーン」の開発も発表されています。

ただし、この辺りの話は本書でなくても、
一般のニュースで報道されていることです。

本書では、宇宙ビジネスの最先端を行く
人や企業の狙いをレポートし、その実現性と、
私たちの生活への影響についても解説します。

非常にわかりやすい本なので、これまで宇宙に
興味がなかった方でも十分にわかる内容です。

 第1章 なぜ、IT企業の巨人は宇宙を目指すのか?
 第2章 宇宙ビジネスは、私たちの生活を
    どう変えるのか?
 第3章 シリコンバレーが狙う新時代の金脈
 第4章 宇宙旅行はいつ実現するのか?
 第5章 月と火星に人類は本当に住めるのか?
 第6章 宇宙という「未来産業」の幕開け

この本から何を活かすか?

2017年10月、JAXAは月の地下に長さ50kmの
巨大な空洞があることを発表しました。

これは月探査機「かぐや」に搭載されていた
電波レーダー等で取得したデータを解析して
判明したものです。

この巨大地下空洞は、月の起源と進化の
謎を解く鍵になる、世紀の大発見です。

また、NASAも巨大空洞を住居空間として
活用できると考え、今後、探査ロボットで、
詳しく調べることを表明しています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

声のサイエンス―あの人の声は、なぜ心を揺さぶるのか

満足度★★★
付箋数:23

あなたは、自分の声が好きですか?

本書の著者、音楽・音声ジャーナリストの
山﨑広子さんが独自に行った調査では、
約80%の人が「自分の声が嫌い」
と回答したそうです。

更に、自分の声を録音して聞いたことがある人
に絞って再調査したところ90%超の人が、
「自分の声が嫌い」と答えたそうです。

「私の声は、こんなにキンキンしていない」
「こんなに鼻にかかった声じゃない」

たいていの人はこう思います。

しかし、その声で人と話しているのです。

私たちが生涯もっともたくさん聞く音は、
「自分自身の声」です。

そうであれば、もっと自分の声を好きに
なった方がいいのでしょう。

声には、「その人のすべて」が出てしまうと、
山﨑さんは言います。

具体的には、身長、体格、顔の骨格、
性格、生育歴、体調から心理状態まで。

その人の、ほぼすべてが声に情報として
現れてしまうのです。

体格や骨格などの生まれつきの先天的な
声の素質が2割、残り8割は育成環境や
性格とそのときの心理状態で決まります。

  「自分の声を知ることは、なかなか
  わからない自分というものを真剣に
  見つめるきっかけにもなります。
  誰しも自分はこうしたい、これが好きだ、
  あれは嫌いだ、ということはわかっていても、
  それは感情の動きでしかありません。
  そのような感情を宿す主体としての
  自分をわかっている、と言える人は
  どれだけいるでしょうか。(中略)
  声と向き合うことは、自分の過去と向き合い、
  現在の自分と向き合うことです。
  それは間違いなく、将来の自分をも
  くっきりと描き出すことになるでしょう。」

世の中には、「話し方」や「歌い方」に
関する本は多く出版されています。

しかし、「声とは何か」に焦点を絞り、
声そのものについて書かれた本は、
それほど多くありません。

山﨑さんは、音が心身に与える影響を主に、
音響心理学、認知心理学をベースに研究し、
調査を行ってきました。

本書は、その山﨑さんの経験に、
世界の最新の研究成果を加えて、
「声の影響力」を明らかにします。

声の影響力は、「他者への影響力」と
「自分自身の影響力」の2つがあります。

私たちが、語られている内容よりも、
声によって動かされてしまうのは、
他者への影響力の最たるもの。

本書では、他者への影響力を宗教家、
政治家、歌手などを例に説明します。

また自分自身への影響力としては、
「本物の自分の声」を見つけて、
定着させる方法を解説します。

自分の声を味方にして、人生をより良く
することにも言及しています。

本書はマイケル・ファラデーさんが
執筆した名著、『ロウソクの科学』への
オマージュでもあり、さまざまな分野から
「声という音」を解き明かす本になっています。

この本から何を活かすか?

山﨑さんの言う「本物の自分の声」とは、
その人の心身の恒常性に適った声のこと。

それは心身を正常で健康的な状態に
安定させる声のことです。

「本物の自分の声」は、自分の声を
録音して聞くことで見つけられます。

自分の声の中でも「この声、嫌じゃない」
と思える部分が「自分の本物の声」です。

その声が出た部分を何度も聞いて、
自分に記憶させることが大切のようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 06:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT