活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


≫ EDIT

嫌われる勇気

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え
(2013/12/13)
岸見 一郎、古賀 史健 他

商品詳細を見る

kindle版 嫌われる勇気

満足度★★★★
付箋数:24

ある男性が、喫茶店で本を読んでいると、
側を通りかかったウェイターが、男性の上着にコーヒーを
こぼしてしまいました。

買ったばかりで一張羅の上着だったので、男性はカッとなって、
大声でウェイターを怒鳴りつけました。

普段は温厚な男性でしたが、この時ばかりは怒りに駆られて、
店内に響くような大声で怒鳴り散らしてしまったのです。

なぜ、男性はそのような行動を取ったのか?

その説明のために2つの考え方があります。

1つは、過去にある「原因」が元で、今の行動が起こった
と考える「原因論」。

もう1つは、今、達成したい「目的」のために行動を起こした
と考える「目的論」。

先ほどの喫茶店で怒った男性の例では、一般的に、
「コーヒーをこぼされた」ことが原因で、怒鳴ったと
解釈する人が多いでしょう。

怒りの感情に衝き動かされ、考える間もなく
とっさに行動を取ったと考えるのです。

一方、目的論では、「大声を出す」という目的を果たすために
怒りの感情を作ったと解釈します。

つまり、その男性はミスを犯したウェイターを屈服させ、
自分の言うことをきかせたかった。

その手段として、怒りという感情を捏造したと考えます。

怒りとは、一瞬の感情ですが、実は出し入れ可能な「道具」。

わざわざ大声をあげなくても、言葉で説明すれば、
ウェイターは丁重にお詫びをし、然るべき対応をしたことでしょう。

しかし、その男性は言葉で説明する手順を面倒に感じ、
無抵抗な相手を、より安直な方法で屈服させようとした。

その道具として、怒りの感情を使ったのです。

この「目的論」が、本書で紹介される「アドラー心理学」の中の、
代表的な1つの理論です。

  「本書は、フロイト、ユングと並び “心理学の三大巨頭” と
  称される、アルフレッド・アドラーの思想(アドラー心理学)を、
   “青年と哲人の対話篇” という物語形式を用いてまとめた一冊です。
  欧米で絶大な支持を誇るアドラー心理学は、 “どうすれば人は
  幸せに生きることができるのか” という哲学的な問に、
  きわめてシンプルかつ具体的な “答え” を提示します。」

アルフレッド・アドラーさんは、オーストリア出身の精神科医で、
20世紀初頭にアドラー心理学を創設しました。

元々はフロイトさんとも同じ精神分析協会に所属していましたが、
学説上の対立から袂を分かち、独自の理論に基づく
「個人心理学」を提唱しました。

  「トラウマ」は存在しない。
  すべての悩みは「対人関係の悩み」である。
  人は変わるこができ、世界はシンプルで、誰もが幸せになれる。

あの大前研一さんも、実はアドラー心理学を高く評価しています。

大前さんは、心理学は根本的にフロイト心理学と
アドラー心理学の2派しかないと考えます。

そして、自身も心の持ち方で人生は変わると考えるアドラー派。

だから大前さんは、人生で「私にはできない」と思ったことは
一度もないそうです。

行き詰まった時に、私たちが知りたいのは、「原因」ではなく、
これからどうすべきかという「対処法」です。

本書は、その点を曖昧にせず、しっかりと言及していますから、
今までかかっていたモヤが、スッキリと晴れたと感じた人も
多いと思います。

この本から何を活かすか?

デール・カーネギーさんの『人を動かす』や『道は開ける』。
スティーブン・コヴィーさんの『7つの習慣』。

本書を読むと、これらの世界的ベストセラーにも、
アドラーさんの思想が色濃く反映していることが分かります。

その意味でも、本書のサブタイトルにもなっている
「自己啓発の源流」に、偽りはありません。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 自己啓発・セルフマネジメント | 06:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なぜ、それを買ってしまうのか

なぜ、それを買ってしまうのか (祥伝社新書)なぜ、それを買ってしまうのか (祥伝社新書)
(2014/07/01)
加藤直美

商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:20

あなたは、食品の買い物をする場面で、次のどちらを選択しますか?

  A: 抜群に美味しいけれど、栄養価はあまりない食品
  B: 味は並みだが、栄養豊富な食品

究極の選択とまではいきませんが、ちょっと迷うところですね。

どちらを選ぶか考えているところに、第3の選択肢が提示されました。

  C: とても美味しいがAほどではなく、
    栄養価はAとあまり変わらない食品

第3の選択肢は、明らかにAの劣化版という感じなので、
誰もがCを選ぶのは問題外だと考えるでしょう。

しかし、Cを選ばなくても、この選択肢が加わったことが、
AとBの選択に影響を及ぼすことがまります。

最初はAとBの2択でしたが、基準が異なり比較しにくいので、
選ぶのにストレスを感じました。

そこにAに似た第3の候補Cが選択肢に加わりました。

AとCは比べやすく、明らかにAが優れています。

すると、Aの価値が上がったと感じ、AとBの選択でも、
ついAを選んでしまうことがあるのです。

次に、大学で規定外の単位取得をしなければならない場面を
想像してください。

あなたなら、どちらを選ぶでしょうか。

  A: 抜群に面白いものの、単位取得までには何回かの講義を
    受ける必要がある
  B: あまり面白いとはいえないが、単位取得にかかる
    講義回数が少ない

面白さか、単位取得までの時間の短さか、どちらを優先すべきか
考えているところに、また、第3の選択肢が示されました。

  C: そこそこ面白いがAほどではなく、単位取得までの講義回数は
    Aとさほど変わらない

先ほどの食品の買い物選びと同じパターンですね。

こちらも第3の選択肢の登場で、その選択肢に惑わされて、
Aを選ぶ人が出てきます。

さて、本書によると、2つのグループにこの2つの質問をした場合、
違った結果が出てきたそうです。

2つのグループとは、高齢者のグループと現役大学生のグループ。

現役大学生は、単位取得の質問では、AとBの選択において、
第3の選択肢の登場に惑わされませんでした。

しかし、買い物の質問では、第3の選択肢により判断に影響がでました。

一方、高齢者はどちらの質問に対しても、第3の選択肢に
惑わされることなく、適性に判断することができたのです。

この結果を、本書の著者、加藤直美さんは、
「身体的な動作は衰えたとしても、これまで経験を積んで
身につけた知恵は衰えないことが確認できた」と評価しています。

昨日紹介した橘玲さんの『バカが多いのには理由がある』では、
直感だけで考える「ファスト思考」だけではバカになるという
ことが書かれていました。

選択肢Cの影響を受けるのは、直感の判断だけで、
スロー思考ができていない証拠なのかもしれません。

本書の目的は、私たちが普段買い物をするときに、
どのように商品を選んでいるかを探ること。

加藤さんは、30年以上に渡り、店舗で商品を買ったお客様に、
「なぜ、その商品を買ったのですか?」と尋ねる
調査や実験を行ってきました。

その蓄積された調査結果に、心理学や行動経済学の視点を加え、
本書で、顧客の購買心理を解き明かします。

この本から何を活かすか?

2014年4月から消費税が5%から8%へ引き上げられました。

便乗値上げもあるのかもしれませんが、わずか3%といえど、
実際に買い物してみると、けっこう値上がりした感覚があります。

一方、消費税値上げ分を割引く、3%OFFのセールを
実施するところもあります。

しかし、割引の場合、「たった3%」という印象を受けます。

これはプロスペクト理論で言われる、損するときと得する時の
価格の感じ方が違うからですね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| マーケティング・営業 | 06:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バカが多いのには理由がある

バカが多いのには理由があるバカが多いのには理由がある
(2014/06/26)
橘 玲

商品詳細を見る

kindle版 バカが多いのには理由がある (WPB eBooks)

満足度★★★
付箋数:24

橘玲さんの『不愉快なことには理由がある』に続く社会評論第2弾。

本書は、橘さんが週刊プレイボーイに連載しているコラム、
「そ、そーだったのか!?真実のニッポン」の
2012年11月~2014年5月掲載分をまとめて修正し、
プロローグとエピローグを加えたもの。

今回も政治や経済、社会問題について、
橘さんらしい視点から、問題の本質を鋭く捉えます。

  ・ “憲法改正” 論議がカルト化していく理由
  ・「人間力」はうさんくさい
  ・ “ブラック政府” はブラック企業を指導できない
  ・労働組合は身分差別社会が大好き
  ・貧乏くじを引くのはいつもまっとうに生きている多数派
  ・プレゼンで大事なことは決められない
  ・すべてのメディアは捏造装置
  ・「人道支援」という巨大ビジネス

見出しのタイトルだけで、ゾクッとするものが多いですね。

ここまで書いて大丈夫? とさえ心配してしまうような
刺激的な内容も含まれています。

橘さんの主張を、問題の当事者が聞いたら、
不愉快極まりないと感じるでしょう。

しかし、それに対して論理的な反論はできないはず。

本書の批評の1つの切り口は、「速い思考(ファスト思考)」と
「遅い思考(スロー思考)」です。

これは、2002年にノーベル経済学賞を受賞した
ダニエル・カーネマンさんが、『ファスト&スロー』の中で
示した考え。

ファスト思考は、直感ですぐに答えを出す思考法で、
脳への負荷が少なく快適です。

それに対して、スロー思考はすぐには答えを出さずに、
一度立ち止まってじっくり考える、脳に負荷のかかる思考です。

私たちがこの世界で生活する上で、日常のほとんどのことは、
ファスト思考で判断できます。

生きていくということは、無数の判断の繰り返しですから、
いちいちスロー思考をしているヒマはありません。

しかし、まれにスロー思考でしっかり考えて
判断すべきことに遭遇します。

橘さんの言う「バカ」とは、ここぞという必要なときでも
スロー思考ができず、すべてを直感で判断してしまう人のこと。

そもそもスロー思考は脳に負荷がかかるので、
人は誰でもそれを自然と避けてしまう習性を持ちます。

それは、「スロー思考が必要な問題を無視する」か、
「あらゆる問題をファスト思考で解こうとする」かの
いずれかの方法によって。

「バカ」と「利口」を分けるのは、スロー思考を
徹底して忌避して直感で判断するか、わずか0.1%の機会でも、
そこで立ち止まってスロー思考ができるかの違いなのです。

脳の負荷の少ない直感を捨て、スロー思考をしたときに、
はじめて今まで見えなかった真実が見えてきます。

本書の橘さんの社会評論は、スロー思考によって導き出された
必然的な考えなのです。

この本から何を活かすか?

本書には、「ゲーム理論で新車をもっとも安く買う方法」が
紹介されていました。

それは、次のような方法です。

まず、ディーラーに相談せず、車雑誌やインターネットで調べて
あらかじめ購入する車を、装備も含め決めておきます。

次に、自分が住む地区のディーラーをリストアップして、
購入したい車種と装備を伝え、次のように言います。

  「この条件でいくらなら売ってくれるのか、最低価格を教えて
  ください。その価格を次に電話するディーラーに伝えて、
  すべてのディーラーのなかでもっとも安いところから
  購入します。なお、購入する場合はその金額にぴったりの
  現金しか持って行きません。」

こちらの情報は一切相手に与えず、相手の情報だけを得るのが
ゲーム理論の肝です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 06:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「バタバタしない」技術

「バタバタしない」技術 (PHP文庫)「バタバタしない」技術 (PHP文庫)
(2014/07/03)
吉山 勇樹

商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:19

気がついたら、いつも「バタバタ」してしまう。

本書は、そんな人のために書き下ろされた文庫本。

著者の吉山勇樹さんは、残業削減や業務効率化、あるいは
業務改善についてコンサルティングを行うプロフェッショナル。

残業ゼロ! 仕事が3倍速くなるダンドリ仕事術』などの
ベストセラーを執筆している方です。

さて、まずは「バタバタ」している状態が、
どのような状態かをしっかり確認してみましょう。

いつもバタつく人は、一度立ち止まって、
状況確認する習慣が往々にしてないものです。

バタバタしている状態とは、簡単に言うと慌てている状態。

  朝、出勤する前の支度の最中にバタバタ
  仕事の締め切りギリギリになってバタバタ
  突発的なことを急にふられてバタバタ

こういった状況で、一生懸命やろうとしているものの
空回りしてしまい、気持ちだけがどんどん焦っていく。

バタバタする人は、仕事だけでなく、
プライベートでも、もっと言うと、人生そのものも、
慌てて空回りしているのかもしれません。

吉山さんは、バタバタする原因を次の3つに特定しています。

  ・事前準備不足
  ・時間管理不足
  ・リスクの想定不足

細かく見ると様々なシチュエーションがありますが、
突き詰めると、この3つの原因に集約されるのです。

まずは、この3つの内、自分がどの不足に陥りやすいかを
把握するのが、脱・バタバタの第一歩。

  「本書では第1章でバタバタする人の症状、
  第2章ではバタバタしないための心構え、
  第3章ではバタバタしないためのタスク管理、
  第4章ではバタバタしないためのコミュニケーション、
  第5章ではバタバタしないための仕組みと習慣、
  第6章ではそれでもバタついた時の応急処置、
  第7章ではバタつかない生き方をご紹介していきます。」

そう言えば、仕事でバタバタしている人を見ると、
どうしてその人が、慌てているのかわからないことがあります。

やるべきことがわかれば、手伝ってあげるのに・・・・。

そう思って見ている人もいるはずです。

この場合、完全にコミュニケーション不足に陥っています。

いま取り掛かっている仕事が、次の4つのどれに該当するか
確認して、協力してもらえる仕事は、協力を得て、
何でも自分で抱え込まないようにすることも大切です。

  1. 自分にできて、他人でもできる
  2. 自分にできて、他人にできない
  3. 自分はできず、他人ならできる
  4. 自分はできず、他人にもできない

もし、その仕事が4番目なら、いくら自分や自分の部署の中で
バタバタしても始まりません。

この場合は、外部の協力者を探すことから
始めなくてはならないのです。

焦った時こそ、一度冷静に立ち止まって、
本当に自分は何をすべきか、他人には何を依頼するかを
判断した上で、周囲とコミュニケーションを取った上で
仕事に取り組む必要があるのです。

この本から何を活かすか?

  「私が仕事も日常生活もバタバタしない、させないための
  工夫として10年以上実践していることがあります。
  それは段取りのための段取りを重視していることです。」

確かに、バタバタしているとときは、段取りさえままならない
状況ですから、段取りのための段取り、
計画を立てるための計画を立てておくのは良い方法ですね。

毎日の習慣として、この時間を確保しておくだけで、
仕事もプライベートも、グッと濃いものになりそうです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 06:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

迫り来る日本経済の崩壊

迫り来る日本経済の崩壊迫り来る日本経済の崩壊
(2014/06/26)
藤巻 健史

商品詳細を見るkindle版 迫り来る日本経済の崩壊

満足度★★★
付箋数:17

2013年、日本維新の会から参議院比例区で立候補して当選。

藤巻健史さんが参議院議員となり、1年が経ちました。(2014/7現在)

本書は、藤巻さんが議員になってから、はじめて出した本です。

もちろん、フジマキファンの方はご存知のように、
書かれている内容は、読む前からわかります。

なぜなら、どんなに予想が外れて、ボロクソに言われようと、
ハイパーインフレが来て、日本経済が崩壊するという
藤巻さんの主張は変わらないからです。

2014年3月31日の参議院決算委員会に、日銀の黒田総裁が
参考人として呼ばれました。

その委員会で、藤巻議員は日銀の量的緩和策について質問します。

   「私は30年以上、金融業界にいるのですが、どうしても出口戦略を
  思いつきません。私は頭が悪いのでしょうか?」

この「私は頭が悪いのでしょうか?」と聞いたタイミングで
他の議員から野次が入ります。

  「そうだ!」と。

さすが藤巻さん、議員になっても笑いを呼びます。

本当は適切な質問をしたということに対し、
援護射撃の野次でしたが、タイミングがうまくズレてしまい、
頭が悪いことを肯定する野次になってしまったのです。

ちなみに、黒田総裁は、この質問には「時期尚早」とだけ
答えました。

  「予想どおりです。出口などないのですから、
  答えようがないのだと私は思っています。」

藤巻さんは、量的緩和がハイパーインフレを引き起こすとして、
これに反対しています。

  「ブレーキのない車のアクセルを思いっきり踏み込むのは危険
  なのです。バスが山道を登っているときはブレーキはいりません。
  しかし峠を越えたバスにブレーキがなければ、
  乗客は恐怖を味わいます。海に向かって一直線だからです。
  ブレーキがないどころか踏み込んだアクセルが戻らないのなら、
  恐怖は一段と増すでしょう。」

最近、藤巻さんは、量的緩和をブレーキの壊れた車に
喩えるのが気に入っていますね。

あと、量的緩和について「異次元の量的緩和」と
表現するのもお気に入り。

ちなみに、藤巻さんが「異次元」と言うのは次の理由から。

  「現役時代の私の常識は、マネタリーベース40兆円でしたが、
  今年末にはそれを270兆円にするというのです。
  私の常識の7倍のマネタリーベースです。
  現場を知らない学者の先生には単なる7倍かも知れませんが、
  現場にいた私には、本当に “異次元の世界” 、
  いや “異次元の恐怖” です。ここまでジャブジャブにした後で
  ハイパーインフレを抑えられるのなら、 “普通のインフレ” は
  赤ん坊ににでも抑えられます。」

議論が既に、ハイパーインフレが起こることが
前提になっているところが、藤巻さんらしいところです。

また、これも以前からの主張と同じですが、
日本が財政破綻をして円が暴落し、資産がなくなるのを
回避するために、本書でも「米国株買い」が推奨されていました。

  「私は米国株がいいと思っています。(中略)
  ニューヨーク・ダウを構成する会社は、30社しかありません。
  だいたい皆さんが知っている会社ばかりです。
  そちらに分散投資すればよろしいのではないでしょうか。」

この本から何を活かすか?

本書の「おわりに」では、藤巻さんが議員になった理由が
明かされていました。

藤巻さんの考えでは、日本の財政破綻は避けられません。

1997年の韓国の通貨危機のときにIMFが入り、
再建の手助けをしたように、日本が破綻した際にも、
外国人が再建の主導権を握る。

  「そのとき政治の世界にいたほうが、再建メンバー選考時に
  彼らの目に留まりやすいと考えました。それが、私が昨年
  政治の世界を目指した理由です。」

ここでも、ハイパーインフレが起こることに賭け続ける
ディーラー魂を見せています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経済・行動経済学 | 06:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT