活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


≫ EDIT

100歳の精神科医が見つけた こころの匙加減

満足度★★★
付箋数:20

飛鳥出版社の江川さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

  「昔の人は、よく “匙加減” という言葉を
  使いました。元来、薬の量を測るときに用いた
  言葉が転じて、あらゆる場面で使われるように
  なったようです。
   “心の匙加減ほど、むずかしいものはない” 
  100歳を迎える今も、心は百人百様である。
  そう痛感しています。」

本書は、2016年11月で100歳となる現役精神科医の
髙橋幸枝さんが、「心穏やかに生きるための
ヒント」をまとめた本です。

1916年生まれの髙橋さんは、高等女学校を卒業後、
海軍省のタイピストとして勤務しました。

その後、縁あって中国・北京に渡り、日本人牧師、
清水安三さんのもとで秘書として働きました。

その清水さんに医師になることを勧められ、
医師になることを決意したのが髙橋さんが
27歳のときでした。

それから受験勉強を始め、国家試験に合格して
医師になったのが、33歳のときでした。

49歳で精神科を診療科目に加えた秦野病院を開院。

現在は100床を超える医療法人社団秦和会の
理事長を務めています。

  「頑張りすぎず、自分を甘やかせすぎず。
  我慢しすぎず、他人を頼りにしすぎず。
  このような匙加減を見極める眼力こそ、
  大人に必須の力です。
  100年生きてきて、思うのは匙加減の大切さ
  です。 “生きていく” とは、この匙加減を
  見極めていく営みにほかなりません。」

私が髙橋さんに共感したのは、
「あらゆる不幸は、人と比べることから始まる」
という考えです。

人は本能的に自分と周囲を比べてしまいます。

隣の芝生は青く見えてしまうもので、
他人の良いことと、自分の悪いことを
つい比べてしまうもの。

すると、どんどん自分が不幸に
思えてしまうです。

一方で、比べることが頑張る原動力に
なる場合もあります。

健全なライバル心を持つことは必要です。

ですから、人と比べることは不幸の始まりと
肝に銘じつつ、ちょうどよい匙加減に
留めておくことが大切なのでしょう。

また、50歳が近くまで迫ってきた私が、
本書を読んで感じたことは、
「まだまだ、新しくできることが沢山ある」
ということ。

髙橋さんは、80代や90代になっても、
新たな趣味を持ったり、新しいことに挑戦
しています。

そんな好奇心を持ち続けることが、
100歳まで現役でいる一番の秘訣です。

いろいろなことに衰えを感じる私ですが、
本書を読むと、今がやっと人生の折り返しで、
これから先の50年で、もっと面白いことに
挑戦できるとイメージできました。

  「本書で紹介する40の原則は、 “やろう” と
  思えば簡単に実践できることなのですが、
  ついさぼってしまうことがあります。
  そんなときは、 “やる” か “やらない” か、
  10秒考えるようにしています。
  その瞬間に心が不安定だと、10秒間の問答が
  むずかしくなります。
  だから、普段から心を穏やかにしておく
  ことが大切なのです。
  ではどうすれば、 “普段から心を穏やかに
  しておくこと” ができるのでしょうか?
  私は “迷いすぎないことが” 肝心だと思います。
  そのためには、普段から自分の
   “ちょうどよい匙加減” を知っておくことです。」

この本から何を活かすか?

本書の中で、髙橋さんが1つだけ、
匙加減が必要ないものを取り上げていました。

  「夢に限って、匙加減はいらない」

100歳になる髙橋さんでも、「将来の夢」が
あります。

何歳になっても、夢を描くと、人は雄弁になり、
ワクワクできます。

実現の可能性は二の次で、大きな夢を持つことが
長生きの秘訣のようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 人生論・生き方・人物・哲学 | 06:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

選ばれ続ける必然

満足度★★★★
付箋数:27

  「会社の名前を聞いたりロゴを見たりしたとき、
  人はこれまでの体験や情報からその会社の持つ
  特徴やイメージ、もしくは評判などを頭の中に
  浮かべます。この “頭の中に存在する価値や
  イメージのかたまり” が “ブランド” です。
  アップルと聞いて思い浮かぶこと。
  不祥事を起こした会社の名前を聞いて
  感じること。こららすべてがブランドです。」

商品に魅力があるだけで、売れる時代では
ありません。

本書は、選ばれる続ける会社になるための
ブランディングについて、豊富な事例をもとに、
非常にわかりやすく解説した本です。

著者はブランディング・ディレクターとして
多くの企業の企業理念・ビジョン策定や、
ブランド戦略の立案に携わる佐藤圭一さん。

佐藤さんは、ブランディング行うことを
「BRAND」と「ING」の2つの要素に分解します。

「BRAND」では、「あるべき姿を規定して、
カタチにする」ことを行ないます。

これは何を伝えるべきかの「WHAT」の部分です。

「ING」では、「あるべき姿をあらゆる活動を
通して、伝え、浸透させる」活動を行ないます。

これはどう伝えるかの「HOW」の部分です。

この2つの要素のうち、9割の力を注ぐのは、
「BRAND」を明確にすることです。

なぜなら、「何を伝えるべきか」がはっきり
していないのに、「どう伝えるか」という
手段ばかりにとらわれるのは、穴の空いた
バケツで水を汲んでいるようなものだから。

本書でも、「BRAND」に的を絞り解説します。

あなたは、自分の会社の魅力や独自の価値を
言葉で語れますか?

東京ディズニーランド、ナイキ、アップル、
ヤマト運輸、スターバックスコーヒー・・・

こららの強いブランドの会社は、
「あるべき姿」が明確です。

会社のあるべき姿がはっきりしていると、
社員に共有されやすく、お客様にも理解され
やすい状況が生まれます。

そういった会社はお客様から共感されやすく、
ファンを作りやすくなります。

会社が伝えたいイメージと、お客様が受取る
イメージの間に差があったり、経営者と社員
の間にズレがあると、ブランドは確立しづらく、
選ばれ続ける会社にはなれないのです。

本書では、佐藤さんがこれまで手がけてきた
ブランディング・プロジェクトの実務経験を
ベースに、実践的なブランディングの
方法について解説します。

ブランディングで一番重要な、「あるべき姿」
をカタチにするときに、佐藤さんが最も大切に
していることは、「答えはその会社の中にある」
ということです。

そのため、ブランディングを進めるときは、
とにかく社員を巻き込んでいきます。

具体的には、次の4つのセッションを行ないます。

 1. 自分たちの現状を知り共有するセッション
 2. 未来に向けた自分たちの提供価値を
   考えるセッション
 3. 自分たちの印象やイメージを考えるセッション
 4. それらをまとめてあるべき姿を言葉にする
   セッション

事例として、よつ葉乳業のブランドプロミスが
紹介されていましたが、非常によく考えて
作られているものでした。

本書は、新書で200ページ弱の本でしたが、
非常に中身が濃く、読む価値のある本です。

自分の勤める会社や自ら経営する会社の
ブランディングを考えている方は必読。

また、ブランディングに興味がない方でも、
本書を読むとその必要性をすぐに理解し、
ワークショップを始めたいと思うことでしょう。

この本から何を活かすか?

本書の手法は、個人でもブランディングでも
活用できるのか?

  「自らの中に存在する想いや魅力を見つけ、
  整理し、あるべき姿としてカタチにすること、
  そしてそれに基づいてさまざまな活動に
  一貫性をもたらし、受け手が感じる印象や
  評価をあるべき姿に近づけていくという
  ブランディングの方法は、当然個人をはじめ、
  いろいろな対象に応用できます。」

個人のブランディングは、学生の就活や
家族の絆を強くする際にも使えるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.


このエントリーをはてなブックマークに追加

| ブランディング | 05:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

課長1年目の教科書

満足度★★★
付箋数:22

  「あなたが課長手前の役職、たとえば課長代理や
  係長であるとすれば、ぜひ課長を目指さないで
  ほしいと思います。」

本書は、「課長1年目の教科書」というタイトル
ですが、正確に言うと、課長としての働き方を
示した本ではありません。

課長からその上のポジションに出世するための
方法を具体的に示した本です。

本書の著者、平康慶浩さんは大企業から
中小企業まで150社以上の人事評価制度改革に
携わった人事コンサルタントです。

平康さんのつくる人事の仕組みには、
出世のルールも含まれています。

どんな人を課長や部長、執行役員や取締役に
出世させると、会社の経営がもっとよくなるかを
考えてコンサルティングを行ってるそうです。

本書では、人事のプロフェッショナルである
平康さんが、役員になるための働き方を示します。

最近では、出世に意欲を示す人が、
少なくなっていますし、出世だけが人生の
豊かさを示すものではありません。

しかし、出世が仕事や付き合いの幅を広げ、
社会人としての人生を充実させるための、
1つの手段であることに、変わりはありません。

  「あなたがすでに課長になっているのであれば、
  経営層を目指してほしい。
  なぜなら、課長というポジションこそが
  会社という組織の中で、経営層を目指すための
  入り口だからです。それはまさに、会社人生で
  二度目の採用試験に他なりません。
  そう、まさに課長こそが出世のための本番が
  始まるのです。」

40年近い会社人生の中で、課長が最も大きな
ターニングポイント。

サラリーマンに支持されてきた漫画、
島耕作シリーズも、「課長」が原点でした。

島耕作の連載が始まった1980年代は
同期入社の半分から1/3が課長になり、
課長はサラリーマンの1つの到達点であり、
同時に通過点でした。

しかし、時代は変わり2000年以降は、
同期の中で課長になれるのは、1/3から1/4程度。

今後は、課長になれるのは約2割程度になる
とも言われ、課長は手の届きにくい
エリートキャリアになってきているのです。

8割のビジネスパーソンが、
課長にすらなれない時代。

だからこそ、逆に課長候補としての心構えや、
課長1年目からの仕事への取り組み方が、
今後の社会人としてのキャリアに
大きく影響を及ぼすことになるのです。

ところで、課長までの昇進と、課長以降の昇進に
大きな違いがあるのはご存知でしょうか?

課長までの昇進は、仕事ができるかどうか。
一般的に言われる、優秀な人が課長に昇進します。

しかし、そこから先は、必ずしも優秀な課長が
部長になるわけではありません。

多くの企業では「職務主義」が採用されています。

これは、「部長の仕事にふさわしい人を
部長に据える」という人事の考え方です。

では、部長以降の仕事にふさわしい人とは、
どんな考えを持った人なのか?

部長は、課長に昇進するまでの延長線上で
仕事をしてはいけません。

  「部下を従業員だと思えない人は、役員に
  なることができません。そして役員になれる
  可能性のない人を、部長に出世させる経営者も
  またいないのです。」

部長以降で必要なのは、「使う側」になる
心構えです。

部下は会社がお金を出して雇っている者。
従業員は自分のお金で雇っている者。

つまり、会社そのものを自分と一体化し、
会社のお金を自分のお金だと思って
大切に使うように考え方を切り替えることが
求められるのです。

こうした部長以降の考え方を示しているのが、
本書の大きな特徴です。

この本から何を活かすか?

リーダーシップの基本を身につける
簡単なトレーニングが本書で紹介されていました。

それは、重要なミーティングや面接などの
開始5分前に、自分の考え方を紙に書き出し、
整理するというトレーニングです。

書き出す項目は次の3つ。

 1. 大きな目標や一生のうちに実現したいこと
 2. 他社と比較して自分には力があると
  感じた出来事
 3. ワクワクして、楽しいと感じた経験

この3つの中から、想像しやすいものを1つ選び、
具体的にイメージしながら数行書きます。

このトレーニングは、心理学上で言われる
「接近モチベーション」を高め、
頼れるリーダーとしての自信にあふれた
雰囲気を手に入れることができるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 06:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界をつくった6つの革命の物語 新・人類進化史

満足度★★★
付箋数:23

「音」に関する歴史上の発明と言えば、
トーマス・エジソンさんが、1877年に蓄音機を
実用化したことが有名です。

しかし、「音」歴史の起源まで溯ると、
ネアンデルタール人が洞窟の音響効果に
気づいたのが、そもそもの始まり。

この発見がなければ、20世紀に入って、
ジミ・ヘンドリックスさんが新しいサウンドを
作ることはなかったかもしれません。

歴史は、エジソンさんのような有名な発明家
だけで作られる訳ではないのです。

  「斬新なアイディアに向かって突き進む
  偉大な発明家や科学者―たとえばガリレオと
  彼の望遠鏡―の物語には、まぎれもない
  魅力がある。しかし、語ることのできる別の
  もっと深い話もある。レンズをつくる能力は、
  二酸化ケイ素に特有の量子力学特性や、
  コンスタンティノープル陥落にも支えられて
  いたのだ。ロングズームの視点から語ることは、
  ガリレオの天賦の才に注目する従来の物語の
  魅力を半減するものではない。
  ますます魅力を与えるだけである。」

本書は、まったく新しい発明を切り口にした、
まったく新しい世界史の物語。

「ガラス」、「冷たさ」、「音」、「清潔」、
「時間」、「光」の6つのイノベーションについて、
人類の進化の歴史を綴ります。

著者は、PBSとBBCのテレビシリーズ
『私たちはどうして現在にいたったか
(How We Got to Now)』の共同制作者で、
司会も務めるスティーブン・ジョンソンさん。

例えば、「音」のイノベーション関する年表は、
本書では次のように記されています。

 旧石器時代・ネアンデルタール人が洞窟内の
       音響学的効果を利用?
 1500年頃 ・音波の発見
 1857年  ・音を記録する機械「フォノートグラフ
       (音の自動筆記」ができる
 1872年  ・ベルが音をとらえ、伝える手法を発見
 1877年  ・エジソンが蓄音機を発明
 1910年  ・無線機で史上初めて人間の声を船から
       海岸に送信することに成功
 1920年頃 ・真空管の発明
 1920年代 ・拡声器ができる
      ・ラジオが家庭で聴けるようになる
      ・ラジオによってジャズがアメリカ全土
       に広がる
 1930年代 ・ヒトラーが真空管アンプとマイクを
       使って演説
 1950年代 ・真空管アンプを使うギタリストが
       魅力的な音の「ひずみ」に気づき
       はじめる
 1956年  ・北米とヨーロッパの間で初めて
       大西洋横断電話線が敷かれる
 1960年代 ・ビートルズが真空管アンプとマイクを
       使ってライブを行う
      ・ジミ・ヘンドリックスが新しい
       サウンドをつくる
 現代   ・ソナーによる海洋探査
      ・超音波による妊娠検診

ここでは年表に出来事を並べましたが、
エポックメイキング的な出来事の裏には、
それが生まれるに至った物語があります。

名もなき市井の人びとの努力で
生み出されたものや、偶然見出された発見が、
現在の文明につながっているのです。

ある分野でのイノベーションが、まるで違う
領域で変化を引き起こすこともあります。

本書では、そんな不思議な影響の連鎖が、
新しい視点での歴史を紡ぎ出しています。

この本から何を活かすか?

公衆衛生の歴史を紐解くと、人類は「清潔」さ
をずっと求め続けてきました。

私たちが安心して「水」を飲めるように
なったのも、先人たちの努力のおかげです。

現在の「清潔」さは、どこまで進化しているのか?

最近では、「きれいすぎて飲めない水」が
作られています。

これはコンピュータのマイクロチップの
製造に使う超純水。

超純水は細菌汚染だけでなく、
普通に浄化された水に含まれるミネラルや塩分、
その他のイオンも取り除かれています。

超純水は、マイクロチップには理想的な
溶液ですが、人間が飲むと、逆にミネラル分が
吸い取られてしまうため、「飲めない水」に
なっているようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マイケル・ジャクソンの靴下はなぜ白いのか?

満足度★★★
付箋数:19

  「日頃からボクは何事にも法則があると
  思っています。その法則を分析し、それを形に
  するのがマーケティングだと感じています。
  テレビ番組も一緒です。様々な法則のものと、
  ヒット番組が生まれています。戦略なくして
  ヒットするのはアートだけだと思います。
  クリエイティブは、戦略が必要です。
  ボクは毎日のように経営者に会います。
  そして、成功した人には、それなりの法則が
  あると感じています。各個人が自分の欠点や
  弱点と向き合い、そして頂点を伸ばせるように
  いろんな作戦を考えています。
  そんな成功の法則をまとめさせていただき
  ました。
  大切なのは “考えている” ということです。
  正確には、 “考え抜いている” ということです。」

本書は、成功者たちの逆転発想、
36の具体例をまとめた本です。

著者の野呂エイシロウさんは、放送作家。

「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」で
放送作家デビューし、「ザ! 鉄腕! DASH!!」や
「奇跡体験! アンビリバボー」などの人気番組を
手掛けた方です。

また、放送作家として培ったノウハウを
企業戦略に応用する、PR戦略的コンサルタント
としても活躍しています。

ソフトバンクやライフネット生命などの
プロジェクトに携わっているようです。

本書は、テレビ業界に居ながら、経営者にも
頻繁に会っている、野呂さんの特殊な立場を
生かして成功法則がまとめられています。

タイトルの「マイケル・ジャクソンの靴下は
なぜ白いのか?」の理由については、
本書を手にして確認していただくとして、
ここでは他の成功法則を紹介しましょう。

 「大隈重信はなぜ文字を書かなくなったのか?」

総理大臣を務め、早稲田大学の創設者としても
有名な大隈重信さん。

大隈さんは、文字を書かず、仕事で必要な
書類もすべて代筆で済ませていたそうです。

これは大隈さんが、ものぐさだったからでは
ありません。

実は、少年時代に通っていた佐賀藩の学校、
弘道館でどうしても文字のうまさでは勝てない
学友がいて、負けず嫌いの大隈さんは
「文字を書かなければ負けることはない」と
決め、そこから一切文字を書くことを止めました。

普通なら、もっと文字を練習してうまくなる
とか、習字以外の科目で勝ちを取るとか
考えます。

しかし、大隈さんは絶対に負けることが
ないように、「文字を書かなけれならない」
というルールを変えてしまったのです。

その後、勉強はひたすら暗記で克服したと
言われています。

このエピソードから野呂さんは、成功者の
「発想のポイント」として、3点を挙げています。

  ・ルールは絶対的なものではない
  ・負けたくなかったら勝負をやめること
  ・閉塞感を感じたら「ルールを変えたら
   どうなるか」という視点を持つ

この実例として、スポーツの国際大会で
日本人が勝ち過ぎると、突然、ルールが変わる
ことがあります。

スキーのジャンプやフィギャースケート、
柔道などでルール変更がありました。

日本は変えたら側ですから、理不尽さを感じた
方も多いと思いますが、逆の立場からすると、
競技以外の力も利用して勝ったことになります。

日本人は真面目過ぎるので、ルールは守るもの
という発想に縛られがちですが、
特にビジネスでは、ルールに縛られない
自由な発想が必要なのかもしれません。

本書では、このようなエピソードがら
引き出された教訓を、成功法則としています。

この本から何を活かすか?

 「飛行機はなぜ左側に搭乗口があるのか?」

よく観察していないと、そもそもこんな疑問は
出てきません。

実はこれ、船から引き継がれた慣例のようです。

もともと、多くの船が行き交うとき、
そえぞれが勝手な向きに港に進入すると
衝突が起こるため、船首に向かって左から
接岸し、人や荷物の乗り降りをすることが
習慣になったそうです。

このように、何気ない日常のことに、
どれくらい注意を払えるかが、ビジネスで
発想力を養うのに大切なようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.


このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 05:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT