活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


≫ EDIT

図解 2割に集中して結果を出す習慣術 ハンディ版

満足度★★★
付箋数:22

著者の古川武士さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

あなたの周りには、次のような人はいませんか?

 ・いつも他の人より早く帰っているのに、
  きちんと成果を出している。

 ・いつも余裕があるように見えるのに、
  締切や納期をちゃんと守っている。

 ・あまり仕事をやっているように見えないのに、
  いつの間にかやるべきことを仕上げている。

一般の人から見ると、こういう人の
仕事ぶりは、不思議に思えるかもしれません。

このような人の仕事の仕方は、何が違うのか?

  「その人は、仕事の本質を見極め、成果が出る
  ポイントに全力投球し、それ以外の部分は
  上手に力を抜いているのです。」

力が抜けない人は、「完璧主義」に嵌まる
傾向があります。

細部までこだわって、完璧を目指す完璧主義は、
決して悪いものではありません。

特にスポーツ選手や芸術家、職人といた、
1つのことを極めることが求められる職種では、
完璧主義は人を感動させる仕事につながります。

しかし、一般のビジネスパーソンにとって
過剰な完璧主義は、仕事の弊害になることが
少なくありません。

多くのビジネスパーソンは、1つの仕事に
没頭するより、次々とやるべき仕事が舞い込み、
限られた時間の中で、成果を出すことが
求められます。

ビジネスで求められるのは、
完璧主義ではなく、「最善主義」。

最善主義とは、力の入れどころ、抜きどころを
見極めて、より無駄をなくし、限られた時間で
最大の結果を出す働き方です。

完璧主義も最善主義も、その人の性格ではなく、
「思考習慣」だと古川さんは指摘します。

習慣であれば、変えることができるのです。

本書では、33の項目について、完璧主義の人と、
上手に力を抜く人(最善主義の人)を比較します。

 ・完璧主義の人は、がんばること自体に
  美徳を感じている
 ・上手に力を抜く人は、結果が出ることに
  美徳を感じている

 ・完璧主義の人は、無制限にがんばる
 ・上手に力を抜く人は、制限をもうけてがんばる

 ・完璧主義の人は、妥協することを許せない
 ・上手に力を抜く人は、戦略的に妥協して
  最適化する

 ・完璧主義の人は、すべて網羅しようとする
 ・上手に力を抜く人は、結果が出る部分を
  徹底する

 ・完璧主義の人は、自力でがんばり続ける
 ・上手に力を抜く人は、他人の力を
  上手に借りる

このように2つの行動習慣を対比させることで、
完璧主義から最善主義への移行をすすめます。

人類は、楽をすることを考えて、
いろいろなモノを発明し、
これまで進歩を重ねてきました。

ですから、力を抜くことを考えることは、
生産性を上げるためのキーポイントなのです。

本書は2014年11月に刊行された
力の抜きどころ』の内容を抜粋し、
大幅に加筆修正し、ハンディ版にしたものです。

私は、オリジナル版も読んでいますが、
かなり別の本になった印象を受けました。

それは本書が、かなり図解化されたからです。

紹介されている項目数は、減っていません。

しかし、本書では文章での説明を短くし、
その分わかりやすい図を大きく入れています。

大事な2割に集中して、効率よく成果を上げる
最善主義は、本書を改訂する際にも、
活かされたのだと思います。

この本から何を活かすか?

「戦略」にはいろいろな定義があります。

「戦略とは何をやらないかを決めることである」
と言ったのは、ハーバード大学経営大学院教授の
マイケル・ポーターさんでした。

本書で古川さんが伝える最善主義は、
正にこのポーターさんの戦略の定義そのもの。

  「上手に力を抜く人は、限られた時間で
  相手の要望を最大限満たすために、
  時間や人、エネルギーを効率的に使おうと
  します。そのために、戦略的に切り捨てたり、
  諦めたり、ハードルを下げたりと当初の
  予定を柔軟に変えていきます。」

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 06:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

たった1分で会話が弾み、印象まで良くなる聞く力の教科書

満足度★★★★
付箋数:24

あなたは、次に挙げるような「聞き方」を
していませんか?

 1. 話を「最後まで」聞かない
 2. 自分の聞きたいようにしか聞いていない
 3. 「相手が言いたいことが何か」を考えず、
   「ズレた答え方」をしている
 4. どんな話でも「自分の話」に
   持っていってしまう
 5. 「不愉快なあいづち」を打つ
 6. 「態度・しぐさ」がNG
 7. 「ダメな質問」をする

もし、このような聞き方をしていたら、
すぐにでも直しましょう。

間違いなく、相手に嫌われてしまいます。

逆に言うと、この7つのNGな聞き方を
避けるだけで、あなたの好感度はアップします。

本書は、アナウンサーの魚住りえさん
による「聞き方」の教科書です。

魚住さんが、2015年8月に刊行した前著、
たった1日で声まで良くなる話し方の教科書
は、15万部超のベストセラーになりました。

本書は、それに続く続編です。

話し方は、「たった1日」で変えることが
できましたが、聞き方は1日どころか、
「たった1分」で変えられるというのが
本書のコンセプトです。

人は、「自分の話を聞いて欲しい」生き物です。

無口な人でも、自分の得意な話をするときには
饒舌になります。

ですから、人の話にしっかり耳を傾けるのは、
人の根源的な欲求に応えることになるのです。

魚住式「聞き方メソッド」の柱は3つ。

NGな聞き方の5番目~7番目に対応しています。

1つ目の柱は、「あいづち」。

  「会話が弾むかどうかは “あいづち” で
  決まると言っても過言ではないほど、
  あいづちは重要です。
  あいづちが下手だと、話し手は
   “話したい気持ち” を失ってしまいますよね。
   “聞き上手” の秘密はあいづちにあると
  私は思っています。」

2つ目の柱は、「態度・しぐさ」

  「話を聞くときの “態度・しぐさ” は、
  時として言葉以上に大切です。(中略)
  どんなに完璧な受け答えをして、
  完璧なあいづちを打ったとしても、
   “話をしている間に一度も目を合わせ
  なかった” としたら、すべて台無しに
  なってしまいますよね。」

3つ目の柱は、「質問力」

  「 “質問” は会話において必要不可欠の
  要素です。 “上手な質問” ができれば
  話しが弾むし、相手からいろいろな話を
  聞き出せたりします。
  ところが、私たちは普段の生活で
   “質問” についてほとんど意識しない
  ものです。(中略)
  質問について学び、 “いい質問” が
  できれば、話の内容は段違いに深まります。」

魚住さんは、これら3つを柱に全部で50個の
聞き方のコツを紹介しています。

気づいて、意識さえすればすぐに直せる
ものもありますから、1分で良くなる
というのも決して大袈裟ではありません。

そして、本書の根底にあるのが、
「相手をもてなす」という意識です。

  「 “相手をもてなす” という心を
  もって聞けば、たとえ上手な受け答えが
  できなくても、気の利いたことが
  言えなくても、絶対に相手は嫌な気分に
  ならないと思うのです。」

この「おもてなし」の精神があるので、
魚住式の聞き方メソッドは、小手先の
テクニックになっていないのだと思います。

この本から何を活かすか?

本書では、合コン、お見合い、デートなどで、
聞きたいけど聞きづらい「相手の年収」を
サラリと聞くテクニックが紹介されていました。

魚住式では、「一般論」から入ります。

例えば、相手が医者の場合は次のように
会話を進めます。

 A:「お仕事、お忙しそうですね。
   外来のときは、患者さんを何人ぐらい
   診るのですか?」
 B:「そうですね、忙しいときは1日50人
   以上というときもありますね」
 A:「うわ~、50人ですか。本当に激務
   なんですね。でもその分、お給料も
   いいんですよね。だいたい勤務医の場合、
   30歳くらいで年収ってどれくらい
   なんでしょうか?」
 B:「う~ん、病院にもよるけど、
   平均700万~800万円ぐらいかな」

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| コミュニケーション | 05:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

この自伝・評伝がすごい!

満足度★★★★
付箋数:24

最初の企画段階では、成毛眞さんが、
「この人のこんなところを真似したい」
をまとめるのがコンセプトでした。

しかし、そんな本を書いても、
「成毛さんが好きな人物のおまとめ」
と言われてもつまらないと考え、
企画内容を変えたそうです。

  「そこで本書は “私が真似したいこんな人の
  こんなところ” を読者と共有するにあたり、
  その人物に関しての注目すべき才能や
  性格などを把握することができる評伝、
  自伝などを取り上げる。
  私が推薦する本を読みながら、その人物の
  強みを指摘していく、といった設えだ。
  当然、単なる人物伝でも評伝でもない。」

本書は、成毛さんがセレクトした
「すごい人物の本当にすごいところ」
を伝える最強の偉人伝集。

本書は4つの要素から成り立っています。

まず、偉人と呼ばれる人の中から誰を選ぶか。

次に、その偉人について書かれたどの偉人伝
を推薦するか。

さらに、その偉人伝の中から、どの部分を
引用したり紹介するか。

最後に、その引用した部分に対して、
どの切り口で、どんな解釈を加えるか。

  人物 × 偉人伝 × 引用箇所 × 切り口

この4要素の掛け算で書かれたのが本書です。

もちろん、面白い本になるのも、つまらない
本になるのも、最も重要な鍵を握るのは、
最後の「切り口」です。

同じ部分を選んでも、それをどういう視点で
語るかによって、全く違ったものになります。

この切り口に関して、成毛さんは秀逸。

いつも一般の人とは違う、独自の視点を
示してくれますから、本書がつまらない本に
なるはずはありません。

例えば、ノーベル生理学・医学賞を受賞した
山中伸弥さんを偉人として選んだ場合。

成毛さんが山中さんの業績を伝える本として、
選なだのは次の本です。

山中伸弥先生に、人生とiPS細胞に
ついて聞いてみた


この本からピックアップされているのは、
最終ページの「ご支援のお願い」としての
「iPS細胞研究基金」への寄付のお願いです。

そして、成毛さんが山中さんを評する
切り口は、「研究より予算獲得、学問に
収益性を持ち込んだビジネスマン」でした。

成毛さんが山中さんを賞賛しているのは、
山中さんの持つ「金策力」です。

ノーベル賞を獲ったことではなく、
iPS細胞の研究に大金があつまる競争力を
つけたことなのです。

ノーベル賞を獲った偉人をつかまえて、
その研究業績をさて置き、金策力に感服する
とはなかなか言えません。

本書から見えてくるのは、偉人たちの
これまであまり認識されていなかった
意外な強みです。

  「ここに挙げた人物達の凄みは意外な
  ところであった、という読後感が
  読者にはあるはずだ。もちろんそれは
  狙いのひとつだったが、なぜ、
  こんなことが起こるのか。
  それはとかく人が、ひいては世の中が
  美談を急ぐからだ。美談を急げば、
  本質を見失う。今回、私はその本質を
  ついただけなのである。」

本書で選ばれた偉人達は、たまたま男性のみ
になってしまったようです。

最後に女性の偉人伝による「続編」が
予告されているのが嬉しいところです。

本書では、越井隆さんの人物イラストが、
かなりイイ味を出しているので、
続編でもこのタッグでお願いしたいです。

この本から何を活かすか?

本書で紹介されている偉人は次の20人です。
(敬称略)

  イーロン・マスク、小倉昌男、安藤百福、
  土光敏夫、ビル・ゲイツ、ラマヌジャン、
  山中伸弥、中村修二、岡崎慎司、桂米朝、
  十八代目中村勘三郎、タモリ、田中角栄、
  小泉純一郎、ウィンストン・チャーチル、
  安倍晋三、リチャード・ニクソン、
  保科正之、徳川綱吉、横井小楠

この中で、サッカーの岡崎慎司さんに
ついては、「ネガティブ力」に注目して
いるのが面白かった。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 人生論・生き方・人物・哲学 | 05:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

生物はウイルスが進化させた

満足度★★★
付箋数:24

2003年に普通の「光学」顕微鏡でも見えるほどの
巨大なウィルスが見つかりました。

その名前は「ミミウィルス」と言います。

見つかったと言うと、少し語弊があるかも
しれません。

ミミウィルスがこの世に存在することが
認められたのは1992年、イギリスのある病院の
冷却塔の中でした。

しかし、ミミウィルスはその巨大さゆえに、
当初は「細菌」の一種と考えられ、
発見された地名から「ブラッドフォード球菌」
と名付けられていました。

誤認されるのも当然で、ウィルスは
「電子」顕微鏡でなければ見ることができず、
ゲノムサイズは生物より小さいというのが
当時の常識でした。

しかし、「細菌」と「ウィルス」は全く別物。

細菌は生物ですが、ウィルスは生物では
ありません。

したがって、細菌には抗生物質が効きますが、
ウィルスには全く効きません。

ウィルス性の風邪を引いた場合、
治療としては対処療法しかできないのは、
ウィルスには抗生物質が効かないからです。

さて、ブラッドフォード球菌が、ウィルスである
ことを発見したのが、仏マルセイユ大学の
ベルナルド・ラ・スコラ博士でした。

ブラッドフォード球菌には、細菌であれば必ず
持っているはずの遺伝子がありませんでした。

そこでラ・スコラ博士は、さらにその性質を
詳しく調べ、それが今までの常識では
考えられないほど「巨大なウィルス」
であることを確認しました。

そして、あまりに細菌に似ていたため、
模倣するという意味の「mimic」から
ミミウィルスと命名しました。

ところで、巨大ウィルスが発見されると、
一体、どんなことが起こるのか?

実は、光学顕微鏡でも見えるほどのサイズだと、
これまで見えていなかった世界が、
どんどん見えてくるようになるのです。

  「本書は、巨大ウィルスたちの世界を
  まずは謙虚に見つめ直したうえで、
  そこから浮かび上がってくる生物世界の
  成り立ちに関するまったく新しい見方を、
  読者諸賢に提供しようとするものである。
  (中略)
   “生物とは何か”  “ウィルスとは何か” 、
  そして “生物の進化とは何か” を問い直す
   “コペルニクス的な転回” を余儀なくされる、
  そんな存在こそが “巨大ウィルス” なのかも
  しれない。」

巨大ウィルスは、ミミウィルスだけでなく、
現在までに100種類以上が発見されています。

本書の著者は、日本で初めて巨大ウィルス
を見つけ「トーキョーウィルス」と命名した
東京理科大学教授の武村政春さんです。

本書では、第1章から第3章までで、
巨大ウィルスの発見でわかったことなど、
ウィルスの性質について詳しく解説します。

そして最終の第4章では、巨大ウィルスに
よってもたらされる新しい生命観となる
仮説を解説します。

それは「ウィルスによる細胞核形成説」
という仮説です。

  第1章 巨大ウィルスのファミリーヒストリー
    ― 彼らはどこから来たのか
  第2章 巨大ウィルスが作る「根城」
    ― 彼らは細胞の中で何をしているのか
  第3章 不完全なウィルスたち
    ― 生物から遠ざかるのか、近づくのか
  第4章 ゆらぐ生命観
    ― ウィルスが私たちを生み出し、
     進化さてきた!?

この本から何を活かすか?

これまでの常識では、ウィルスは細胞性生物から
派生するように生じたと考えられていました。

しかし、竹村さんの仮説では、細胞性生物は、
ウィルスの一部から生じたと考えます。

細胞核はウィルスが作ったとするものです。

そして、さらに仮説は大胆に進み、
細胞性生物は、ウィルスが進化するために
利用してきた「土台」であると考えます。

これが今までの見方や考え方が反転した、
コペルニクス的な転回の仮説です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 06:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

脳疲労が消える 最高の休息法[CDブック]

満足度★★★
付箋数:23

ダイヤモンド社の藤田さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

週末は家でのんびりして、何もしなかったのに、
なぜか月曜日の朝から頭が重い・・・。

あなたは、このような経験はありませんか?

このように感じている人は、身体が疲れて
いるわけではありません。

実は、「脳」に疲れが溜まっているのです。

脳の疲労は肉体の疲労とは別物で、
身体を休めていても、疲れが取れないどころか、
どんどん疲れが溜まっていくことがあります。

では、どうしたら脳の疲れは取れるのか?

こう聞くと、多くの方から返ってくるのは、
「何も考えずにぼーっとする」という答えです。

しかし、どれだけ「ぼーっと」していても、
脳はベースラインの活動を行っていて、
それがかなりのエネルギーを消費しています。

この意識的に反応をしていないときでも
ベースラインで活動する脳回路のことを
デフォルト・モード・ネットワーク(DMN)
と呼びます。

では、どうしたら脳の疲れは取れるのか?

脳には脳の休め方があります。

それが本書で説明される「マインドフルネス」。

マインドフルネスとは、瞑想をベーシにした
脳の休息法です。

マインドフルネスをすると、
DMNを司る脳の部位の過剰活動が低下し、
脳のエネルギー消費が軽減されて、
脳が休まるのです。

更にマインドフルネスを続けると、
その場で脳の疲れが取れるだけでなく、
「疲れづらい脳」に性質が変化するとも
言われています。

このように変化するのは、脳には
「可塑性」があるからです。

マインドフルネスは、瞑想の一種ですが、
以下の3つの特徴があります。

 特徴1. 宗教性を排除した徹底した実用性

 特徴2. 修行をまったく必要としない、誰でも
    できるシンプルさ

 特徴3. 脳科学のアプローチによる、客観的に
    実証された効果

本書は、そんな特徴を持つマインドフルネスの
入門書です。

著者は、日米で臨床経験を持ち、
イェール大では最先端の脳科学の研究を行い、
現在はロサンゼルスで開業している医師の
久賀谷亮さんです。

久賀谷さんは、2016年7月に刊行した、
世界のエリートがやっている 最高の休息法
がベストセラーになりました。

本書は、その内容をコンパクトに凝縮し、
実践用の音源を付属した「CDブック」です。

全編2色塗りになって、イラストを多用する
ことで、非常にわかりやす内容になっています。

前著で256ページあった内容が、
今回は140ページに圧縮されていますが、
マインドフルネスのエッセンスは残らず
盛り込まれるところが素晴らしいですね。

脳科学での詳しい背景を知りたい方は、
前著を読むことをお勧めしますが、
マインドフルネスをすぐに実践したい方は、
本書の方がいいと思います。

本書では、7つのマインドフルネスの方法が
紹介されています。

まず、最初にやるべきなのは、
「マインドフルネス呼吸法」です。

これは、何もしない状態を脳に覚えさせる
ためにやるマインドフルネスの基本姿勢。

呼吸をコントロールしたり、深呼吸をする
こともせず、自分が呼吸していることに
意識を向ける瞑想です。

カベの穴から出てくるネズミを待ち構える
ネコのように、自分の身体感覚や呼吸に
注意を向けていきます。

この本から何を活かすか?

本書では、付属のCDでも、ダウンロードでも
音声によってマインドフルネスができます。

私も、ダウンロードで実際にやってみましたが、
本を見ながらよりも、音声インストラクション
の方が、ずいぶん楽にできました。

 ・Track 01 とにかく脳が疲れているとき
   ― マインドフルネス呼吸法(10:47)
 ・Track 02 気づくと考えごとをしているとき
   ― ムーブメント瞑想(8:47)
 ・Track 03 ストレスで体調がすぐれないとき
   ― ブリージングスペース(7:23)
 ・Track 04 思考のループから脱したいとき
   ― モンキーマインド解消法(6:59)
 ・Track 05 怒りや衝動に流されそうなとき
   ― RAIN(3:58)
 ・Track 06 身体に違和感・痛みがあるとき
   ― ボディスキャン(12:49)
 ・Track 07 他人へのマイナス感情があるとき
   ― メッタ(8:20)

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 自己啓発・セルフマネジメント | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT