活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

なぜ名門女子校の卒業生は、「ひと味」違うのか!

なぜ名門女子校の卒業生は、「ひと味」違うのか!なぜ名門女子校の卒業生は、「ひと味」違うのか!
(2015/02/17)
横田 由美子

商品詳細を見る

満足度★★
付箋数:9

私は首都圏の女子中学校に疎くて知りませんでしたが、
桜蔭学園、女子学院、雙葉学園の3校を「女子御三家」と
呼ぶそうです。

本書には、これら3校の女子生徒の気質を表す話しが
紹介されていました。

  もし、道に空き缶が落ちていたら・・・・?

  桜蔭 (読書や考え事に集中していて)気づかずに通り過ぎる

  雙葉 黙って拾い、ゴミ箱に捨てる

  女子学院 誰かが見つけ、缶蹴りして遊び始める

校風の違いを知っている人には納得感のある喩えなのでしょう。

本書は首都圏の名門女子校を取材し、教育方針や校風を
レポートした本です。

著者は、政界や官界に強い女性ライターで、
女性向けニュースサイト「ムーラン」の運営を行う
横田由美子さんです。

本書の冒頭で「女子御三家」について簡単に紹介されていますが、
女子学院からは取材を断られたようでレポートがありません。

紹介されるのは、桜蔭学園、鴎友学園、洗足学園、
吉祥女子、雙葉学園の計5校です。

ちなみに、鴎友学園、吉祥女子、豊島岡女子学園の3校を
「新御三家」と呼ぶそうですが、これらもすべてカバーして
いるわけではありません。

  「本書の一番の目的は、女性力を磨きあげる女子校の
  素晴らしさを知ってもらうことにある。
  よく、進路については、 “本人の希望を第一に考えろ” とか、
   “本人次第” とか言われるが、十二歳以下の子どもで、
  将来について明確な意志をもち、そしてそれに至る過程を
  考えられるというケースはごくごく稀ではないのか。
  むしろ、将来その子がどのような人生を選択し、どのような道に
  進みたいかを考えた時に、その夢を叶えられる環境づくりを
  してあげることが、親が一番してやらなくてはいけないこと
  だと考える。」

なんとなく、私はアマゾンで注文してしまいましたが、
本書は、中学受験を目指す女の子を持つ親を対象とした本でした。

しっかりと取材されていますから、受験情報誌などどは、
違った角度の情報を知ることができます。

それ以外の方が読んで何かが得られるかと言うと、
正直、難しいと思います。

女性を上手に活用したいと考える企業の採用担当者にも
読んで欲しいと横田さんは述べていますが、
果たして本書を読んで参考になるかは疑問です。

校風で培われた女子力というものはあるのでしょうが、
そんな色眼鏡で見るのではなく、
人物をよく見て採用すべきだと思います。

また、卒業生への取材も少なめで、桜蔭学園で登場するのは、
自由民主党所属の参議院議員で、かつて小泉内閣で
内閣府特命担当大臣を務めた猪口邦子さんと、
弁護士でヒューマン・ライツ・ウォッチ東京ディレクターの
土井香苗さんのお2人のみです。

同校を代表する卒業生なのかもしれませんが、
このお2人だけでは、本当のところの校風は
伝わらないような気がします。

ちなみに、横田さん自身は女子校の出身ではありません。

今回の取材を通じて、女子校に通ってみたかったと
思ったそうですが、どの学校に一番魅力を感じたかは
あえて伏せられています。

この本から何を活かすか?

最も偏差値の高いお嬢様学校「雙葉学園」

雙葉学園の出身者へのインタビューは、女性外交官の1人だけが
紹介されていました。

これだけでは、あまりにイメージが湧かないので、
同校出身の有名人をネット検索してみました。

アナウンサーの高橋真麻さん、スポーツキャスターの王理恵さん、
女優のかたせ梨乃さん、お笑い芸人のいとうあさこさん
らの名前がありました。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| その他 | 06:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2013売上ランキングBEST10

 年明け最初の記事は、当ブログでの2013年売上ランキング
BEST10を発表します。

※(  )内は記事掲載日を示します。

第10位 『統計学が最強の学問である』(2013年02月28日)
    『
論理が伝わる 世界標準の「書く技術」』(2012年12月19日)
    『
魔術師たちの投資術』(個別記事なし)

同数で3冊ありましたが、この3冊で一番意外だったのが、
統計学が最強の学問である』です。

昨年の統計本ブームの火付け役で、かつ、クオリティも物凄く高い本なので、
BEST3に入っておかしくないと思っていましたが、意外と後半伸び悩みました。


第9位 『イシューからはじめよ』(2011年01月01日)

2011年に紹介した傑作本。

他の本を紹介する記事の中で、何度か言及したこともありますが、
毎年コンスタントに売れています。


第8位 『面白い本』(2013年04月15日)

成毛眞さんが、最近20年に読んだノンフィクションを厳選して紹介する本。

もちろん、成毛さんの趣味を強く反映していますが、
ポピュラーサイエンスのガイドブックとしては、ハズレがありません。


第7位 『プロの残業術。』(2009年08月27日)

こちらは、2009年に紹介した本ですが、オールタイム売上BEST5に
入っていることもあり、毎年コンスタントに売れています。

著者の長野慶太さんは、最近ではビジネス書よりも
KAMIKAKUSHI 神隠し』など小説の執筆に力が入っています。


第6位 『スマート・シンキング』(2013年04月08日)

唯一、外国人著者の本でランクイン。

興味深いエピソードが数多く紹介され、科学的裏づけをもとに、
「思考のスキル」を身につける方法が解説されています。


第5位 『私の財産告白』(個別記事なし)

私が過去に何度も座右の書として言及してきた本で、
個別の紹介記事がないにもかかわらず、
当ブログのオールタイム売上で「1位」を記録する本です。

2013年5月に文庫化。


第4位 『外資系コンサルのスライド作成術』(2013年01月05日)

2013年にもプレゼンが多数刊行される中で、当ブログでは最も売れた
プレゼン本です。

しかも、スライド作成法に特化したモノクロ印刷の本ですが、
実用性の高さが評価されてのランクインです。


第3位 『「それ、根拠あるの?」と言わせない データ・統計分析ができる本
   (2013年06月26日)


この本が第3位というのが、一番意外でした。

各章の冒頭にミニストーリーがある、わかりやすい統計入門本ですが、
ここまで売れた理由は、正直、よくわかりません。


第2位 『東大物理学者が教える「考える力」の鍛え方』(2013年08月09日)

こちらの本は口当たりのいい良書なので、売れた理由はよくわかります。

ただし、過去1年を振り返って見ると、それほど強い印象が
残っている本ではありません。


第1位 『伝え方が9割』(2013年04月11日)

伝え方が9割伝え方が9割
(2013/03/01)
佐々木 圭一

商品詳細を見る


昨年、2位以下を大きく引き離し、断トツに売れたのがこの本です。

この本の内容の素晴らしさから考えると、2013年だけでなく、
2014年以降もコンスタントに売れ続ける名著の1冊だと思います。


~番外編~

「本」以外で2013年に売れたのは以下の2アイテムです。

  ・『Kindle Paperwhite (ニューモデル)』
  ・『毛穴撫子 重曹つるつる石鹸 155g

『毛穴撫子』は『LIFE PACKING(ライフパッキング)』の中で
高城剛さんが紹介していた石鹸です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

| その他 | 06:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第5世代 iPod touch アマゾンで予約受付中!

最新モデル 第5世代 Apple iPod touch 32GB ブルー MD717J/A最新モデル 第5世代 Apple iPod touch 32GB ブルー MD717J/A
(2012/10/31)
アップル

商品詳細を見る

祝日なので、本以外の記事の投稿、ご容赦ください。

第5世代iPod touch、9/14にアップルストアで予約していましたが、
キャンセルして、アマゾンで予約し直しました。

それは、アマゾンが安かったからです。

あまり、アップル製品は割引しないのに、
なぜかアマゾンでは予約の段階から1,128 円(5%)安くなっています。

しかも、予約商品の価格保証付き。

刻印サービスが不要だったり、
購入先にこだわらなければお得です。

Apple Lightning - 30ピンアダプタ MD823ZM/A」も
アマゾンで取り扱っているので、併せて予約し直しました。

iPhone 5ばかりが注目されて、iPod touchは日陰の存在ですが、
スマホを持たずに、スマホっぽいことをするにはオススメです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

| その他 | 08:38 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドル消滅の仕組み

ドル消滅の仕組み
ドル消滅の仕組み
(2009/05)
中丸 薫&ベンジャミン フルフォード 商品詳細を見る

満足度★

タイトルから想像すると、「経済」について書かれた本かと
思いましたが、「闇の権力」や「陰謀説」についての本でした。

いわゆる、トンデモ本の一種でしょうか。

本書では、中丸薫さんとベンジャミン・フルフォードさんが
対話形式でオカルト話しを展開しています。

陰謀説を信じる方同士の、政治や経済など広い範囲にわたる
雑談といった雰囲気で、話しは盛り上がっています。

ちなみに、「2012年12月22日」に大変なことが起こるという
終末予言がお2人の話のベース。

これは、太陽系がフォン・ベルトという高エネルギー帯に差しかかり、
地球がその帯域に突入するのが、2012年12月22日の真夜中
であるという信仰です。

で、それに向けて闇の権力者たちも生き延びるために、
いろいろなことを画策しているけれど、2012年に禊に遭い、
新しい世界に突入するというストーリーのようです。

本書では、以下のような話しが真剣に語られています。

  ・闇の権力がブッシュ元大統領を使って9.11テロを自作自演させた
  ・今回の金融危機も、間違いなく彼らの演出
  ・米国は夏までに倒産する
  ・米は国家破産に備え、青い紙幣「ブルーノート計画」を進行中
  ・インフルエンザの流行も権力者によるマッチポンプ
  ・ワクチンは人口削減計画の一つで、変な薬が混ぜてある
  ・ベンジャミン・フルフォードさんの家は70箇所から盗聴されている
  ・日銀がドルを刷っている

これ以外にも、陰謀説には欠かせないフリーメイソンやイルミナティ、
宇宙人からUFOの話しまで登場します。

ここまで想像力が豊かだと、それはそれで楽しめますが、
同じ陰謀説の本でも、安部芳裕さんの
金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った」の方が
まだ質が高い感じがしました。

また、本書でもはっきりと正体は明かされていませんが、
闇の権力者は、ジョージ・オーウェルさんの古典
1984年」で描かれていたビッグ・ブラザーといった
イメージでしょうか。

この手の本には会員制組織への入会案内が
掲載されているのが常で、当然、本書にも「太陽の会」という
組織の案内が巻末に記載されていました。

この本から何を活かすか?

人類は今までに、何度、滅亡しているのか?

どうでもいいことですが、「終末予言」のキーワードで
検索してみると、歴史上の人類滅亡の予言を一覧表に
まとめている方がいらっしゃいました。

  ・超常現象の謎解き-「終末予言」

2000年以降だけでも20回は滅亡する予定になっていますね。
まだまだ、この終末予言商法は健在のようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| その他 | 06:29 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

懐かしの「ブラウン・モーニングリポート」が復活

[PR by ブログタイムズ]

先日、smoothさんがパナソニック製シェーバーを紹介していたのを見て、
ブラウン派の私は、無意識のうちにブログタイムズのブラウンPR記事に
応募していました。

さて、この記事では、シェーバーそのものより、
ブラウン名物「モーニングリポート」を紹介します。

モーニングリポートといえば、通勤途中のサラリーマンをつかまえて、
ブラウンの深剃りを試してもらうTVコマーシャルで、
1981年~2003年までの22年間に渡り放送されていました。

「朝剃ってきたばかりなんですけどね~。」というセリフもお馴染みで、
きっと私も、このCMが脳裏に焼きつき、
知らず知らずのうちにブラウン派になったのでしょう。

で、当時思ったことは、

「ブラウンで剃ってきた人に、モーニングリポートを頼んだらどうなるか?」

ということでした。

その答えは、「ご当地モーニングレポート」にありました。
(ひょっとすると、当時もそのパターンのCMが
あったのかもしれませんが、私は見ていません)

<広島市民球場前のモーニングリポート>
 
ブラウンで最初に思い出すのは? と聞かれ、
「(広島カープの監督)マーティ・ブラウン」
と答える、この男性は、ブラウン愛用者。

TV-CMも2008年7月に復活しているようですが、
こちらは、ブラウン初のWEB限定版CMです。

果たして、外刃をコンコンとボードに叩いた時に、剃れたヒゲが出てくるのか?

ちなみに、CMで使われている製品は、
ブラウン初の“3段階深剃りモード”を搭載した「シリーズ7」。

私自身は、お手軽価格のコントゥアを使っていて、シリーズ7は未使用です。

買い替えの時期が来たら、ぜひ試してみたいのですが、
まだ、かなり先になりそうです。

というのは、「シューバーの寿命=内臓充電池の寿命」
というイメージですが、 最近のシェーバーは「eneloop」タイプの充電池が
内蔵されているようなので(勝手な推測です)、
以前より、寿命が伸びているような気がするからです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

| その他 | 10:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT