活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


≫ EDIT

ほんの1秒もムダなく片づく 情報整理術の教科書

満足度★★
付箋数:14

あなたは、毎日、何時間くらい働いていますか?

朝9時から、夜は9時や10時過ぎまで、毎日12時間以上
働いているという方も珍しくないでしょう。

労働時間が長くなる理由は、もちろん仕事が多いからです。

ところで、今やっている仕事は、本当に必要な仕事でしょうか?
ムダな仕事はしていませんか?
ミスによって、やり直しが多く発生していませんか?

  「筆者は30年以上に渡ってさまざまな会社のさまざまな現場で
  働いてきましたが、効率の良い現場と悪い現場、仕事ができる人と
  できない人の差をたくさん見てきました。効率が悪い人、
  仕事ができない人の特徴はだいたい決まっています。」

著者の根岸智幸さんは、仕事ができない非効率な人の
特徴として、次の3つを挙げています。

  1. いつも目の前の仕事を片づけるのに追われていて余裕がない
  2. 情報が整理されておらず、探すのに時間がかかる
  3. 発注でも受注でもミスや漏れが多い

こういった特徴を持つ人は、長時間労働の力業で
仕事をこなそうとします。

しかし、長時間労働に頼っていると集中力がなくなり、
新たなミスが発生して、さらに長時間労働するという
悪循環に陥ってしまいます。

根岸さんは、この悪循環を断ち切る唯一の方法は、
「整理を怠らないこと」であると述べています。

  「情報を整理することで、仕事の材料を抜け漏れなく準備でき、
  まちがいなく手戻りがなくなります。
  スケジュールとToDoを整理することで、仕事の順番に優先順位を
  つけて、心と時間の余裕をもって仕事に集中できます。
  目的、課題、アイディアを整理することで、何をすべきで、
  何をやる必要がないのかが明確になり、ムダな仕事が減ります。」

効率よく仕事をするには、整理に始まって整理に終わる。

根岸さんは、これまで様々な仕事をしてきた中で、
効率よくミスなくこなすには、どんな種類の仕事でも、
共通する3つの手順があることを発見しました。

  1. 必要な要件を整理して決める
  2. 素材を集めて整理する
  3. 見やすく整形(整理)してアウトプットする

本書では、この手順を実践するために、グーグル系のサービス、
Dropbox、Evernoteなどのクラウドサービスを活用します。

グーグル系のサービスでは、Gmail、Googleカレンダー、
Googleドライブ、Googleタスクなどの使い方を紹介します。

  第1章 仕事を整理する準備をする
  第2章 ファイルを整理して管理の手間を最小限にする
  第3章 メールを整理してミスやストレスをなくす
  第4章 スケジュールを整理して使える時間を最大化する
  第5章 ToDoを整理してやるべきことをミスなく効率的にこなす
  第6章 メモやノートを効率的に記録し、整理して、活用する
  第7章 アイディアや課題を効率的に整理する
  第8章 大量の情報を効率的に収集し、整理する
  第9章 コミュニケーションを整理してチームでの
     共同作業を効率化する

既にグーグル系のサービスやDropbox、Evernoteなどを
日常的に使いこなしている人にとっては、
本書の内容に、それほど目新しいものはないように思えます。

本書は、これからクラウドサービスを使う人向けの
情報整理術の入門書的な位置づけの本です。

この本から何を活かすか?

  電子雑誌で情報収集を効率的に行う

本書で紹介されていたサービスで、私が試してみようと思ったのは、
電子雑誌の読み放題サービスです。

月額300円から600円で、100以上の雑誌の記事を
スマホやタブレットで読むことができるようです。

根岸さんのおすすめは、月額400円の「dマガジン」。

収録誌のすべての記事が読めるわけではありませんが、
無料試し読み期間が31日あるので、自分の読みたい雑誌の記事が
どの程度掲載されているか、確認することができるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ノウハウ本 | 07:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ホワット・イフ?

満足度★★★
付箋数:22

  「この本は、私のウェブサイトに投稿された突拍子もない、
  空想的な質問と、それに対する私の答えをまとめたものだ。
  私はウェブで、理系オタクのための人生相談のようなことを
  やっているが(あの、アメリカの長寿人生相談コラム
   "ディア・アビー" のような感じで)、そのほかに "xkcd" という、
  シンプルな線画のキャラクターが登場するマンガを描いている。」

本書は、サイエンス系の本では異例の売れ行きとなった
What If? : Serious Scientific Answers to Absurd
Hypothetical Questions
」の邦訳本。

同書はニューヨークタイムズのベストセラーリストに
34週連続で入り、全世界で100万部以上を売り上げる
大ヒットとなりました。

著者のランドール・ マンローさんは、元NASAの研究者で、
現在はフルタイムのウェブ漫画家として活動しています。

マンローさんは、自身のサイトに寄せられる、
「もし、◯◯だったら」という、くだらない質問に、
科学と数学の力と棒人間の漫画でユニークな解答をします。

例えば、次のような質問が寄せられています。

  「質問. 光速の90パーセントの速さで投げられた
  野球のボールを打とうとしたら、どんなことが起こりますか?」

この質問へのマンローさんの解答は4ページにも及びますが、
ここでは短縮して紹介します。

  「答. 結論からすると、 “いろんなこと” が起こる
  というのが答えだ。そして、すべては極めて短時間に起こり、
  バッターは(そしてピッチャーにも)気の毒な結果になる。」

このときに起こる「いろんなこと」とは、
次に挙げるような現象です。

  ・ボールは極めて高速なので、空気分子と衝突して核融合する
  ・球場内の空気は高温のプラズマと化して膨張する
  ・ピッチャーは真っ先に崩壊が始まる
  ・プラズマ雲は、バッター、キャッチャーと次々と巻き込み、
   やがて球場全体を飲み込んでいく
  ・町外れの丘からこの球場を見ると、太陽よりも明るい光を発し、
   キノコ雲が伸び、轟音とともに爆発する様子が観察できる
  ・球場の1.5キロ以内はすべて消え去り市街地は猛火に包まれる
  ・球場のダイヤモンドだった場所は巨大なクレーターとなる

  「メジャーリーグ・ベースボール規則6.08(b)によれば、
  この状況では、バッターは “死球” を受けたと判断され、
  1塁に進むことができるはずだ。」

バカバカしいことでも、科学の力で真剣に(?)考え、
オチはウィットに富んでいます。

日本で言うと、『空想科学読本』シリーズの
柳田理科雄さんのような存在なのかもしれません。

柳田さんはSF特撮やアニメ上の既に結果があるものを
科学的に検証を行って、その結果が起こるための
必要な条件をはじき出します。

一方、マンローさん場合は、結論が見えていない質問に対し、
科学的な根拠をもとに、どんなことが起こるかを導き出します。

お2人とも、扱う題材は違いますが、本質的には同じ
オタク的要素を持っていますから、きっと気が合うと思います。

個人的には柳田さんとマンローさんの、
日米理系オタク対談を見てみたいですね。

この本から何を活かすか?

  「もしグーグルの持つ世界中のデータが、パンチカードに
  記録されていたら、どのくらいの量になるか?」

この質問の対して、マンローさんはTEDで素敵な講演を
行っています。

未知の情報を推測する手法と、オチが必見のプレゼンです。



Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 07:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

実力派たちの成長戦略

満足度★★★★
付箋数:29

あなたは、かつて自分が歩んだ道と同じ道を歩む後輩に
有効な助言を与えることができますか?

自分が歩んでいたときには気づかなくても、
今から振り返って考えると、どうするのがベスト、
あるいはベターだったか、当時よりは分かっていることでしょう。

経験者は未経験者対し、何かしらの有効なアドバイスが
できるものです。

本書は50代後半となった山本真司さんが、こらから自分と同じ道を
歩むであろう30代~50代前半の方、いわゆる企業のミドル層の
飛躍的成長を促すために書いた本です。

コンサルタントとして、また経営者として経験豊富な山本さんは、
たとえ職種は違っても、会社の中心となり、更にポジションを
上げていくであろうミドル層に、有益な助言をしてくれます。

  「本書の目的は、私が30代、40代のときに学び、考え、
  実践し、矯正し、そしてまた実践しながら身につけてきた
  仕事、人生における “ツボ” を一先輩として
  お伝えすることにある。」

例えば、上司からの指示に真面目に取り組んでいるあなた。

毎日、夜遅くまで残業して、あるいは休日出勤してでも
指示を守り、必死に仕事をしている方も多いはずです。

しかし、仕事をまさに仕上げようとしている段階で、
上司の指示が大きく変わることはないでしょうか?

仕上がる直前で指示が変わると、今までの作業が無駄になり、
追加の作業も増え、残り時間もなくなり追い詰められます。

それでもなんとか指示の変更に合わせて、
ギリギリで仕事を仕上げたとします。

でも結局、次の仕事でも、その次の仕事でも、
また直前で指示が変わることが、何度となく繰り返されます。

常に自転車操業で、完全にオーバーワークの連続。

精神的にもきつく、思考停止にも陥り、
期待に応えようとすればするほど、仕事の質も落ちていきます。

山本さんも、かつてはこのような状況を経験したようです。

  「この悪循環の原因は何だろうか。そもそも、受け身で
  上司からの指示に従って動くという初動動作からして
  間違っている。結局、全ての行動が後追いになってしまって
  いるのだ。私もミドルのマネジャーのとき、
  頻繁にそうした悪循環モードに陥った。」

山本さんは、上司の後追いをやめることで、
この悪循環を断ち切りました。

そのために、上司よりちょっとでもいいから早く考え、
先手を取って、あるべき姿や会社の将来を自ら考えます。

必要な情報を集め、他人の頭も利用して、
いつでも「自分ならこうしたい」というビジョンを
頭に描きながら行動する。

そうすることで、今まで上司の判断の後追いで
行動していたものが、自分で先回りして考えていますから、
直前の指示変更であたふたすることもなくなるのです。

山本さんは、このように自らビジョンを考え描き、
それを実現していくミドル層を、
「ビジョナリー・プロフェッショナル」と呼んでいます。

本書は、ミドルが陥りがちな症例診断と処方箋を示し、
あなたが、ビジョナリー・プロフェッショナルになるために
必要なサポートをします。

非常に密度が高い内容で、30代、40代のビジネスパーソンなら
読む価値のある本だと思います。

ちなみに、本書は2004年12月に刊行された
30歳からの成長戦略』をもとに、大幅に加筆修正したものです。

この本から何を活かすか?

  「自分の頭で悪戦苦闘したあとは、自分の考えを
  聞いてもらうのが一番だ。そんなときは、いつもだれかに
  相談している。そこで、必ず、おもしろい発見がある。
  他人の知恵ほど、役立つものはない。」

山本さんは、他人の頭を借りて使いこなすことを、
「ブレイン・ジャック」と呼んでいます。

他人の頭をジャックして、あたかも自分の頭のように使いこなすと、
自分だけでは考えられないアイディアが出てきます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 06:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秘島図鑑

満足度★★★
付箋数:20

著者の清水浩史さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

以前、清水さんの本『海に癒される。 』を読んで、
海に行きたくなりましたが、今回は島に行きたくなる本でした。

しかし、本書で紹介されている島々には、
そう簡単に行くことができません。

なぜなら、それらの島々には航路がないから。

行く手段としては、漁船をチャーターして連れて行ってもらうか、
船が難破して、偶然、漂流するしかありません。

本書は、行けない島である「秘島」のガイドブック。

本書を読む前は、名前さえ知らなかった島が、
知って、なおかつ、行けないと知ると余計に行きたくなるものです。

  「それでもやっぱり、秘島は遠い。
  時刻表を眺めつづけても、秘島への航路が見つかるわけではない。
  でも、地図に目を凝らすと、そこには確かに秘島がある ― 。
  どうせ行けない島だし・・・・と、諦めたくもなる。
  でも、この本で問いたかったのは、(物理的に)行けないから、
  行けないのではない、ということ。遠くのことを思う気持ち、
  行きたいと思う気持ち、近づきたいと思う気持ち。
  それらの気持ちを持ち続けることが、広義の意味で “行くこと”
   “旅すること” なのではないか。」

確かに本書を読んだだけで、旅をした気分は味わえますし、
「秘島」という言葉から、ロビンソン・クルーソー的な想像も
どんどん膨らみます。

ちなみに、本書では秘島を次のように定義しています。

  ・リモート感がある(絶海の遠隔感)
  ・孤島感がある(比較的に小さな面積で、周囲に陸地や島がない)
  ・もの言いたげな佇まい(島の姿、形が個性的なもの)
  ・行けない。島へのアクセスがない(一般の公共交通機関がない)
  ・住民がいない
   (島に住所を有する人・住民票を置いている人がいない)
  ・知られざる歴史を秘めている
   (忘れてはいけない小さな島の物語)

本書で紹介される秘島は、南硫黄島、北硫黄島、沖大東島、
横当島、硫黄鳥島など厳選された33の島々です。

その中には船をチャーターしても行くことができない、
幻の島もあります。

その幻の島の1つが南波照間島。

  「日本最南端の有人島である、波照間島。そのさらに南に
  あるとされた、伝説の島。大波照間島とも呼ばれる。
  琉球王国時代の『八重山島年来記』には、波照間島の農民が
  重税を逃れるために南波照間島へ渡ったという記録が
  残されている。」

南波照間島は実在したのか、想像上の島だったのか?
もし、実在したとすると、どこの島なのか?

未だその存在は謎に包まれているようです。

逆に、無理をすれば行ける可能性のある島もいくつかあります。

全島民が完全移住してしまった八丈小島。
かつて銅採掘が行われたが、戦時中に島民が集団自決した屋嘉比島。
一度水没したが海底火山活動で新島が出現した昭和硫黄島。
旧日本海軍の戦艦「陸奥」が近くで爆発事故を起こした続島。

いずれも無人島になるに至った、あるいは無人島でいるための
それぞれの島の歴史があるようです。

この本から何を活かすか?

日本地理で、日本の端として習うのは以下の4島です。

東端:南鳥島(東京都)
西端:与那国島(沖縄県)
南端:沖ノ鳥島(東京都)
北端:択捉島(北海道)

この4島の中で南鳥島と沖ノ鳥島は無人島の秘島なので、
本書で紹介されています。

たまにニュースなどで聞くこれらの島について、
私は本書を読むまで、その歴史を全く知りませんでした。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 旅行・アウトドア | 06:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

紙一枚とマトリクスでできる思考の片づけ

満足度★★★
付箋数:13

本書の著者、吉山勇樹さんは、思考の整理は、
文字として書き出すことから始まると述べています。

  「 “なにをしなければならないのか?”  “なにが問題か?”
  などと頭で考えるだけでなく、ペンを手にとって紙に
  書き出すことです。頭のなかだけで考えていると、
   “ああでもない”  “こうでもない” と堂々めぐりになって
  しまいます。
  じつは、 “書き出す” = “文字にしてモヤモヤを見える化する”
  という行為こそ、新たな行動の起爆剤になります。
  すなわち “考動” が解決のカギなのです。」

しかし、単に文字として紙に書きだした段階では、
モヤモヤが見える化されただけで、まだ整理された状態
とは言えません。

箇条書きのTo Doリストにして、優先順位をつけることも、
1つの思考の整理ですが、それは1つの視点でしか見ていません。

いくつかの視点を組み合わせて、現在の置かれている状況と、
今後向かうべき方向を探るには、マトリックスが便利です。

マトリックスとは、縦と横の2軸で4つの象限に区切った
フレームワークです。

もともとは、「子宮」を意味するラテン語なので、
マトリックスに整理して考えると、何かを生み出せる
という意味を含んでいるのかもしれません。

吉山さんは、本書で思考整理におけるマトリックスの
有用性を解説し、さまざまな場面を想定して、
39ものマトリックスフレームワークを紹介します。

  「マトリックスはとても手軽なツールですが、思考の整理には
  欠かせない “現状把握”  “目標設定”  “問題解決” に
  絶大な効果が期待できます。まず、 “気がかりなこと” を
   “2つの軸” によって分類された4つのカテゴリーにマッピング
  します。」

マトリックスにマッピングをすると、次の3つが見えてきます。

1つ目は、「現状把握」で、いま、どのポジションにいるかが
多面的に見えてきます。

2つ目は、「目標設定」で、今後、どのポジションに行くべきか
が見えてきます。

3つ目が「問題解決」で、今のポジションを変えるために
何をすべきかがわかります。

本書では、紹介するマトリックス1つ1つに対して、
その使い方と、問題解決するまでのポイントが解説されています。

  第1章 「時間がなくてバタバタ・・・」がなくなる思考の片づけ
  第2章 ややこしくてからまりがちな人との関係が
     スッキリする思考の片づけ
  第3章 自分の進むべき道が明らかになる思考の片づけ
  第4章 すべての要求がスッキリまとまる交渉時の思考の片づけ
  第5章 強いチームをつくるためにやっておきたい思考の片づけ

紹介されているマッピングの実例は意外と少なく、
本書の解説の中心は、どのようにポジショニングを変えるか
という点にあると思います。

また、マトリックスを使った「仕事術」的な
解説が多いのも本書の特徴の1つです。

この本から何を活かすか?

個人的にマトリックスの醍醐味は、現状を整理するオリジナルの
マトリックスを作り出した瞬間にあると思います。

つまり、新しい2軸の組み合わせを考えて、
それがピタリとハマった瞬間が、一番の快感なのです。

本書には多くのマトリックスが掲載されているので、
そのまま使うには便利ですが、オリジナルのマトリックスを
生み出す快感を味わうには物足りない気がします。

2×2のマトリックスは無限に作り出すことができますから、
どちらかと言うと、「筋のいい軸の設定の仕方」に
重きを置いて解説して欲しかったところです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 問題解決・ロジカルシンキング・思考法 | 06:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT