活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


≫ EDIT

反論が苦手な人の議論トレーニング

反論が苦手な人の議論トレーニング (ちくま新書)反論が苦手な人の議論トレーニング (ちくま新書)
(2014/09/08)
吉岡 友治

商品詳細を見る

満足度★★★★
付箋数:22

あなたは、相手の主張に納得できなくても、
その場の空気を読んで反論せずに終わることはありませんか?

反論の仕方によっては、感情的になったり、
その場の雰囲気を悪くしてしまうこともあります。

本書はそうならないように、正しく議論するための
技術を伝える本です。

最初に本書が伝えるのは、議論の信頼性を担保するために
論理構造をチェックすること。

次の点をチェックすることで、議論の信頼性が確認できます。

  ・議論する問題は意味のあるものか?
  ・示された解決策は明確なものか?
  ・その理由はきちんと挙げられているか?
  ・理由の言い換え=論理展開に傷はないか?
  ・例示・データは適切に挙げられているか?

このチェックの中で、意外と難しいと思うのが、
論理展開の「傷」を見つけること。

例えば、次の文章のどこに「傷」があるかわかりますか?

  「マラリアで亡くなる子どもは毎月15万人。その多くは蚊帳で
  予防できると言われる。これを聞いてアメリカの映画女優
  シャロン・ストーンは蚊帳を寄付し、多くがそれに続いた。
  しかし、その結果、マラリアで亡くなる子どもは減らなかった
  と言う。なぜ、このような結果になったのか?」

解決すべき問題は「マラリアで亡くなる子どもを減らすこと」で
解決策は「蚊帳を寄付する」ことです。

  1. 蚊がマラリアを媒介する
        ↓
  2. 蚊は蚊帳があると人に寄ってこない
        ↓
  3. 蚊帳を寄付すれば、蚊帳が増える
        ↓
  4. 蚊に刺される子どもが減る
        ↓
  5. マラリアで亡くなる子どもが減る

現実がこの論理展開の通り進むなら、蚊は減るはずでしたが、
そうならなかったのには、どこかに成り立たない言い換えが
あったからです。

成り立たなかったのは、3番の「蚊帳を寄付すれば、
蚊帳が増える」のところ。

蚊帳はもともと寄付されたもの以外に、
現地で細々と生産されていたものがありました。

しかし、無料の蚊帳が送られてくると、それとは競争できないので、
次々と生産から撤退することになったのです。

結局、寄付で増えた蚊帳の数と同等かそれ以上に、
現地で蚊帳が生産されなくなったため、
全体として蚊帳の供給量が増えませんでした。

そのため、それ以降の論理が崩れ、マラリアで亡くなる子どもは
減らなかったのです。

本書は、他にも「議論へのツッコミを入れる技術」や
「相反する意見をまとめて、よりよい解決を提示する技術」を
ネット空間で見られる言説を例に挙げて解説します。

この本から何を活かすか?

小学生に「勉強なんて何の役に立つの?!」と聞かれたら、
どう「勉強は役に立つ」と説得したらいいでしょうか?

本書では、「振り込め詐欺」に引っかけた例を示しています。

  「なぜなら、実社会には、あなたを騙してお金を
  取ろうとする人がたくさんいるからです(理由)。
  騙されないためには、相手の言葉をすばやく理解し、
  すぐに計算ができて、常識的に考えておかしくないかどうか、
  ちゃんと判断できなければね。つまり、国語と算数と社会が
  できなきゃいけないわけ(説明)。振り込め詐欺でも、
  よく考えないまま大金を振り込むんじゃなく、
  電話だけで大丈夫かな、息子に直接確認してみよう、
  ととっさに考えられればいいのです(例示)。
  そのとき役立つのが勉強。頑張ろうね!(結論)」

子どもの質問に困っていた人は、参考にできそうですね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 交渉術・伝える力・論理・人脈 | 07:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

その問題、経済学で解決できます。

その問題、経済学で解決できます。その問題、経済学で解決できます。
(2014/08/29)
ウリ ニーズィー、ジョン・A. リスト 他

商品詳細を見る

kindle版 その問題、経済学で解決できます。

満足度★★★★
付箋数:22

インセンティブは人を動かす効果があることが知られています。

だから私たちは、頑張った子どもにご褒美を与えたり、
会社は、従業員の成績によってボーナスを支給します。

しかし、せっかく用意したインセンティブでも、
与え方によっては、あまり効果がなかったり、
中にはかえって逆効果になってしまう場合もあります。

インセンティブは一体、どれだけ、どんなタイミングで
与えると、一番効果的なのでしょうか?

本書の著者、ウリ・ニーズィーさんとジョン・A・リストさんが
たどり着いたのは「実地実験」で調べる方法。

「なんだ、実験で調べるなんて当たり前じゃないか」と思うかも
しれませんが、経済学者の間では、意味のある実験を行うことは
難しいと考えられてきました。

なぜなら、ある効果を検証するためには、調べたいこと以外全部を
同じ条件に保たないと、対照実験にならないから。

現実の世界では、科学の実験のように、他の条件を一定に保つ
ことなんてできないからです。

しかし、ニーズィーさんとリストさんは、本物の人間を相手に
「ランダム化実地実験」で、効果検証できることを見つけました。

  「対照実験のできない奇っ怪な現実の世界を相手に
  ものごとの仕組みを調べてみたいなら、ランダム化実地実験で
  本当の答えを出せる。この本でそれをご覧に入れる。
  実際、実地実験はここ数十年に起きた、実証研究上のもっとも
  重要な発明の1つになった。ぼくたちのやり方を使えば、
  起きていることを観測でき、それだけでなく、
  なぜそんなことが起きるのかも調べられる。」

この2人がすごいのは、なんとかして現実の世界で
フィールド実験をやってしまうところです。

例えば、教育の効果を検証するために、
実地実験用の保育園をイスラエルに作ってしまうほどです。

本書の実地実験で示されるのは、次のような疑問の答えです。

  ・現代社会のほとんどの経済では、女性と男性が同じだけ
   働いても女性のほうが稼ぎが少なく、経営の首脳を担うことも
   少ないのはどうしてだろう?

  ・同じモノやサービスを買っても他の人よりたくさんお金を
   ふんだくられる人がいるのはどうしてだろう?

  ・どうして人はお互いを差別するのだろう?
   そしてどうすれば差別をやめさせられるだろう?
   自分でもやらないようにできるだろう?

本書では、人の行動の背後にある動機まで解き明かします。

ランダム化実地実験は、意思決定の奥にあるものを炙り出し、
机上の空論ではない実際に使える形で、解決策を示します。

どんなインセンティブはうまくいかず、
どんなインセンティブならうまくいくのか。

ニーズィーさんとリストさんは、経済学が科学であることを
証明しています。

あの『ヤバい経済学』のスティーヴン・レヴィットさんも、

  「彼らは経済学に過去50年最大の発明の1つを
  もたらした開拓者だ。」

と絶賛。

訳者は、型破りな経済学系の本の翻訳で定評のある望月衛さん。
本書も読みやすい文体で書かれています。

この本から何を活かすか?

望月さんの解説によると、ニーズィーさんとリストさんは、
いずれもスティーヴン・レヴィットさんの本に登場するようです。

ニーズィーさんは、『ヤバい経済学』に。
そしてリストさんは、『超ヤバい経済学』に。

私はどちらの本も読んでいますが、正直、覚えていませんでした。

改めて、この2冊も読み直してみます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経済・行動経済学 | 06:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

名機オスプレイの呪い

名機オスプレイの呪い名機オスプレイの呪い
(2014/05/09)
渓 由葵夫

商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:15

さくら舎さんから、献本いただきました。ありがとうございます。

実は結構前に、頂いた本でしたが、私が普段読む本と種類が違い、
なかなか手を出せず、紹介が遅れてしまいました。

本書は、沖縄に配備されてニュース等でも話題になった
ハイテク輸送機オスプレイが日本を飛ぶ背景を解説した本。

  第1章 あいつがやってきた・・・オスプレイのひみつ
  第2章 軍用機の進化・・・オスプレイのご先祖さま
  第3章 垂直上昇への挑戦・・・オスプレイへの道
  第4章 羽をもがれた日本・・・オスプレイの怨念
  第5章 国防とは何か・・・オスプレイの功罪

オスプレイとは、ヘリコプターで有名なベル社と、
アメリカ唯一の大型旅客機メーカーであるボーイング社の
共同開発によって完成した軍用機です。

アメリカ海兵隊およびアメリカ空軍に採用されています。

オスプレイは、「航空エンジニアたちの夢を叶えた飛行機」と
呼ばれます。

なぜならオスプレイは、「飛行場のいらない飛行機」だから。

三枚羽のプロペラによって垂直上昇し、かつ水平飛行も可能な
固定翼機とヘリコプターの特性を同時に持った機体です。

エンジンとプロペラを斜め45度に傾けると、
STOL(Short takeoff and landing)短距離離陸も可能。

飛行場がいらないというと、ヘリコプターとの比較になりますが、
そのスピードと飛行距離は比べものになりません。

オスプレイのスピードは、現行時速にして約520キロで、
ヘリコプターの2倍のスピードで飛ぶことができます。

また航続距離も、岩国~沖縄間の約1000キロを無給油で飛行し、
ヘリとは圧倒的な違いを見せました。

もともと、飛行機の垂直上昇と転換飛行は、
アメリカ航空産業の悲願で、投じた予算と開発年月を考えると、
形にせずにはすまない状況で、ベル社にいたっては、
このプランだけで開発までに半世紀を費やしたといいます。

滑走路がない場所でも離着陸でき、尚且つ高速で長距離の
移動が可能な機体は、軍事作戦上開発を迫られ、
ボーイング社も加わったジョイントベンチャーで
何とか完成にこぎつけたそうです。

正式名称は、海兵隊使用の機体がMV-22Bオスプレイで、
空軍使用の機体がCV-22Bオスプレイ。

予定される任務は、兵員および物資の輸送です。

このオスプレイが沖縄の普天間基地に配備されることに対し、
反対のデモが繰り返され、話題になりました。

その際は、軍事的な意味合いよりも、
騒音問題や墜落の危険度などが注目されました。

日本では、悪魔の使者のように言われているオスプレイについて、
本書では知られざる開発逸話と導入の背景などを詳しく解説します。

タイトルは「名機オスプレイの呪い」となっていますが、
著者の渓由葵夫さんは、単純に配備を批判する本を書いた
わけではありません。

渓さんは、米中ロの軍事的バランスを変える可能性のある
オスプレイの真の能力に言及し、その配備の目的と功罪を
冷静に炙り出します。

また、オスプレイ開発までの歴史にかなりページを
割いていますから、本書は航空機ファンを意識して
書かれているのかもしれません。

この本から何を活かすか?

沖縄県の男性消防士のみなさんが、マッチョに鍛えた肉体で
ポージングする、ヌードカレンダーが発売されているそうです。

発売の目的は、「民間版ドクターヘリMESH(メッシュ)」の
年間1億円かかるという維持費をサポートするため。

渓さんは、このような努力をするより、普天間にも嘉手納にも
山ほどヘリがあるので、必要なときに米軍に協力を頼んだ方が
良いのではないかと提案しています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 07:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

逆転!

逆転! 強敵や逆境に勝てる秘密逆転! 強敵や逆境に勝てる秘密
(2014/09/02)
マルコム・グラッドウェル

商品詳細を見る

満足度★★★★
付箋数:24

出す本が必ず世界的ベストセラーになるという人気コラムニスト、
マルコム・グラッドウェルさん。

過去には、『第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい
ティッピング・ポイント』、『天才! 成功する人々の法則
などが日本でも好評でした。

今回の本の原題は「David and Goliath(ダビデとゴリアテ)」。

羊飼いの少年ダビデが、ペリシテ人の巨人兵士ゴリアテに
1対1の戦いで勝った説話が、本書のタイトルになっています。

  「ふつうの人間が巨人と戦うにはどうすればいいか ―
  それがこの本のテーマだ。 “巨人”と は圧倒的に強い敵のこと。
  軍隊や戦士だけでなく、障害、不運、抑圧といったことも含まれる。」

本書に掲載される9つのエピソードは、どう見ても勝てそうにない
人やチーム、あるいは、どうやっても克服できない障害を持つ人が、
最後には見事に勝利する物語です。

弱者は強者と同じ土俵で戦おうとせず、少し視点を変えてみると、
意外と簡単に強者の弱点を見つけ出すことができます。

また、もう無理だと思うような困難な状況でも、
それを逆手にとって、プラスに転じられる場合もあります。

  「この本では、章ごとにさまざまな物語を紹介しながら、
  二つのことを掘りさげていきたい。ひとつは、圧倒的に不利な
  状況に置かれながらも、あえて戦う道を選ぶ姿は美しく、
  崇高だということ。勝ち目のない戦いに挑む精神は尊い。
  そこから扉が開かれて、新しい歴史や価値がつくられる。
  そしてもうひとつは、どんなに強くて大きい巨人にも、
  かならずどこかに致命的な弱点を持っているということだ。」

ちなみに旧約聖書の「サムエル記」に記される、
ダビデとゴリアテの対決は、次のような話です。

紀元前11世紀後半、対立するペリシテ軍とイスラエル軍は、
パレスチナにあるエラ谷で睨み合いの膠着状態にありました。

そこへ、ペリシテ軍の巨漢兵士ゴリアテが、
イスラエル軍の前に立ちはだかり、叫びました。

「誰かひとり出てきて、俺と対決しろ!
俺を負かしたら、全員奴隷になってやる。
だが俺がそいつを倒したら、おまえたちが奴隷になれ」

身の丈は2メートルを超え、青銅のかぶとと甲冑をまとい、
槍と剣を手にしたゴリアテを見て、イスラエル軍の誰もが
あんな大男に勝てるわけがないと思いました。

そこの戦いに、名乗りを上げたのが、前線にいる兄達に
食べ物を届けにきていた羊飼いの少年ダビデでした。

イスラエルのサウル王は、自らの剣と鎧をダビデに与えようと
しますが、ダビデはそれを断り、羊飼いの杖と革製の投石器を
持って戦いに挑みます。

ゴリアテは、敵が貧しい羊飼いの少年だったのを見て
「棒きれ一本で向かってくるとは、犬並みの扱いだな」と憤慨。

しかし、ダビデが放った石は、ゴリアテの無防備な額に命中し、
不意を突かれたゴリアテはその場に倒れました。

その隙に駆け寄ったダビデは、ゴリアテの剣を鞘から引き抜き、
ひと振りで首をはねてしまいます。

この戦いは、誰もが屈強なゴリアテには敵わないと
思い込んでいましたが、実はその巨漢こそが最大の弱点でした。

大きな体は動きが鈍く、実は先端巨人症をわずらっていて、
視野がぼやけて見えたため、ダビデが意外な戦法をとったことに
気づくのに時間がかかり、不意を突かれたのです。

本書のエピソードには、この説話のような、どんなに強そうでも、
見た目ほど強いとは限らないという教訓が込められています。

この本から何を活かすか?

  「バットとボールの値段は合わせて1ドル10セント。
  バットの値段はボールより1ドル高い。ボールの値段は?」

「10セント」と答えて、間違う人が意外と多い問題です。
もちろん正解は「5セント」。

この問題の正解率を簡単に上げる方法があるそうです。

その方法とは、問題文の字の大きさや書体を、
わざと読みづらく印刷すること。

読みづらい文字を理解しようとすることが、
慎重に考えることにつながり、正解率も上がるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 07:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

データ分析で仕事が変わる

データ分析で仕事が変わる (PHPビジネス新書ビジュアル)データ分析で仕事が変わる (PHPビジネス新書ビジュアル)
(2014/08/19)
住中 光男

商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:16

何千万、何億という多量のデータを高度な統計手法で
読み解くのが、昨今流行りの「ビッグデータ」です。

これは個人が簡単にできるものではありません。

しかし、ビッグデータほどの規模ではありませんが、
個人がある程度の多量データの分析を行うことは可能です。

それを「ビジネスデータ分析」と言います。

本書は、統計の専門家ではない一般のビジネスパーソン
一人ひとりが行う、ビジネスデータ分析の方法を解説した本。

少しばかりの分析知識を身につけ、Excelのデータ分析ツールを
使うと、誰でも簡単できる手法を解説します。

見開き2ページで1つのテーマを扱い、左ページは文章による解説、
右ページはその図解を掲載するシンプルな構成。

「60分図解シリーズ」というだけあって、サクサク読めます。

本書でメインとして解説されているのは、
Excelの「ピボットテーブル」機能です。

仕事でほとんどのビジネスパーソンはExcelを使いますが、
ピボットテーブルを使いこなしている人は、意外に少ない。

せっかくExcelに、こんな便利な機能があるのに
使わないのは非常にもったいないですね。

著者の住中光男さんは、1990年代初頭に使われていた
表計算ソフトを10階建てのビルだとすると、
現在のExcelは「50階建てのビル」に相当すると表現します。

1階から29階までが表計算のフロアで、基本的な表計算機能、
文書機能、グラフ・図形機能があります。

次の30階から39階までが表計算の拡張機能フロアで、
関数・統計・マクロ機能、動画・音声機能があります。

今回のビジネスデータ分析で主に使うのが、40階から50階までの
コンピュータ機能のフロアです。

ここのフロアには、データベース機能、データ分析・マイニング機能、
Web連携機能があります。

ただし、最後に上乗せで作られたコンピュータ機能のフロアは、
同じビルといっても、フロアのデザインやトイレの場所が違うため、
39階までの表計算フロアとは、別の考え方をする必要があります。

表計算フロアではできて、40階から上ではできないこともあり、
逆に40階から上ではできるのに、39階までのフロアでは
できないこともあるのです。

本書ではピボットテーブルを徹底的に使いこなし、
テーブル分析では4つの分析方法、見える化分析では
2つの分析方法を紹介します。

  <テーブル分析手法>
  ・ダイス分析(多視点での分析方法)
  ・スライス分析(条件づけ絞り込み分析方法)
  ・ドリル分析(詳細化・集計化の分析方法)
  ・グループ化分析(新規分析視点追加の分析方法)

  <見える化分析手法>
  ・グラフ分析(グラフで分析し表現する方法)
  ・ビジュアル化分析(数や数値を見える化する表現方法)

個人的にはピボットテーブルはクロス集計をするときに
よく使いますが、知らなかった使い方もありました。

ピボットテーブルを使ったことがない人はもちろん、
私のように自己流でピボットテーブルを使ってきた人には
参考になる点もあると思います。

ビジネスデータ分析も、一度専門家から
系統だてて学ぶのが、スキルアップへの近道です。

この本から何を活かすか?

多量データを集計して傾向をつかんだ後は、要因分析を行います。

要因分析では、1段ずつ下の階層へ掘り下げていく
「ドリルダウン手法」を使います。

ドリルダウン手法の中にも、いくつかの方法がありますが、
要因分析には「逆トーナメント分析」が、一番適しているようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ノウハウ本 | 06:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT