活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

宇宙兄弟 「完璧なリーダー」は、もういらない。

満足度★★★
付箋数:21

あなたは、リーダーに向いていますか?

こう聞かれると、自信を持って「向いている」
と答えられる人は少ないでしょう。

それは、「リーダーは優秀な人」という
固定観念が強いからです。

また、実際にリーダーという立場の人でも、
「自分はリーダーになるタイプじゃない」と
思っている人も多いかもしれません。

でも、安心してください。

リーダーは、完璧である必要はありませんし、
優秀である必要もありません。

なぜなら、リーダーをリーダーたらしめる
ものはただ1つ。

それは、「リーダーシップ」を発揮すること
だけだからです。

リーダーシップは、「持っているか、いないか」
の素養を問うものではありません。

「発揮するか、しないか」の意志こそが、
リーダーシップとして現れる差なのです。

  「率先垂範・不動不惑のリーダーは
  通用しなくなりつつあり、 “総リーダー時代” 
  に突入しているのです。(中略)
  まずはこの “リーダー=優秀で選ばれた人” 
  というイメージを頭の中から取り払って
  しまいましょう!」

本書は、マンガ『宇宙兄弟』のエピソードから、
次世代のリーダー像を学ぶ本です。

等身大のあなたらしいリーダーシップを
活かしたチーム作りを目指します。

  「僕が、小山宙哉さんの描くマンガ
  『宇宙兄弟』を本書の題材に使わせてもらった
  のも、宇宙飛行士たちが日々行っている訓練は、
  まさにリーダーシップを活かした究極の
  チーム作りだと感じたからです。
  特に主人公の南波六太は、リーダーとして、
  とても魅力的なキャラクターと言えるでしょう。」

著者の長尾彰さんは組織開発ファシリテーター。

企業や団体、教育、スポーツなど、
様々な分野で約20年にわたって、3000回を超える
チームビルディングを支援してきた方です。

長尾さんは、リーダーシップは大きく分けて
2つのタイプがあると説明します。

それは、「賢者風」と「愚者風」です。

賢者風リーダーとは、いわゆる優等生タイプです。

先頭に立って、みんなを引っ張りながら
チームをまとめていきます。

賢者風には、大きなプレッシャーがあるので、
常に「しんどい」状態で、精神的負担を伴います。

一方、愚者風リーダーとは、一見すると
優秀な人物には見えません。

こちらは、人の上に立たず、自分の出番を待ちます。

「どうすればいいと思う?」とチームや相手の
意見を聞きたがり、協調して物事を進めようと
します。

愚者風とは、「愚者のようにふるまう」のではなく、
「賢者であろうとする必要がない」という自然体で
リーダーシップを発揮します。

これが、『宇宙兄弟』の南波六太の姿であり、
本書が目指すリーダー像なのです。

 ・賢者風は「自分が正しく相手が間違え」と批判し、
  愚者風は「全員が正しい」と考える。

 ・賢者風は問題を「解決」しようとし、
  愚者風は問題を「解消」しようとする。

 ・賢者風は「結果」を重視し、
  愚者風は「プロセス」を重視する。

賢者風と愚者風にはこのような違いがあります。

また、この2タイプはそれぞれフィットする
組織の形があります。

賢者風リーダーシップは、「ヒエラルキー型」の
組織と相性がよく、愚者風リーダーシップは、
「ネットワーク型」の組織で力を発揮します。

こらからの時代は、ヒエラルキー型の組織より、
ネットワーク型の組織が多くなってきますから、
そういった意味でも愚者風リーダーシップの
方がうまくいくのです。

本書は、『宇宙兄弟』の絵をふんだんに挿入
しているので、普段、あまり本を読まない人でも
非常に読みやすい本だと思います。

この本から何を活かすか?

本書では、「心がくじけそうなとき」に、
浮上できる、魔法の言葉が紹介されていました。

その言葉とは、「それはちょうどいい」。

どんなに厳しく、つらい状況に直面しても、
「それはちょうどいい」と、その状況を
一度ポジティブに受け入れ、そのあとに、
「じゃあ、◯◯しよう」と付け加えます。

例えば、仕事でミスをした場合。

「それはちょうどいい。この機会に、
自分の仕事のやり方を見直してみよう」
といった具合に魔法の言葉を使います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

| リーダーシップ | 05:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ikadoku.blog76.fc2.com/tb.php/3277-545ed0e9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT