活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


≫ EDIT

人気飲食チェーンの本当のスゴさがわかる本


人気飲食チェーンの本当のスゴさがわかる本 (扶桑社新書)

満足度★★★
付箋数:23

「サイゼはさあ、安くていいけど
味はもうちょっと頑張ってほしいよね」

人は飲食チェーン店について語るとき、
なぜか上から目線になってしまう傾向が
あります。

この背景には、飲食チェーンに対して、
次のような心理があることは、
否定できません。

本当は個人経営のこだわりのレストラン
で食べたいけど、やむを得ずチェーン店
を利用している。

チェーン店は所詮、チェーン店。

安くて便利でどこにでもあるから、
仕方なく使うだけ。

こういう偏見を覆したいという想いで、
人気飲食チェーンの本当のスゴさを
詳細に語ったのが本書です。

まるで飲食チェーンの回し者のように
思えますが、著者の立場は違います。

稲田俊輔さんは、20年以上飲食業に
携わっているものの、チェーン店の
経営者ではありません。

むしろその逆で、チェーン店とは
ライバルとなるレストランなどを
手掛けてきた方です。

そういった飲食のプロから見た、
有名チェーン店の知られざる秘密や
楽しみ方が書かれた本です。

  「本書を通して私はいくつもの
  チェーン店に対して、言うならば
   “肩入れ” をして書いています。
  それはもちろん私がそれらの
  チェーン店が本当に好きだから、
  というのが大前提になっています」

稲田さんが、特に肩入れするのが、
イタリア料理を中心に展開する
「サイゼリア」です。

サイゼリアの平均客単価は、
730円程度と言われています。

低価格が魅力のファミリーレストラン。

しかし、サイゼリアでパスタやドリア
だけを食べて、低価格だけで満足
していてはいけないようです。

なぜなら、サイゼリアは、
パスタやドリアを食べる人たちの
財布でうまい塩蔵肉や気の利いた
小皿をつまみに、上等なワインを
たらふく飲める店だから。

パスタやドリアは単価が安くて
気軽に食べられる主力メニューですが、
利益が出る値付けになっています。

そこでちゃんと利益が出ているので、
他の原価の高いメニューが提供可能
なのです。

また、稲田さんはメニュー以外でも
サイゼリヤを絶賛するものがあります。

それはフロアに自由に使えうように
置いてある卓上調味料です。

  「具体的には、まずオリーブオイル
  です。ナポリの老舗メーカーと
  提携して徹底した品質管理の下に
  直輸入されているそれは、香りの
  豊かさ、スパイシーさを感じる
  その風味、さらりとした口当たり」

無料のオリーブオイルにしては、
かなり良質のものが提供されて
いるようですね。

  「もう1つ、最近置かれるように
  なった粉チーズのグランモラビア。
  以前の粉チーズは、大衆店で
  よく見かけるタイプの紙筒入の
  半乾燥製品が置かれていましたが、
  今はこちらに切り替わっています。
  これがまた素晴らしいのです。」

ここまで書かれると、使わないと
損をするような気がしてきます。

本書は、紹介されているチェーン店に
若干偏りはあるものの、利用者視点
からも、経営者視点からも楽しめる
本だと思います。

本書を読んでからサイゼリアに行くと、
お得さと本当の価値がわかるので、
得した気分になること間違いなし。

この本から何を活かすか?

速水もこみちさんの料理と言えば、
「冗談のようにオリーブオイルを使う」
と世間では認識されています。

しかし、実はイタリア料理のプロ
からすると、速水さんが使っている
量は決して多くなく、あれが普通の
レベルのようです。

オリーブオイルはコレステロール値を
下げる効果もあるようですから、
私もサイゼリアに行って、掛け足し
をしてみようと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 05:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

社長、クレーマーから「誠意を見せろ」と電話がきています ── 「条文ゼロ」でわかるクレーマー対策


社長、クレーマーから「誠意を見せろ」と電話がきています ── 「条文ゼロ」でわかるクレーマー対策

満足度★★★
付箋数:22

今や多くの企業が、頭を抱えている問題、
「カスタマーハラスメント」。

顧客による理不尽で自己中心的な要求
のことで、「カスハラ」とも略されます。

要求する側は、以前から「クレーマー」
と呼ばれています。

しかし、一昔前は反社会的勢力が、
言いがかりや無理難題を言ってくる
イメージがありましたが、最近では
普通の人が、クレーマーと化すことが
多くなっています。

なぜ、普通の人がクレーマーになって
しまうのか?

それは、社会背景にも一因があります。

社会の成熟と共に、過大なサービスが
提供されるようになりました。

それが、サービスを受ける側には、
当たり前のこととなってしまい、
更なる期待を呼び、通常のサービスでは
満足しない顧客を作り出しました。

普通の顧客だった人が、過剰なサービス
が当たり前だと勘違いし、いつしか
被害者から加害者(クレーマー)に
変貌していくのです。

さて、本書は中小企業の経営者に向けた
リアルなクレーマー対策の本です。

これまでクレーマー対策は、担当者向け
には多く本が出版されてきましたが、
経営者に向けて書かれた本は、
あまり多くありませんでした。

本書は、大好評の「中小企業経営者の
ための社長法務シリーズ」第2弾。

ちなみに、シリーズ1作目は、
社長、辞めた社員から内容証明が
届いています
』です。

著者は前作同様、弁護士の島田直行さん。

クレーマー対策を担当者に丸投げせず、
会社として、経営者としてどのように
取り組むべきかが書かれています。

最終的には、法的対処も視野に入れて
動くところが、さすが弁護士さんが
書いている本です。

今後増えていくであろうクレーマーや
カスハラに対して、組織として仕組みを
作っていく方法が説明されています。

島田さんは、これまで多くの企業へ
クレーマー対策のコンサルティングを
行ってきた実績があるので、内容は
かなり実用的です。

経営者向けとは言いつつも、担当者が
読んでも十分役に立つ内容です。

クレーマーが仕掛けてくる罠には、
知らず知らずのうちにハマっている
ことがあります。

本書では、典型的なクレーマーの罠を
3つ挙げています。

その1 小さなことを大きく取り上げる

クレーマーは些細なミスでも、
納得できないと、鬼の首を取ったように
追求してきます。

その2 クレーマーは担当者を会社から
   分断し、孤立させる

本来は「クレーマー 対 会社」という
構造であるべきですが、いつのまにか
「クレーマー 対 担当者」という構造に
すり替えられてしまいます。

その3 周囲を使って担当者を間接的に
   追い込む

クレーマーは、担当者の「他人に迷惑
をかけてはならない」という良識に
つけ込み、第三者を使って担当者を
追い込んできます。

こういった、クレーマーの常套手段は
会社として知っておいて、対策を考えて
おく必要がありますね。

 第1章 クレーマー対応に疲弊していく
    現場の担当者たち
 第2章 クレーマーからの要求を
    「断る仕組み」を社内につくる
 第3章 クレーマーへの“しなやかな”
    対処法
 第4章 クレーマーからの終わらない
    電話を終わらせる方法
 第5章 クレーマーからの執拗な面談要求
    の断り方
 第6章 クレーマーへの反撃の作法

この本から何を活かすか?

上司や経営者は、クレーマー対策の
陣頭指揮は執るべきも、直接対面
することは、できるだけ避けた方が
いいようです。

それは交渉においては、決定権を
持つ者が、いきなり出ていくことが、
いいとは限らないからです。

クレーマーから「上司を出せ」と
言われても、担当者は安易に上司に
つながない方がいいようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 05:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アンチ整理術


アンチ整理術

満足度★★★
付箋数:23

1日にたった1時間しか執筆しない
小説家として知られる森博嗣さん。

その僅かな時間でも、定期的に面白い
作品を生み出しているのが凄いところです。

また、デビュー当時は国立大学工学部の
助教授をしながら、二足のわらじで、
小説を書いていたことも知られています。

森さんの作品では『すべてがFになる
や『スカイ・クロラ』シリーズなどが、
有名なところでしょうか。

そんな森さんには、ここ最近では
「仕事術」などビジネス書の執筆依頼
が多いようです。

  「これまでにも “仕事のやり甲斐に
  ついて書いてほしい” と頼まれて、
   “仕事のやり甲斐など単なる幻想
  である” という本を書いたし、
   “仕事に活かせる集中力について
  書いてほしい” との依頼には、
   “集中力はいらない” というずばり
  真逆の本を書いた。」

このように森さんは、人々が必要だと
思っていたことを、ことごとく否定
してきました。

そして、今回執筆したのが、
「アンチ整理術」というタイトルの本。

  「結局のところ、整理・整頓とは、
  元気を出すため、やる気になるため
  にするものである。それなのに、
  仕事ができるようになる、
  発想が生まれる、効果を高める、
  などと余計な効果を期待するから、
  勘違いが生まれる。もともと、
  物理的、科学的にそういった効果は
  ない、と僕は思っている。
  何故なら、元気もやる気も、
  単なる人間の幻想だからだ。」

さすが、自分でも天の邪鬼を自認
している森さんですね。

ですから、一般的な片付けや断捨離を
期待して本書を読むと、大変なことに
なります。

身の周りを整理・整頓するどころが、
逆に、整理・整頓しないことの正当性が
十分に納得できてしまいます。

そこで、本書の議論は、身の周りから
頭の中の整理にテーマが移ります。

  「どうやら、身の周りの物体を
  整理・整頓するよりも、まずは自身の
  頭の中を整理・整頓すべきではないか、
  ということらしい。
  頭脳明晰な人物というのは、いかにも
  きちんと頭の中が整理されている
  ように見受けられる。当然ながら、
  その様子を実際に見ることはできない
  のに、そう感じられるのは、どうして
  なのだろう?」

このように考察を進めていきますが、
最後は、頭を整理・整頓するよりも、
頭を使うことの方が重要であるという
結論に達します。

自分の立場はこちらだと決めずに、
常に周囲の条件などを評価して、
新しい判断をする姿勢を持つことが、
頭を使い続けることになります。

本書の最終着地点は、モノを整理する
のではなく、自分自身を整理すること。

いずれにせよ、今回もわたしたちの
「整理・整頓は善で、散らかっている
のは悪」という思い込みは開放され、
新しい見方を与えてくれます。

 第1章 整理・整頓は何故必要か
 第2章 環境が作業性に与える影響
 第3章 思考に必要な整理
 第4章 人間関係に必要な整理
 第5章 自分自身の整理・整頓を
 第6章 本書の編集者との問答
 第7章 創作における整理術
 第8章 整理が必要な環境とは

この本から何を活かすか?

  「信頼を得て、他者に使ってもらえる
  人間は、人間として片付いている必要
  がある。少なくとも、そう見えるよう
  でなければならない。これは、外見
  だけでは、わからないものだ。
  その人物の日頃の言動を観察する
  しかない。」

感情を抑えて、他人から見てわかる
理屈で、ものごとを判断する。

そのように人格が片づいていると、
人から信頼が得られるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 読書法・速読術 | 05:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お金も愛も手に入れる生き方 働き方


お金も愛も手に入れる生き方 働き方

満足度★★★
付箋数:19

サンライズパブリッシングさんより、
献本頂きました。ありがとうございます。

本書は、不動産の女王と呼ばれる
田中美香さんの生き方を綴った本です。

  「この本は、私にとって4冊目の本に
  なります。本書を書こうと思った
  きっかけは、未知の世界をさまよい、
  新しく生まれ変わってこの世に戻って
  きたからです。
  人生は一度きり。
  たとえどんなに今、自分の人生が
  うまくいっていなくても、生きている
  ことって素晴らしい、生きている
  だけで価値があるのだということを
  みなさんに知ってほしかったのです。」

田中さんは、家事手伝いをしながら、
モデルとして働く中で、最初のご主人
と出会い、結婚しました。

この時代を、クレイジーリッチ婚と
呼んでいます。

不動産業やレストランを経営する
ご主人の年収は、軽く1億円以上。

すぐに、田中さんの金銭感覚は
マヒしてしまいましたが、
やがてご主人は事業に失敗しました。

そこから坂道を転げ落ちるように、
債権者に追われる生活が始まります。

ご主人はうつ病になり離婚。

田中さんは、白亜の豪邸から、
お子さんと2人で、四畳半のアパートに
引っ越し、再スタートが始まりました。

田中さんは、母子家庭なったところで、
不動産会社に初めて就職しました。

とにかく本当に無一文になったので、
未経験ながら入社当初から一心不乱に
働いたようです。

アポを取った数は、他の人の3倍。

その努力が実り、3ヶ月後にはトップ
セールスを記録して主任になり、
さらに1年後には部長に昇進しました。

そして、5年後には独立し、初年度から
年商30億円を達成して、不動産の女王
と称されるようになりました。

田中さんが、称賛されるのは、
単なる不動産ビジネスの成功者と
してではなく、女性としても素敵な
人生を送っているからでしょう。

不動産投資でガツガツ稼ぐ一方で、
食事・運動・美容・ファッショから
恋愛まで、女性が憧れるような生活を
送っています。

そして起業して1年後、2度目の結婚の
後に、突然倒れて40日間意識不明となり、
臨死状態を体験します。

この死の淵から戻ってきた経験から、
人生観が変わり、見えない徳を積む
ことが、生かされている人間の使命だと
考えるようになりました。

まるでドラマのような人生を送っている
田中さんですが、不動産ビジネスの
手腕は本物です。

不動産で成功するかどかは、
「やるか」「やらないか」だけの違い。

例えば、スポーツで100メートルを
10秒で走れと言われても無理ですが、
毎日30分ジョギングしなさいと
言われたのなら、誰でもできます。

不動産はジョギングと同じで、
誰でも「やればできる」ものだと、
田中さんは説明します。

  「株やFXは本当に教わる人を
  選ばないと大失敗します。
  でも不動産投資は、成功法則が
  あるのです。リスクに対しての
  リカバリーがほぼ出来ます。
  対処法が構築されているといっても
  いいでしょう。」

不動産は株やFXのように、毎日相場の
上げ下げに一喜一憂しなくてよく、
一歩踏み出す勇気さえあれば、
誰でも失敗しないと言い切ります。

個人的には不動産投資はやりませんが、
田中さんの軸を据えた生き方は、
参考にしたいと思いました。

この本から何を活かすか?

最近、オーダースーツが既製品と
あまり変わらない値段で作れるように
なって、流行っています。

しかし、田中さんはオーダースーツは
NGだと言います。

それは、ただの「逃げ」だから。

太っている人は、その体型に合わせて
スーツを作れてしまうからです。

そうではなく、自分の体を鍛えて、
スーツをかっこよく着こなせる体型を
維持することを強く勧めています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 人生論・生き方・人物・哲学 | 05:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

職場の人間関係は自己肯定感が9割


職場の人間関係は自己肯定感が9割

満足度★★★★
付箋数:28

あなたのストレスの原因は何ですか?

ある調査によると、ビジネスパーソンの
ストレスの原因は次のような結果でした。

 1位 上司との人間関係
 2位 同僚との人間関係

ストレスの対象が誰かは別にして、
その原因は、「人間関係」です。

職場という逃れにくい関係性の中で、
いろいろな人とコミュニケーションを
取らなければなりません。

攻撃してくる人、苦手と感じる人、
離れたくても離れられない人、
なかなかわかりあえない人・・・

  「人との関わりの中で生まれる悩みは、
  誰もが抱えやすいものです。
  企業研修をすると、職場の人間関係に
  悩んでいる人が多いことに驚かされ
  ますが、そこがうまくいくようになると、
  仕事への意欲は高まり、メンタルヘルス
  も向上します。
  実は、対人関係の悩みをつくり出す
  最大の原因は自分との関係が良好でない
  からです。
  自分との関係が良好かどうかは、自分が
  自分をどう思うかという “自己肯定感” 
  が高いか低いかによります。」

自己肯定感は、セルフエスティームとも
呼ばれます。

自己肯定感とは、「ありのままの自分を、
かけがえのない存在として、好意的・
肯定的に受け止める感覚」のこと。

自己肯定感が高いと、職場での人間関係が
驚くほど良好になります。

それはなぜか?

他人との人間関係は、それを自分自身が
どう思うかで決まるからです。

自分が自分のことを重要だと思えば、
他人のことも肯定的、好意的に見ることが
できるようになります。

平たく言うと、自分が満たされていないと、
他人にも優しくできないということ。

他人との価値観の違いや、ちょっとした
衝突などで、イライラする感情が
生まれやすくなるのです。

それに対して、自己肯定感が高い人は、
自分がしっかり満たされているので、
他人を受け入れる余裕があります。

相手の言動も肯定的に受け止められる
ので、人間関係が良好になるのです。

本書は、そんな人間関係に最も重要な
「自己肯定感を高めるための方法」を
伝える本です。

著者は、日本セルフエスティーム
普及協会の代表理事の工藤紀子さん。

工藤さんは、これまで25年間で、
のべ2万人以上の人に自己肯定感を
高める方法を指導してきました。

本書はそのノウハウを書籍化したもの。

ちなみに、自己肯定感は2種類あります。

1つは、他者の評価や相対的評価から
なる、「社会的自己肯定感」。

もう1つは、自分の存在そのものを
認める「絶対的自己肯定感」。

本書で高める自己肯定感は後者です。

  「絶対的自己肯定感を高めるための
  シンプルな5つのステップ、そして、
  事例とともに他人のタイプ別、
  仕事のシーン別で、自己肯定感を
  下げず、コミュニケーションを良好に
  する方法をご紹介しています。」

自己肯定感を高める5つのステップは
次の通りです。

 ステップ1 ありのままの自分を認める
 ステップ2 ありのままの自分を受け入れる
 ステップ3 ありのままの自分を大切にする
 ステップ4 自分の価値を感じる
 ステップ5 自分を信頼する

このステップを繰り返すと、徐々に
自分を承認できるようなり、自分への
信頼が高まり、人間関係が良好になって
いくようです。

本当にいい本と出会ったと思いました。

私自身は、自己肯定感が高い方なので、
悩んでいる人に、どう説明したらいいのか
答えがありませんでした。

しかし、本書を読んでもらえばいいと
わかりました。

本書は、人間関係に困っている人に、
自信をもってオススメできる1冊。

この本から何を活かすか?

コミュニケーションの自己表現には、
3種類あると言われています。

自分も相手も尊重する、
「I'm OK. You're OK」。

自分は尊重するが相手は尊重しない、
「I'm OK. You're not OK」。

自分は尊重せず、相手は尊重する、
「I'm not OK. You're OK」。

本書が目指すのは、1番目の双方向で
納得できる「I'm OK. You're OK」です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 自己啓発・セルフマネジメント | 05:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT