活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


≫ EDIT

読書は格闘技

満足度★★★
付箋数:23

  「本書で私が強調したいのは、 “読書は格闘技”
  だということである。
  これは、自著『武器としての決断思考』で
  強調したことでもあるが、書籍を読むとは、
  単に受動的に読むのではなく、著者の語って
  いることに対して、 “本当にそうなのか” と疑い、
  反証するなかで、自分の考えをつくっていく
  という知的プロセスでもあるのだ。」

著者の瀧本哲史さんは京都大学の客員准教授で
あり、同時にエンジェル投資家でもある方。

非常に論理的かつ刺激的な文章を書く方で、
私の中で瀧本さんは知のデマゴーグ(扇動家)的な
印象です。

本書で、瀧本さんは1つのテーマにつき、
考え方の異なる2冊の本を紹介します。

その2冊をディベートさせるのが本書の特徴。

  「互いの本が評論の中で、激しく格闘を繰り
  広げる、そういう組み立てにしていこうと思う。
  私の役割は第一義的にはこの格闘技のレフリー、
  審判であるが、私が読むという行為自体が
  格闘技であるから、三者間でバトルロイヤルを
  展開していくということになる。」

更に、読者もこの知のバトルロイヤルに
参加することが求められます。

  「読者と本書との関係についても、述べて
  おきたい。この評論を読むということ自体も
   “読書” であるから、読書はこのアプローチの
  異なる本と私との間のバトルロイヤルの観客で
  終わることは許されない。読者自身が、読書を
  通じて、この “評論” という名の格闘技に
   “参加者” として、主体的に関わって頂きたい。
  つまり、批判的に比較し、それまでの自分の
  ものの見方と戦わせて頂きたい。」

こういった瀧本さんの考え方のベースに
なっているのが、『武器としての決断思考』で
紹介されていた「ディベート思考」です。

ディベート思考とは、二者択一で結論が出る
テーマを論題に選び、メリットとデメリットを
3つの条件で考え、論理的にツッコミを入れて、
主張が正しいかどうかを検討する思考法です。

この戦いに読者も参加するわけですから、
知的にハードなことが要求されています。

本書で提供されている戦いの場は、
イントロダクションを除くと全部で12ラウンド。

これは、ボクシングでいうと世界戦と同じ
ラウンド数なので、本書は読書の世界戦という
位置づけなのかもしれません。

では、いくつかの戦いの対戦者を見てみましょう。

 Round1 心をつかむ
  『人を動かす』VS『影響力の武器
 Round2 組織論
  『ビジョナリー・カンパニー』VS『君主論
 Round3 グローバリゼーション
  『フラット化する世界』VS『文明の衝突
 Round8 未来
  『一九八四年』VS『ニュー・アトランティス

まさに異種格闘技的な様相ですが、ここまでの
マッチメイクはわからないでもありません。

しかし、Round10の教養小説のマッチメイクは
私の想像の範囲大きく超えるものでした。

「大人になるということ」というテーマで
選ばれた本の1冊は、ドイツの詩人ゲーテさんの
ヴィルヘルム・マイスターの修業時代』。

これに対戦するは、総売上1億部を超える、
あだち充さんの漫画、『タッチ』でした。

個人的には『タッチ』を教養小説と
定義するところに、瀧本さんの懐の深さを
感じました。

この本から何を活かすか?

私はRound10の『ヴィルヘルム・マイスター』も
タッチ』も読んだことがなかったので、
この戦いは、単なる観衆として試合を見ていました。

これまで『タッチ』は生理的に受け付けない
ような気がして、ずっと避けていましたが、
この戦いを見て、読んでみようと決心しました。

『ヴィルヘルム・マイスター』は図書館で借り、
『タッチ』まんが喫茶にでも行って読んでみて、
改めてRound10の戦いに参加しようと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 読書法・速読術 | 06:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トヨタの強さの秘密

満足度★★★
付箋数:21

なぜ、トヨタは競合企業より圧倒的に高い
業績を上げることができるのか?

トヨタとそれ以外のメーカーの違いは、
一体、どこから生まれているのか?

このように聞かれると、日本人の多くは、
「トヨタ生産方式がトヨタの強さの秘密」
と答えるようです。

トヨタ生産方式とは、Toyota Production System
(TPS)とも呼ばれ、「売れるモノを売れる時に
売れる数だけ売れる順番に作る」方式です。

しかし、これは製造業においては世界の常識と
なっているため、もはやトヨタだけの強さでは
ありません。

しかも、巷にあふれるトヨタ生産方式の本を
すべて読んで真似したとしても、
トヨタの下請けになれるかもしれませんが、
トヨタのように儲けることはできません。

なぜなら、トヨタ生産方式はトヨタの経営の
重要な一部であっても、トヨタはそれで
儲けている会社ではないからです。

そもそも「売れるモノを売れる時に
売れる数だけ売れる順番に作る」ことにおいて、
前提となっているのは、「売れるモノ」が
あるということ。

この「売れるモノ」を作る部分にこそ、
トヨタの儲けの秘密、強さの秘密が
隠されているのです。

端的に言うと、トヨタの強さは、
グローバルの消費者が買いたくなるような
製品を作り続けていることにあります。

本書は、トヨタ流製品開発、つまりTPD
(Toyota Production Development)について
解説した本です。

  「本書の目的は、第一に世界で研究されお手本と
  されてきた “日本人の知らない日本最大の
  グローバル企業” として、トヨタがどのように
  世界の顧客のニーズに適合した製品を企画・
  設計・生産・販売することで稼いでいるのかを
  明らかにすることである。

  第二の目的は今日のグローバル競争において、
  設計情報やノウハウ、また、それを生み出す
  中心となるタレントと呼ばれる人材が
  どのように、本質的な富の創造に関係して
  いるのかを理解してもらうことである。」

著者はリーン開発・製品開発組織の
タレントマネジメントについて講演や指導を行う
三河出身のコンサルタント、酒井崇男さん。

  「三河の常識は世界の常識」

本書で酒井さんは、三河の地域性も含め、
トヨタの製品開発方法を丹念に解き明かします。

  序章 トヨタを知らない日本人
  第1章 国道248号線の東と西
  第2章 知識化する「ものつくり」
  第3章 主査制度とは何か
  第4章 売れないモノの基礎研究はしない
  第5章 TQMと主査制度
  第6章 トヨタを支える系列
  第7章 トヨタ流を支える企業文化
  終章 トヨタになるには

本書のメインとなっているのは、「主査制度」に
ついての解説です。

  「 “売れるモノ=設計情報” を作り出すのが
  TPDの目的であり、主査制度はそのための
  システムである。だから主査制度はTPDの肝
  ということになる。」

主査は、製品開発の司令塔で、デザイン、
ボデー、シャシー、エンジン、電気・電子などの
設計部門を使って仕事を進めます。

  「主査は製品の社長であり、社長は主査の助っ人」

これが主査制度のコンセプトです。

この本から何を活かすか?

  系列が強いのもトヨタの強み

トヨタ系列のデンソーの2015年3月期の売上は
4兆3000億円を超え、営業利益は3500億円。

この売上規模は、三菱自動車、富士重工業、
マツダ、ズズキなどの完成車メーカーを超え、
三菱重工の売上さえも大きく超えています。

現在、デンソーのトヨタ依存率は50%を
切るようになっています。

これは、すでに厳しい品質・納期の要求をする
トヨタに納入実績があるので、他のメーカーも
安心してデンソーから買えることも影響している
ようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経営・戦略 | 06:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ずるい日本語

満足度★★★
付箋数:24

  「 “あの子可愛いな。でも彼氏いるし
  デートに誘えないよな” 
  ある飲み会で、部下がそうつぶやきました。
  すると上司はこう言いました。
   “じゃあお前は、キーパーがいたら
  シュートを打たないのか” 
  上司のそのひと言に部下は心打たれ、
  見事に行動に、彼女をゲットしたのです。
  奪い取られた方の彼氏はお気の毒ですし、
  モラルとしてどうか、と思った方もいるでしょう。
  ただ、ここでみなさんにお伝えしたいのは、
   “上司の言葉” が “部下の心” を動かした、
  という事実です。そして心を動かすばかりか
   “行動する勇気” まで与えました。
   “言葉” が“ 行動” を生んだのです。」

本書は、あなたの「言葉を強くする」本です。

著者は、ヤフーで言葉を中心とした企業の
コミュニケーション・ブランディングを行う
ブランドマネジメント室室長の内田伸哉さん。

  「 “ものは言いよう” と昔からよく言ったもので、
  世の中は、言い方次第で価値観が180度反転したり、
  覚えづらいことを一瞬で記憶させたりすることが
  可能です。」

インパクトがある言い方をするためには、
必要な手順があります。

 手順1. Beforeの気持ち
  相手の今の気持ちを推測する

 手順2. Afterの気持ち
  相手をどんな気持ちにしかいかを決定する

 手順3. What to say
  「何を言うか」を決める

 手順4. How to say
  「どう言うか」を決める

声は大きくても何を言っているのかわからない人は、
「何を言うか」が定まっていない人。

言っていることはわかっても、共感できないのは
相手の気持ちを整理してから話しをしていない人。

このフレームは汎用性が高く、ビジネス文章から
講演、メール文面、結婚式のスピーチにいたるまで、
すべてこの手順で考えることができるようです。

このフレームを使う時のコツは、
まず、手順1と2をしっかり踏んで、
相手の気持ちを丁寧に考えること。

ここを飛ばしてしまうと、自分の言いたいこと
だけをひたすらしゃべる「オタク言葉」に
なってしまいます。

そしてもう1つのコツは、手順1.2.3はそれぞれ
10文字以内にまとめること。

人の気持ちは複雑なようで、実は単純だったり
します。

感情をシンプルな粒度の言葉に落としこむことで、
刺さる言葉を作ることができるのです。

そして本書のメインディッシュは手順4の
How to say「どう言うか」のパートです。

5つの心の動きに対して各5パターン、
合計25パターンのHow to sayが用意され、
全体の8割のページを使い解説されています。

「何を言うか」さえ決まれば、後は25種類の
「どう言うか」フレームに順番に当てはめるだけ。

順番に当てはめていくと、誰でも簡単に
言葉を強くすることができるのです。

手順が明確ですから、コツさえつかめば、
すぐに使えるようになりそうです。

本書は、タイトルが「ずるい日本語」と
なっていますが、内容は全然ずるくありません。

なぜ、内田さんがそのようなタイトルをつけたかと
いうと、次のような思いがあったからです。

  「言葉やコミュニケーションを考えるときに、
  常に、ちょっとだけ “ずる賢い気持ち” を大切に
  して欲しいという思いからなのです。」

内田さんは、日本人は真面目すぎるので、
言葉まで固くなってしまうから、
それをほぐしたいという気持ちがあるようです。

この本から何を活かすか?

Googleの検索製品&ユーザーエクスペリエンス
担当副社長だったマリッサ・メイヤーさんが、
2012年7月、ヤフーのCEOに就任しました。

このニュースを普通に伝えると、
  「Googleのマリッサがヤフーに移籍した!」
となります。

この衝撃的なニュースをIT業界以外の人にも
わかるように、「具体例は説得力の母」という
フレームに当てはめるとこうなります。

  「Googleのマリッサがヤフーに移籍するのは、
  AKBの前田敦子がももクロに移籍するくらい
  衝撃だ」

この短い文中に、ライバルに行くという比喩、
規模感の比喩、タブーの比喩が凝縮されています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 広告・PR | 09:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

竹中先生、これからの「世界経済」について本音を話していいですか?

満足度★★★
付箋数:23

  「(2015年のダボス会議で)リスク要因として
  挙げられていたのが、中国の新疆ウイグル自治区
  や “イスラム国” を中心とする中東をめぐる
  地政学上の不安定な情勢であり、ギリシャを
  中心地としたユーロの情勢であり、ブラジルや
  インドといった新興国の不安定な問題であり、
  そしてアメリカの金利引き上げの問題の4つでした。
  (中略)今日は、それらのリスクに加えて、
  日本の安保法制の議論から経済の議論へと、
  全部まとめて議論したいと思っています。」

本書は、二部構成になっています。

第1部は、2015年9月23日に行われた
竹中平蔵さんと佐藤優さんの対談をまとめたもの。

外為どっとコム主催の経済セミナーで、
「世界が先読みできる!超インテリジェンス教室」
というテーマで行われた対談です。

第2部では、対談を補足する説明を、竹中さん、
佐藤さんが、それぞれが執筆しています。

対談では、司会進行役の竹中さんが聞き役で、
佐藤さんが持論を展開する形で進みます。

ちなみに、竹中さんが司会進行を務めたのは、
外為どっとコム総合研究所主席研究理事という
肩書があるからです。

冒頭で竹中さんは、世界情勢の中で、特に、
佐藤さんが気になっている部分を聞いています。

  「日本に影響がある順番から言いますと、
  まずは難民問題。(中略)
  それから二番目。日露関係に安倍政権が入れ込み
  過ぎている点。それによって日本とアメリカとの
  関係が悪くなる危険性があること。(中略)
  それから三番目。中国の大激動の影響。(中略)
  中央アジアに “第二イスラム国” ができて、
  新疆ウイグル自治区から中国人のイスラム教徒
  である回族が居住する地域に大混乱が起き、
  これまた日本に難民という形で跳ね返ってくる
  危険性が予見されます。」

中国の経済成長率が大幅に下がったときに、
大量の移民が押し寄せることが議論されています。

最悪のシナリオは、数百万人の単位で、
中国人が船で渡ってきて、日本の限界集落に
住み着いてしまうこと。

一度、実際の生活の拠点を作ってしまうと、
難民のエネルギーは物凄いので、そう簡単には
動かすことはできないようです。

加えて、難民とは別の話ですが、普通の国に
あるはずの移民法が日本にはありません。

移民を国内に受け入れるかどうかは、
法律の規定ではなく、法務省の役人の鉛筆の
舐め方一つで決まっているところがあるのも
大きな問題です。

お二人は、こういった議論を進めながらも
後半はスポンサーの外為どっとコムから
リクエストがあったと思われる「トルコ情勢」
について話を進めます。

恐らく、外為どっとコムではトルコリラの
取引を増やすために、トルコ情勢の話題を
盛り込むように要請したのでしょう。

第二部においても、竹中さんは、世界経済の
リスクを乗り切る投資方法について語り、
佐藤さんは300万円ぐらいの資金を使って
FX投資をすることを勧めています。

  「(FXで)頻繁に売り買いをすることは、
  国際情勢を読んだり、経済状況や
  カントリーリスクを皮膚感覚で知るには
  すごくいい。」

ただし、インテリジェンスを相場に生かすことは
できないと佐藤さんは言っています。

もし、投資でインテリジェンスを謳っている人が
いたなら、インテリジェンスがわかっていない人か、
詐欺師のいずれか。

あるいはその両方で、インテリジェンスが
わかっていない詐欺師です。

この本から何を活かすか?

ドナルド・トランプさんが、アメリカ大統領に
なった場合、駐留なき保安になる可能性があるこを
佐藤さんは予想します。

  「黄色いサルどもが無人島と境界線を争うって?
  勝手にやってろ、俺たちは知らねえ。
  とにかくアメリカに迷惑かけるんじゃねえぞ」

というのがトランプさんの本音。

中国と事を構えても得にならないと考えると、
トランプさんなら、アメリカ軍を沖縄から
引き上げることに躊躇しないかもしれない。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経済・行動経済学 | 11:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

理系に学ぶ。

満足度★★★★
付箋数:25

  「この本は、理系コンプレックスを抱える
  文系男が、2年間にわたり理系のトップランナー
  たちと対話し続け、目から鱗を何枚も落としながら、
  視界を大きく開かせていった記録だ。
  僕は2年間にわたり、理系人たちに訊ね続けた。
  こらから世界はどう変わるのか?
  日本はどう変わるのか? 人間はどう変わるのか?
  何が必要とされ、何が不必要になるのか?
  その先に、どんな未来が待っているのか?」

本書は、集英社の雑誌「UOMO」の2014年4月号から
2016年3月号に連載された「理系の友達」を元に
加筆・修正された対談本です。

インタビュアーとして本書をまとめるのは、
映画プロデューサーの川村元気さん。

川村さんは、東宝でプロデューサーとして、
『電車男』、『告白』、『悪人』、『モテキ』、
『寄生獣』、『バケモノの子』、『バクマン。』
などを手がけた方。

更に、2012年に初めて書いた小説の
世界から猫が消えたなら』が、120万部を超える
ベストセラーになりました。

クリエイティブな才能あふれる川村さんですが、
学生時代から数学や物理が苦手で、
ずっと理系に対してコンプレックスを
持っていたそうです。

大学は私立文系で、社会人になってからも、
映画作りや小説など、理系とは無縁の世界を歩み、
しばしコンプレックスから解放されていました。

しかし、あるとき、やはり理系から逃げずに
学ぶべきであると思うようになりました。

  「ある日、僕は気づいてしまった。
  スティーブ・ジョブズ、ビル・ゲイツ、
  マーク・ザッカーバーグ。
  いま世界を決定的に変えているのは理系人たちだ。
  そして未来を変えるのもきっと彼らだ。」

このように川村さんは考えて、「未知との遭遇」を
裏テーマに、最先端の理系人との対談を始めました。

対談相手は、養老孟司さん、川上量生さん、
佐藤雅彦さん、宮本茂さん、真鍋大度さん、
松尾豊さん、出雲充さん、天野篤さん、
高橋智隆さん、西内啓さん、舛田淳さん、
中村勇吾さん、若田光一さん、村山斉さん、
伊藤穰一の15名です。

当初、川村さんは対談によって、理系と文系の
違いや、それぞれの役割を知ろうとしました。

しかし、対談を通じてわかったことは、
結局、理系も文系も同じ山を登っている
ということでした。

山に登るルートは違うけれど、山の頂きでは、
理系と文系の融合が始まっている。

理系と文系は、同じ山を登る仲間として、
力を合わせることで、新しい未来を
作っていくことができるのです。

本書は、何より対談本として完成度が高く、
読んでいて非常に面白い本です。

それは川村さんの旺盛な好奇心が原動力となり、
理系のトップランナーたちに、
ぐいぐいと食い込んでいるからです。

私にとっては、対談相手の理系人たちに
馴染みがあるので、文系人としての川村さんの
発想やバイタリティの方に新鮮さを感じました。

ですから、本書は文系の人が読んでも、
理系の人が読んでも学びがある本だと思います。

この本から何を活かすか?

中学の理科で習う「メンデルの法則」。

植物学者のグレゴール・ヨハン・メンデルさんが
交配実験実により発見した遺伝の法則です。

このメンデルさんの実験の精度を
統計的に分析したのが、イギリスの統計学者
ロナルド・フィッシャーでした。

その結果、何がわかったのか?

  「データが合いすぎていて、つまり、
  データをいじったに違いないという結論。」

今となっては確認しようがありませんが、
メンデルさんにはデータ改ざん疑惑があるのです。

これに対して川村さんは、最近のSTAP細胞騒動も
引き合いに出し次のように語っています。

  「僕たちは、自分の理解の範疇を超えたものが
  現れると、その理由を言葉や物語にしたがる
  ところがあると思います。」

映画や小説は、この物語を欲する人間の特性が
あるからこそ受け入れられるのでしょう。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 06:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT