活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

プロ投資家の「株を買いたくなる会社」の選び方

満足度★★★
付箋数:20

さくら舎さんより献本いただきました。
ありがとうございます。

株式投資の世界で、実際に勝っている人は、
全体の2割程度と言われています。

これがどの程度信憑性のある数字なのか
わかりませんが、一定の勝てない個人投資家が
いることは間違いありません。

なぜ、勝てない個人投資家がいるのか?

本書の著者、加谷珪一さんは、その理由を
「投資の基礎を身につけていないから」と
指摘しています。

  「中長期的なスタンスの株式投資で
  成功するためには、企業の評価に関して、
  一定の基礎を身につける必要があります。
  これがないまま投資してしまうと、
  プロ投資家の格好の餌食になってしまいます。」

本書は、加谷さんが言うところの
「投資の基礎」を身につけるための本です。

本書は、大きく分けて2部構成。

第1部で「投資先をシンプルに選ぶ」投資の
基礎を学び、第2部ではその方法を使って、
実際に「日本を代表する10社を評価」します。

第1部の投資の基礎で押さえておくのは、
「数字(財務)」、「市場(マーケット)」、
「シナリオ」の3項目です。

「数字(財務)」では、売上高や利益の
5年分の推移を見ます。

利益については、当期利益ではなく営業利益を
チェックした方がいい。

なぜなら、当期利益には資産の売却や減損など、
特殊な要因で大きくブレることがあるからです。

また、ある会社の業績をチェックしたら、
必ず、ライバル会社の業績と比較するように
します。

「市場(マーケット)」では、次の3パターン
のいずれかを判断します。

 1. 業界全体が伸びていて、投資対象となる
  会社の業績がさらに伸びているパターン
 2. 業界としては低迷もしくは縮小している
  ものの、その中で特定の企業の実績だけが
  拡大するパターン
 3. 市場の規模が一定レベルで推移し、
  拡大も縮小もしないパターン

最後の「シナリオ」では、将来、その企業が
どのように事業を展開していくかを描きます。

「数字」と「市場」は、最終的に「シナリオ」
を立案するための基礎情報です。

ここでは可能性のある複数のシナリオを
用意して、投資のタイミングを窺います。

第2部では、実際に次の10社の将来を評価
しています。

トヨタ自動車、三菱重工、東芝、ソフトバンク、
セブン&アイ、LINE、楽天、三菱UFJ、ソニー、
ヤマト

この中で、本書のサブタイトルにもなっている、
「トヨタ」は、EV時代には不利な会社として
評価されていました。

 数字(財務)
  ・現在の財務状況は文句なし
  ・2016年までは順調に成長していた
  ・2017年は業績が踊り場に差し掛かっている

 市場(マーケット)
  ・自動車市場は上位4社への寡占化が進行中
  ・トヨタは全世界2位なのでポジションは良好
  ・一方で自動車産業は最大の変革期を迎える
  ・EVシフトという点でトヨタは遅れている
 シナリオ
  ・EVシフトがあまり進まない場合はトヨタ有利
  ・EVシフトが一気に進むとトヨタの強みは
   弱点に
  ・トヨタへの投資はEVシフトをどう見るかで
   大きく変わってくる

最後は複数のシナリオの中から、
自分でどう判断するかになってきます。

本書は、こらから株式投資を始めたい人に
とっては、中長期投資の1つの型を身につける
ために参考になる本だと思います。

この本から何を活かすか?

著者の加谷さんは、東北大卒業後、日経BP社の
記者としてキャリアをスタートしました。

その後、野村證券グループの投資ファンド
運用会社に転じ、企業評価や投資業務を担当。

独立後はコンサルティング会社を経営する傍ら、
個人投資家としても成功し、億単位の個人資産を
運用しているそうです。

本書は、加谷さんの投資ノウハウの核となる
部分を、わかりやすく解説した本です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 投資 | 05:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本経済の心臓 証券市場誕生!

満足度★★★
付箋数:22

オトバンクの上田さんより献本いただきました。
ありがとうございます。

  「わが国において有価証券が誕生し、
  その有価証券が初めて公設の取引所で
  売買されたのは今から約290年も前のことに
  なります。ちょうど世界では、清朝がチベット
  を征服し、ヨーロッパではようやく海賊の
  黄金時代が終わろうとしていた時期にあたり、
  米国独立の約50年前にあたります。
  そしてその日本初の公設取引所、世界最初の
  公設の証券先物取引市場でもありました。」

歴史の授業でも習う「堂島米会所」。

江戸時代、第8代将軍の徳川吉宗によって、
享保13年(1730年)に大阪堂島に開設された
米の取引所です。

堂島米会所は、当時の日本最大の米市場で
あるだけでなく、現在の証券取引所が持つ
種々の制度と遜色のない制度を持つ、
世界初の整備された先物取引市場でした。

なぜ、世界に先駆けて先進的なデリバティブ
市場が日本で誕生したのでしょうか?

その背景には、いくつかの理由があります。

まず、主食でもあり石高制のベースにも
なっていた米は、売買で移動させるには
重くてかさばることから、米切手と呼ばれる
証書の形で取引されていました。

そして米は、収穫量が天候で左右されるので、
価格が変動しやすく、米切手を発行する
各藩にとっては、それが大きな財政上の
リスクになっていました。

その価格変動リスクを抑えるために
行われていたのが、「延売買」と呼ばれる
米切手の取引でした。

延売買は、米切手の売買代金を全額払わず、
残額を一定期間後に支払うという契約をする
取引で、指定された交換期日が来るまでの
期間中は、米切手を転売することができました。

これ延売買が原型となり、堂島米会所で取引
されたのが「帳合米商(先物契約)」でした。

帳合米商は、決済するまでのは決済代金の
3分の1程度の保証金を米会所に差し入れれば
よく、現物取引より少ない資金で大きな商いを
することが可能でした。

いわゆる、レバレッジをかけた取引が可能
だったのです。

堂島米会所で決まった米切手の価格が
全国の米取引の価格として用いられるほどの
商品取引における影響力を持っていました。

それと同時に、蔵屋敷の中にある米よりも
ずっと多くの米切手の取引を行うことで、
各藩の財政を手当するという金融機能を
果たしていました。

さて本書は、日本の証券市場の歴史を
綴った本です。

堂島米会所での米取引が日本の証券市場の
夜明けとするならば、本格的な証券市場が
誕生したのが、明治11年に東京の兜町に
設立された東京株式取引所と大阪の北浜に
大阪株式取引所が誕生したときです。

本書では、このときに活躍した4名の人物に
注目します。

1人目は、「日本資本主義の父」と呼ばれる
渋沢栄一さん。

2人目は、洋銀取引から若くして財を成し、
「鉄道王」と呼ばれた今村晴之助さん。

3人目は、巨万の富を築き、「天下の糸平」
と言われた田中平八さん。

4人目は、大阪経済界の重鎮の一人で、
「鉱山王」として知られた五代友厚さんです。

本書では、こうした魅力あふれる人物と共に
日本の証券市場の誕生と発展の歴史が
詳細に語られている、読み応えのある一冊。

豊富なカラー写真も掲載されていて、
当時を知る資料としての価値もある本です。

この本から何を活かすか?

かつて株券売買立会場では、「手サイン」
によって売買されていました。

立会場内では、声がよく聞こえなかったことと、
移動が混雑で大変だったので、証券会社名、
銘柄名、数字の3つをを表すために
手サインが使われていました。

現在はコンピュータで売買されるようになり、
手サインも不要になり、株券売買立会場も
閉鎖されています。

本書を読んで、証券マンがひしめき合って、
手サインで取引していた頃の東京証券取引所の
熱気を懐かしく思い出しました。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 投資 | 06:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

3年で年収1億円を稼ぐ 「再生」不動産投資

満足度★★★
付箋数:24

オトバンクの上田さんに献本いただきました。
ありがとうございます。

あなたは、「不動産投資」に対して、
どのようなイメージをお持ちでしょうか?

私は、不動産投資の魅力を伝えるために、
最も貢献した本は、ロバート・キヨサキさんの
金持ち父さん 貧乏父さん』だと思います。

そのため、「不動産投資=不労所得」という
イメージが強く残っています。

しかし、本書の著者、天野真吾さんは、
不動産投資で成功するポイントは、
不労所得と考えないことだと説明します。

  「 “できる大家” は不動産投資は “投資” と
  名前はあるものの、“事業”に近いと考えて
  います。(中略)

   “おしい大家” は、不動産投資は、投資であり
  不労所得を得る手段だと考えています。
  不動産投資を、簡単にお金を得る手段として
  い続けています。入居者が快適に暮らすことは
  二の次であり、振り込まれてくる家賃のみに
  興味があります。(中略)

   “できる大家” は、事業に真剣に向きあい、
  入居者に “快適な住環境” を提供するので、
  入居者待ちが出るくらいの人気物件を
  持つことができます。」

本書は、不動産投資に興味がある人向けに、
不動産投資を始めるにあたり必要な考え方を
説明し、「覚悟」を持たせてくれる本です。

不動産投資は、資産、人脈、リソースを
「もっている者」と「もっていない者」では、
同じ条件で競争できない世界です。

最初から手をかけなくても儲かる
立地も良く、利回りが高く、入居率が高い
「一流物件」は、「もっている者」である
資産家にしか回ってきません。

では、資産をあまり持っていない個人投資家は、
まったく勝ち目のない世界なのでしょうか?

ここで大切なのが、不動産投資を「事業」と
捉える考え方です。

入居者あっての商売ですから、当然、
快適な住環境を提供するために手がかかります。

だからこそ、資産のない個人投資家でも、
利益を得る余地が残されているのです。

  「資産家や大物投資家が見逃すような
   “二流物件” にも、磨けば光る “一流物件” 
  はあるのです。ポテンシャルは高いのに、
  不運にも “二流” に甘んじている物件を
  激安で購入して “一流” に再生する。
  これが “再生” 不動産投資のコンセプトです。」

本書の著者、天野真吾さんはサラリーマンを
しながら、2008年に不動産投資を始めました。

わずか3年で家賃収入が1億円を突破し、
現在は12棟200室を保有するまでになった、
「再生」不動産投資です。

「湘南再生大家」の愛称で呼ばれ、
国内最大級の不動産投資と収益物件情報サイトの
「健美家」でコラムも執筆している方です。

天野さんにとって大切なのは、その不動産が、
磨けば光る「伸びしろ」があること。

ですから空室率が高い物件は、リスクではなく
チャンスなのです。

  「多くの投資家は空室率の高さをリスクと
  捉えますが、私にとってはチャンスでしか
  ありません。満室物件が安く売られることは
  ないので、購入できたとしても経営が低迷
  すれば、採算が取れず、売却もしづらい物件
  になってしまいます。一方、空室率の高い
  物件は、経営が低迷して入居率を伸ばす
  ことができなくても、安値で購入できるので、
  出口を用意しやすいのです。」

本書では「おしい投資家」と「できる大家」の
違いを明確にし、3年で1億稼げる不動産投資に
なるロードマップを示します。

不動産融資を始めたいと考える人にとっては、
非常に参考になる本だと思います。

この本から何を活かすか?

不動産投資をするときに、「融資」はつきもの。

実は、サラリーマンへの不動産融資は、
かなり歪んでいて、特殊な状態です。

  「(できる大家は)日本国内の金融機関で、
  サラリーマンにフルローン、オーバーローンの
  可能性がある融資という状況は、世界的に珍しい
  ことを理解しています。利回りも高く、割安な
  価格帯で不動産を購入できて、個人名義、
  会社名義で登記できることが、いかに特殊な
  状況であるかを理解しています。」

できる大家は、この歪みを理解した上で、
上手に活用しているのです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 投資 | 06:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

生涯投資家

満足度★★★★★
付箋数:28

  「私のファンドマネージャーとしての人生は、
  2006年にインサイダー容疑で逮捕された時に
  幕を閉じた。 “儲ける” という行為を
  否定されてしまったため、投資に限らず、
  何の事業もできない状態となってしまった。」

ニッポン放送株式のインサイダー取引の
容疑で逮捕されてから、表舞台から姿を消した
村上世彰さん。

事件の後、どんなことをマスコミに語っても、
更にバッシングを受けるだけと考えて、
なるべく露出することを避けてきました。

現在はシンガポールに拠点を移し、
投資活動を行っているようです。

そんな村上さんが、なぜ、本書を執筆したのか?

転機になったのは。2015年11月に村上さんの
事務所に入った強制捜査でした。

証券取引等監視委員会は、相場操縦の容疑で、
村上さんの会社と自宅を捜査しました。

この捜査では、会社に在籍していた長女の、
村上絢さんも捜査対象となりました。

絢さんは、捜査の対象となった期間は、
株の取引に関与しておらず、第1子出産のため、
産休に入っていました。

しかし、度重なる捜査を受けたストレスで
体調を崩し、死産することになります。

  「病室で泣きじゃくる娘を見て、私は心が
  えぐられるような、言葉にはできない
  悲しみと自分の子どもであるがゆえに
  このような経験をさせてしまったのかも
  しれないという申し訳なさが湧き上がってきた。
  そして私自身が表に立って自分の理念や
  信念をきちんと伝えなければならないと
  思い始めたのだった。」

そして、娘さんや奥さんの後押しを受けて、
村上さんが持ちつづけてきた、上場企業の
あるべき姿についての信念を書いたのが
本書です。

上場した会社の株式は誰でも売買できます。

企業は、上場すると株式の流動性を高める
ことができ、資金調達がしやすくなる
メリットを得ます。

一方で、上場にはコストがかかることと、
いつ誰が株主になるかわからないという
デメリットも持ちます。

当然、企業はこのメリットとデメリットを
を踏まえ、上場するか否かの判断を
することになります。

決してステータスや、信用を得るために
上場するものではありません。

  「上場のメリットとデメリットを比較
  すると、資金調達の必要がなく、
  経営においては株主から横やりを
  入れられたくないというなら、
  非上場化してプライベートカンパニーに
  すべきであるというのが、
  私の一貫した持論だ。」

そして、コーポレート・ガバナンスを通じ、
上場企業をあるべき姿にしていくことが、
投資家の使命であると、村上さんは
考えています。

ちなみに、コーポレート・ガバナンスとは、
株主が企業を監視・監督するための制度です。

投資先の企業で健全な経営が行われているか、
企業価値を上げる=株主価値の最大化を
目指す経営がなされているをチェックします。

本書には、これまで公には語られなかった、
村上さんが持っていた投資理念が毅然とした
態度で書かれています。

当時、マスコミの報道でしか村上さんの
ことを知らなかった方は、本書を読むと
意外な印象を持つことでしょう。

そして、何より、村上さんの考えに
賛同するかどうかはさておき、
信念によって一貫した姿勢で語られる
本書の内容は、圧倒的な魅力を持ちます。

村上さんや株式投資に興味がない方にも
オススメできる面白い本です。

個人的には、村上さんが逮捕された当時、
私も積極的に株式市場に関わっていたので、
非常に懐かしい思いで本書を読みました。

この本から何を活かすか?

村上さんは徹底したバリュー投資家です。

  「私は “期待値” とIRRにリスク査定を
  加味した3点から、投資するか否かの
  最終的な判断を行う。」

期待値が0.3の宝くじ、0.75の公営ギャンブル、
0.9強のカジノなど、いずれも期待値は1.0を
下回るので、村上さんは決して手を出しません。

期待値は、私にとっても重要な投資指標です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 投資 | 06:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シンプルにわかる確定拠出年金

満足度★★★
付箋数:21

あなたは、確定拠出年金を知っていますか?

確定拠出年金は、2016年の9月に
愛称が「iDeCo(イデコ)」と決まって、
かなり知名度が上がりました。

更に、2017年1月以降、法改正により、
20歳以上のほぼすべての国民が確定拠出年金に
加入できるようになりました。

ところで、あなたは、確定拠出年金を
利用していますか?

もし、あなたが、確定拠出年金を、まだ
始めていないなら、すぐにでも始めましょう。

確定拠出年金は、名前を知っているだけでは
何の得にもなりません。

  「長年、資産運用の世界に関わっていても、
  普通のお金の運用で、これほど大きな割合で、
  かつ “ほぼ確実に得をします” と言い切れる
  ものには、なかなかお目にかかれない。
  この点で、確定拠出年金は非常にまれな制度だ。」

本書の著者、資産運用が専門の経済評論家、
山崎元さんもこのように言い切っています。

それくらい確定拠出年金は、
「ほぼ確実に、かなり得」な制度です。

きっと、確定拠出年金のことを聞いたことが
あっても、何となく面倒で自分で調べようと
していない人が多いのではないでしょうか。

また、それほど自分ごとと考えることが
できず、あまり興味を持てない方も
いることでしょう。

正直、私から言わせると、確定拠出年金は、
「やらない、意味がわからない」制度です。

宝くじ売り場の前に並んでいる人を見たら、
そんなものを買わずに、確定拠出年金を
すぐに始めなさいと言いたいぐらいです。

知らない方のために、少しだけ解説すると、
確定拠出年金とは、国が導入した年金制度の
1つです。

積み立てたお金の運用方法を「自分で決める」
という特徴がありますが、極めて節税効果が
高い制度です。

あまりに優遇過ぎるため、利用できる
「上限」が設けられています。

これは、スーパーが赤字覚悟で用意した
目玉商品が「お1人様1個まで」といった
上限が設けられているのと同じです。

本書では、山崎さんが確定拠出年金利用の
3原則を示しています。

  その1. 確定拠出年金は、可能な限り「大きく」
     使おう。

  その2. 確定拠出年金年金は運用の中の
     「一部」と考えよう。

  その3. 運用商品は手数料が安くて
     「シンプル」なものを選ぼう。

本当は、山崎さんが言うように、確定拠出年金は
他の資産運用の一部と考えるのが望ましいですが、
そもそも資産運用自体を考えたことがない方も
いるはずです。

そんな方は、まずは確定拠出年金を限度額の
上限で始めましょう。

この時のポイントは2つだけです。

1つ目は、どこで始めるか。

これは手数料が安い金融機関を選びます。

キャンペーンなどではなく、無条件で、
手数料が無料なのは、2017年7月時点では、
「楽天証券」と「SBI証券」の2択でしょうか。

2つ目のポイントは、何を選ぶか。

これは各社の商品ラインナップの中から、
手数料の安い「インデックスファンド」を
選べばいいでしょう。

本書では、他の資産運用との組み合わせを
考えているので、いくつかのパターンが
示されています。

確定拠出年金は始めてから、
後で、投資配分を変えることもできます。

そこで、まず「MSCI-KOKUSAI」の指数に
連動した海外株式のインデックスファンド
のみで初めてもいいと思っています。

さすがにそれは少し乱暴すぎると感じる方は、
本書を読んで勉強してください。

本書は、非常に簡潔にまとめられた
確定拠出年金を始めるための入門書です。

この本から何を活かすか?

ちなみに、私はSBI証券で確定拠出年金を
利用しています。

また、次のサイトでは、確定拠出年金の
節税効果のシミュレーションができます。

提供しているのは、日本インベスター・
ソリューション・アンド・テクノロジーです。

  節税メリットシミュレーション

試算結果はあくまでシミュレーションであり、
概算金額を示唆・保証するものではないので
ご注意ください。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 投資 | 08:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT