活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


≫ EDIT

9プリンシプルズ:加速する未来で勝ち残るために

満足度★★★
付箋数:24

  「2012年の春の日にエージェントが電話を
  よこして、本の共著に興味あるかと尋ねた。
  真っ先に言ったのは “ない” の一言だった。
  物書きが集まって苦労話をするとき、
  最もぞっとするものはクリエイティブな
  協働作業がおかしくなったものについての
  話なのだ。ほんの好奇心で “ちなみに相手の
  書き手は誰?” と尋ねた。
   “伊藤穰一” とエージェント。
   “おっと。それなら、ある” と私は答えた。」

こう語っているのは、本書の共著者の一人、
ノースウェスタン大学助教授で、
MITメディアラボ客員研究員のジェフ・ハウさん。

ハウさんは、現在、普通に使われている
「クラウドソーシング」という言葉の
生みの親です。

ハウさんが、名前を聞いただけで、
一緒に仕事をしたいと心変わりした相手は
伊藤穰一さんです。

伊藤さんはベンチャーキャピタリストとして
世界的に有名で、現在はMITメディアラボの
所長を務めている方です。

日本ではNHK Eテレのる語学教養番組、
「スーパープレゼンテーション」の
ナビゲーターとしても知られています。

恐らく、本書を手に取った方のほとんどは、
「伊藤穰一」という著者名を見たからに、
違いないでしょう。

ハフさんをはじめ、みんな伊藤さんが
何を語るのかを知りたいのです。

原題「Whiplash: How to Survive
Our Faster Future


Whiplashとは、むち打ち症のことです。

むち打ち症になってしまうほどの
急激な速さで変化する未来を、私たちは
どう生き延びるかを論じた本です。

その未来を生き残るための術が、
「9つの原理(ナイン・プリンシプルズ)」
としてまとめられています。

  1. 権威より創発
  2. プッシュよりプル
  3. 地図よりコンパス
  4. 安全よりリスク
  5. 従うより不服従
  6. 理論より実践
  7. 能力より多様性
  8. 強さより回復力
  9. モノよりシステム

伊藤さんの哲学がまとめられているので、
具体的なノウハウではなく、少し抽象的な
内容です。

未来を生き抜くための術ですから、
あまり内容が具体的過ぎると、
すぐに陳腐化してしまいます。

そのため、この程度の抽象度は
必要だと思います。

個人的に気に入ったのは、5つ目の原則
「従うより不服従」です。

  「不服従、特に問題解決のような極度に
  重要な領域での不服従は、しばしばルール準拠
  より大きな見返りをもたらす。
  イノベーションには創造性が必要で、
  創造性は―善意の(そしてあまりに善意でない)
  管理職たちの大いなるフラストレーションの
  源ではあるけれど―しばしば制約からの自由を
  必要とする。(中略)
  偉大な科学的進歩に関するルールは、
  進歩のためにはルールを破らねばならない
  ということだ。言われた通りにしているだけで
  ノーベル賞を受賞できた人はいないし、
  だれかの設計図にしたがっていただけで
  ノーベル賞をもらえた人もいない。」

社会の役に立つ、良心を持った「不服従」が
イノベーションを生むのです。

解釈が少し難しい部分もありますが、
なかなか刺激的な本だと思います。

この本から何を活かすか?

  「台風が吹き荒れたとき、鋼鉄のように
  強い樫の木は砕けるが、柔軟で回復力のある
  葦は低くたわみ、嵐が通り過ぎるとまた
  跳ね起きる。失敗に抵抗しようとして、
  樫の木はかえってそれを確実にして
  しまったわけだ。」

本書では、サイバーセキュリティの分野で
「強さより回復力」が語られていました。

個人的には、この原則は他の分野でも
広く応用が効くと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 05:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

苦労して成功した中小企業のオヤジが新人のボクに教えてくれた 「上に立つ人」の仕事のルール

満足度★★★★
付箋数:26

著者の嶋田有孝さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

  「本書は、私が社長を務める株式会社
  日経サービスにおいて研修資料として作成
  したもので、文中にでてくるオヤジは、
  当社の創業者、近藤勲です。」

株式会社日経サービスは、大阪に本社がある
アウトソーシングの総合企業。

主にビルメンテナンス、警備保障、人材派遣、
メディカルサービス、駐車監視などの
人材派遣を行っている会社です。

本書は、同社の創業者、近藤勲さんから、
嶋田さんが学んだ「教え」を小説仕立てで
まとめた本です。

近藤さんは、既に10年以上前に引退。

しかし、嶋田さんは、創業者の経営に
かける思いを、後輩たちに伝えたいと考え、
当時の経験を研修で語るようにようにしました。

本書は、その研修用のエピソードを
まとめて、書籍化したものです。

  「本書に出てくるエピソードは、二十年以上
  前のものばかりです。当時と比較すると、
  社会の環境も、人々の意識も、大きく変化
  しました。しかし、いくら時代が変わっても、
  決して変わらないものもあります。
  それが、原理原則であり、仕事のルールです。
  オヤジは、いつの時代も変わらない仕事の
  ルールを私たちに教えてくれたのです。」

話は、嶋田さんが入社した当時の平成元年、
バブル景気の真っ只中から始まります。

舞台は、ビル管理を営む大阪の中小企業。

嶋田さんは、入社後、社長室勤務を命じられ、
配属された初日から毎日1時間以上、
近藤さんから叱られる日々を送ります。

しかも、たしなめられるような叱り方
ではなく、凄まじい勢いの罵倒でした。

  「連日のように “アホ”  “ボケ”  “帰れ”
  と言われ、ときに書類を投げつけられた。
  今の時代だったら完全にパワハラだろう。
  何度も辞めようと思った。でも、辞めることは
  できなかった。それは、オヤジの叱り方が
  表面上は厳しかったが、中身はとても
  温かかったからだ。
  オヤジは、典型的な大阪の中小企業の経営者だ。
  とんでもなく時代遅れだが、その教えは、
  深く考えさせられる内容が多かった。」

まさに、「ザ・昭和」的な雰囲気ですが、
さすがに実体験に基づくストーリーだけあって、
どのエピソードも非常に説得力があります。

嶋田さんは入社後数ヶ月で、会社案内の
パンフレットを作ることを命じられます。

さまざまな企業の会社案内を研究し、
写真もふんだんに使い、デザインも優れた
パンフレットが出来上がりました。

しかし、近藤さんは、パラパラと数ページ
見て、「全然あかん、やり直せ」と一蹴。

嶋田さんが、どこがダメなのかを聞いても、
「全部ダメや」と納得できる答えは
返ってきませんでした。

その後も、嶋田さんは同じように、
納得できないまま何度もやり直しを命じられ、
やっとのことで会社案内は完成しました。

しばらく経ってから、嶋田さんは、
何度も却下された理由を聞くことができました。

  「お前に一つ教えといてやるわ。
  仕事をやっている本人は、『これが限界』
  『これで最高』と思ってる。だが、そこは
  まだ80点。すでに合格点やけど、もう一段
  上も目指せる。そういうケースがあるわな。
  ダメな上司は、そういうときに
  『まぁ、いいか』と妥協してオーケーする。
  これでは、最高のものはできへん。
  今回のケースだけでなく仕事すべてに
  言えることや」

近藤さんの教えは、仕事をしていく上で、
本当に必要な本質的なものばかりです。

本書は、特に若い世代の方には、
読むことを勧めたい一冊です。

この本から何を活かすか?

  「まずゴキブリは、なんといっても
  スピードが速い。そして、普段は目立たへん。
  小さな隙間でひっそりと生きとる。
  しかも少しの物音にも敏感や。
  中小企業は、ゴキブリのようにならなあかん。
  スピード、隙間、敏感。
  この3つを常に意識する。
  そうすれば大手も怖がる存在になれる。
  中小企業生き残りのコツは、そこにあるんや」

これは近藤さんが語る「中小企業ゴキブリ論」。

うまく伝えるのが上手い人は、
このように、予想外のものに喩えるのが
上手いですね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事論 | 06:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

齋藤孝の 知の整理力

満足度★★★
付箋数:24

  「本書のテーマにもなっている “知性” ですが、
  いったいどのようなものなのでしょうか。

  私は、 “言葉” こそが知性と考えます。

  ですから、言葉をたくさんストックしており、
  なおかつ、言葉を自在に操れる人が、知的な人
  と言えます。」

齋藤孝さんは、「知性」とは「言葉」であると、
定義しています。

知性がある人は、相手のレベルを瞬時に読み取り、
そのレベルに合わせた「言葉」を使い、
適切で知的なコミュニケーションをとることが
できるのです。

では、知的な人は、普通の人とどこが違うのか?

齋藤さんが指摘するのは、「頭の整理の仕方」。

言葉としてアウトプットするためには、
集めた知識をどのように整理するかが重要です。

整理の方法は、大きく分けて「外的整理」と
「内的整理」の2つがあります。

外的整理とは、自分の頭の外側の記録媒体で
整理する方法です。

書類をファイルに入れてまとめておいたり、
パソコンからデータを取り出しやすいように
整理しておくことが外的整理に当たります。

これは「やらないより、やったほうがマシ」
という程度で、齋藤さんは外的整理を
あまり重視していません。

本書で重点的に解説されるのが、
頭の中を整理する「内的整理」です。

情報過多の時代だからこそ、
内的整理で、どのように情報を整理して、
記憶するかが重要になってくるのです。

齋藤さんは、本書で内的整理をするための
2つの方法を紹介しています。

1つ目は、カオス型整理法。

これは、自分が面白いと思った知識を記憶し、
整理するときの方法です。

自分の中の好奇心のセンサーに反応した
情報を集め、個人的な経験とつなげて、
整理していきます。

自分の経験に引き寄せるので、
生きた知識として記憶されます。

2つ目は、秩序型整理法。

この方法では、すでに体系立っている
知識を記憶し、整理する方法です。

具体的には、本や教科書の「もくじ」を
コピーして、そこに書かれている内容を
メモして情報を整理します。

この方法は「もくじ勉強法」として
紹介されていました。

最初は、紙を使ってそこに書き込むことで、
情報を整理していきますが、最終的には、
そろばんの暗算をするように、頭の中だけで
キーワードを整理することを目指します。

他にも、要約して骨組みだけ記憶したり、
知識を図にしてキャプションをつけて
整理したり、レジュメを作成する方法などが
紹介されていました。

また、本書でページを割いて解説されて
いるのが、知を磨くための「読書」です。

読書は、想像力、要約力、俯瞰力、バランス力、
発想力、つなげる力、時間的空間的視野などの
「知性の基礎力」を養うことができます。

  「本を読むことは読み手が言葉の意味を
  どれだけ捕まえられるかの戦いとも言えます。
  ともすれば、読書は受動的に見えるかも
  しれません。しかし、実際、読書は
   “知的な狩猟” とも言える、能動的な行為
  なのです。」

本書では、知識をインプットする方法、
頭の中の整理法、強化法、プレゼンテーションや
会議でのアウトプット方まで、広く知的生産の
技術を公開しています。

今まで、齋藤さんが他の本で書いてきた内容と
大きくは変わりませんが、「知」に関する
ノウハウが1冊に上手くまとめられています。

この本から何を活かすか?

  「私は、SNSが全盛になったことによる
  知性の鈍り方は、かなり危険なものがあると
  考えています。」

齋藤さんは、SNSが知性を奪うと指摘。

SNSで使われる言葉は、基本的に
「友人とのおじゃべり」レベルなので、
学びの時間にはならないのです。

SNSで時間を消費するよりは、少しでも読書に
時間を使って、偉大な先人の思考をなぞる
ことが推奨されています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ノウハウ本 | 06:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

本当は中国で勝っている日本企業

満足度★★★
付箋数:21

オトバンクの上田さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

  「この本のタイトルは『本当は中国で
  勝っている日本企業』だが、現在、中国で
  成功している日本(日系)企業は、
  皆さんが思っているよりずっと多い。

  なぜ中国で勝っている会社ほど、
  あまり知られていないのか?

  ひとつは中国企業に売ることが増えたから
  である。一般の中国人消費者に売る消費財
  と違い、メディアも企業も、積極的には
  伝えてこなかった。」

日本国内での市場の伸びが限界に近づいた
企業にとって、巨大な人口を抱える中国は、
どうしても押さえておきたい市場です。

しかし、日本企業が中国で成功することは
簡単ではありません。

これまでにも多くの企業が、一度は中国に
進出するものの、日本でのやり方が通用せず、
撤退を余儀なくされてきました。

しかし、日本ではあまり知られていなくても、
中国市場で成功を収めている企業があります。

中国では、どんな日本企業が、どのように
して勝っているのか?

本書は、中国でビジネスを行う日本企業と
現地のビジネスパーソンに丹念に取材を重ね、
中国市場で勝つための秘訣を探った本です。

著者は、ダイエーと中国の合弁会社で
5年間勤務した後、北京大学経済学部に留学し、
そのまま北京で執筆・創作活動を続けている
谷崎光さんです。

谷崎さんの本では、商社時代の中国での
ビジネスの様子をコミカルに描いた
中国てなもんや商社』が大ヒットして、
1998年に松竹で映画化もされました。

谷崎さんは、今年で北京在住17年目。

本書で紹介される日本企業は7社あります。

 第1章 三菱電機
  中国全土にファクトリーオートメーション
  を売れ!
 第2章 富士電機
  スマホ支払い自動販売機で中国大陸を
  制覇する
 第3章 伊勢半
  アジア全域の口コミパワーが爆売れを
  呼んだ
 第4章 キユーピー
  中国人の舌と胃袋をとりこにした
  「味」の秘密
 第5章 良品計画 ユニ・チャーム 名創
  中国人を離さない、
  品質の良さ×デザイン性×マーケティング
 最終章 中国で本当に勝つ方法
  匿名でしか語れない本音のホンネ

個人的に気になったのは、中国で自動販売機の
ビジネスが成立するかです。

自販機の中の現金や商品が盗まれたり、
売上がごまかされることが多かった中国。

しかし、フィンテックが発達することで、
スマホ決済が可能になり、この問題が
解決しました。

現在の中国の自販機には、お金をスマホで
支払える液晶パネルが搭載されています。

この決済方法が可能になってから、
中国での自販機の設置台数は、
劇的に伸びました。

何よりも、このスマホでの支払い方法だと
日本では考えられないリスクも回避できます。

それはニセ札をつかまされるリスクです。

日本では、固定電話から携帯電話を経て、
スマホと段階を踏んで普及しましたが、
中国では地域によっては最初からスマホが
普及しています。

こうした一足飛びで物事が進化する波が、
中国では何度も訪れているようです。

本書では日本で聞く「中国経済崩壊論」
では伝わってこない、中国の実情を
リアルに、かつコミカルに伝えています。

この本から何を活かすか?

中国のマヨネーズ市場は99%はキューピーが
占めています。

キューピーが中国で躍進したのは、中国人の
舌にあった商品を開発したからです。

それはキューピースイートマヨネーズ。

果物に使う酸味を抑えて甘くした味付けの
マヨネーズです。

中国では、果物にこのマヨネーズを
和える食べ方が、大好評を得たようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 05:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください!

満足度★★★★
付箋数:23

日本人は、どうやったら英語が話せるように
なるのか?

本書は、作家・編集者の大橋弘祐さんが、
こんな素朴な疑問を専門家にぶつけた本です。

話を伺った専門家はスティーブ・ソレイシィさん。

英会話を勉強している方にとって、
スティーブさんは説明不要かもしれませんが、
念のため、簡単なプロフィールを紹介します。

スティーブさんは、1999年から2003年まで
NHK教育テレビで「はじめよう英会話」の
講師を務めました。

実は、私もこの番組でスティーブさんの
ファンになりました。

2012年からは、NHKラジオ第2放送で、
英会話タイムトライアル」を担当しています。

また、スティーブさんの英会話本では、
次の2冊が最も有名です。

  『英会話なるほどフレーズ100
  『英会話ペラペラビジネス100

私もこの2冊を使って、随分、練習しました。

なぜ、日本人は英語が話せるように
ならないのか?

スティーブさんが挙げる理由は主に2つです。

1つ目の理由は、日本人は、英語を使えない
ように教育されてしまったから。

学校で、一語一句間違えない100点満点の
答えを導くことを重視して教わったことが
英語を話す時の足枷になっているのです。

2つ目の理由は、大人になってからも
間違った勉強や勉強方法に走りがちだから。

「聞き流すだけで英語が身につく」
「2週間で英語がペラペラになる」

こういった安易な教材に走ってしまい、
英語を身につける前に挫折してしまうのです。

また、TOEICで高得点をとるための勉強も
英語が話せるようになるには回り道。

受験勉強の延長でTOEICの勉強を頑張って、
高得点なのに話せないというのが、
日本人にありがちなパターンです。

スティーブさんは、TOEICの勉強が
まったく無駄とは言っていませんが、
これを突き詰めるよりも、スピーキングに
時間をかけることを勧めています。

  「650点くらいまで行ったら、それ以上は
  すごく細かい試験対策やマニアックな知識が
  必要になるから、その時間で話す練習に
  力を入れたほうがいいよ」

では、どのように練習をすると、
英語が話せるようになるのか?

スティーブさんが、やるべきこととして
挙げるのは2つです。

1つ目の方法は、「オンライン英会話」を
活用することです。

  「泳げるようになるためにはプールに
  入って泳がなければいけないし、
  漢字を書けるようになるためには、
  漢字を書かないといけないよね。
  同じように、英語を話すためには、
  実際にイングリッシュスピーカーと
  話をする必要があるの」

2つ目の方法は、「スピーキングテスト」
を受けること。

  「オンライン英会話で少し話せるように
  なってきたら、人に評価してもらう
  必要がある。そうしないと “話せる気がする”
  で終わっちゃうからね」

実際にスティーブさんが、20年以上、
英会話のコーチの仕事をしていて、
スピーキングテストを受ける人のほうが、
明らかに伸びることがわかったそうです。

スピーキングテストを受けると、
レベルアップのスピードが違うのです。

本書でお勧めされていたスピーキングの
テストはアルク社の「TSST」。

電話で24時間受けられる15分間のテストで、
9段階で評価されます。

受験料が8000円と、ちょっと高いですが、
費用対効果を考えたら、やる価値があると
スティーブさんは言っています。

この本から何を活かすか?

スティーブさんが、本書で教える英会話の
コツは「短い複数の文章で説明」することです。

  「先週、新しいiPhoneを買ったけど、
  落として壊れてしまった」

この文は次のように説明します。

  I got new iPhone last week.
  It's white.
  But I dropped it.
  So it's broken.

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 05:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT