活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


≫ EDIT

深夜航路

満足度★★★
付箋数:21

著者の清水浩史さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

本書を見て私が最初に思ったのは、
「こういう切り口があったのか」ということ。

漆黒の闇の中に浮かぶフェリーの表紙。

本書は、マイナーで哀愁漂う船旅の中でも、
「深夜便」に絞ったガイドブックです。

  「午前0時を過ぎると、旅がはじまる。
  真っ暗な海、星が瞬く空、静まり返った船内。
  深夜の船のデッキに立つと、遠ざかる陸の灯が、
  ゆっくり流れていく。
  船が沖に向かうと、一切が暗闇に包まれ、
  やがて何も見えなくなる。
  だからこそ、何かが見えてくるのではないか。
  もうひとつの世界へと通じている扉が
  見つかるのではないか。
  深夜航路に乗って、夜の静寂へと向かいたい。」

本書で深夜航路と定義されるのは、午前0時
から3時までの深夜帯に出航する定期航路です。

22時台や23時台に出航する航路は含みません。

あくまで日付をまたいだ時間に出航する便
だけに絞っています。

この深夜航路は、一体、いくつあるのか?

実は、それほど多くなく、日本全国で、
わずか14航路しかありません。

本書は、全14深夜航路の乗船記です。

著者は、過去に当ブログでも『秘島図鑑』や
海駅図鑑 海の見える無人駅』を紹介した
ことがある清水浩史さんです。

清水さんの本は、ちょっと寂れたところに
スポットを当てながらも、「旅に出たい」
という気持ちを起こさせてくれます。

過去の記憶の片隅に忘れ去られていた、
大事な何かを思い出させてくれる印象が
ありますね。

本書でも、独特の視点で深夜旅情を綴ります。

紹介されている14航路は、以下の通りです。

 1.青森(2:40)→函館(6:20) 津軽海峡フェリー
 2.大洗(1:45)→苫小牧(19:45) 商船三井フェリー
 3.敦賀(0:30)→苫小牧(20:30) 新日本海フェリー
 4.和歌山(2:40)→徳島(4:55) 南海フェリー
 5.神戸(1:00)→小豆島(7:30) ジャンボフェリー
 6.神戸(1:10)→新居浜(8:10) 四国開発フェリー
 7.直島(0:15)→宇野(0:30) 四国汽船
 8.柳井(1:00)→松山(3:25) 周防大島松山フェリー
 9.徳山(2:00)→竹田津(4:00) 周防灘フェリー
 10.臼杵(0:55)→八幡浜(3:15) 宇和島運輸
 11.宿毛(0:30)→佐伯(3:40) 宿毛フェリー
 12.博多(1:00)→対馬(5:30) 壱岐・対馬フェリー
 13.鹿児島(2:30)→桜島(2:45) 鹿児島市船舶局
 14.奄美大島(2:00)→鹿児島(18:50) 鹿児島県
   十島村

まず、表紙を開けると全14航路のカラー写真が
掲載されています。

カラーといっても、真っ暗な闇の中に佇む、
フェリーの写真なので、いずれも味のあって、
どこか引き寄せられるものがあります。

そこに併せて、出発・到着港、出発・到着時刻、
所要時間、運行距離、運行会社などの運行概要と
「深夜旅情度」と「孤愁感」の評価が5点満点で
掲載されています。

乗船記は、船から外の景色は見えないものの、
深夜便内部の様子や船に乗り込む人々が
描かれています。

「深夜帯」と「船旅」が組み合わさって、
日常とは切り離された旅が、そこにあります。

  「また、それぞれの深夜航路を乗り通した
  あとも、できる限り “その先の旅” をつづけた。
  新鮮な朝を迎えて、すぐに旅を終えてしまう
  のはもったいない。
  つまり、深夜航路は “乗ること自体が目的” 
  にもなれば “一夜を明かす移動手段” にもなる。
  その両面から深夜航路を捉えて、旅を重ねた。」

本書は、深夜航路の「その先の旅」が
描かれているのが大きなポイント。

川端康成さんの「トンネルを抜けるとそこは
雪国であった」ではありませんが、深夜航路と
その先の旅にはコントラストがあります。

深夜航路が、「もうひとつの世界へと通じる扉」
になっていることを際立たせています。

この本から何を活かすか?

本書の14航路の中で、私が乗りたいと思ったのが、
「奄美大島→鹿児島」の航路です。

429キロの距離を16時間50分で結び、
途中、トカラ列島の7島経由します。

  「まだ真っ暗な午前5時。船内アナウンスが、
  まもなくの宝島到着を告げる。
  闇の中、腹に響くような重い汽笛が、
  宝島の港に向けてぼおお、ぼおおと発せられる。
   “フェリーとしま” は、この宝島を皮切りに
  飛び石のように連なるトカラの島々に
  寄港していく。」

寄港する各島での出会いと別れの光景を
船上から眺められるのも、非常に魅力的です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 旅行・アウトドア | 05:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東大教授が挑む AIに「善悪の判断」を教える方法

満足度★★★★
付箋数:24

  「私は東京大学で医学と工学を教えています。
  具体的には、医学と工学を融合した医工学
  という分野で、医療機器や医療材料の研究に
  携わっています。
  さらに最近では、ロボットが人間と共生する
  近い将来に向けて、ロボットの行動を
  制御するための “道徳エンジン” について
  研究しています。
   “道徳エンジン” とは聞きなれない単語だと
  思いますが、簡単に言うと、ロボットに
   “善悪の区別” を自分でつけさせるには
  どうすればいいか、という研究です。」

1952年に連載が開始され、その後、
国民的なアニメとなった手塚治虫さんの名作、
「鉄腕アトム」。

アトムは、物凄い「7つの力」を備えていて、
その1つ目が「善悪を見分けられる電子頭脳」
でした。

本書の著者、東京大学教授の鄭雄一さんが
やっているのは、まさに鉄腕アトムの電子頭脳
をつくる研究に他なりません。

まず、ロボットに善悪を判断させるために
やらなければならないことは、人間の道徳が
どのような構造で成り立っているかを
明らかにすることです。

多くの人が道徳的に絶対に「してはいけない」
と考える「殺人」は、ロボットに「NO」と
インプットできるのでしょうか。

  「私たち人間は、本当にこの(人を殺しては
  いけないという)道徳を “絶対に” 厳守して
  いるのでしょうか。ロボットに命令する
  からには、その元となる、私たちの道徳に
  破綻があってはならないはずです。」

しかし、現実の世界では戦争で人を殺す
ことや、死刑という制度もあります。

ロボットに「人を殺してはいけない」を
インプットするためには、戦争や死刑などで
殺人を容認する矛盾を明らかにして、
整理しなければならないです。

本書では、殺人が容認される理由を
「社会中心の考え」と「個人中心の考え」の
2つに分けて深掘りしていきます。

社会中心の考えとは、「権力者の命令や
法律でそう決まっているから」、
「社会を守るために仕方ないから」などの
理由です。

個人中心の考えとは、「そうしないと自分が
殺されるから」、「人を殺したら、同じく
殺されるのが当然だから」などの理由です。

鄭さんは、私たち人間がこれまで培ってきた
道徳的思想を、「社会中心の考え」と
「個人中心の考え」に分けて整理することで、
道徳のモデル化を試みています。

この「抽象的概念のモデル化」をしていく
過程が非常に面白い。

本書では、アリストテレスさんから、
マイケル・サンデルさんまで、古代から
現代思想までの道徳思想を整理分類します。

その上で、古今東西の道徳思想がどのような
構造で成り立っているかを分析して、
道徳システムの共通の原理を抽出します。

  第1回講義 「人を殺してはいけない」とい
       う道徳は普遍的だろうか?
  第2回講義 これまでの道徳思想を分類してみよう
  第3回講義 そもそも「人を殺してはいけない」の
      「人」って誰だろう?
  第4回講義 道徳をモデル化してみよう
  第5回講義 道徳の階層を分類してみよう
  第6回講義 道徳エンジンをロボットに
       搭載してみよう

本書の最後には、ロボット工学三原則
として広く知られる「アシモフの三原則」
についても手を加えていきます。

  「この三原則は、あまりに有名で、一部の
  人々はロボットの従うべき道徳律の決定版
  のように扱っていますが、私が見る限り、
  根本的に大きな問題をはらんでいて、
  このままでは使えないと考えています。」

この本から何を活かすか?

私たちは「道徳」が「二重性」を持っている
ことをあまり意識していません。

道徳には、全社会に「共通の掟」と、
各社会ごとに異なる「個別の掟」がある
二重性です。

「共通の掟」は、世界中どこにいようとも、
変わらない内容です。

一方、「個別の掟」は、場所や仲間の範囲と
ともに、内容が変化するものです。

本書では「共通の掟」と「個別の掟」を
統合する基本原理を「仲間らしくせよ」と
結論づけ、道徳エンジンの鍵としています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

LVMHグループ時計部門プレジデント ジャン-クロード・ビバーの経営学 間違える勇気。

満足度★★★
付箋数:20

ディエゴ・マラドーナさん、明石家さんまさん、
フロイド・メイウェザーさん、田中将弘さん、
クリスティアーノ・ロナウドさん、香川真司さん、
ウサイン・ボルトさん、吉田沙保里さん、
コービー・ブライアントさん・・・

これらの著名人の共通点が何かわかりますか?

実は、ある時計ブランドの愛用者です。

そのブランドとは、「HUBLOT」。
読み方は「ウブロ」です。

ウブロは、1980年に創業したLVMHグループに
属する、スイスの高級時計メーカーです。

それほ長い歴史のブランドではありませんが、
多くの著名人が求める高級時計の地位を
確立しています。

少し気にしてテレビを見てみると、この人も
ウブロ、あの人もウブロというぐらい、
かなり多くの出演者や有名人の腕に巻かれて
いることに気がつくはずです。

成功者はなぜウブロの時計に惹かれるのか。
という篠田哲生さんの本が以前ありましたが、
本当に多くの著名人に愛好されています。

今でこそ至高の時計ブランドになったウブロも、
実は2000年代前半までは、クォーツ時計しか
販売しておらず、経営難に陥っていました。

そのウブロのCEOに2004年に就任し、
短い期間で立て直しを図ったのが、
最古の時計メーカー「ブランパン」も再建した
ジャン-クロード・ビバーさんでした。

ビバーさんがCEOに就いてから、ウブロは、
初めて機械式腕時計の「ビッグ・バン」シリーズ
を発売します。

以来、ビバーさんはわずか10年足らずで、
ウブロを押しも押されぬ高級時計ブランドへ
成長させます。

  「当時、ウブロのCEOで、現在はLVMHグループ
  の時計部門(ウブロ、タグ・ホイヤー、ゼニス)
  のプレジデントを務めるジャン-クロード・ビバー
  に、私が初めて出会ったのは、彼がワイン
  ビジネスクラブに招待され、腕時計における
  ゴールドとラバーの組み合わせについて
  話していたときだった。(中略)

  経営者である彼が代表を務めていた会社の
  売上高や利益率を見る限り、その経営哲学には
  高い競争力があるようだ。1983年にブランパン
  を復興させ、1993年からオメガを再編し、
  2004年にウブロを軌道に乗せた高級時計界の
  立役者である。また、タグ・ホイヤーの
  スマートウォッチ “コネクテッド” を開発し、
  責任者を務めるLVMHグループの売り上を
  劇的に上昇させた実績ももつ。」

本書は、講演家で経営コンサルタントの
ジェラール・ルラルジュさんが、ビバーさんに
行ったインタビューをまとめたもの。

ビバーさんは、どのように各時計ブランドの
改革を行ってきたのか?

本書では、ビバーさんの持つビジョンを
明らかにし、その経営手腕の秘密に迫ります。

まずは、仕事に関する情熱について。

  「情熱は生まれながらに備わっているとは
  限らない。自分で探さなければいけない
  からだ。そして情熱を見つけた時、
  あなたの仕事はただの生計を立てる手段
  ではなく、情熱になるのだ。
  そこにあなたは自分の道を見いだし、
  その痕跡を残すことができるだろう。」

ビバーさんは、特に若い人にこのように
伝えることが多いようです。

そして、本書のタイトルにもなっている
間違えることについて。

  「多くの起業家はビジョンを持っているが、
  間違えることを恐れて、それらを実施するのを
  遅らせるか、実行する勇気が持てない。
  しかし、私たちはこれまで失われたものなど
  何もないと知る必要がある。間違えることは
  まったく決定的なものではないのだ。
  ビジネスライフは成功と失敗でできているので、
  失敗した時に再起を図ることが重要だ。」

本書は、時計好きの人には、たまらない本です。

ただし、ビバーさんが語っているのは、
経営者や起業家としての本質なので、
時計に興味がない方でも参考になると思います。

この本から何を活かすか?

本書では最後にビバーさんの「人生のルール」
をまとめています。

  1. 分かち合うこと、尊重すること、許すこと
  2. 間違える勇気を持ち、失敗を受け入れること
  3. しっかりした個人的関係を築くこと
  4. 常に、もっと、学ぶこと
  5. 自分のDNAを決して放棄しないこと

他にも「マネジメント」と「マーケティング」
のルールがそれぞれ5つずつあります。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経営・戦略 | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブレインフィットネスバイブル 脳が冴え続ける最強メソッド

満足度★★★
付箋数:21

あなたは、自分の脳を意識的に休めるなどの、
「脳のケア」をしていますか?

今の世の中で働いていると、多かれ少なかれ、
いろいろな事を同時に行う「マルチタスク」
が求められます。

マルチタスクが習慣になると、
集中力が低下し、深く考えて物事に取り組む
ことがどんどん苦手になっていきます。

大量の情報を浅く読み飛ばしているうちに、
いつのまにかしっかり考えることが
できなくなってしまうのです。

しかし、定型化できる仕事がAIに移っていくと、
浅い思考しかできない人間は不要になります。

こらからのビジネスでは、脳をケアする人
だけが生き残っていけるのです。

  「 “ブレインフィットネス” とは、脳の健康な
  状態を維持するために行う総合的な取り組みの
  ことです。フィットネスという言葉は、
  一般的には、体を健康な状態にするために行う
  運動のことを指しますが、そこに脳(ブレイン)
  という言葉を加え、脳の健康な状態を維持する
  ために行う様々な取り組みやアプローチの
  ことをこのように呼んでいます。」

本書は、脳を総合的にケアして健康を保つ
ブレインフィットネスについて解説した本です。

株式会社イノベイジは、若いビジネスパーソン
から中高年の方を対象に、脳疲労やストレスを
解消し、認知機能を長期的に維持していく
ことを目的とした脳トレーニングジム
「ブレインフィットネス」を運営しています。

本書は、ブレインフィットネスの科学的根拠
とノウハウを書籍化したもの。

著者はブレインフィットネスのプロデューサー
髙山雅行さんと、脳科学者の杉浦理砂さんです。

杉浦さんは、株式会社イノベイジで
ニューロサイエンスラボのディレクターも
務めています。

ブレインフィットネスを実践すると、
脳が不健康な状態から脱し、次のような効果が
得られると説明されています。

  ・記憶力や思考力が高まる
  ・アイディアが湧きやすくなる
  ・前向きな気持になれる
  ・意欲に満ちた日々を送れるようになる
  ・感情のコントロールをしやすくなる
  ・集中力が高まる

では、具体的にブレインフィットネスは
どのように行うのか?

ブレインフィットネスの行う脳への取り組みは、
「総合的」であることがポイント。

ひとつのことだけを集中的に行うのではなく、
多方面からアプローチして、総合的に脳の
健康を維持します。

その総合的アプローチを「習慣」として
続けることを目指します。

本書では、7つのカテゴリーに分けて、
ブレインフィットネスの方法を解説します。

 運動・知的刺激・食事・睡眠・ストレスケア・
 その他の生活習慣・社会交流

それではこの中から、脳の健康を維持する
ための代表的な「運動」を紹介しましょう。

 1. 下半身を中心とする筋トレ

  十分な血液を脳に届けるために、ポンプとして
  押し出す役割の下半身の筋肉を鍛えます。

 2. 有酸素運動で海馬の体積を増やす

  有酸素運動を継続的に続けると、記憶を司る
  海馬の体積が増えたという研究結果があります。

 3. 1日8000歩のウォーキングと20分の
 中強度の負荷の運動(早歩きなど)をする
 
  心拍数が最大心拍数の50%~70%程度の
  息切れする程ではないが、少し激しいと感じる
  運動が体にも脳にも良い影響をもたらします。

ここだけ切り取ると、実践することは
それほど難しくないように思えますが、
総合的にアプローチすることが、
個人では難しいように感じました。

この本から何を活かすか?

「パワーナップ(短い仮眠)」は科学的に
有効性が認められています。

ただし、ただの昼寝とは違うため、
間違ったやり方で行うと、逆効果になる
こともあるようです。

注意事項は以下のとおりです。

  ・正午から15時までの間にとる
  ・眠る時間は30分以下
  ・カフェインを摂ってから眠る
  ・自分にあった落ち着ける場所を見つける

カフェインは、起きたタイミングで
丁度、覚醒するように摂るようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

宇宙ビジネスの衝撃――21世紀の黄金をめぐる新時代のゴールドラッシュ

満足度★★★
付箋数:23

今、最も過熱しているビジネス市場はどこか?

グーグル、アマゾン、フェイスブック、
マイクロソフト、アップル

いわゆる「BIG5」が、こぞって狙っている
市場が、インターネット以外にあります。

それは、「宇宙ビジネス」。

IT企業の巨人以外でも、シリコンバレーの企業や
ベンチャーキャピタルも、宇宙ビジネスに
熱い視線を送っています。

実際に2005年に17兆円だった宇宙ビジネス、
「スペース・エコノミー」の市場規模は、
ここ10数年で倍増しています。

民間の宇宙への商業的な投資が大きく伸び、
2016年には33兆円に達しました。

この過熱ぶりは、21世紀の「ゴールドラッシュ」
とも呼ばれています。

なぜ、宇宙ビジネスがゴールドラッシュ化
しているのでしょうか?

  「IT関連の技術や資金が流れているのは、
  宇宙をインターネットの延長として見ている
  からです。宇宙にネットワークを張り巡らせる
  ことで “地球のビッグデータ” が手に入る。
  これが、さまざまなビジネスを生み出すと
  期待されているのです。」

今、宇宙で何が起きているのか?
これから何が起きるのか?

「宇宙旅行」や「火星移住計画」は、
もはやSFではありません。

本書では、ここ10年で一気に加速した
宇宙ビジネスの最前線を詳細にレポートします。

著者は、宇宙ビジネスコンサルタントの
大貫美鈴さん。

大貫さんは、大学卒業後、清水建設に入社し、
新設された「宇宙開発室」に配属されてから、
宇宙ビジネスに関わるようになりました。

2002年には清水建設を退職して渡米し、
宇宙ビジネスが勃興していく姿を
目の当たりにしました。

帰国後はJAXAに入社し、宇宙のことを
世の中に広める広報活動を行っていましたが、
現在は宇宙ビジネスコンサルタントとして独立。

海外と日本の宇宙ビジネスのブリッジ役として
活躍しています。

民間による宇宙ビジネスと言えば、まず最初に
名前が挙がるのが、イーロン・マスクさんです。

大風呂敷を広げている印象もありますが、
実際に、ロケット開発と打ち上げを成功させ、
既にビジネスとして動かしています。

また、マスクさんの掲げる「火星移住」は
構想ではなく、「計画」です。

液体酸素とメタンを燃料とする超大型ロケット
「BFR」で、800人以上を月や火星に大量輸送
する計画を発表しています。

もう1人、宇宙ビジネスのキーマンとなるのが、
アマゾン・ドット・コムの創業者である、
ジェフ・ベゾスさんです。

ベゾスさんは、「100万人が宇宙に住んで働く」
というビジョンをかかげています。

ベゾスさんの会社、ブルーオリジン社へは、
日本の宇宙関連予算の3分の1に当たる
1000億円が毎年投入されることになっています。

この予算で、垂直離着陸型のサブオービタル機
によって、有人宇宙飛行を目指しています。

また、月面基地建設のための輸送機となる
「ブルームーン」の開発も発表されています。

ただし、この辺りの話は本書でなくても、
一般のニュースで報道されていることです。

本書では、宇宙ビジネスの最先端を行く
人や企業の狙いをレポートし、その実現性と、
私たちの生活への影響についても解説します。

非常にわかりやすい本なので、これまで宇宙に
興味がなかった方でも十分にわかる内容です。

 第1章 なぜ、IT企業の巨人は宇宙を目指すのか?
 第2章 宇宙ビジネスは、私たちの生活を
    どう変えるのか?
 第3章 シリコンバレーが狙う新時代の金脈
 第4章 宇宙旅行はいつ実現するのか?
 第5章 月と火星に人類は本当に住めるのか?
 第6章 宇宙という「未来産業」の幕開け

この本から何を活かすか?

2017年10月、JAXAは月の地下に長さ50kmの
巨大な空洞があることを発表しました。

これは月探査機「かぐや」に搭載されていた
電波レーダー等で取得したデータを解析して
判明したものです。

この巨大地下空洞は、月の起源と進化の
謎を解く鍵になる、世紀の大発見です。

また、NASAも巨大空洞を住居空間として
活用できると考え、今後、探査ロボットで、
詳しく調べることを表明しています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT