活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

不道徳な見えざる手

満足度★★★
付箋数:22

「釣り師」は、ルアー(疑似餌)を水に入れて、
用心深い魚が通りかかり、間違いをしでかし、
捕まるのを待ちます。

これは本当の釣りだけの話ではありません。

市場経済において、売る側は多少なりとも
こうした釣り師の要素を持っています。

一方、「カモ」は理由はどうあれ、
うまいこと釣られてしまう人のことを言います。

  「経済とは、釣り師とカモの永遠の闘い」

本書は、釣り師とカモという観点から、
経済について書かれた本です。

  「本書の狙いは、カモを釣る例をたくさん
  挙げて、それが私たちの生活にどれほど
  影響しているかを示すことだ。
  人々の活動、思考、目標、そして目標の失敗に
  影響が見られている。一部の事例は日常生活、
  たとえば自動車、食べ物、薬、売買したり
  暮らしたりする家に関するものだ。
  他はもっと系統的で専門的なものになる。
  たとえば金融市場だ。
  でも何よりも、検討すべき事例は社会政策にも
  深遠な影響を持つ。特に政府が自由市場の足を
  引っ張るのではなくそれを補うためには
  どうしたらいいかという点について――
  というのも、コンピュータが悪意あるソフトに
  対する保護を必要としているのと同様に、
  私たちももっと広く定義されたカモ釣りに
  対する保護を必要としているからだ。」

本書は経済に仕組まれた詐欺の仕掛けに、
私たちが引っ掛からないように書かれた本。

著者は、ジョージタウン大学教授で、
2001年にノーベル経済学賞を受賞した
ジョージ・A.・アカロフさん。

もう1人は、イェール大学スターリング経済学
教授で、2013年にノーベル経済学賞を受賞した
ロバート・J・シラーさんです。

この2人のノーベル経済学賞受賞者は、
2009年に刊行された前著『アニマルスピリット
でもコンビを組んでいます。

本書は、『アニマルスピリット』の続編と
位置づけていいかどうかわかりませんが、
同じコンビで経済の仕組みについて語ります。

賢明で誠実なあの人が、なぜいとも簡単に
騙されてしまうのか?

人はなぜ、知らず知らずのうちに不道徳な
振る舞いをしてしまうのか?

カモ釣りは、いたるところに存在していて、
人は驚くほど、カモとして釣られています。

それは経済が誕生したときからデフォルトと
して仕組まれた罠で、市場経済がある以上、
決してなくすことはできないもの。

ならば、詐欺が仕掛けられている事実を知り、
消費者として少しでも最善の選択をするために
自衛しましょうということです。

本書では、結婚式、お葬式、住宅購入、
医薬品、選挙、広告、ポテトチップスなど、
身近な例を挙げ、経済の裏側の仕組みが
解説されています。

  「結局のところ、本書には “新しい経済学” 
  と見なせるようなものは何もないかも
  しれない。私たちが経済学の相当部分を
  新しく発明しなおそうとしたなら、
  正しくもなければ説得力もないだろう。
  でも私たちの狙いはちがうところにある。
  私たちはカモ釣りが古い経済学からの
  通常の教訓とはかなりちがった結論を
  もたらすということを示そうとしたのだ。」

個人的には、経済のすべてをカモ釣りの
観点から語るのは、斬新であるものの、
多少無理があるようにも感じました。

本書で示された2人の考えについては、
賛否の意見が別れるところだと思います。

この本から何を活かすか?

本書は、あまり読みやすい本とは言えません。

それは邦訳に問題があるのか?

本書の翻訳者は、ポール・クルーグマンさん
の本などクセのある著者の翻訳には定評のある
山形浩生さんです。

私が、山形さんのこれまでの翻訳本を
読んできた限りでは、本書が読みにくいのは
やはり原書の問題だと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経済・行動経済学 | 05:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

かくて行動経済学は生まれり

満足度★★★
付箋数:23

  「『マネー・ボール』の著者は、野球選手の
  市場がなぜ非効率なのか、もっと深い理由が
  あることを知らないようだ。
  それは人間の頭の中の働きから生じている
  ― そして、野球の専門家がなぜ選手を
  見誤るのか、またどんな分野の専門家でも、
  その人自身の頭の中でなぜ判断が歪められて
  しまうのかについては、すでに何年も前に
  説明がなされている。それを行ったのは、
  二人のイスラエル人心理学者、ダニエル・
  カーネマンとエイモス・トヴェルスキー
  である。」

ベストセラーになり、非常に注目された
マイケル・ルイスさんの『マネー・ボール』。

この本は、メジャーリーグの貧乏球団、
オークランド・アスレチックスのGM
ビリー・ビーンさんが球団を立て直す
過程を描いたノンフィクションでした。

ビリー・ビーンさんは、セイバーメトリクス
と呼ばれるデータ分析の手法を武器に、
貧乏球団を常勝軍団に作り変えました。

『マネー・ボール』は、スポーツ界に
データ革命を巻き起こし、映画化もされました。

そんな飛ぶ鳥を落とす勢いだった
ルイスさんの本に対し、冒頭に紹介した
書評がある雑誌に掲載されました。

書いたのはシカゴ大学に所属していた、
経済学者のリチャード・セイラーさんと
法律学者のキャス・サンスティーンさんです。

専門家は直感に従うと、判断を間違ってしまう。

心理学的な側面から見ると、スポーツチームの
スカウトは自分にとって都合の良い証拠
ばかりを集める「確証バイアス」によって
判断を見誤ってしまうのです。

この指摘にルイスさんは衝撃を受けました。

マネー・ボール』では、こうした心理学的な
側面を見落としていたのです。

さらに、ルイスさんはこの指摘を受けるまで、
カーネマンさんとトヴェルスキーさんのことを
知らなかったのです。

カーネマンさんとトヴェルスキーさんは
プロスペクト理論やヒューリスティクス、
バイアスなどの研究により行動経済学を
発展させた第一人者です。

ルイスさんは、書評によって二人のことを
初めて知り、行動経済学がどのようにして
生まれたかについて興味を持ちました。

一体何が、この二人ユダヤ人心理学者を
脳の働きの研究へと向かわせたのか?

どうして心理学者がノーベル経済学賞を
受賞することになったのか?

その疑問に答えるべく、二人の心理学者、
カーネマンさんとトヴェルスキーさんの
足跡を追って、行動経済学が生まれるまでの
過程を描いたのが本書です。

単に二人の研究者の実績を追うだけでなく、
「友情」と「嫉妬」といった感情面にも
注目した人間ドラマにもなっています。

私がこの物語からよくわかったのは、
人の心理に詳しい研究者でも、自分が心に抱く
感情はコントロールできないということです。

  「脳には限界があり、人の注意力には
  穴がある。ダニエルとエイモスが切り拓いた
  その新たな人間像をもとに、 “行動経済学” は
  生まれた。エイモスの死後、その権威となった
  ダニエルは、ノーベル経済学賞の候補者に
  選ばれる。発表当日、一人連絡を待つ
  ダニエルの胸には、エイモスへのさまざまな
  思いがよぎる。」

ルイスさんは、詳細に行った取材から、
事実を積み重ね、魅力的で読み応えのある
ストーリーを紡ぎ出しています。

この本から何を活かすか?

トヴェルスキーさんがノーベル経済学賞を受賞
できなかったのは、その功績が認められる前の
1996年に亡くなっているから。

ノーベル賞は生存者のみが受賞対象なのです。

カーネマンさんがノーベル経済学賞を受賞
したのは2002年のことでした。

ストックホルムから電話がかかってくる日の
カーネマンさんの描写は、まるで映画の
ワンシーンを見ているようでした。

個人的には、トヴェルスキーさんと
カーネマンさんの関係を本書をベースに
映画化しても面白いと思いました。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経済・行動経済学 | 06:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「夜遊び」の経済学

満足度★★★
付箋数:22

  「 “夜は寝るもの” という社会的認知が
  未だ根強い我が国においてはナイトタイム
  エコノミー振興政策は未だ社会的ムーブメント
  にまでは至っていないが、海外においては
  既に多くの国々がその重要性を認知し、
  取り組み始めている。」

ナイトタイムエコノミーとは、日が落ちた
以降夕刻から翌朝までの間に行われる
様々な経済活動の総称です。

ナイトタイムエコノミーの中心となるのは、
レストランやバーなどの飲食店や、
ライブハウスや劇場などの娯楽施設です。

しかし、それだけには留まらず、
習い事などの教育関連事業もあります。

更には、インフラとしての深夜交通、
電力、ガス、上下水道、通信、夜間医療
などまでがナイトタイムエコノミーに
含まれます。

なぜ、今、ナイトタイムエコノミーが
世界中で注目されているのでしょうか?

それは、現在「遊休」となっている
都市資産を活用して、新たな消費機会を創出し、
域内事業者の収益性を向上させる施策だから。

私たちの経済活動は、「消費意欲」と「予算」
があっても、必ずしもそこに消費が発生する
わけではありません。

消費が発生するためには、相応しいタイミング、
「消費機会」がなければいけません。

その「消費機会」を増やして、国や地域の
経済活性化に繋げる施策が本書で解説される
ナイトタイムエコノミーなのです。

例えば、イギリスでは都市圏域に空洞化が
起こり始めた1990年代初頭からナイトタイム
エコノミー振興に力を入れ始めました。

現在では、イギリス国内のナイトタイム
エコノミーの経済規模は約10兆円にも達し、
直接雇用数でも130万人を超える雇用主産業に
なっているようです。

では、日本のナイトタイムエコノミー振興への
取り組みはどうなっているのか?

地域や業種によって、一部行われているものの
まだまだ未着手に近い状態です。

それは、農耕を中心として形成されてきた
日本の文化の根底には、「お天道様と共に
目覚め、お天道様と共に寝る」という生活が
正しいという認識があるからです。

本書は、日本におけるナイトタイムエコノミー
に対する偏見を払拭し、その経済力の大きさと
振興の必要性を説くために書かれた本です。

著者は、日本で数少ないカジノ研究者で、
国際カジノ研究所所長の木曽崇さん。

本書では、国内外の多くの実例を紹介しながら、
ナイトタイムエコノミーを経済成長に生かす
方法を考察します。

最終章では、木曽さんの専門であるカジノ、
あるいはカジノを中心とした統合型リゾート
(IR)の導入について詳細な解説があります。

統合型リゾートは、ナイトタイムエコノミーの
究極の複合体です。

現在、日本でも国や各自治体において、
IR導入に向けた準備が進められていますが、
本書では、海外の成功例・失敗例を見ながら、
その施策の形や将来像について論考しています。

個人的には、あまり夜に活動しないので、
ナイトタイムエコノミーには貢献していませんが、
国や地域の経済振興のために必要な施策である
ことはよく理解できました。

  第1章 強力に「消費」を促す夜の経済
  第2章 「世界」で成長する夜の産業
  第3章 夜の「観光」を振興する
  第4章 街を活性化する「深夜交通」
  第5章 キッカケをつくる「生産性向上」と
     「法改正」
  第6章 来るべき「リスク」に向けて
  終章 「統合型リゾート」と「カジノ」

この本から何を活かすか?

ナイトタイムエコノミーを活性化するためには、
新しい店舗や施設が必要なわけではありません。

本書で、日本の成功事例として紹介されて
いるのは、「新宿のゴールデン街」です。

観光客は入り組んだ路地を散策しながら、
気になる店を見つけてチョイ飲みをします。

狭小の店舗が逆に「ハシゴ酒」には丁度よい
環境となって成功しているようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経済・行動経済学 | 05:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

経済指標のウソ 世界を動かす数字のデタラメな真実

満足度★★★
付箋数:24

  「経済についての誤った前提が、国の経済政策
  や国際戦略の基盤になっているとしたら
  どうだろう。2008年~2009年の世界金融危機
  以降、先進国の混迷が長引く原因がここに
  あるとしたら?

  世界は経済指標によって定義されている。
  経済成長や所得、雇用など、個人や集団の
  経済動向を示す統計を、私たちは成功や失敗を
  測る絶対的な標識とみなす。
  だが、こういった数字は、どれも100年前には
  存在していなかった。1950年の時点でさえ、
  ほとんど誕生していなかったのだ。
  それなのに、現在ではまるで自然法則である
  かのように尊重されている。」

私たちは失業率やGDPなどの経済指標を
当たり前のように使って、それを信じています。

経済指標によって政府の支持率が変わり、
状況によっては政権交代の引き金になる
こともあります。

民間でも、経済指標を経営や投資の
判断基準としている企業もあるでしょう。

しかし、経済指標は万能ではありません。
表せるものと、表せないものがあります。

あなたは、1950年代・昭和20年代に作られた
地図を使って、目的地を探しますか?

作られた当時は、地図の役割を
十分に果たしていたはずです。

しかし、それから80年近くが経過すると、
当時なかった道路や橋が作られ、ほとんどの
建物は新しくなり、まったく別世界という
様相を呈しています。

地図が1950年代に作られものだと知らずに
そのまま使うと、間違いなく混乱を招く
ことでしょう。

実は、私たちが使っている経済指標にも
それと同じことが起こっているのです。

あくまで経済指標は、考案された当時に、
意図されたものだけが反映しているのです。

  「統計に基づいて作られた地図は、経年劣化の
  兆候を示している。複雑な世界をシンプルな
  数字で理解したいと願うあまり、私たちは
  経済指標にも歴史があり、考案された理由が
  あることや、長所もあれば限界があることを
  忘れがちだ。」

本書は、経済指標が考案された歴史を紐解き、
その当時何が見えていたかを確認すると共に、
経済指標の限界を解説する本です。

著者はアメリカの経済・投資情報会社の代表を
務め、コメンテーターとしてCNBCやCNNにも
レギュラーで出演するザカリー・カラベルさん。

 ・GDP : 市場で値がつかない技術革新を無視
 ・失業率 : そもそも「失業者」は数えられない
 ・物価指数 : すべての物価は反映されていない
 ・貿易収支 : 部品は輸入品に入っていない

世界を動かしている経済指標には、
時代の変化と共に多くの欠陥が生じ、
もはや実態を表していないものが存在します。

本書では、そんな経済指標について、
作られた経緯を丁寧に見ていきます。

タイトルほど過激な内容ではなく、真面目に
淡々と経済指標史を解説しています。

 第1章 すべての経済指標には意図がある
 第2章 「失業者を数える」という無理難題
    ―― 失業率
 第3章 家事労働に経済的価値はないのか
    ―― GDP
 第4章 「所得」で世界の序列が決まる
    ―― 国民経済計算
 第5章 景況感は数値化できるのか
    ―― 消費者信頼感指数
 第6章 「物価の測り方」が政争のタネになる
    ―― インフレ率
 第7章 経済指標が無条件に崇拝される
 第8章 アメリカの対中貿易赤字はもとから
    存在しなかった ―― 貿易収支
 第9章 「幸福」は数値化できるのか
    ―― 国民総幸福量
 第10章 我々は経済指標とどう付き合うべきか

この本から何を活かすか?

iPhoneは、言わずと知れたアップル社の
製品で、アメリカのイノベーションの象徴です。

しかし、製造は中国製。

つまりiPhoneがアメリカで売れば売れるほど、
アメリカの貿易赤字は増えることとなります。

貿易収支は、考案された当初、製品の原産国が
1つ以上あることが想定されていませんでした。

そのため、現在のように企画と製造の国が
違っていたり、複数の国で部品が作られて
いると、実態をうまく表すことができません。

現在のように付加価値の構造が複雑化すると、
もはや正確に測定することは不可能なのです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経済・行動経済学 | 06:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「損」を恐れるから失敗する

満足度★★
付箋数:14

あなたは、次のような場合、どうしますか?

 A あなたは、3000円の前売り券を買って、
  劇場に来ました。ところが、鞄の中を
  探しても前売り券が見つかりません。
  前売り券をなくしてしまったようです。
  あなたは、劇場のチケット売り場で
  3000円の当日券を買いますか?

 B あなたは、前売り券を買わずに劇場に
  来ました。劇場の前で、3000円を
  なくしてしまったことに気がつきました。
  あなたは、3000円の当日券を買いますか?

これは、行動経済学の「心の会計」という
概念を示すストーリーです。

行動経済学は、人間が必ずしも合理的には
行動しないことに着目した経済学と心理学の
両方の分野にまたがる学問です。

その中でも、「心の会計」は、実際の会計と
違って、非合理な会計がなされる場合が
多いことを示したもの。

合理的に考えれば、AのケースもBのケースも
3000円を失ったという点では同じですが、
心理的には少し違った印象を受けるものです。

Aのケースでは、当日券を買わずに家に帰る
と答える人が多いのに対し、Bのケースでは、
当日券を買うと答える人が多くなります。

チケットをなくしたAのケースでは、
2回同じチケットを買うことになるので、
チケット代に6000円も払ったと思えてきて、
ものすごく損をした気分になるからです。

こうした非合理な人の行動心理を研究して、
2002年にノーベル経済学賞を受賞したのが、
米国のダニエル・カーネマンさんです。

同僚のエイモス・トベルスキーさんと共に
プロスペクト理論を提唱し、行動経済学を
発展させました。

またヒューリスティックを使うことによって
生まれる「認知バイアス」があることなども
示しました。

人は「得をしたとき」よりも、
「損をしたとき」の方が心理的インパクトが
大きいので、損を恐れる傾向がある。

これを「損失回避の法則」と呼びます。

本書は、カーネマンさんの理論を中心に
人の損失回避行動を解説する本です。

著者は、執筆する本が多いことで知られる
心理学者の和田秀樹さん。

  「損失回避の法則を知っているかいないかで、
  ビジネスも、日常生活も、経済政策も、
  大きく変わってきます。
   “損に反応する” という人間の心理特性を
  知っていれば、それに気をつけて、
  不要な失敗を避けることもできます。
  人間の心理特性を理解していると、
  仕事でも生活でも、失敗をかなり減らす
  ことができるはずです。また、それを通じて
  新たなアイディアが生み出されるかも
  しれません。」

本書は、これまで行動経済学の本や、
カーネマンさんらの理論について、
どこかで聞いたり読んだりしたことがある
人にとっては、目新しさを感じない本だと
思います。

これまで全く行動経済学に触れたことがない
人にとっては、非常に平易に書かれているので、
入門書として良いかもしれません。

個人的には、少し物足りなさを感じる本でした。

 序章 「損」を恐れて失敗してしまう人たち
 第1章 「損をしたくない」心理は人間の行動原理
 第2章 あなたは、どちらを選びますか?
 第3章 日本人もアメリカ人も基本心理は同じ!?
 第4章 「損をしたくない」気持ちを
    ビジネスに利用する
 第5章 「損をしたくない」心理を消費に
    結びつける税制はこれだ!
 第6章 「損をしたくない」気持ちを
    日常生活に生かして「得」をとる
 第7章 「損をしたくない」 心理の判断エラー
    を防ぐ奥の手

この本から何を活かすか?

  「心理学の立場から言うと、 “競馬の
  最終レースは、本命に賭けるほうが得” 
  という法則のようなものがあります。」

なぜなら、最終レースは、その日負けている
人たちが、最後で取り返そうと大穴狙いを
してくるので、本命馬のオッズが上がるから。

ただし、そもそも本気で儲けようと思うなら、
テラ銭(運営側の取り分)が25%ある競馬は
継続的にやると、トータルで勝つのが難しい
ギャンプルと言えます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経済・行動経済学 | 06:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT