活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

給料を2倍にするための真・経済入門

満足度★★★
付箋数:20

あなたは、自分の給料を2倍に増やしたいですか?

今もらっている給料の額は、それぞれ違っても、
「もし、倍の給料をもらえたらな・・・」と
考えたことのあるサラリーマンの方も
多いのではないでしょうか。

テレビ「ホンマでっか!?TV」などでおなじみの
環境問題の専門家、武田邦彦さんは、
本書で「給料を2倍にできる」と主張します。

本書は、経済の本質に迫りつつ、 “政策立案の
ための知識”で はなく、 “自分の人生を豊かに
するための知識と方法” に限定して整理した
経済の本です。

そのため、次の点に注意して書かれています。

 1. 細かい数字にとらわれない。
  少しぐらい矛盾していてもよい。

 2. 現在の政府の説明はウソが多いので、
  信じない。

 3. 経済専門家の間には喧嘩が多いので、
  それに巻き込まれない。

では、どうすれば私たちの給料は2倍になるのか?

武田さんは、「私たち日本人が決意さえすれば」
給料は2倍になると言います。

具体的には、2段階で所得倍増を実行します。

まず、第1段階では、私たちが稼いだお金を
国から返してもらうことです。

私たちは、マスコミなどなどの報道で、
日本は赤字で、国民1人当り800万円の借金があり、
ギリシャのような危機に陥ると聞きます。

しかし、これは大ウソで本当は日本政府は黒字。

実は日本にはお金が余っていて、
日本国民に返すことができると言います。

その額は、勤労者1人当たりに換算すると、
3106万円。

つまり、私たちは働いて稼いだお金を政府から
取り返すと、今ある預貯金や資産に加えて、
3106万円ものお金を増やすことができるのです。

ただし、これだけでは一時的に持っている
お金は増えても、給料は2倍になりません。

大事なのは、次の第2段階です。

第2段階では、政府から返してもらったお金を
貯金せずにすべて使います。

家でも、車でも、今、自分が一番欲しいモノに
どんどんお金を消費します。

すると、「お金を使うと景気が良くなる」
→「景気が良くなると給料が上がる」
→「給料が上がると、さらに景気が良くなる」
という好循環が続きます。

ここで大切なのは、「給料が上がることを
信じる」ことです。

そして、貯金や節約などせずに、気前よく
どんどん物を買って経済を回すことです。

武田さんが言うように、本当にそんな
ウマイことが可能なのかと、疑問を抱く方も
多いことでしょう。

しかし、日本では1960年から内閣総理大臣の
池田勇人さんが実行した所得倍増計画は
これに近い形で実現した実績があります。

つまり、首相のひと言で、給料を2倍にする
ことが可能なのです。

本書で語られている武田さんの話の信憑性は、
どの程度のものなのかわかりません。

しかし、読者に夢を与えて、経済を好転させる
きっかけになる可能性はあると思います。

ちなみに、経済の数値は、高橋洋一さんの
計算などがベースになっているようです。

本書は、武田さんを普段テレビで見る通り、
わかりやすく、自信を持って語られた、
異色の経済入門書です。

「ホンマでっか!?TV」で自分の専門外の分野に
ついても意見する武田さんをよく見かけますが、
本書はまさにそういった感じの本です。

ベスト新書から刊行された『真・近現代史
に続く、「真」シリーズ第2弾のようです。

この本から何を活かすか?

武田さんは、経済学を学問として認めていません。

それは、「ホンマでっか!?TV」に経済の専門家
として出演する門倉貴史さんが怪しいからでは
ありません。

経済の分野では、データや前提がはっきりせず、
議論されていることが多く、また経済の専門家が
政府と関係しているからです。

その結果、比較的簡単な予測でもよくハズレます。

そもそも過去から未来を予測する場合でも、
同一条件でなければ、学問的厳密性を欠くので、
当然のように予測も外れるのです。

本来学問は、前提条件が異なる状況下で、
未来を予測することを嫌うものなのです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経済・行動経済学 | 06:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

異次元緩和に「出口」なし! 日銀危機に備えよ

満足度★★★
付箋数:22

  「私の警告に対して、 “ハイパーインフレ
  が来る来ると言うけれど、いまだその
  気配はない。フジマキは、オオカミ少年
  (オオカミ老人?)だ” と言われてきた
  ことも、重々承知しています。
  そのことに関して、私は不愉快に思った
  ことはありません。私が、オオカミ少年で
  い続けることができれば、日本経済は安泰
  ということだからです。永遠のオオカミ少年
  と言われたいぐらいです。
  ところが、最近では、私のことを
   “オオカミ少年だ” と言う人がめっきり
  少なくなってしまいました。」

藤巻健史さんが、著書でハイパーインフレが
来る来ると警告していることに対して、
読者の反応は3種類に分かれます。

1つ目は、声を上げて、ハイパーインフレが
起きることはないと反応する方々。

この種類の方が主にフジマキさんを
「オオカミ中年」と批判します。

2つ目は、フジマキさんが、言っていることが
ずっと当たらないことに呆れてしまい、
何も反応しなくなってしまった人たち。

サイレントマジョリティならぬ、声を上げない
反対者で、ほとんどフジマキさんの言動を
無視している状態です。

3つ目は、フジマキさんの警告に対して、
起こる可能性が少しはあることを想定しつつ、
予想が当たらないことや、フジマキさんの
変わらない様子を暖かく見守る人たち。

フジマキさんが、最近、「オオカミ中年」と
言われなくなったのは、2番目のサイレントな
反対者、無視している人が増えたからでしょう。

声を上げて反対し続けるにはエネルギーが
必要ですから、もともと1番目だった方も、
時間が経つと、2番目へ移行していくものです。

ちなみに、私は3番目で、もう20年くらい
フジマキさんのファンです。

さて、アメリカFRBはリーマンショック以降、
資産規模を9000億ドルから4兆5000億円まで
膨らませいてることで話題になりました。

これはアメリカのGDPの30%弱に相当し、
バランスシートを縮小したくても、
簡単にはできないFRBの様子が窺えます。

では、FRBに対して、日銀はどうなのか?

実は日銀は市場に出回る国債の約80%を
買い取っていますから、その資産規模は
FRBの比ではありません。

対GDP比で言うと、アメリカの3倍以上にまで
膨れ上がったメタボの状態になっています。

これが今のところ日本が破綻しない理由。

日本の財政状態がどんなに悪くても、
困ったときには日銀が無尽蔵にお金を刷る
「打ち出の小槌」を使っているのです。

財政破綻が騒がれたギリシャの公的債務残高が
対名目GDP比で200%であるのに対し、
日本ははるかにその上をいく232.4%。

ギリシャは借金があっても勝手にユーロを
刷ることはできませんが、日銀は単独で
円を刷ることができるので、現在の状態を
維持できているとフジマキさんは言います。

フジマキさんの主張は、そんなことを
続けている日本では、いずれハイパーインフレ
が起こるので、その防衛策として、
「ドルを買え」というも。

誰から何を言われても、ブレはありません。

ですから読まなくても、およそ書いている
内容は予想がつく人も多いでしょう。

本書の目新しいところでは、最近の理論に
対して批判しているところです。

1つは、米プリンストン大のクリストファー・
シムズ教授が提唱する「物価水準の財政理論
(シムズ理論)」に対して。

もう1つは、コロンビア大のジョセフ・E・
スティグリッツ教授が説いた「統合政府論」
について。

いずれも荒唐無稽な理論と、フジマキさんは
言い切っています。

この本から何を活かすか?

日本の財政赤字の削減策の1つとして、
本書でフジマキさんが提案しているのが、
「年金支給開始年齢を80歳」に引き上げる
案です。

80歳までは私的年金や預貯金・保有資産で
生活資金を賄い、80歳以降は死ぬまで
一切心配しなくて良いほどの手厚い年金額を
支給するというもの。

80歳までに資産をすべて使い切っても、
そこから先の生活の不安がまったくなくなれば、
今よりは安心できるのかもしれません。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経済・行動経済学 | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

武器としての経済学

満足度★★★
付箋数:24

  「近年はカーシェアリングやシェアハウス
  など誰かが所有しているモノや空間を
  複数の人で共有する “シェアエコノミー
  (共有型経済)” が広がってきたが、
  これからはウーバーやエアビーアンドビー
  のように空いているモノや空間を
  ニーズのある人に提供して活用する
   “アイドルエコノミー(余剰活用型経済)” 
  (私の造語)が主流になるだろう。」

ウーバー(Uber)とは、スマートフォンの
アプリを利用した配車サービス。

一般個人の空いている車をタクシー代わりに
使い、アプリに乗用場所と行き先を
入力すると、近くにいる登録済みの車の
到着時間や料金の目安が表示されます。

その便利さと料金の安さが人気を集め、
世界中に事業を拡大しています。

エアビーアンドビー(Airbnb)は、
世界最大級の宿泊予約サイト。

個人が所有する空き部屋や一軒家などを、
インターネットを介して、宿泊希望者に
仲介する民泊のプラットフォームです。

登録されている物件は、城、ツリーハウス、
ボート、島まるごとなどもあります。

いずれのサービスも、日本では法律面で
簡単にクリアできないところがありますが、
世界ではインターネットを通じて
「空いている」ものを手軽に利用する
サービスの流れが起きています。

こうしたサービスが経済の中心となることを
大前研一さんは「アイドルエコノミー」と
呼んでいます。

日本でも、不動産会社が扱っていない、
「軒先」の物件やスペースを対象にして、
ウェブ上で貸したい人と借りたい人を
マッチングするサービスを提供する
「軒先.com」があります。

また、空いている月極や個人の駐車場を
一時利用できるサービスを展開しているのが、
「akippa(アキッパ)」。

空いているものを有効活用するサービスは、
少子高齢化社会だからこそ、まだまだ広がって
行く可能性があるようです。

これは、ひとつのビジネスモデルと言うより、
資産を持たずに、空きリソースを有効活用する
「経済の新しいフレームワーク」。

これまでの経済の流れを変える本質的な
変化だと、大前さんは見ています。

本書は、「経済学」という学問ではなく、
実際の企業の活動や新しいサービスから、
どのような経済活動が繰り広げられるかを
俯瞰した本です。

個人的には、日本の自動車産業が今後、
どうなっていくかが気になっていたので、
なかなか興味深い内容でした。

大前さんの見立てでは、自動運転技術は、
単なる技術革新ではなく、業界そのものを
根底から覆す可能性があるというものでした。

本書は、大前さんが連載している小学館の
国際情報誌「SAPIO」で、経済に関する
疑問を読者から集め、それに対する答えを
25のテーマでまとめたものです。

「週刊ポスト」に連載している記事と
書き下ろしを加えて編集したようです。

為替、物価、株式、金融政策、不動産市況、
年金、税制、チャイナリスクなど、
扱うテーマは多岐にわたっています。

雑誌の連載を読んでいる方にとっては、
聞き慣れた話かもしれませんが、
わかりやすく、大前さんらしい視点が
取り入れられた本だと思います。

この本から何を活かすか?

大前さんは、日本の自動車産業は、
今後10年で窮地に立たされることを
予想しています。

その鍵となる大きな変化は、次の3つです。

 1. カーシェアリングのさらなる普及
 2. ガソリン車から電気自動車(EV)への移行
 3. 都市の自動運転化

もし、こうした変化に対応できなければ、
自動車産業は「遠くない未来になくなる」と、
大前さんは予想しています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経済・行動経済学 | 05:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

不道徳な見えざる手

満足度★★★
付箋数:22

「釣り師」は、ルアー(疑似餌)を水に入れて、
用心深い魚が通りかかり、間違いをしでかし、
捕まるのを待ちます。

これは本当の釣りだけの話ではありません。

市場経済において、売る側は多少なりとも
こうした釣り師の要素を持っています。

一方、「カモ」は理由はどうあれ、
うまいこと釣られてしまう人のことを言います。

  「経済とは、釣り師とカモの永遠の闘い」

本書は、釣り師とカモという観点から、
経済について書かれた本です。

  「本書の狙いは、カモを釣る例をたくさん
  挙げて、それが私たちの生活にどれほど
  影響しているかを示すことだ。
  人々の活動、思考、目標、そして目標の失敗に
  影響が見られている。一部の事例は日常生活、
  たとえば自動車、食べ物、薬、売買したり
  暮らしたりする家に関するものだ。
  他はもっと系統的で専門的なものになる。
  たとえば金融市場だ。
  でも何よりも、検討すべき事例は社会政策にも
  深遠な影響を持つ。特に政府が自由市場の足を
  引っ張るのではなくそれを補うためには
  どうしたらいいかという点について――
  というのも、コンピュータが悪意あるソフトに
  対する保護を必要としているのと同様に、
  私たちももっと広く定義されたカモ釣りに
  対する保護を必要としているからだ。」

本書は経済に仕組まれた詐欺の仕掛けに、
私たちが引っ掛からないように書かれた本。

著者は、ジョージタウン大学教授で、
2001年にノーベル経済学賞を受賞した
ジョージ・A.・アカロフさん。

もう1人は、イェール大学スターリング経済学
教授で、2013年にノーベル経済学賞を受賞した
ロバート・J・シラーさんです。

この2人のノーベル経済学賞受賞者は、
2009年に刊行された前著『アニマルスピリット
でもコンビを組んでいます。

本書は、『アニマルスピリット』の続編と
位置づけていいかどうかわかりませんが、
同じコンビで経済の仕組みについて語ります。

賢明で誠実なあの人が、なぜいとも簡単に
騙されてしまうのか?

人はなぜ、知らず知らずのうちに不道徳な
振る舞いをしてしまうのか?

カモ釣りは、いたるところに存在していて、
人は驚くほど、カモとして釣られています。

それは経済が誕生したときからデフォルトと
して仕組まれた罠で、市場経済がある以上、
決してなくすことはできないもの。

ならば、詐欺が仕掛けられている事実を知り、
消費者として少しでも最善の選択をするために
自衛しましょうということです。

本書では、結婚式、お葬式、住宅購入、
医薬品、選挙、広告、ポテトチップスなど、
身近な例を挙げ、経済の裏側の仕組みが
解説されています。

  「結局のところ、本書には “新しい経済学” 
  と見なせるようなものは何もないかも
  しれない。私たちが経済学の相当部分を
  新しく発明しなおそうとしたなら、
  正しくもなければ説得力もないだろう。
  でも私たちの狙いはちがうところにある。
  私たちはカモ釣りが古い経済学からの
  通常の教訓とはかなりちがった結論を
  もたらすということを示そうとしたのだ。」

個人的には、経済のすべてをカモ釣りの
観点から語るのは、斬新であるものの、
多少無理があるようにも感じました。

本書で示された2人の考えについては、
賛否の意見が別れるところだと思います。

この本から何を活かすか?

本書は、あまり読みやすい本とは言えません。

それは邦訳に問題があるのか?

本書の翻訳者は、ポール・クルーグマンさん
の本などクセのある著者の翻訳には定評のある
山形浩生さんです。

私が、山形さんのこれまでの翻訳本を
読んできた限りでは、本書が読みにくいのは
やはり原書の問題だと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経済・行動経済学 | 05:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

かくて行動経済学は生まれり

満足度★★★
付箋数:23

  「『マネー・ボール』の著者は、野球選手の
  市場がなぜ非効率なのか、もっと深い理由が
  あることを知らないようだ。
  それは人間の頭の中の働きから生じている
  ― そして、野球の専門家がなぜ選手を
  見誤るのか、またどんな分野の専門家でも、
  その人自身の頭の中でなぜ判断が歪められて
  しまうのかについては、すでに何年も前に
  説明がなされている。それを行ったのは、
  二人のイスラエル人心理学者、ダニエル・
  カーネマンとエイモス・トヴェルスキー
  である。」

ベストセラーになり、非常に注目された
マイケル・ルイスさんの『マネー・ボール』。

この本は、メジャーリーグの貧乏球団、
オークランド・アスレチックスのGM
ビリー・ビーンさんが球団を立て直す
過程を描いたノンフィクションでした。

ビリー・ビーンさんは、セイバーメトリクス
と呼ばれるデータ分析の手法を武器に、
貧乏球団を常勝軍団に作り変えました。

『マネー・ボール』は、スポーツ界に
データ革命を巻き起こし、映画化もされました。

そんな飛ぶ鳥を落とす勢いだった
ルイスさんの本に対し、冒頭に紹介した
書評がある雑誌に掲載されました。

書いたのはシカゴ大学に所属していた、
経済学者のリチャード・セイラーさんと
法律学者のキャス・サンスティーンさんです。

専門家は直感に従うと、判断を間違ってしまう。

心理学的な側面から見ると、スポーツチームの
スカウトは自分にとって都合の良い証拠
ばかりを集める「確証バイアス」によって
判断を見誤ってしまうのです。

この指摘にルイスさんは衝撃を受けました。

マネー・ボール』では、こうした心理学的な
側面を見落としていたのです。

さらに、ルイスさんはこの指摘を受けるまで、
カーネマンさんとトヴェルスキーさんのことを
知らなかったのです。

カーネマンさんとトヴェルスキーさんは
プロスペクト理論やヒューリスティクス、
バイアスなどの研究により行動経済学を
発展させた第一人者です。

ルイスさんは、書評によって二人のことを
初めて知り、行動経済学がどのようにして
生まれたかについて興味を持ちました。

一体何が、この二人ユダヤ人心理学者を
脳の働きの研究へと向かわせたのか?

どうして心理学者がノーベル経済学賞を
受賞することになったのか?

その疑問に答えるべく、二人の心理学者、
カーネマンさんとトヴェルスキーさんの
足跡を追って、行動経済学が生まれるまでの
過程を描いたのが本書です。

単に二人の研究者の実績を追うだけでなく、
「友情」と「嫉妬」といった感情面にも
注目した人間ドラマにもなっています。

私がこの物語からよくわかったのは、
人の心理に詳しい研究者でも、自分が心に抱く
感情はコントロールできないということです。

  「脳には限界があり、人の注意力には
  穴がある。ダニエルとエイモスが切り拓いた
  その新たな人間像をもとに、 “行動経済学” は
  生まれた。エイモスの死後、その権威となった
  ダニエルは、ノーベル経済学賞の候補者に
  選ばれる。発表当日、一人連絡を待つ
  ダニエルの胸には、エイモスへのさまざまな
  思いがよぎる。」

ルイスさんは、詳細に行った取材から、
事実を積み重ね、魅力的で読み応えのある
ストーリーを紡ぎ出しています。

この本から何を活かすか?

トヴェルスキーさんがノーベル経済学賞を受賞
できなかったのは、その功績が認められる前の
1996年に亡くなっているから。

ノーベル賞は生存者のみが受賞対象なのです。

カーネマンさんがノーベル経済学賞を受賞
したのは2002年のことでした。

ストックホルムから電話がかかってくる日の
カーネマンさんの描写は、まるで映画の
ワンシーンを見ているようでした。

個人的には、トヴェルスキーさんと
カーネマンさんの関係を本書をベースに
映画化しても面白いと思いました。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経済・行動経済学 | 06:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT