活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

AIとBIはいかに人間を変えるのか

満足度★★★★
付箋数:25

人工知能(AI:artificial intelligence)の
発展は目覚ましく、2016年にはアルファ碁が
世界チャンピオンのイ・セルドさんに完勝して、
大きな話題となりました。

このままAIが発達していくと、経済活動のうち、
現在人間が担っている知的作業、知的労働が
AIに代替されていくと予想されます。

現時点でも、税理士業務やパラリーガル業務、
人材の履歴書の評価・分類や医療の画像診断
などを、AIが代わりを務めつつあります。

AIの行き着く先は、ユートピアではなく、
資本家による社会の完全支配と所得・消費の
減退による経済の崩壊というディストピア
だとも、言われています。

そうならないために必要なのが、AIによって
生み出された富を再分配する仕組みです。

それがBI(ベーシック・インカム)です。

BIは国民全員に生活できるだの現金を
無条件で給付する制度のこと。

2016年にスイスが導入の国民投票を行ったり、
2017年にフィンランドが社会実験を行うなど、
こちらも話題になりました。

AIとBIはどちらも現状の世の中を根底から
覆してしまう可能性を持っています。

AIによってもたらされる労働からの解放が、
BIと結びつくのは必然なのです。

本書は、タイトルにある通り、AIとBIが、
世の中をどう変えるかについて分析し、
予測し、メッセージを提起する本です。

著者は、経営コンサルタントの波頭亮さんです。

では、BIについてもう少し詳しく見ていきます。

BIには次の5つの制度的な長所があります。

  1. シンプルである
  2. 運用コストが小さい
  3. 恣意性と裁量が入らない
  4. 働くインセンティブが失われない
  5. 個人の尊厳を傷つけない

現在の生活保護制度では、働いて収入が
得られるようになると給付が減額されたり
打ち切られるので、働くインセンティブが
失われてしまいます。

しかし、BIは無条件に一律給付されるので、
働いて収入を得ても減額や停止がありません。

つまり、頑張ればそれに応じたメリットがあり、
頑張ることのデメリットは存在しないのです。

BIの導入の最大の課題は「財源の確保」ですが、
それ以外にも、3つの側面の課題があります。

1つ目の側面は、経済学的イシュー。

働かない者が増えるのではないかという
フリーライダー問題と、巨額の財政負担が
不可能ではないかという財政面の問題です。

2つ目の側面は、政治学的イシュー。

これは官僚が、裁量と差配に固執する
のではないかという抵抗です。

3つ目の側面は、文化的イシュー。

「働かざる者、食うべからず」という
社会通念・社会規範の問題です。

この考えは歴史的にも古く、洋の東西を問わない
普遍的に人類に染み込んでいる規範で、
3つのイシューの中で最も根深い問題です。

「働かざる者、食うべからず」という考えから、
「働かなくても、食ってよし」という新しい
社会通念に切り替える必要があるのです。

BIに関しては、政府・公的機関だけでなく、
民間企業・団体による導入実験が、
世界各地で近年行われており、
それらは、概ね良好な結果が出ています。

そして、高度にAIとBIが結びついた世界では、
生きるための労働がなくなります。

では、そうなった時に、人間は働かなくなる
のでしょうか?

  「私は、そうは考えない。 “働く必要が無い” 
  というのは “働くべきではない” という意味
  とは全く異なる。ただし、 “新しいステージ” 
  においては “働く” という言葉の意味合いや、
  人生における “仕事” の位置づけが、
  これまでとは大きく転換することになると
  考えられる。」

本書は、AIとBIのもたらすインパクトを伝え、
私たちが未来をどう生きるべきかを指南する
先見性のある一冊だと思います。

この本から何を活かすか?

ロンドンで行われた社会実験の結果は?

ホームレスへの対応と社会的コストの増大に
悩まされていたロンドンの行政は、2009年に
ある社会実験を行いました。

それは男性ホームレス13人に対して、
1人月45万円という破格の金額を無条件で与え、
それ以外のサポートは一切行わないという
社会実験でした。

1年半後、給付額は約7000万円になりましたが、
行政コストは約5250万円削減されました。

そして、13人全員が自発的な社会的リハビリや
将来の計画を立案するなど、良い方向へ
動き出したそうです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経済・行動経済学 | 06:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

金融排除 地銀・信金信組が口を閉ざす不都合な真実

満足度★★★
付箋数:22

  「森信親長官率いる金融庁は、銀行や信金金組が
  担保・保証に依存した取引に偏った結果、
  融資後の資金の出入状況をモニターしていく
   “途上与信(貸し出し)管理” さえも
  しなくなってしまい、必要以上に顧客との
  取引をしなくなったのではないかという問題意識
  を持った。この状況を “日本型金融排除” と
  定義し、2016事務年度金融行政方針に盛り込んだ。
  金融機関が顧客を必要以上に排除しすぎたために、
  金融仲介機能が正常に発揮されていないという
  見解だ。」

金融排除とは、収益事業を営む金融機関の
立場から見たとき、採算が合わないと
評価されてしまう顧客層に対して、
金融機能が提供されない状況のことです。

金融機関も完全なボランティアでやっている
わけではないので、ある程度顧客を選ぶことは
必要です。

問題は、その顧客を選ぶ度合いです。

金融庁は、それが行き過ぎているとの判断から、
「日本型金融排除」という言葉を用いました。

銀行を始めとする各金融機関は、高い信用力の
企業には優先的に貸出を行っているものの、
信用力はまだ低いが事業の将来性が高い企業
には融資しない傾向が強いのです。

  「多くの金融機関が顧客を見捨てる金融排除を
  極大化し、事業に寄り添い、成長を後押し
  しながら取引する金融包摂を狭くしてきた。
  その結果、利ざやさえ確保できないという
  袋小路に入り込み、ついには自らの経営自体が
  成り立たなくなってしまっている。
  金融排除という悪循環の歯車を止め、
  持続可能な循環に回転方向を変えることは
  できないだろうか。」

金融包摂とは、Financial Inclusionを
翻訳した言葉です。

通常の金融サービスを受けられない人々が、
融資などの金融サービスにアクセスできる
ようにすることとで、FinTechブームで注目
されています。

本書は、金融排除について考える本です。

金融排除を生み出すメカニズムは一体
どういうもので、なぜ拡大するのか。

歴史的な経緯はどうなっているのか。

事業者から見た金融排除の風景はどう映るのか。

本書では、金融排除と向き合い、包摂しようと
奮闘する事例を紹介しながら、特に地方金融が
活性化する方策を考えます。

著者は、共同通信社経済部記者の橋本卓典さん。

著書『捨てられる銀行』『捨てられる銀行2』が
いずれもベストセラーになった方です。

本書の最初の事例として紹介されているのは、
奇跡のリンゴ』で知られている木村秋則さん
への排除と包摂の物語です。

木村さんは、世界で初めて無農薬・無施肥での
リンゴ栽培に成功した方です。

私たちが食べているリンゴは、元々自然界には
なく、人の手で改良を重ねてきたもの。

それ故、無農薬でリンゴを自然栽培することは
不可能と言われていました。

木村さんが、リンゴの自然栽培に
挑戦し始めた頃は、収入ゼロ。

失敗を重ね何の見通しもない状態が続きました。

付き合いのあった、みちのく銀行に
事業資金の融資をいくら必死に申し込んでも、
全く話にならないと、窓口担当者から
一蹴されていました。

すると、その木村さんの様子を担当者の
後ろからじっと見て、話に耳を傾けていた、
柳谷誠係長(当時)が、何かに背中を押された
ように突然、話に割って入ったそうです。

  「私が代わろう」

そう声を掛け、柳谷さんは担当者に代わって、
木村さんの正面に座り、じっと目を見て言いました。

  「頑張ってください。奥さんの印鑑証明が
  あれば、私がなんとかします」

これをきっかけに、木村さんは何度も資金の
借り入れを行い、約10年間の苦心の結果、
ついにリンゴの自然栽培に成功したのです。

かい摘んで紹介しましたが、『奇跡のリンゴ』の
もう1つの物語として、なかなか感動的な話でした。

本書では、多くの事例で金融排除の実体を
明らかにしつつ、排除をなくす道を探ります。

この本から何を活かすか?

  「共同組織金融と称される信金信組とは
  そもそも何なのか。信金信組と銀行は同じ
  預金取扱金融機関だ。多くのメディアでも
  銀行と同一視されて認識され、報じられている。
  しかし、根拠となる業法がまるで異なる。
  つまり、預金取扱金融機関でも、本来の使命は
  まったく異なるのだ。」

本書では、いわき信用組合や塩沢信用組合など、
独自のビジネスモデルを実践する事例も紹介し、
金融包摂のあるべき姿を示します。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経済・行動経済学 | 06:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

入門 ビットコインとブロックチェーン

満足度★★★
付箋数:21

ニュースで取り上げられる機会も多くなり、
ビットコインを中心とした「仮想通貨」の、
注目度が上がっています。

さすがに、これだけ話題になっている
ビットコインについて、全く何も知らないでは、
カッコ悪すぎる。

さらに、ビットコインと一緒に語られる
ブロックチェーンについては、一体それが、
何なのか、皆目見当もつかない。

仮想通貨やブロックチェーンのことは、
よくわからなくて恐いけれど、
自分には全然関係ない事だ・・・・。

もし、このように思っている人がいれば、
本書はその疑問や不安、または誤解を解くには
最適な本だと思います。

あまり時間を書けずに、手っ取り早く、
ビットコインやブロックチェーンの
気になることについて知ることができます。

本書を手にして、30分後には、
「ビットコイン、ビットコインって騒いでるけど、
その何が凄いっかって言うとね・・・」
としたり顔で語れるようになっているかも
しれません。

本書は、ビットコインを始めとする仮想通貨と
その基礎技術であるブロックチェーンについて
平易に解説した入門書。

著者は、これだけ話題になる前から
仮想通貨革命』などの本を執筆している
経済学者の野口悠紀雄さんです。

本書は、全編、Q&A方式で書かれているので、
関心があることのみ、拾い読みすることが
できます。

  「日本人の仮想通貨に対する関心は、
   “値上がりする新しい投資対象” という面に
  偏りすぎていると思います。その半面で、
  値上がりの背後にある技術革新にはあまり
  関心が持たれていません。
  重要なのは、技術革新です。ブロックチェーン
  という新しい情報技術は、インターネットを
  通じて経済的な価値を送ることを可能にし、
  様々な新しい経済活動の可能性を切り開きつつ
  あります。それは、インターネットの登場
  そのものと同じくらいの重要性を持っています。
  ビットコインなどの仮想通貨は、
  ブロックチェーン応用の1つの形態です。
  これによって、地球規模でほぼゼロコストで
  送金できるようになり、グローバルな
  経済活動の形態は大きく変わります。」

新しい技術について、かなり平易に書かれて
いるものの、ポイントは外していません。

また、仮想通貨やブロックチェーンの
周辺の領域についても、意外と広範囲に
学ぶこともできます。

本書では、全部で150以上のQ&Aが掲載されて
いますが、代表的な質問は以下の通りです。

 ・ビットコインと電子マネーは違うものですか?
 ・ビットコインは安全ですか?
 ・ビットコインを持っていれば、
  値上がり益を得られるのですか?
 ・メガバンクが仮想通貨を発行すると
  聞きますが、本当ですか?
 ・仮想通貨の広がりに、中央銀行はどう対応
  するのでしょうか?
 ・ブロックチェーンとは何ですか?
 ・スマートコントラクトとは何ですか?
 ・シェアリングエコノミーとは何ですか?
 ・IoTとは何ですか?
 ・ブロックチェーンは、社会の構造を
  変えるのでしょうか?
 ・量子コンピュータとは何ですか?
 ・ブロックチェーンを本格的に勉強するには、
  どんな書籍を読めばよいでしょうか?

この本から何を活かすか?

  Q.「ビザンチン将軍問題」とは何ですか?

  A.「信頼できない者同士が集まって共同作業
  を行い、それでも裏切り者に陥れられない
  ためには、どうしたらよいか?」
  
  これは「ビザンチン将軍問題」と呼ばれ、
  これまでコンピュータサイエンスで
  「解がない」とされていました。
  ブロックチェーンはこの問題に答えを
  出したのです。

これは、レスリー・ランポートさんら
によって提唱された、分散型ネットワーク
での合意形成問題です。

オスマン帝国の将軍たちが、ビザンチン帝国の
首都、コンスタンチノープルを包囲して
攻撃することを想定した意思決定の難問。

ブロックチェーンはその難問に現実的な解を
提示したのです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経済・行動経済学 | 05:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

経済成長という呪い

満足度★★★
付箋数:21

原題「Le monde est clos et le desir infini」
直訳すると「閉じた世界と無限大の欲望」。

本書は、ダニエル・コーエンさんによって、
2015年8月にフランスで刊行された本の邦訳本。

「欲望と進歩の人類史」という日本版の
サブタイトルが、内容を的確に表しています。

ダニエル・コーエンさんは、フランスを
代表する経済学者であり思想家です。

日本でも有名なトマ・ピケティさんや、
ジャック・アタリさんと並び称される方。

  「現代の宗教ともいえる経済成長は、人々の
  衝突を和らげ、無限の進歩を約束する妙薬だ。
  人々は自分にないものを欲しがる。
  そのような人々の暮らしにおけるありふれた
  惨事を解決してくれるのが経済成長だ。
  ところが残念なことに、少なくとも西洋諸国では
  経済成長は断続的にはかないものにすぎない…。
  バブル後には大恐慌、大恐慌の後にはバブルが
  発生する。政治家は、雨乞いをする呪術師の
  ように天を仰いで経済成長を願う。
  彼らは経済成長の期待を裏切ると、国民の恨みを
  買う羽目になるからだ。」

資本主義経済は、「人々の欲望」という名の
エンジンで走っています。

好況と不況の波はあるものの、人々の欲望が
ある限り、私たちの世界は経済成長はするもの
と考えられてきました。

しかし、ここに来てその大前提に疑問が
投げかけられています。

それはデジタル革命が、経済成長をもたらして
いるとは言えない状況があるからです。

果たして、経済が成長しなくなっても、
現代社会は存続することはできるのでしょうか?

サメやマグロ、カツオといった回遊魚は、
泳ぐのをやめ、止まると死んでしまう魚です。

こういった回遊魚と同じように、
経済成長し続けないと、現代社会は死んで
しまうのでしょうか?

この問に答えるために、本書では、
「人間の欲望と人類史を理解する」という
壮大な視点からのアプローチを試みます。

人類史は、それはそれで面白いのですが、
あまりに視点が壮大過ぎて、
「あれ、テーマはなんだっけ?」
と思い返さないと、何が目的だったか
わからなくなってしまうほどです。

もちろん、800万年前のヒトがこの世に
現れたところから人類史を振り返っても、
明快な答えは出てきません。

ですから、簡潔に答えの欲しい方には
もやもやした印象が残るでしょう。

映画でいうと、単純なハリウッド映画ではなく、
余韻を大事にするヨーロッパ映画のような
イメージでしょうか。

また、当たり前のことですが、コーエンさんは
フランス人なので、人類史が現代に近くなると、
フランス視点で語られています。

私たち日本人が読むと、それがボヤッとしか
わからない一因にもなっています。

私たちは、無限の欲望という「呪い」から
逃れられるのか。

こういった根源的なテーマを扱った本は、
現代社会が経済成長の踊り場にいるからこそ、
求められているのでしょう。

本書では、コーエンさんのマクロな視点と
ミクロな視点が織り交ぜられていて、
かつ、それがうまく切り替えられているので、
不思議な印象を与える本でした。

  序論 経済成長なき進歩はありうるのか
  第1部 経済成長の源泉
  第2部 未来だ、未来だ
  第3部 進歩を考察する
  結論 トライアングル地獄からの脱出と超越

この本から何を活かすか?

私が本書で意外に感じたのは、
「どうすればデンマーク人のようになれるのか」
について論じられていた点です。

デンマークがポスト工業社会へうまく移行した
例として挙げられるのは、違和感がありません。

それをフランス人が語っていることが、
私にとっては意外な点でした。

コーエンさんは、デンマーク社会を
絶賛しているので、デンマークについて
もう少し詳しく知りたいと思いました。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経済・行動経済学 | 05:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お金2.0 新しい経済のルールと生き方

満足度★★★
付箋数:24

  「既存の資本主義に多くの人が感じていた
  ことは、 “お金にはならないけど価値のある
  ものって存在するよね?” という点だと
  思います。例えば、NPOによる社会貢献活動
  だったり、地方創生のようなプロジェクト
  だったり。」

本書の著者、佐藤航陽さんは、資本主義上の
お金が、現実世界の価値を正しく認識・評価
できなくなっていると指摘します。

その問題点を解消して、新しい経済のルール
の中心になっていくのが「価値」だと言います。

  「今後は、可視化された “資本” ではなく、
  お金などの資本に変換される前の “価値” を
  中心とした世界に変わっていくことが予想
  できます。
  私はこの流れを “資本主義(capitalism)” 
  ではなく “価値主義(valualism)” と
  呼んでいます。」

そのそもの「価値」という言葉には、
3つの意味が含まれています。

1つ目は、有用性としての価値。

これは「役に立つか?」という観点から
考えた価値です。

2つ目は、内面的な価値。

愛情・共感・興奮・好意・信頼など、
実生活に役に立つわけではないけれど、
その個人の内面にとってポジティブな
効果を及ぼす価値です。

3つ目が、社会的な価値。

慈善活動やNPOのように、個人ではなく
社会全体の持続性を高めるような活動に
よってもたらされる価値です。

これまでの経済を回してきた資本主義は、
1つ目の有用性のみを価値と認識して、
他の2つの価値を無視してきました。

それが資本主義の問題点であると同時に
限界でもあったのです。

佐藤さんが、本書で説明する価値主義では、
有用性としての価値だけでなく、人間の
内面的な価値や、全体の持続性を高める
ような社会的な価値も、すべて価値として
取り扱う仕組みです。

では、どうやって目に見えないものを
可視化することができるのでしょうか?

  「内面的な価値も数字のデータとして
  認識できれば、それらは比較することができ、
  かつそのデータをトークン化することで
  内面的な価値を軸とした独自の経済を
  作ることもできます。」

ちなみに、トークンとは、仮想通貨の
根っこで使われるブロックチェーン上で
流通する文字列のことです。

また、価値主義では、これまで見えなかった
ソーシャルキャピタルの価値も可視化した
上で、資本主義とは別のルールで経済を
実現することができるようです。

本書は、まず現在の経済やお金の起源、
そしてそのメカニズムを説明するところから
始まります。

次に、それが最新のテクノロジーによって、
どのよに変化してきているかを解説。

最後に、本書の主題として、資本主義の
欠点を補う「価値主義」という考え方に
ついて説明します。

それが、資本主義の先の「お金2.0」の世界。

本書は、IT企業メタップスの創業者である
佐藤さんが、これまで12年間考えてきたことを
まとめた本です。

金融や経済の専門家とは全く違う視点で、
「新しい経済」で動く世界が語られています。

テクノロジーによって、これからどう変わるのか、
その可能性を知ることができる本だと思います。

  第1章 お金の正体
  第2章 テクノロジーが変えるお金のカタチ
  第3章 価値主義とは何か?
  第4章「お金」から解放される生き方
  第5章 加速する人類の進化

この本から何を活かすか?

デジタルネイティブの次はトークンネイティブ。

トークンネイティブとは、生まれた瞬間から
ビットコインやブロックチェーンに当たり前に
触れて、使いこなすとができる世代です。

今の私たちとは、全く違う視点でお金や経済の
ことを捉えることができます。

本書では、今のデジタルネイティブ世代が、
トークンネイティブ世代の作るサービスが
理解できなくなり、「規制が必要だ」という話を
している未来を想像しています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経済・行動経済学 | 06:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT