活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

デービッド・アトキンソン 新・所得倍増論

満足度:★★★
付箋数:20

日本のGDPは2010年に中国に抜かれて、
世界第2位から3位へと順位を下げました。

このときに、少し悔しい思いをしながらも、
「中国はあれだけ人口が多い国だから、
抜かれてもしょうがない」と思った方も
多いでしょう。

GDPは経済の「絶対量」を表す数字で、
GDP=人口×生産性という式に分解できます。

もし、同じ生産性の2つの国、
A国とB国があったとします。

A国の人口がB国の2倍だとすると、
GDPもそのままA国はB国の2倍になります。

発展途上国まで入れると、多少相関は
崩れるものの、先進国の中ではGDPと人口には
ハッキリとした相関があります。

ですから、人口の多い中国のGDPが上位に
ランクされるのは当然の結果なのです。

実は、日本も人口による恩恵を受けてきたと、
本書の著者、デービッド・アトキンソンさんは
指摘します。

日本の世界第3位のGDPも人口で割って、
1人当たりに換算すると、「世界第27位」まで
低下します。

この原因は、日本の「生産性」が低いからです。

  「生産性の問題は、国にとってきわめて
  深刻な問題のひとつです。日本は1990年、
  世界第10位の生産性を誇っていましたが、
  今では先進国最下位です。労働者ベースで
  見ても、スペインやイタリアより低く、
  全人口ベースでは世界第27位です。
  1990年には韓国の2.4倍も高かった生産性が、
  今では1.04倍まで低下しています。
  このまま何も手を打たなければ、
  あと2~3年で韓国に抜かれて、アジア
  第4位の生活水準にまで低下するでしょう。」

日本の生産性の低さは、多くの方が指摘して
いることですが、アトキンソンさんは、
本書で、その原因を2つ挙げています。

1つは、日本は世界ランキングに酔いしれて、
実態を見てこなかったこと。

もう1つは、人口減少問題。

個人的には、アトキンソンさんの挙げた
2つ目の原因には違和感を覚えました。

GDPを人口×生産性に分解している中で、
生産性の低さの原因を人口減少にもってくると、
独立変数でなくなるからです。

そして、それ以降の論理展開も、
あまり納得できるものではありませんでした。

  「生産性を上げるのは、労働者ではなく
  経営者の責任です。世界一有能な労働者から
  先進国最低の生産性しか発揮させていない
  という日本の経営の現状は、いかに現行の
  日本型資本主義が破綻しているかを
  意味しています。この経営者の意識改革は、
  喫緊の課題です。」

生産性が低い「犯人」を経営者としていますが、
その解決策として提示しているのが、
「株価を上げさせること」でした。

  「公的年金などを通じて、経営者に対して
   “継続的に時価総額を増やせ” と迫ることが
  必要でしょう。(中略)

  株価を上げさせることで、アメリカだけでなく
  諸外国は日本よりも顕著に実績を上げました。
  同様なことを、日本でも実行してみるしか
  ないと思います。」

株価を上げることが、企業にとって
重要であることは間違いありません。

しかし、生産性が上がる結果として、
株価は上がるものの、株価を上げることで、
生産性が上がるようには思えませんでした。

本書でアトキンソンさんが指摘している
ことには、鋭いなと思うことがいくつも
ありましたが、解決策に至るまでの
論理展開には、ズレや飛躍があるように
感じました。

この本から何を活かすか?

夏季オリンピックで日本人がメダルを
獲得した数は439個で、第11位です。

しかし、これも人口で割って、1人当たりの
メダル獲得ランキングに直すと、
順位がガクンと下がり、第50位になります。

アトキンソンさんは、オリンピックについても、
絶対数に惑わされずに、人口比で考え、
もっと挑戦的な獲得目標を立てるべきと
主張しています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経済・行動経済学 | 06:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最後の資本主義

満足度★★★★
付箋数:24

  「大企業のCEOや金融界のトップトレーダーや
  ポートフォリオマネージャーは、
  インサイダー情報を使って自らの取り分を
  膨らませつつ、企業収益を増大することが
  できるような市場ルールを推し進め、
  自分たちの報酬を自分たちで効率よく
  決めている。
  一方、平均労働者の給与は政治面でも
  経済面でも対抗できる影響力を失ったために、
  ずっと上がらないままだ。」

これはアメリカについて述べられた文章ですが、
日本でも対岸の火事ではありません。

フルタイムで働いても貧困から抜け出せない
「ワーキング・プア」。

日本でもこの言葉を聞くようになって、
しばらく経ちますが、これと真逆の層に、
「ノンワーキング・リッチ」があります。

増えているのは、ワーキング・プアだけでなく、
ノンワーキング・リッチも増えています。

この両極端の層が増えているということは、
もはや報酬が努力と連動していないことを
意味しています。

今の資本主義下では、明らかに二極化が
進んでいます。

このままで、資本主義は大丈夫なのか?

現在の自由市場のメカニズムはどうなっていて、
何が原因で二極化が進んでいるのか?

今の市場のルールは、富裕層だけが勝ち続け、
富が一方的に増える仕組みになっています。

富裕層が富を得た後で、その再分配について
議論しても、根本的な問題の解決には
なりません。

最初の市場のルール自体を変えなければ、
継続性のある社会は築けないのです。

資本主義そのものを見直す時期にきています。

原題『Saving Capitalism(資本主義を救え)』。

邦題の『最後の資本主義』よりも、原題の方が
しっくりくるような感じがします。

本書の著者は、米政治経済学者で文筆家の
ロバート・B・ライシュさんです。

ハーバード大学ケネディスクール教授、
ブランダイス大学社会政策大学院教授、
カリフォルニア大学バークレー校公共政策大学院
教授を歴任し、ビル・クリントン政権では
労働長官を務めた方です。

1991年の著書『ザ・ワーク・オブ・ネーションズ
では、格差社会の到来を予言しました。

2007年の著書『暴走する資本主義』では、
大企業が政治活動に大きな影響力を持ち、
民主主義を脅かすまでになっていることを
指摘しました。

ライシュさんは本書で、格差社会を
生み出しているルールの作られ方と向き合い、
資本主義を希望ある仕組みとして、
もう一度、蘇らせる方法を提示します。

その方法とは、現在、ゲームのルール作りに
対する影響力を失っている圧倒的大多数の
人々を、50年前に広範な繁栄のカギであった
「拮抗勢力」として再結集させること。

そのために、拮抗勢力を組織化して
統一することです。

本書の拮抗勢力とは、大企業、ウォール街、
富裕層の政治的影響力を抑制する勢力。

主に中間層と貧困層で持つべき力です。

本書は、米国の資本主義について書かれた
本ですが、日本でも資本主義の新しい未来が
見えてくると思える本です。

350ページを超えるページ数で、
難しいテーマについて論じていても、
非常にわかりやすく書かれているため、
意外とスイスイと読めると思います。

  第1部 自由市場
  第2部 労働と価値
  第3部 拮抗勢力

この本から何を活かすか?

  「人類が直面しているのは、単に労働力を
  代替する技術ではなく、知力を代替する技術
  なのだ。高感度センサー、音声認識、人工知能、
  ビックデータ、テキストマイニング、
  パターン認識アルゴリズムが組み合わさって、
  人間の活動を素早く学習し、さらに相互学習
  する機能も備えたスマート・ロボットが
  生み出されつつある。」

単純労働だけでなく、頭脳労働でさえも、
ロボットにとって代わられる時代です。

本書でライシュさんが提案している
新しい資本主義の形を作っていく
必要があるように感じました。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経済・行動経済学 | 06:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ルービンシュタイン ゲーム理論の力

満足度★★★
付箋数:24

同じ休暇先から同じ土産物を買って帰ってきた
2人の旅行者がいました。

彼らの土産物だけを入れたスーツケースは
空港で紛失してしまい、空港の遺失物係員は
スーツケースの荷物分の損失を補償しなければ
いけません。

係員は紛失物の価値について、180ドルから
300ドルの間だろうという大まかな認識しか
ありません。

そのために、遺失物係員は2人の旅行者の
申告にそって補償しようという計画を立てました。

しかし、旅行者は紛失物を誇張しがちであり、
真実を語る義務は感じていないだろうと
いうことをわかっていました。

そこで遺失物係員は2人の旅行者を
別々の部屋に連れて行き、土産物の値段を
180ドルから300ドルの間でそれぞれ
申告させました。

遺失物係員は両方の申告された値段のうち
低い方を2人に補償すると約束しています。

さらに、もし2人が異なった値段を申告した
場合には、高い値段を言った者に「罰金」
として5ドルを科し、低い値段を言った者に
「褒美」として5ドル与えるとしました。

2人の旅行者は、できるだけ多くのお金を
受け取りたがっている場合、土産物の値段を
いくらと申告すべきでしょうか?

まず、この場合一番高い300ドルを申告する
という判断は旅行者にとって合理的なのか。

もし、相手が300ドルを申告するであろうと
信じていた場合、自分は300ドルを申告すると
300ドルもらえます。

しかし、299ドルと申告すれば、
299+5=304ドルもらえます。

相手も300ドルと申告するのが合理的でないと
気づいた場合、299ドルを選ぶでしょう。

そうすると自分が選ぶべき最適な申告額は
298ドルとなります。

さらに、相手もそのことに気づき298ドルを
選択する場合、297ドルが最適となります・・・。

このゲームでは、相手の立場になって、
相手の最善の行動を予見し、そこから自分の
行動を導くことが必要です。

それを繰り返して、もうそれ以上行動を
変更したいというインセンティブが働かない
状態のことを、ゲーム理論では「ナッシュ均衡」
と呼びます。

この問題では、両方の旅行者が180ドルを
選択するのが唯一のナッシュ均衡です。

果たして、このナッシュ均衡の概念を用いて、
180ドルを選択るのは、旅行者にとって
本当に合理的なのでしょうか?

実際にこのゲームをやってみると
45%が300ドルを選び、19%が295ドルから
299ドルの間を選び、16%は181ドルから
294ドルの間を選びました。

ナッシュ均衡の180ドルを選んだ人は
わずか20%だったという実験結果が
あるようです。

つまり、現実の世界ではゲーム理論のような
合理的な判断をする人は多くないため、
そこまで考えずに本能的に判断した方が
多くの利得を得られる場合もあるようです。

さて、本書はイスラエルの経済学者、
アリエル・ルービンシュタインさんによる
経済学とゲーム理論の本質を伝える本です。

ルービンシュタインさんは、経済モデルを
「科学」ではなく、「寓話」ないし「物語」
として捉えます。

寓話はポイントを絞り、「人生の理」を
私たちに伝えます。

経済モデルもそれと同様に「社会の理」を
伝えると考えるのです。

  序章 経済学という物語
  第1章 合理性と非合理生
  第2章 ゲーム理論:ビューティフル・マインド
  第3章 ジャングルの物語と市場の物語
  第4章 経済学と語用論、そして7つの落とし穴
  第5章 (ある種の)経済政策

本書では、これまでのルービンシュタインさんの
人生を振り返りながら、ゲーム理論の説明をします。

恐らくその点が、読者の好みがはっきりと
別れるところだと思います。

この本から何を活かすか?

2001年の米映画『ビューティフル・マインド』。

ジョン・ナッシュさんがノーベル経済学賞
を受賞することが決まり、教授たちが次々と
彼のところにやって来て、敬意を表するために
ペンをテーブルに置くシーンが描かれました。

ルービンシュタインさんは、偶然その場に
いたそうですが、ペンを置くようなセレモニーは
実際にはなかったそうです。

また、映画のようにナッシュさんを
「マスター」と呼ぶ人は誰もいなかったとも
ルービンシュタインさんは語っています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経済・行動経済学 | 06:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バブル:日本迷走の原点

満足度★★★★
付箋数:25

  「日本の80年代バブルとは、いったい
  何だったのだろうか。それをいまあらためて
  考えることの意味はどこにあるのだろう。
  バブルはただの金融現象ではない。
  バブルは世界のいたるところで起き、
  どれも似たような様相を呈する。
  しかし実態はそれぞれに異なる。
  なぜなら、バブルはその国や地域の
  文化・歴史と複雑にからみ合いながら
  生じるからである。日本の80年代後半の
  バブルは、戦後の復興と高度成長を支えた
  日本独自の経済システムを知ることなしに
  理解できない。」

本書の著者は、40年間経済記者として
市場経済を見続けてきた永野健二さん。

80年代バブルは、それまでの高度成長を
支えてきた日本独自の経済システムが
限界を迎えた時に起こった現象でした。

永野さんが、バブルの起点である1986年から
30年経った今、あえてバブルを詳細に
振り返るのには、理由があります。

それは、現在のアベノミクスに80年代と
似たものを感じるからです。

表面的に見ると、デフレという全く違った
経済環境にあるように思えますが、
端々に出てくる現象の本質を見てみると、
実は共通したものがあります。

その端的な一例が、突如として湧き上がった
田中角栄さんのブームです。

  「バブル時代を知らず、その弊害を何も
  学んでいない世代が、80年代を懐かしんだり、
  バブル待望論を口にすることも増えてきた。
  最近の田中角栄待望論は、その好例である。
  彼が魅力的な人物であることは否定しない。
  田中角栄は、類まれなリーダーシップで
  権力の階段をのぼりつめて総理になった。
  しかし彼が旗を振った日本列島改造論は、
  土地を商品と位置づけることで、
  地価の上昇を加速し、日本をバブル社会へと
  導く原因をつくった。」

バブルとは、本来変えるべき制度を変えずに、
先送りしておきながら、欲が欲を呼び、
実態以上の何倍にも資産が膨れ上がることが、
人々を熱狂させた現象です。

バブルは人々の欲が生み出すものなのです。

バブルを知るのは、当時を懐かしみたいから
ではなく、これからの時代を生きるためです。

  「バブルの時代を知ることなしに、
  現在の日本を理解することはできない。
  私たちは、日本固有のバブルの物語に謙虚に
  耳を傾ける必要があるのではないだろうか。
  80年代バブルの教訓は、まだ十分に
  汲み尽くされていない。」

本書はバブルに翻弄された人々の
人間ドラマを中心に描く、
優れたノンフィクションです。

バブルを経験した人にとっては、当時の
空気感が蘇ると同時に、あの頃知らなかった
バブルの裏側を知ることになるでしょう。

バブルを経験していない人にとっては、
先輩たちから噂でしか聞いたことのなかった
バブルをよりリアルに感じ取ることが
できると思います。

いずれにしても、アベノミクスで動き出し、
トランプ効果という外的要因によって、
さらに加速しつつある今の日本経済を、
80年代バブル当時の日本と比較するのは
非常に有用だと思います。

  「バブルは同じ顔をしてやってこない。
  しかし、われわれは生きている時代に
  真摯に向き合わなければならない。
  だからこそ、日本のバブルの歴史を
  今一度学び直す必要があると思う。」

この本から何を活かすか?

本書は、年末年始などの時間のある時に、
じっくりと読みたい本です。

以前なら、12/31にいい本があるとわかって
注文しても、手元に配送されるころには、
正月休みが終わっていることもありました。

しかし、今の時代は「Kindleがあるので、
そんな心配はいりません。

一般的なビジネス書よりも、本書のような
ノンフィクション系の本の方がKindleで
読むのに合っていると思います。

今年の正月を一緒に過ごす本として、
本書はおすすめの一冊です。

空気感だけを知りたい方は、何も考えずに
映画『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式
を見るのもいいかもしれません。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経済・行動経済学 | 06:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本はこの先どうなるのか

満足度★★★
付箋数:22

あなたは、日本の借金に関して、次のような
説明を耳にしたことはありますか?

  「日本の借金(公債+借入金+政府短期証券)
  は約1000兆円で、これは国民一人当たりに
  換算すると800万円になります。
  国民のみなさん、このような莫大な借金を
  子や孫の世代に背負わせていいのでしょうか?
  この借金を返さなければ日本の財政は、
  まもなく破綻します。
  破綻を防ぐためには、増税が必要です。」

これは財務省が20世紀末から
繰り返してきた主張です。

多くのマスコミがこの説明を流用しています。

しかし、この「日本の借金1000兆円」
という刷り込みは、実は大ウソで、
「財務省による洗脳」であると
高橋洋一さんは指摘します。

  「さまざまな問題についてデータに基づく
  分析を重視する筆者は、感情や印象で
  ものを語ることが嫌いだ。
  データに基づかなければ、議論する意味は
  まったくないとすら思っている。
  しかしながら日本のマスコミ、そして学者や
  識者のほとんどは、感情や印象ばかりで
  語っているというのが現実だ。
  したがって、一般の人々が “日本や世界で
  本当に起こっていることは何か” を知る
  機会はほとんどないと言っても過言ではない。
  そこで本書では、日本で起きている
  さまざまな問題に焦点を当て、データを
  もとに解説している。」

さて、先程の日本の借金についてですが、
政府の債務が約1000兆円あることは事実です。

しかしこれはバランスシート(貸借対照表)
の右側の負債の部分のみの数字です。

企業の安全性を見るときでも、貸借対照表の
左右のバランスをチェックするのが一般的。

右側の負債だけ見ていても、真の姿は
見えてこないので、同時に左側の資産の部も
同時にチェックする必要があるのです。

実際、日本政府は莫大な負債だけでなく、
膨大な資産も抱えています。

2014年末の時点で、国の資産は680兆円。

国の借金1172兆円から680兆円を差し引くと、
約492兆円になり、巷で言われている
1000兆円の半分以下になります。

これはGDP比では、100%の数字です。

更にこの数字は企業で言うところの、
子会社を含まい単体ベースの数字です。

経済学では、日本銀行は広い意味での
政府と認識されています。

そこで、日本銀行も含めた連結ベースで
国家財政を考えると、日本政府の純負債は
多くても約100兆円でしかないのです。

これはGDP比では、約20%にしかなりません。

この数字は、先進各国と比較しても、
それほど悪い数字ではないようです。

では、なぜ財務省は、日本の借金が実態の
10倍もあるかのように喧伝するのか?

それは「消費税を増税したい」からです。

財務省が消費税を上げたがるのは、
予算における「歳出権」を拡大したいから。

  「財務官僚が予算総額を膨らませて、
  カネを自由に差配できるようにするためだ。
  もっとくだけた言い方で説明すると、要は、
  大盤振る舞いをすることで各方面に恩を売り、
  その見返りとして天下り先を確保したい
  からである。」

本書は2部構成になっています。

第1部は「日本で本当は何が起きているのか」。

第2部の内容はガラッと変わって、
「日本が戦争に巻き込まれない最も確実な方法」
という内容です。

この本から何を活かすか?

エコノミストの予測が外れるのは経済学部が
「文系」だからと高橋さんは考えます。

  「日本では、経済学部は “文系” 学部に
  分類される。これがそもそもの間違いだ。
  経済学は、数字やデータ、グラフを使って
  考えたり分析したり計算したりする
  学問であり、本来なら “理系” に分類されて
  然るべき分野である。」

経済学部を理系に分類して、数学を入試科目に
据えると、受験者数が激減してしまうため
日本では「文系」に分類されているようです。

エコノミストの予想が外れるのは、
文系出身で数学的素養のない人が多いからと
数学科出身の高橋さんは解説します。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経済・行動経済学 | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT