活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


≫ EDIT

「働く意味」がわからない君へ

「働く意味」がわからない君へ ビクトール・フランクルが教えてくれる大切なこと「働く意味」がわからない君へ ビクトール・フランクルが教えてくれる大切なこと
(2014/10/30)
諸富 祥彦

商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:18

日本実業出版社の細野さんに献本いただきました。
ありがとうございます。

  「私は、ほかの人々が人生の意味を見出すのを援助することに
  自分の人生の意味を見出したのです。」

これは、1991年の86歳の誕生日を控えた日に、ある編集者から
「あなたの人生と仕事について一言でまとめるとどうなりますか?」
と質問され、答えたビクトール・フランクルさんの言葉です。

ビクトール・フランクルさんは、『夜と霧』、
それでも人生にイエスと言う』などの著者として知られる、
オーストリアの心理療法家。

ドイツのオーストリア占領後、ユダヤ人だったフランクルさんは、
1942年にナチスに捕らえられ、強制収容所へ送られます。

その時の体験を綴ったのが、世界的ベストセラーになった
『夜と霧』でした。

そのフランクルさんが創設したのが「ロゴセラピー」という
心理療法です。

ロゴセラピーとは、ギリシャ語で「意味」を表す「ロゴス」と
治療・癒やしという意味の「セラピー」を合わせた造語。

ジークムント・フロイトさんの「精神分析」、
アルフレッド・アドラーさんの「個人心理学」に続く
3つ目の潮流としてロゴセラピーは位置付けられています。

ロゴセラピーは「実存分析」とも呼ばれ、「意味への意思」こそ
人間を最も強く動かしているものだと考え、心の虚しさを
抱えて苦しんでいる人が、自らの「生きる意味」を見つめ直し
再発見するのを援助する心理療法です。

本書はフランクルさんの言葉やロゴセラピーをベースに、
ビジネスパーソンが抱きがちな、働くことや仕事での悩みに
答える本です。

著者は明治大学文学部教授の心理学者、諸富祥彦さん。

NHKのEテレ「100分de名著」でフランクルさんの『夜と霧』が
放送された回では、ゲスト講師を務めていた方です。

  「日々の仕事に “意味” を見出し、 “使命感” を感じて
  取り組むことができていると、人間の心は深く満たされていきます。
  目の前の仕事を “自分の人生の使命” と感じて、無我夢中で
  仕事をしながら毎日をすごすとき、人は自分の心が深いところで
  満たされているのを感じることができるのです。」

本書で諸富さんは、フランクルさんの言葉を引用し、
わかりやすい解説を加え、人生の意味・働くことの意味を
見つける手助けをします。

本書で紹介される48の悩みの中から、いくつか紹介します。

  ・自分が決められた仕事をこなすだけの機械のように思えます。
  ・毎日残業ばかりで、人生にすっかり疲れきってしまいました。
  ・転職先で毎回、同じような人間関係の問題に苦しめられます。
  ・上司の評価がとにかく気になります。
  ・言われた仕事をしているだけでモチベーションが上がりません。
  ・平凡な毎日の繰り返しに嫌気がさしています。
  ・会社の事情で異動になりましたが、納得できずにいます。
  ・人生の目標を失っているように感じます。

Q&A形式で書かれていますから、自分の思い当たるところから
読むのもいいでしょう。

この本から何を活かすか?

少し古い映像ですが、YouTubeでフランクルさんの
インタビュー映像を見ることができます。



Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 心に効く本 | 07:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

合理的なのに愚かな戦略

合理的なのに愚かな戦略合理的なのに愚かな戦略
(2014/10/23)
ルディー和子

商品詳細を見る

満足度★★★★
付箋数:25

日本実業出版社の細野さんに献本いただきました。
ありがとうございます。

  「一流企業の頭脳明晰であろう経営者が、なぜ、同じ間違えを
  繰り返すのか? 米国ビジネススクールの著名な学者によって
  書かれた経営書を熱心に読む経営者たちが、
  なぜ、誰からも指摘されるような単純な間違いを犯すのか?
  理由は簡単です。ほとんどの経営やマーケティング戦略に
  関する本は、読者が論理的に考え意思決定を下すことを前提として
  書かれているからです。
  データや資料に基いて戦略を立てるまでは論理の世界です。
  でも、それを実行するかどうかの決断は理性だけでは決められません。
  過去の経験に基づくひらめきや、成功体験から生まれたしがらみ、
  プライドや功名心、執着心といったような要素が大きな影響力を
  行使します。優秀な経営者であるからこそ、自分が理性以外の要素で
  判断しているとは思ってもみない。
  これが、有名企業が経営ミスを犯す最大の理由です。」

本書は豊富な事例をもとに、企業が「失敗」するメカニズムを
解き明かす本です。

著者は立命館大学大学院経営管理研究科教授で、日本ダイレクト
マーケティング学会副会長を務めるルディー和子さん。

本書はマーケティングの第一人者による失敗の経営論。

日本企業が翻弄される「6つのパラドックス」を軸に、
合理的な経営判断をしたはずの企業が、愚かな失敗を犯す
プロセスを解説します。

  第1章 顧客志向の逆説
  第2章 プライシングの逆説
  第3章 ブランドの逆説
  第4章 コミュニケーションの逆説
  第5章 経営戦略の逆説
  第6章 イノベーションと幸福の逆説

本書の冒頭で紹介されているのは、エビスビールの失敗事例。

かつて、麦芽100%のエビスは「ちょっと贅沢なビール」としての
地位を確立し、高級ビールの代名詞でした。

しかし、2009年にはサントリーの「ザ・プレミアム・モルツ」に
お中元、お歳暮といったギフト市場で抜かれます。

更に、2012年には販売量でエビスはプレモルに2倍近い差を
つけられてしまいました。

なぜ、エビスは長年築いてきた「ちょっと贅沢なビール」という
確固としたイメージを失ってしまったのか?

ルディーさんは、プレモルに追い込まれていた時の、
エビス経営陣の心理を、1980年代に米コカ・コーラが
ペプシコーラに追撃され、味を変えてしまった時の心理と
同じであったと指摘しています。

経営陣は、じりじりと迫ってくる2番手のプレッシャーを
極度に恐れ、なにか新しい試みをしなくてはと考えました。

その結果、コカ・コーラは顧客の声に耳を傾け、
顧客好みに味に変えて失敗。

エビスも不景低迷の中で「贅沢は敵」のような社会風潮に
に合わせて、「ちょっと贅沢なビール」というポジションを
捨ててしまったと解説されています。

本書で紹介される失敗事例は、外部から客観的に見ると
「なんでそんな間違いをするの?」と思うものばかりですが、
当事者から見ると、その失敗は合理的に判断を下した必然で
あったことが興味深いところです。

この本から何を活かすか?

2009年に英ダイソンは、羽根のない扇風機エアマルチプライアーを
3万円を超える値段で販売を開始しました。

この発売を前にダイソンは、世界市場における特許を申請しましたが、
「あまりに日本の発明に似ている」という理由で却下されました。

実は東芝が、30年も前に羽根のない扇風機のアイディアを思いつき、
特許を取得していたのです。

では、なぜ、そんな画期的な製品を作った東芝は、
羽根なし扇風機を発売しなかったのか?

その理由は、是非、本書を手にとってお読みください。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経営・戦略 | 06:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ディズニーを知ってディズニーを超える 顧客満足入門

ディズニーを知ってディズニーを超える 顧客満足入門ディズニーを知ってディズニーを超える 顧客満足入門
(2014/10/30)
鎌田洋

商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:20

  「書店に並ぶディズニー関連本は、パークで起きた感動の
  エピソードを紹介したり、クオリティサービスやキャスト教育の
  システムについて語っているものがほとんどです。
  それらも大いに参考になりますが、ディズニーが特別すぎて、
  どこか別世界の話を聞かされているような印象を持った人も
  少なからずいたのではないでしょうか。
  大切なのは、ディズニーの話を聞いて唸ることではなく、
  ディズニーの事例からどの事業にも共通するエッセンスを抽出して、
  形式知として理解し、自社に応用して実践することです。」

東京ディズニーリゾートが、継続的成長を続けている最大の要因は、
95%を超えるリピート率です。

来園者100人のうち、95人以上が再びパークを訪れる
というのですから、とにかく圧倒的なリピート率です。

なぜ、一度ディズニーを訪れた人は、再度訪れるのでしょうか?

その理由は、顧客満足度「CS(customer satisfaction)」
にあります。

リピートしたくなるのは、来園時に何かしらの感動を覚え、
またあの感動を味わいたいと思うからです。

それでは、ディズニーは、どのように顧客に感動を与え、
CSを高めているのでしょうか?

その秘密を解き明かし、他の企業でも活かすことが本書の目的。

著者は、『ディズニー そうじの神様が教えてくれたこと』の
シリーズがベストセラーになった鎌田洋さん。

鎌田さんは、東京ディズニーランドのオープニングスタッフでした。

初代ナイトカストーディアル(夜間の清掃部門)・トレーナー兼
エリアスーパーバイザーとして、キャスト育成を担いました。

その後、ディズニー・ユニバーシティ(教育部門)にて、
オリエンタルランド全スタッフの教育・指導に携わった
経歴を持ちます。

本書では、ディズニーの感動話は程々に、少しビジネスライクに
CSを高める6つのポイントを中心に解説します。

  1. 理念・哲学を伝える
  2. 仕組みを整える
  3. 絵に描いた餅に終わらせない
  4. プライドを喚起する
  5. 真のニーズを読み取る
  6. 個人の自立を促す

紹介される事例は、ディズニーだけではありません。

他のCSが高い企業、あるいは反面教師にすべき企業などについても、
紹介されています。

例えば、次の企業理念もその中の一つ。

  「すべてのお客さまに『愛』を
  店舗スタッフへ『感動』を
  『愛と感動』のレストランチェーン」

なかなか立派な理念ですが、どこの企業のものかわかりますか?

実はこれ、2011年に食中毒を起こして営業停止に追い込まれた
焼き肉レストランチェーン「焼肉酒家えびす」の運用会社、
フーズ・フォーラスのものです。

不祥事を起こすかどうかは別にして、このように立派な理念を
掲げながら、実態は別の姿になっている企業は少なくありません。

本書では、抽象的な理念を絵に描いた餅に終わらせない、
実行に移すための方法なども紹介されています。

この本から何を活かすか?

最初に本書ではディズニーの感動話よりも、CSを高めるための
エッセンスを抽出するという鎌田さんの言葉を引用しましたが、
実は感動話の共有も重要だと思います。

なぜなら、それもディズニーのCSを高める方法の1つだから。

ディズニーには、最低限の作業手順書はありますが、
いわゆるサービスマニュアルはありません。

その代わり、スタッフ一人一人がサービスを提供する
想像力を高めるために、「事例の共有」を行っているのです。

ですから、私たちがディズニーの感動話を読むことも、
「事例の共有」であり、想像力を高めるために貢献するはずです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 組織・社内教育・コーチング | 06:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スタンフォード・マッキンゼーで学んできた熟断思考

スタンフォード・マッキンゼーで学んできた熟断思考スタンフォード・マッキンゼーで学んできた熟断思考
(2014/09/26)
籠屋 邦夫

商品詳細を見る

満足度★★★★
付箋数:25

クロスメディア・パブリッシングの瀧澤さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

私たちが、仕事やプライベートで日々迫られる意思決定には、
即断即決すべきものと、そうすべきでないものがあります。

ほとんどの問題は、即断即決で大丈夫。

しかし、あまり数は多くありませんが、その決断が将来を左右し、
一度の失敗で取り返しのつかないダメージを負う問題もあります。

しかもそのような問題に限って、複雑で判断が難しい。

なぜなら、意思決定には次の条件が入っているからです。

  ・不確実性のもとで判断しなくてはならない
  ・二者択一ではなく、複数の選択肢が考えられる
  ・価値判断の基準によって結論が大きく異る
  ・下した決断が、将来に大きな影響を及ぼす

企業の例では、環境の変化による戦略転換などがそうですし、
個人では転職などのキャリア設計などがこれに当たります。

このような「これからの大事なこと」に対して、後悔しない、
ベストな決断をするには、どうしたらよいのでしょうか?

ここで思いつくのが、ロジカルシンキングによる意思決定です。

もちろん、ロジカルシンキングやそのためのフレームワークは、
現状やその延長線上にある少し先の未来について分析するには、
非常に有用なツールです。

しかし、ロジカルシンキングから「で、どうする?」の部分は
導き出せません。

ロジカルシンキングで行った現状分析から、意思決定するには、
ある種天才的なアイディアの「ひらめき」や「跳び」が必要に
なるのです。

つまり、ロジカルシンキングから先のベストな決断に進めるのは、
一部の限られた才能ある人だけなのです。

そこで、「ひらめき」や「跳び」を必要としない、
誰もができる意思決定方法として、本書で籠屋邦夫さんが
紹介するのが「熟断思考(ディシジョン・マネジメント)」です。

これは、籠屋さんがスタンフォードで学んだ意思決定理論と
マッキンゼーで学んだロジカルシンキングを融合させて
作り上げた方法論です。

本来、「ひらめき」や「跳び」が必要とされた部分を
意思決定理論で埋め、システマティックに判断します。

熟断思考では、次の6つのステップで意思決定を行います。

  1. 悩みや課題のリストアップと全体観の把握
  2. 個別課題のフレーム設定
  3. 具体的な複数の選択肢の検討
  4. 不確実要因の明示的な取り扱い
  5. 価値判断尺度の認識とトレードオフ判断
  6. 1~5を統合した最終的な意思決定への取り組み

この6つのステップに従って決断すると、複雑に交差した課題でも、
誰でも確実に、後悔しないベストな選択肢にたどり着けるようです。

本書で紹介される事例の中心は、集団による意思決定ではなく、
個人のものです。

籠屋さんは、最初に熟断思考の基本を押さえるために、
本書を個人編と位置付けており、次作で集団編の執筆を
構想しているようです。

意思決定に期待値計算も行う本書のディシジョン・マネジメントは、
個人的には、非常にしっくりくる思考法でした。

この本から何を活かすか?

  「私もマッキンゼー時代に大前さんのもとで働く機会があった
  のですが、思考の瞬発力は猛烈なものでした。
  大前さんは、若い頃から徹底的に現状分析の経験を積んでおり、
  まずその時点で並みのコンサルタントとは格が違います。
  彼の特徴は、その分析をもとに、天才的な“跳び”を見せることです。
  (中略)しかし、そうした天才的な人物だからといって、その答えが
  企業によい影響をもたらすかといえば、そうではないと思います。
  というのも、天才的なアイディアを思いつく確かな方法論は
  ないために、会社組織の継続性という面から言えば、非常に危ない
  やり方でもあるからです。」

私も、大前研一さんの「跳び」の部分はスゴイと思う反面、
自分ではそんなことは思いつかないという、諦めもありました。

この部分の記述を読んで、「やっぱり、そうだよね」という
共感がありました。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 問題解決・ロジカルシンキング・思考法 | 10:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

打ち合わせの天才

打ち合わせの天才 (光文社新書)打ち合わせの天才 (光文社新書)
(2014/10/15)
野地 秩嘉

商品詳細を見る

kindle版 打ち合わせの天才 (光文社新書)

満足度★★★
付箋数:18

「打ち合わせ」は、大きく分けると2種類あります。

それは、「社内」の打ち合わせと、「社外」の打ち合わせ。

本書が扱っているのは、「社外」の人間との打ち合わせで、
営業のチャンスとなる戦略的なものです。

ですから本書には、情報共有したり意思決定するための
社内の会議術のような内容は含んでいません。

著者はノンフィクション作家の野地秩嘉さん。

これまで野地さんが、様々な業界の現場に足を運び、
多くの取材を重ねてきた経験から、外部の人との
コミュニケーション術が披露されています。

社外の人間と打ち合わせする目的は次の3つです。

1つ目は、まず「相手を知る」こと。

書類には書いていないようなディテール、電話やメールでは
聞きにくいことなど、相手先の事情や考えていることを
知ることが大切な目的です。

打ち合わせを、こちらの主張を押し付ける機会に
してはいけません。

あくまで、相手から学ぶ機会にするということです。

2つ目の目的は、「友人を作ること」。

例えば、相手先に示したプランが通らなかったとしても、
「またよろしくお願いします」と言って、その後も連絡し、
何らかの用事を作って打ち合わせをして友人を作ります。

これはひとつの人脈術。

さまざまな会社に友人がいる方が、何かにつけて、
仕事には役に立つものです。

3つ目の目的は、「自分の姿勢を正すこと」。

他人とのコミュニケーションにおいて、相手にどう思われるかが
気になる人がいます。

しかし、大切なのは相手が好きな自分を目指すことではなく、
誰に対しても変わらない態度でいられる自分になることです。

ですから、打ち合わせにおいては、それに臨む自分の姿勢や
態度がどうあるかが問われるのです。

また、打ち合わは時間帯によってもアプローチが異なります。

「昼の打ち合わせ」は、主にオフィスで行われます。

ここで勝負になるのは「雑談力」。

雑談というと、「何か喋らなきゃ」と身構える方もいますが、
雑談で大切なのは、自分がしゃべることではなく、
相手の話を興味を持って聞くことにあります。

自分の語りをしてはいけません。

そして雑談に用意すべきなのは、「へえ、そうなんですか」と
相槌が帰ってくるような、関心をひきつける情報です。

これを野地さんは「セクシーな情報」と表現していますが、
仕入れおくと雑談の大きな武器になりますね。

一方、「夜の打ち合わせ」は多くの場合会食を伴います。

会食をともにする打ち合わせでは、誘って良い相手、
誘わない方がいい相手をしっかりと見極める必要があります。

店選びも一つの大きなポイント。

最適な店を選ぶには、事前に相手の好みや、アルコールを
たしなむかどうか、その週はどんな食事をしているか
などの情報を、あらかじめ入手しておくべきです。

本書では、まるまる一つの章(約50ページ)を使って、
「店選びのコツ」が紹介されています。

この辺りは、私が想像していた「打ち合わせ」の本の内容とは
違っていましたが、これはこれで興味深い内容でした。

この本から何を活かすか?

  本当の「もてなし」は、帰りのあいさつ

  「実のところ、人の心に残るのは打ち合わせの際の話の内容よりも、
  (別れ際に)きちんと頭を下げている姿勢なのである。」

見送る側の礼儀、見送られる側の礼儀、帰り道が同じ方向だった
場合の対処法などが本書では解説されています。

常識的なマナーなのかもしれませんが、
私は、このパートを改めて読んで、結構、勉強になりました。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| コミュニケーション | 06:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT