活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


≫ EDIT

サバイバル組織術


サバイバル組織術 (文春新書)

満足度★★★★
付箋数:25

あなたは、いくつの組織に所属していますか?

全く組織にも所属していないという人は
まずいないでしょう。

なぜなら、人間は群れをつくる社会的動物
だからです。

組織には、大きく2つの種類があります。

1つは、家族や町内会などのコミュニティー
(共同体)です。

これは血縁や地縁などで結びついたもので、
私たちはこの組織に自然に組み込まれます。

もう1つは、会社や行政機関、大学などの
アソシエーション(結社)です。

こちらは共通の目的や利害、関心を持つ
人々が形成する組織です。

本書は、後者、アソシエーション型組織
でのサバイバル術を説いた本です。

著者は、知の巨人と呼ばれる佐藤優さん。

なぜ、組織の中で意識的にサバイバルする
必要があるのでしょうか?

それは組織の理論のために、時に個人は
潰されてしまうことがあるからです。

  「 “組織” は、時に私たち “個人” に
  理不尽な仕打ちを行います。
  なぜなら、組織の目的は、基本的には
  組織自体の維持・存続であって、
  そのためには組織の一部に過ぎない
  個人を犠牲にすることは “合理的な判断” 
  とされるからです。
   “組織にとって、いかなる個人も入れ替え
  可能である” 、これが組織と個人を
  考えるうえでの大原則です。
  そのなかでいかにサバイバルするかが、
  本書のテーマです。」

本書は、日本の小説やテレビドラマの
シナリオを教材とした、ちょっと変わった
サバイバル術です。

なぜ、実例ではなく、小説やドラマを
題材としたのでしょうか?

それは、組織に関わる問題の多くは、
マニュアル化できないものだからです。

そして、実際に起きたケースでは、
情報量が多すぎて、そこから教訓を抽出
することが難しいからです。

一方、優れた文学作品には、組織と個人の
本質的な姿が、凝縮して詰め込まれています。

無駄な枝葉が取り払われているため、
その姿が浮き彫りとなっていて、
私たちが教材として使うにはうってつけ。

そこからリアルで実践的な内容を学ぶ
ことができるのです。

ただし、日本の小説やドラマと言っても
あまりに数が多すぎて、良質なものも
あれば、あまり良くないものもあります。

そのため、良質な小説やドラマで、かつ、
サバイバル術として活かせるものを選ぶ
必要があります。

その目利きとなるのが、小説やドラマ、
あるいは漫画まで知り尽くし、
同時に組織の裏表にも精通している
佐藤優さんです。

 第1章 いかに組織を生き抜くか
  →『坊っちゃん』、『
 第2章 人事の魔力
  →『官僚たちの夏 (新潮文庫)
 第3章 極限のクライシス・マネジメント
  →『不毛地帯
 第4章 忠臣蔵と複合アイデンティティ
  →『忠臣蔵
 第5章 軍と革命の組織学
  →『真空地帯
 第6章 昭和史に学ぶ
 第7章 女性を縛る「呪い」
  →『私という運命について
 第8章 生活保守主義の現在
  →『逃げるは恥だが役に立つ
   『東京タラレバ娘
 第9章 現場で役に立つ組織術

第6章や9章は特定の教材としての
小説やドラマはありません。

これらの章は歴史や佐藤さんの実体験から
学ぶことになります。

この本から何を活かすか?

「リスク」と「クライシス」は、
どのような違いがあるのでしょうか?

どちらも危機管理に関する言葉ですが、
意外とその違いが知られていません。

リスクとは、「悪いことが起きる可能性」
で、計量化できる概念です。

発生確率も計算でき、ある程度予測も
可能なので、マニュアルで対応可能です。

一方、クライシスは予測不可能な危機のこと。

非常に稀な現象で、前もって予測することが
難しく、一度でも起こると甚大なダメージを
被ることになります。

こちらは予防ではなく、発生した際に
ダメージを最小限に留める対策が必要です。

本書でクライシスの題材としているのは
山崎豊子さんの小説『不毛地帯』です。

この本は、絶体絶命のクライシスに
直面した人間の物語です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 組織・社内教育・コーチング | 05:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新訂版 貧乏モーツァルトと金持ちプッチーニ


新訂版 貧乏モーツァルトと金持ちプッチーニ

サンライズパブリッシングの加藤さんより
献本いただきました。ありがとうございます。

====================================
本書は、2018年7月に刊行された
『貧乏モーツアルトと金持ちプッチーニ』
の新訂版となります。

わずか、1年で新訂版が出る好評ぶり。

ただし、私も新訂版を読み直しましたが、
大事な部分は大きく変わらないため、
2018年8月13日に投稿した記事を再投稿
させていただきます。
====================================

誰もが、その才能を認める希代の天才音楽家、
アマデウス・モーツァルトさん。

彼には、汲めども尽きぬ作曲の才能がありました。

そのため、他の作曲家のように、自曲の権利を
管理して、その使用料で生計を立てるような
ことは考えませんでした。

わざわざ面倒な曲の権利を管理しなくても、
次々と創作する曲を切り売りし、十分に生計を
立てていけたのです。

しかし、彼と彼の妻には、かなりの浪費癖が
ありました。

ギャンブルと高価な服を好み、収入のほとんど
を使い果たし、それでも夜な夜な友人と飲み歩き、
全部をご馳走することを繰り返していました。

そんな生活をしていたため、モーツァルトさんの
生活は苦しかったと言われています。

残念ながら、音楽の才能があり過ぎたゆえに、
彼は権利を利用する必要性に気づきませんでした。

もし、彼が権利で儲けることを考えていたなら、
そんな使い方をしても、使い切ることできない
ほどの莫大な財産を成していたでしょう。

一方、その約100年後に生まれた音楽家の
ジャコモ・プッチーニさん。

「トスカ」、「蝶々夫人」、「ラ・ボエーム」
などのオペラの作曲で知られています。

プッチーニさんも偉大な音楽家の1人ですが、
純粋に作曲家としての才能だけを比べると、
モーツァルトさんには遠く及びません。

しかし、プッチーニさんは、自らの才能の
限界を知っていたからこそ、お金に困らない
優雅な一生を過ごしたと言われています。

彼の曲は、コリディル社という楽譜会社に
帰属していました。

そうすることで、プッチーニさんには、
オペラが公演されるごとに、上演権料のような
ギャラが安定的に入りました。

プッチーニさんは、オペラ作曲家として
人気を博し、彼の死に際しては、葬式は国葬
扱いとなり、イタリアでは国を挙げて、
喪に服し、半旗が掲げられたそうです。

モーツァルトさんと、プッチーニさんの
経済面での大きな違いは、知財管理による
マネタイズの差です。

これは単に、18世紀や19世紀の昔話で、
終わらせていい話ではありません。

現代のビジネスにおいても、知財の管理は
経済的な成否の鍵となります。

  「弁理士とは、未来を守り、未来を作る仕事
  である。そしてそのために、一見複雑に
  入り組んで見えるパテントビジネスを紐解き、
  最良のマネタイズ方法を提案するものであり、
  未来に向けた最適なビジネスパートナーの
  ひとりであると私は確信している。」

本書の著者は、正林国際特許商標事務所の
所長で、弁理士の正林正之さんです。

本書では、身近な事例から権利ビジネスの仕組み
を解説し、日本企業が世界で戦うための
ヒントを与えてくれます。

例えば、「日本のいちご」は、知財を管理が
できなかったばかりに、何百億円もの利益が
海外へ流出していると言います。

これは国家間だけの話だけでなく、
技術を持つ企業は同様に気をつけなくては
ならないことです。

世界を相手に戦うためには、攻めの知財活用が
必要なのです。

  「どうか、本書を単なる知的好奇心を充たす
  束の間のエンターテイメント・ビジネス書
  として閉じるのではなく、これから世界を
  相手に戦うそのきっかけのひとつにして
  いただきたい。」

本書には、日本が未来に経済的な繁栄を
していくためには、欠くことのできない
知恵が詰まっています。

この本から何を活かすか?

著作権には、「保護期間」があります。

では、なぜ、1928年に生まれたミッキーマウスの
著作権は、今でも保護されているのか?

  「アメリカの著作権法は、ミッキーをはじめと
  するディズニー社の主要なキャラクターの
  著作権が切れる直前になると、その保護期間の
  延長を定める改定措置を何度も繰り返している。」

このことから、アメリカの著作権法は、
「ミッキーマウス延命法」とか「ミッキーマウス
保護法」などとも呼ばれています。

現行の法律では2023年まで、ミッキーマウスの
著作権は保護されていますが、更にその先も
改定する動きがあるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 04:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヒューマンエラーの心理学


ヒューマンエラーの心理学 (ちくま新書)

満足度★★★
付箋数:24

あなたは、直観が当たる方でしょうか?

もし、「自分は直観がよく当たる」と
思っているなら、それは単なる思い込み
かもしれません。

なぜなら、人間は他の動物と比べても、
最も間違えることの多い生き物だから。

  「人間は他の生物種に比べて、
  特に優秀な知覚認知過程を持っている
  わけではないのです。
  むしろ、周囲にある物事の特性や、
  自分自身の状態についての知覚や認知に
  おいて、圧倒的に高い頻度で誤りを
  犯します。」

そもそも、誤りを犯しやすいかどうかを
他の動物と比べられないと思うかも
しれませんが、そんなことはありません。

例えば、錯覚の1つとして有名な
「エビングハウス錯視」があります。

これは同じ大きさの円であっても、
周囲を複数のより小さな円で囲むと
大きく見え、周囲を複数の大きな円で
囲むと小さく見えるという目の錯覚。

実は、ニワトリは人間と逆の見え方を
していることが知られています。

人間には小さく見える円の方が、
ニワトリには大きく見え、人間に小さく
見える円が、ニワトリには大きく見える。

これは、生物種によって、それぞれの
生活環境に適応するために、異なる様式の
視覚情報処理をしているためです。

では、なぜ人間は他の動物と比べて、
間違いやすいのでしょうか?

本書の著者、実験心理学を専門とする
一川誠さんは、理由を3つ挙げています。

1つ目の理由は、知覚認知には有限性が
あるから。

ただし、これは人間に限ってある制限
ではありません。

2つ目の理由は、環境や行動様式を作り
変えるという行動特性があるから。

この理由は、他の生物種で見られない、
人間だけの特徴です。

3つ目の理由は、錯覚を自ら利用する
行動様式を持つことです。

この特性も人間固有のものです。

本書では、有名なものからマイナーな
ものまで、あらゆる錯覚やバイアスを
紹介しています。

アリストテレスの錯覚、マガーク効果、
ラバーハンド錯視、フラッシュラグ効果、
表情フィードバック、三囚人問題、
モンティーホール問題、リンダ問題、
世界5分前仮説、バラ色の回顧・・・

本書の目的は、こうした錯覚やバイアス
が人間にはあることを事前に知って、
それを上手に活かすことです。

陥りやすい、認知的な誤りを知っていれば、
自分が起こしやすいミスを防げます。

それだけでなく、仕事やミスが許されない
環境において、それを未然に防ぐことが
可能となります。

  「人間自体の知覚認知や行動の特性を
  理解することで、潜在的な危険性を減らし、
  逆に、生存の可能性や、生活のための
  利便性を向上させていくことも可能に
  なると思われます。」

まずは、人間には誤謬性があることを
認めることが、私たちの生活を向上させる
ための、最初の一歩となります。

 第1章 人間は間違える
 第2章 音を見る、光を聴く
 第3章 身体と感情
 第4章 直観はなぜ間違えるのか
 第5章 認知バイアスに見る人間特性
 第6章 改変される経験の記録
 第7章 機械への依存とジレンマ
 第8章 人間の適応戦略

この本から何を活かすか?

ちょっと面白い名前がつけられているのが、
「皮膚ウサギ錯覚」と呼ばれる錯覚。

これは次のような触覚の時間的特性と
空間的特性が混同される錯覚です。

手首あたりを2回と上腕部を1回、
等しい時間間隔で刺激を与えます。

そうすると手首から上腕部にかけて
感触刺激が等しい距離間隔で提示された
ように感じるようです。

小さなウサギが手首から上腕部にかけて
駆け上がるように感じられるということで
こんな名前がついたとか。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| | 05:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

裏・読書


裏・読書 (ハフポストブックス)

満足度★★★
付箋数:23

  「40歳を目前に控えたとある日の午後、
  夏目漱石の『こころ』を読んで驚いた。
  何だ、この、男のマウンティング物語は?
  いまの男性社会の悪いところが
  詰まっているじゃないか・・・。
  これを中高生に読ませて、何を学んで
  貰おうと思うのだろうか。
  ふとページを閉じてかみしめたくなる
  ような美しい言葉使いの文章なのに、
  登場人物の自分よがりの葛藤。
  こんなものをいつまでも国語の教科書に
  載せているから、日本の男はウジウジ
  狭いところで小競り合いを続けている
  のではないだろうか?」

本書は、歌舞伎町でカリスマホスト
として活躍し、現在はホストクラブやBAR、
飲食店、美容室など10数件の経営者として
知られる手塚マキさんの書評本です。

紹介されているのは、次の13作品。

 ・夏目漱石さん『こころ
 ・村上春樹さん『ノルウェイの森
 ・又吉直樹さん『火花
 ・吉野源三郎さん、羽賀翔一さん
  『漫画 君たちはどう生きるか
 ・俵万智さん『サラダ記念日
 ・乙武洋匡さん『五体不満足
 ・山田詠美さん『ぼくは勉強ができない
 ・平野啓一郎さん『マチネの終わりに
 ・東野圭吾さん『容疑者Xの献身
 ・林真理子さん『野心のすすめ
 ・川端康成さん『眠れる美女
 ・太宰治さん『走れメロス
 ・西原理恵子さん『ぼくんち

よく知られた13作品ですが、
手塚さんの評価は、世間一般で認知されて
いるものと大きく異なります。

それは、ホストを育てる経営者の視点で
これらの作品を読んでいるから。

例えば、『ノルウェイの森』については、
このように評しています。

  「村上春樹さんの『ノルウェイの森』は
  すべてのホストが読むべき、バイブル
  のような本です。主人公のワタナベの
  ような男性でなければ、歌舞伎町で
  ホストとして生き残ることはできません。
  部下のホストたちにも “読んで研究しろ” 
  といって手渡しています。」

手塚さんの、これまでの評判と一線を画す
書評を読むと、読書本来の面白さを改めて
発見することができます。

それは、本との自由な付き合い方。

この作品は、こう読まなければならない
といった思い込みを一切排して、
思うまま、感じたままに読めばいい。

もちろん、途中でイヤになったら、
投げ出しても構いません。

  「読まなければならない本なんてない。
  読むべき本なんてない。
  読書って自分の心に一滴水を垂らす
  ぐらいの感覚でいいと思うんだ。」

特に最近は、本を購入するときに
Amazonなどのレビューを参考にする
ことが多いと思います。

すると、意識していなくても、
既にあるレビューに影響されて、
その作品を捉えてしまうことも
あるでしょう。

本書では、そういった先入観を
なくして読むことで、自分独自の見方が
できることを思い出させてくれます。

また、読書という行為自体にも、
手塚さんは独自の見解を持っています。

  「若い時に沢山本を読めといいますが、
  僕は大人になってから読書すれば良い
  と思っています。(中略)
  読書は人生の答え合わせでいいと
  思っている。」

手塚さんも、決して奇をてらった
わけではないと思いますが、
本書を読むと、これまでにない視点、
新しい価値観を知ることができます。

個人的には、途中途中で垣間見られる
ホストの世界についても、興味深く
読むことができました。

この本から何を活かすか?

私が本書で紹介されている13作品で、
未読かつ、最も読みたくなったのは、
西原理恵子さんの『ぼくんち』です。

  「痛々しく優しい人たちが許しあう
  ための、これからの “聖書” 。」

観月ありささん主演で映画化もされて
いる漫画ですが、スルーしていました。

読んでみようと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 読書法・速読術 | 05:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハッタリの流儀 ソーシャル時代の新貨幣である「影響力」と「信用」を集める方法


ハッタリの流儀 ソーシャル時代の新貨幣である「影響力」と「信用」を集める方法 (NewsPicks Book)

満足度★★★
付箋数:23

  「二年前、『多動力』という本を出版した。
  この本は30万部超えのベストセラーに
  なった。 “とにかく動く”  “手当り次第
  やってみる” という内容だ。(中略)

  多動力を生かして一気に突き抜ける人と、
  逆にあれもこれもと手を出した結果、
  器用貧乏になり、小さくまとまってしまう
  人がいるのだ。
  
  では、何がこの二つを分けるのか。
  
  それが “ハッタリ力” だ。」


本書は、これからの時代に必要な、
「ハッタリ力」の身につけ方と生かし方を
説く本です。

著者は、言わずと知れた堀江貴文さん。

ハッタリとは、一般的に相手を威圧する
ために、大げさな言動をしたり強気な態度
をとることを言います。

本書でのハッタリは、具体的に言うと、
「できないことを、できる」と言うことです。

ただし、大切なのはブラフをかますこと
ではありません。

ハッタリをかました時点では、できなくても、
その後、必死に努力して、本当にできる
ようになることが何よりも重要です。

その結果、最終的にできなくても、
問題ありません。

  「大切なのは、成功するという “結果” 
  ではない。 “挑戦する様を見せること” 
  なのである。
  こんな時代を最前線で生き抜くためには
   “大胆かつ正しくハッタリをかます力” 
  が必要なのである。」

堀江さん自身も、これまで多くのハッタリを
かましてきましたが、全てが成功してきた
わけではありません。

ライブドア営業利益世界一、テレビ局買収、
球団獲得、総選挙への出馬・・・

これらはハッタリをかましても、
実現しなかったことです。

しかし、堀江さんの言動は、注目を集め、
世間を熱狂させました。

  「そう、結果がいつもついてきている
  わけではない。みんなが腰を抜かすような
  ことを、いつも言い続け、そして踏み
  抜き続ける。大きくハッタリをかまし、
  そして、かましてしまったハッタリを
  実現するために、本気で勝負し続ける。
  その “過程” こそが大切であって、
  人とお金を巻き込むというわけだ。」

どんな夢を実現するにもお金は必要なので、
自分の夢を大きく語り、人々を魅了して、
人とお金を集めるのがホリエモン流。

今の堀江さんのハッタリは宇宙です。

安価なロケットを宇宙に安定的に
飛ばすことが夢です。

最初は、「そんなことできるわけない」
と誰もが思いました。

しかし、インターステラテクノロジズは、
2019年5月、日本初となる民間単独の
ロケットとして、宇宙空間に到達しました。

この宇宙事業は、今後も多くの人を
魅了し、更に多くのお金も集めていく
ことでしょう。

さて、本書で堀江さんが語るのは、
ハッタリをかまして、無謀な夢に挑戦する
ことですが、それには必ず、後から必死に
行う「努力」がセットになっています。

まずは、「できます」と言い切って、
辻褄を合わせるための「覚悟」を持ちます。

その後に、それを実現するために本気で
努力します。

  「本気で努力をする人は意外といない。
  大体が65点ぐらいまで。100点までやる
  人なんてほとんどいない。そして120点
  までやり切る人間は皆無だ。だからこそ
   “努力” はコスパがいい。ハッタリを
  できるだけ大きな花火にするために、
  努力という最大のカラクリを仕込んで
  おくのだ。」

堀江さん言っていることは至極真っ当です。

日本人は控えめなので、何も言わずに
やることを良しとする文化があります。

しかし、先に「やる」と宣言すると、
プレッシャーもかかるので、自分を
ストレッチし、成長させるスピードも
早くなるのでしょう。

この本から何を活かすか?

堀江さんは、ハッタリ人間が捨てるべき
3つのものがあると言っています。

  1. もっともらしい言葉
  2. 親の教え
  3. プライド

世間の目を気にせず、逆に利用すること
こそがハッタリ力です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事論 | 05:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT