活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

炎の牛肉教室!

満足度★★★★
付箋数:26

  「多くの人は意外なほど、牛肉のことを
  識らない。または誤解している。
  そう言うと驚く人もいるだろう。
  しかし、これから僕が書いていくことを
  読めば “なるほど!” と思えるはずだ。
  まずは、ふだん食べている身近な牛肉に
  ついて、 “当たり前” と思っていることが、
  実はそうではなかったのだと驚いて
  いただこう。」

本書は、牛肉をもっと面白く、
そして美味しく味わうための本です。

著者は、農畜産物流通コンサルタントで
農と食のジャーナリストの山本謙治さん。

本書では、生き物としての牛がわからなければ、
牛肉を理解することができないとして、
まずは、日本で飼育されている牛のことから
始めて、私たちの様々な誤解を解いていきます。

最初に山本さんが、私たちに投げかけるのは、
「あなたは、自分の好きな牛肉の “品種” を
知っていますか?」という問です。

実は、私たちがよく耳にする「松阪牛」や
「飛騨牛」といった名称はブランド名であって、
牛肉の品種ではありません。

牛肉は大きく分けると、肉にする「肉用種」と
乳を絞るための「乳用種」に分けられます。

そして、私たちが高いお金を払うことを
厭わない「和牛」にも4種類あります。

「黒毛和種」「褐毛和種」「日本短角種」
「無角和種」の4品種をまとめて和牛と
呼びます。

この黒毛和種が、いわゆる「黒毛和牛」ですが、
「黒毛和牛=高級」となった背景には、
牛肉の輸入自由化から、日本の畜産を守ろう
とする思惑がありました。

  「欧米で生産される肉のほとんどが赤身中心
  の肉である。ならば日本の牛の基準を霜降り
  度合いを重視するものにしてしまおう。
  そうすれば、黒毛和牛に勝てる霜降りを
  もつ輸入肉などないのだから、多くの日本の
  牛肉農家を守ることができる。」

そして、山本さんは、私たちが思い込んでいる
「A5の牛肉=美味しい」という常識を覆します。

「A5」という格付けが、日本の牛肉において、
最高級であることは間違いありません。

しかし、それは「美味しさ」を表す指標では
ないようです。

「A5」というのは、歩留まりが「A」で、
肉質が「5」という牛肉の格付けです。

歩留まりはA・B・Cの3段階で、1頭から取れる
量が最も多い評価がAとなります。

肉質は、脂肪交雑、肉の色沢などの総合的な
判断で5段階で評価されます。

この中で最も重視されるのが、脂肪交雑で、
「サシが入っている」割合を評価する、
いわゆる霜降り度合いです。

肉質が「5」は、霜降り度合いが
最高に高い評価です。

しかし、ここで重要なのが、サシの多さが、
美味しさにつながるわけではないということ。

逆にサシが多くなりすぎると、うま味成分である
蛋白質に由来する遊離アミノ酸が減ってしまい、
美味しくなくなってしまいます。

もちろん、A5の肉の中にも美味しいものが
ありますが、A5だからといって美味しいとは
限らないようです。

  「食肉関係者が集まる懇談会などでA5の肉が
  供されると、そこにいる誰もが、 “おおっ、
  いいサシだね!”  “小ザシがみごとだね!” 
  と評価するのだが・・・それを喜んで
  口にする人をあまり見かけない。
  それどころか “食べるならA3くらいが
  いいよね” という人のほうが体感的に多い。」

本書の巻末には、本当に美味しい牛肉を
販売していたり、食べられるお店のリストが
掲載されています。

本書には、薄っぺらなブランド志向はなく、
山本さんの牛肉愛が溢れています。

本当に肉好きなら絶対に読んでおきたい
必読書だと思います。

この本から何を活かすか?

本書には、牛肉の味を決める「方程式」が
示されていました。

  (牛の品種×餌×育て方)×成熟=牛の肉の味

スーパーマーケットに並ぶ牛肉が、
あまり美味しくないのは、最後の「成熟」に
問題があるからのようです。

スーパーでは、見た目の鮮やかさを気にするので、
成熟期間を長くとらないのが一般的だから。

スーパーより、路面店として個人経営している
老舗の精肉店の方が、しっかり肉を成熟させて
販売していることが多いようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ペンローズのねじれた四次元〈増補新版〉

満足度★★★
付箋数:23

  「相対論と量子論の申し子が “スピノール” 
  とよばれる奇妙な数学的(かつ物理的)物体
  である。おおまかには、スピンの1/2の
  スピノールが2つ合わさるとスピン1の光子に
  なるため、スピノールは、光の “平方根” 
  だということができる。これは、大きさが
  ゼロ(!)のベクトルの平方根である。
  このスピノールをたくさん集めてネットワーク
  にした “ペンローズのスピン網” が、現実の
  時空構造と酷似していることがわかり、
   “時空はスピンから生まれたのではないか” 
  という推測が生まれた。この推測を推し進めて
  数学的に厳密なものにしたのが、いわゆる
   “ツイスター” というしろもの。
  ツイスターは光の平方根であるだけでなく、
  それを渦巻きのようにねじってあるために、
  英語でねじった(twist)もの(-or)と
  命名された。」

量子的なスピンを組み合わせ論的に
つなぎ合わせると、時空が生まれるという
考えを「スピンネットワーク」と言います。

これを提唱したのが、現代物理学の奇才とも
呼ばれるロジャー・ペンローズさんです。

スピンネットワークのアイディアは、
後に量子重力理論の1候補である
ループ量子重力理論に取り込まれました。

本書は、ロジャー・ペンローズさんの宇宙論を
わかりやすく解説した本です。

ペンローズさんの業績で最も重要とされるのは、
一般相対性理論の「特異点定理」を証明した
ことです。

特異点定理とは、ブラック・ホールには、
必ず「特異点」が存在するということを
証明した定理です。

ペンローズさんは、この業績によって、
スティーヴン・ホーキングさんと共に、
1988年のウォルフ賞を受賞しました。

また、ペンローズさんは、建築不可能な構造物
を描いた画家、マウリッツ・エッシャーさん
にも影響を与えたことで知られています。

有名な「上昇と下降」のリトグラフの
アイディアは、まだ幼かったペンローズさんが、
遺伝学者の父親とともに、エッシャーさんに
教えたのです。

ペンローズさんのアイディアは、不可能図形の
「ペンローズの三角形」として有名です。

さて、サイエンスライターの竹内薫さんが、
そんなペンローズさんの様々な業績を紹介
したのが、『ペンローズのねじれた四次元』です。

1999年に出版されたこの本は、竹内さんの
ブルーバックスでのデビュー作でした。

約20年も前の本なので、絶版していましたが、
今回、共形循環宇宙論(CCC)の要点を
第6章として加え、増補新版として刊行した
のが本書です。

このCCCについては、ペンローズさん自身が
宇宙の始まりと終わりはなぜ同じなのか
として執筆していて、こちらの翻訳も
竹内さんが担当しています。

  「ビッグバンから始まり、現在から未来に
  いたる指数関数的な宇宙の膨張を経て、
  無数のブラックホールが生成・消滅した
  宇宙の終焉は、新たなビッグバンへと
  つながって、ひたすら循環していく。」

第6章の追加がなくてもペンローズさんの業績は
かなり興味深いので、本書への復刻のニーズが
あっても不思議ではありません。

今ではサイエンスライターの大御所となった
竹内さんの初々しさも垣間見える本です。

  第1章 あるけど見えないローレンツ収縮
  第2章 ブラックホールと特異点
  第3章 シュレーディンガーの猫
  第4章 ツイスターの世界
  第5章 ゆがんだ四次元
  第6章 ペンローズの「とんでもない」宇宙観

この本から何を活かすか?

ペンローズが考案した、二種類の菱形を
非周期的に敷き詰めた「ペンローズタイル」
という図形。

この図形は自然界の結晶としては存在しないと
考えられていましたが、1984年に準結晶として
発見されました。

準結晶とは、完全に規則正しい結晶と
無秩序なガラスの中間の物質です。

決まった方向に周期的に構造が繰り返す
のではないにもかかわらず、対称性を持った
不思議な図形です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 06:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

動的平衡3 チャンスは準備された心にのみ降り立つ

満足度★★★
付箋数:22

  「発見者と、発見を見逃してしまった
  人との差は、準備された心の有無である。
  準備された心、とは、 “the prepared mind” 
  の訳語で、もともとはフランスの微生物学者
  ルイ・パスツールの言葉とされる、
   “Chance favors the prepared mind” 
  という格言に基づく。
  備えあれば憂いなし、などと訳されることも
  あるが、私は、チャンスは準備された心に
  のみ降り立つ、とあえて直訳し、
  言葉の本来の意味を味わいたい。」

本書のサブタイトルになっているのが、
「チャンスは準備された心にのみ降り立つ」。

この部分は、スコットランドの医学者、
アレクサンダー・フレミングさんが
抗生物質を発見したエピソードを紹介する
パートに登場します。

本書は生物学者、福岡伸一さんの
「動的平衡」シリーズ第3弾です。

生命を中心のテーマとした科学エッセイで、
動的平衡に的を絞って話をしている訳では
ありません。

同シリーズ、第1弾、第2弾との関連は
それほどありませんので、本書単体で
楽しめるエッセイです。

福岡さんが月刊ソトコトに連載していた
「生命浮遊」の原稿に、加筆・修正を加え、
再構成されています。

福岡さんは、「動的平衡とは・・・」と
いった無粋な説明はしないと言っていますが、
ここではあえて説明をしておきます。

これは生命の持つしなやかなダイナミズム
を捉えるために、福岡さんが到達した概念。

世の中のすべてのものごとは、時間の経過と
共に、乱雑さが増す方向に進みます。

あえて手を加えなければ、あらゆる秩序は
あまねく崩れ、乱雑になっていく方向にしか
進みません。

これをエントロピー増大の法則と呼びます。

大きな力として自然界に働く、この法則に、
抗うための生命の営みが「動的平衡」です。

少し長くなりますが、本書の説明を引用します。

  「生命にとって、エントロピーの増大は、
  老廃物の蓄積、加齢による酸化、
  タンパク質の変性、遺伝子の変異・・・
  といった形で絶え間なく降り注いでくる。
  油断するとすぐにエントロピー増大の法則
  に凌駕され、秩序は崩壊する。
  それは生命の死を意味する。これと闘うため、
  生命は端から頑丈に作ること、すなわち
  丈夫な壁や鎧で自らを守るという選択を
  あきらめた。そうではなく、むしろ自分を
  やわらかく、ゆるゆる・やわやわに作った。
  その上で、自らを常に、壊し分解しつつ、
  作りなおし、更新し、次々とバトンタッチ
  するという方法をとった。この絶え間ない
  分解と更新と交換の流れこそが生きている
  ということの本質であり、これこそが系の
  内部にたまるエントロピーを絶えず外部に
  捨て続ける唯一の方法だった。
  動きつつ、釣り合いをとる。
  これが動的平衡の意味である。」

福岡さんは、この動的平衡は生命だけでなく、
組織論にも応用できると考えています。

福岡さんのエピソード描写力は相変わらず高く、
よく知られた話でも、読者を引き込みながら、
生命の持つ力の偉大さを感じさせてくれます。

  第1章 動的平衡組織論
  第2章 水について考える
  第3章 老化とは何か
  第4章 科学者は、なぜ捏造するのか
  第5章 記憶の設計図
  第6章 遺伝子をつかまえて
  第7章 「がんと生きる」を考える
  第8章 動的平衡芸術論
  第9章 チャンスは準備された心にのみ降り立つ
  第10章 微生物の狩人

この本から何を活かすか?

私が本書で最も気に入ったエピソードは、
1906年にノーベル生理学・医学賞を
受賞した、カミッロ・ゴルジさんと
サンティアゴ・ラモン・イ・カハールさんの
話しです。

この2人に、こちらもノーベル賞を受賞した
小説家カズオ・イシグロさんの「記憶」の
名言を絡めてくるのはさすがだと思いました。

以下、ソトコトの記事へのリンクです。

vol.115 ゴルジとカハール

vol.116 カハール・記憶・イシグロ

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

我々はなぜ我々だけなのか

満足度★★★
付箋数:23

私が習った時代の世界史の教科書には、
アジアにいた古代型人類としては、
ジャワ原人と北京原人が載っていました。

しかし、その後、アジアでは2つの人類が
発見され、世界に衝撃を与えました。

1つ目は、2003年にインドネシアで発見された
「フローレンス原人」。

見つかった化石はホモ属(ヒト属)に分類
される新種で、1万8000年から3万8000年前の
人類とされています。

身長は1メートルあまりで、フローレンス島
という、人類史上どの時期にも、
海を渡らなければ到達できないところで
暮らしてしたことがわかりました。

その小柄な身長から、J・R・R・トールキンさん
の小説『指輪物語』に登場する小人にちなんで、
「ホビット」の愛称で呼ばれています。

2つ目は、2015年に台湾沖の海底から発見され、
アジア第4の原人と報道された「澎湖人」です。

それまで台湾では古い人類の化石が発見されて
いなかったことと、海底から見つかったという
意外性でも大きな話題を呼びました。

化石の年代は古くとも45万年前をさかのぼらず、
おそらく19万年前より新しいとされています。

旧人集団とは別に、原始的な特徴を持った
原人集団がアジア東南部に生き残っていた
ことを示唆する化石となりました。

本書は、人類進化学者の海部陽介さんの研究を
科学ジャーナリストの川端裕人さんが
一般向けにわかりやすくまとめた本です。

そもそも前提としてあるのが、ホモ・サピエンス
の「アフリカ単一起源説」です。

これは、世界中のすべての現代人の共通の
祖先が30万~10万年前のアフリカに
あるとする学説です。

これはDNA分析やそのほかの様々な証拠が
積み重なって、確証の高い学説として
支持されています。

アフリカの旧人から進化して、その後しばらく
してから、アフリカを出て全世界に散らばって、
各地の現代人の集団になったという考えです。

だから現在、アフリカ人、ヨーロッパ人、
アジア人など多くの人種がいるといっても、
DNA上ではかなり均質で、生物学的には
1つの種しかいないとみなされます。

このアフリカ単一起源説が本書のタイトル、
「我々はなぜ我々だけなのか」につながります。

実際に証拠が出ていないので、この問いの
答えが明確に出ているわけではありません。

あくまで、現代の人類学、考古学の知見で、
どれだけのことがわかっていて、そこから
何が言えるのかという推測に過ぎません。

ただし、本書ではアジアの人類史を一通り
振り返った後に、海部さんの大胆な仮説が
紹介さています。

  「ジャワ原人(ホモ・エレクトス)と
  ぼくたち(現生人類)は混血していたかも
  しれない! だ。ネアンデルタールが
  サピエンスと混血し、いくばくかの遺伝子を
  ぼくたちの中に残しているように、
  ジャワ原人の遺伝子もまた、ぼくたちの中に
  あるかもしれないというのだ。
  もちろん証拠が積み重なって定説になった
  という話ではない。追求すべき “問い” が
  設定されて、科学的議論の俎上に載せられた
  段階と考えてほしい。」

多様な人類がいたとすると、一番興味を
持たれるのは、互いに接触はあったのかとか、
戦いがあったのかということでしょう。

海部さんの仮説では、ホモ・サピエンスが
今のインドネシアあたりにやってきた時に、
ジャワ原人と接触していたのでではないかと
考えているのです。

本書は、川端さんの体験した知的興奮が
読者にも伝わってくので、これまで人類学に
あまり興味がなかった方でも、非常に面白く
読むことができる本だと思います。

この本から何を活かすか?

昔から知られているジャワ原人についても、
まだまだ解明すべき謎があるようです。

  ・最古のジャワ原人の渡来時期や多様性
  ・ジャワ原人の系統進化と北京原人との関係
  ・ジャワ原人と現代人との関係
  ・絶滅の理由とその年代
  ・現代人との混血はありえたのか?

部分的に解答を得られた謎もありますが、
まだまだ仮説の域を出ていないものも
多いので、これからの発見が楽しみです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 09:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

隠れ疲労 休んでも取れないグッタリ感の正体

満足度★★★★
付箋数:24

  「地球上のあらゆる生き物の中で “過労死” 
  するのは人間だけです。例えば、百獣の王と
  いわれるライオンは、どれだけ空腹であっても、
   “疲労感” を覚えたら迷わずに獲物を追うのを
  止め、身体を休めます。しかし人間は、
  身体が悲鳴を上げていることに気付かず
  壊れるまで走り続けてしまう・・・。」

人間以外のあらゆる生き物は、疲れたら回復
するまで休みますが、人間だけが疲れても
休まずに働き続けることがあります。

その最悪の結末が、「過労死」です。

では、なぜ、人間だけが過労死をするので
しょうか?

その理由は、人間は前頭葉が非常に発達
しているめ、身体が送ってきた疲労データを
脳が認識できないことがあるからです。

ここで重要なのは、「疲労」と「疲労感」は
別物だということです。

疲労は、「実際にたまっていく疲れ」のこと
ですが、疲労感は、「脳というフィルターを
通した感覚」に過ぎません。

そのため、本当は疲れがたまっているのに、
それを脳が認識できないことが起こります。

これが本書のタイトルにもなっている
「隠れ疲労」です。

隠れ疲労が進行すると、「これといった原因も
ないのに、最近グッタリしている」といった
状態になってしまいます。

脳の中でドーパミンやβエンドルフィンといった
快楽物質や興奮物質が分泌されると、
身体が送ってきた疲労データをかき消してしまい、
わたしたちは、疲労感として認識できないのです。

「隠れ疲労」があるために、
あなたは、自分で思っているいる以上に、
疲れているのかもしれません。

本書は、「疲労」と「脳」のメカニズムを知って、
正しい疲労回復法を学ぶ本です。

著者は、「ホンマでっか!?TV」などでも
活躍する医師の梶本修身さんです。

梶本さんは、最初に広く世間で信じられている、
「誤った疲労回復法」を指摘しています。

  誤り1. 栄養ドリンクで疲れが取れる
  誤り2. 熱い温泉にざぶんとつかって、疲労回復
  誤り3. 運動で仕事の疲れをリフレッシュ
  誤り4. 精神的に疲れたら、お酒を飲んで
     スッキリ解消
  誤り5. 疲れた日は、うなぎや焼肉でスタミナ回復

これらは大間違いの疲労回復で、
逆に余計に疲れてしまうこともあるようです。

他にも、「甘いもので疲れが取れる」とか
「タバコを吸うと疲れが取れる」という考えも
誤った常識です。

特にタバコに含まれるニコチンはドーパミンを
放出するので、疲労ではなく「疲労感」だけが
軽減して、「隠れ疲労」を促進してしまうようです。

梶本さんが、2003年に産学官連携で実施した
「抗疲労プロジェクト」の試験で、実際に
「抗疲労成分」としての効果が認められたのは、
わずか4つの成分だけでした。

それが、「クエン酸」「コエンザイムQ10」
「リンゴポリフェノール」「イミダペプチド」
という成分です。

これらの内、圧倒的な抗疲労効果を見せたのは、
「イミダペプチド」で、もともとは、渡り鳥の
抗疲労メカニズムで注目された成分でした。

イミダペプチドを最も豊富に含んだ食材は、
「鶏のむね肉」で、本書ではそれを使った
抗疲労レシピも紹介されています。

また、イミダペプチドが200mg以上入った
サプリを飲んでも手軽に摂取可能です。

梶本さんの説明は、わかりやすく論理的。

誤った常識を捨てて、納得感をもって
正しい疲労対策を実践することができます。

「最近、疲れが取れないないな」と感じたら、
是非、本書を読んでみてください。

この本から何を活かすか?

睡眠は、疲れを回復する唯一の手段です。

そのため本書では、「睡眠の質を上げる
5つの方法」を紹介しています。

  1. 決まった時間に起きる
  2. 軽い運動を取り入れる
  3. 40度以下のぬるめのお湯に15分、半身浴
  4. 寝る1時間前にリラックスタイムを設ける
  5. 照明をオレンジ色にする

また、男女では快適な温度が違うので、
睡眠に関しては、男女が一緒に寝ることは、
マイナスに作用する可能性が高いようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT