活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


≫ EDIT

心に届く話し方 65のルール

満足度★★★★
付箋数:24

「英語でしゃべらナイト」や「NHK紅白歌合戦」
などの司会も担当した元NHKアナウンサーの
松本和也さん。

  「アナウンサーみたいにうまく話すには、
  どうしたらいいですか?」

松本さんは、仕事がらこんなふうに聞かれる
ことが多いそうです。

そんなとき、松本さんはいつも思うことが
あります。

  「うまく話したい?
  それよりも大切なことがあるんだけど・・・」

この思いが、本書を書く動機になったようです。

「うまい話し方」を目指してしまうと、
ともすると、話し手がかっこ良く見える
話し方になってしまうかもしれません。

本書が目指すのは、「自分をよく見せる
ことを第一に考える話し方」ではなく、
「聞いている人にとって心地よさを
第一に考える」話し方です。

この話し方を目指すには2つ理由があります。

1つ目は、「自分が気持ちいい」話し方が、
「聞き手が気持ちいい」とは限らないこと。

2つ目は、「聞いている人が心地いい話し方」
の方が「うまく聞こえる話し方」よりも、
比較的早く結果に結びつきやすいからです。

では、「聞いている人が心地いい」話し方とは、
どのような話し方なのでしょうか?

松本さんは、「聞いている人が心地いい」
話し方をするための、大切なポイントを
3つ挙げています。

 1. 「聞いていて理解しやすい」こと
 2. 「聞いていてストレスなく耳に入ってくる」
   こと
 3. 「聞いている人が話している人との距離を
   近く感じる」こと

本書では、この3つのポイントに従って、
聞いている人が心地いい話し方をシーン別に
「65のルール」としてまとめています。

心に届く話し方のルールの1番目は、
 「話は食べやすいように一口サイズにする」
というものです。

この前提としてあるのが、話している方と、
聞いている方では、感じ方が違うということ。

自分が言いたいことをどれだけ言えるかを
優先するのではなく、聞く人はどう感じるのか
を優先して考えます。

文章が長いと、聞いている側は疲れます。

話しが切れ目なく延々と続く状態は、
食べ物を口に入れて、飲み込む前に、
どんどん口に食べ物を放り込まれている
ような状態です。

だから、情報は小分けにして、
1つの文章には1つの情報にとどめて
話をするのです。

これは、理屈として良くわかります。

では、実際にどうしたら「一口サイズ」に
した話し方ができるのか?

それが、心に届く話し方のルールの2番目です。

  「途中で息継ぎをしなくても
  話せる長さの文章にする」

息で話せる長さは、およそ5秒以内です。

話の途中で息継ぎをして、「え~」とか
「~わけですが」、「~てですね」などで
文をつないでしまうと、どんどん文が長く
なってしまいます。

意味の切れ目で息継ぎをしたくなったら、
それを逆利用して、「。」を打って、
そこで文を終えるようにするのです。

ここでは、65のルールのうち2つだけを
紹介しましたが、さすがに松本さんは
元NHKのアナウンサーです。

話し方に細かな配慮がされていることが
非常に良くわかりました。

本書はコミュニケーション力を
大幅にアップさせる本だと思います。

是非、参考にしたい一冊です。

この本から何を活かすか?

個人的に特に参考にしたいと思ったのは、
「結婚式など、まとまったスピーチ」の
ルールです。

私は、形式ばったスピーチは苦手で、
これまでネット上のスピーチの仕方を
参考にしていました。

しかし、どうもシックリくるコツが
書かれたものはありませんでした。

本書で紹介されている、8つのルールは、
いずれも納得感が高く、いざという時は、
とても頼りになりそうです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 交渉術・伝える力・論理・人脈 | 05:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

かしこい人は算数で考える

満足度★★★★
付箋数:26

2016年の2月に、「2カ月で7人も卒業表明!
AKB48に訪れた大量絶滅期」という記事が
Daily新潮に掲載されて、話題になりました。

それは「直近の2ヶ月で7名がAKBグループを
卒業表明するのは、多すぎではないか」
というものでした。

果たして、本当に2ヶ月で7名は多すぎなのか?

本書の著者、『新体系・高校数学の教科書』や
新体系・中学数学の教科書』で知られる
芳沢光雄さんは、「算数」を使って、
多すぎかどうかを、検証しています。

2ヶ月で7名のペースでコンスタントに
卒業生が出ると、1年で卒業するメンバーは
7人×(12ヶ月÷2ヶ月)=42人です。

もし、この条件でAKBグループのメンバーが、
増えることも減ることもない状態が続くと
すると、毎年42人が卒業して、42人が加入
することになります。

さらに、加入したメンバーは7年在籍すると
仮定します。

そうするとAKBグループのメンバーの構成は、
以下のようになります。

 加入1年目 42人
 加入2年目 42人
 加入3年目 42人
       ・
       ・
 加入7年目 42人
 加入8年目 卒業
 ――――――――
 合計在籍 42人×7年=294人

2016年2月頃のグループ在籍人数は307人で、
上記の1年で42人卒業、7年在籍の条件で
仮定して計算した値に近い人数でした。

また、実際の在籍人数307人が在籍期間7年で
グループ人数の増減がない場合を計算すると
307÷7≒43.857・・・ となります。

これは、毎年44人の新人が加入して、
44人のベテランが卒業することを示します。

この計算結果から「2ヶ月で7人の卒業」は、
「多すぎる」のではなく「大体バランスがいい」
と芳沢さんは結論づけています。

ただし、この計算が成り立つのは、
「毎年の加入人数=卒業人数」として、
平均在籍年数7年を仮定にしているからです。

この前提条件が変わってくると、
当然、結論も変わってきますね。

本書は、日常生活の中の様々な問題を
「算数」の知識を積み重ねて考える本です。

  「最も客観的な “論理” と “数字” を
  用いることは、誤解のない議論を積み重ねる
  うえで非常に効果的です。それゆえ、 “算数”
  の知識を縦横無尽に用いてわかりやすい
  議論を組み立てる技法こそが、現代の社会
  ではとくに求められるはずです。」

非常に話題が豊富で、知的好奇心が刺激
される本です。

言葉の定義をしっり押さえて、
四則計算だけで十分理解できる内容です。

「算数」の奥深さを知り、ものの見方が
大きく変わるかもしれません。

特に、算数・数学をこれまで避けてきた方や
文系の方にはオススメしたい本です。

以下、Ⅰ章~Ⅳ章までは、それぞれ「数と計算」、
「図形」、「論理」、「割合と確率」を
ベースに書かれています。

 Ⅰ章 数え方を知っているとこんなに差がつく
 Ⅱ章 三脚とテーブルどっちが安定?
 Ⅲ章 言葉の使い方で頭の良さがわかる?
 Ⅳ章 意外とてこずる割合の理解!

この本から何を活かすか?

芳沢さんは、本書の「まえがき」で、
数学の得意な人と苦手な人の違いを
次のように指摘しています。

  「およそ数学を得意とする方々は、
  言葉の定義や意味を人一倍大切にします。
  一方で、数学を苦手とする方々の学び方は、
  主に “やり方” を覚えて真似をする型です。
  こうした型では、言葉の定義や意味を深く
  理解する必要はありません。」

「速さ・時間・距離」に関する問題を
「は・じ・き」や「み・は・じ」などを
使って解くのが、定義や意味を理解しない人を
増やしている元凶の1つですね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 数学 | 08:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

平均思考は捨てなさい

満足度★★★
付箋数:23

  「ゆりかごから墓場まで、平均という尺度は
  常につきまとい、平均値にどれだけ近づいて
  いるか、あるいは平均値をどれだけ上回って
  いるかによって人物が判断される。
  学校では、平均的な学生の成績と比較して
  評価やランク付けが行われる。
  大学への選抜では、評価やテストの点数が
  平均的な受験生と比べられる。
  就職の際には、評価やテストの点数だけでなく、
  スキルや経験年数、性格検査の得点までが
  平均的な応募者と比較される。
  そして採用されれば、同じ職務レベルの
  平均的な社員を基準にして、毎年かならず
  業績が評価される。
  金銭的な機会も例外ではない。
  クレジットの信用度は平均からどれだけ
  乖離しているかによって決定される。」

私たちが、何かを評価するときに、
最も重宝している基準が「平均」です。

平均身長、平均点、平均年収、平均層など、
何かにつけ、知らず知らずのうちに、
「平均と比較してどうなのか?」と考える
習慣が身についています。

本書の著者、トッド・ ローズさんは、
この何でも平均と比べてしまう思考には、
大きな弊害があると指摘します。

そもそも、平均はいくつもある代表値の
1つに過ぎません。

そして、特に人物を評価する場合には、
1つの尺度だけで、人物を評価できないので、
平均との比較に囚われてしまうと、
偏った一次元的な評価になってしまいます。

例えば、もし手元にある人物のIQテストの
スコアが「120」という資料があるとします。

すると、私たちはIQ「100」を基準にして、
「その人物は賢い」と判断してしまいがちです。

しかし、実際には、いろいろな種類の賢さ
があり、必ずしもIQが高いからといって、
問題解決能力が高いとは限らないのです。

平均は、あくまで集団同士を比較する際に
役立つ指標です。

それを個人の評価に持ち込んでしまうと、
いろいろな弊害が出てしまうのです。

特に、日本人は出る杭になるよりも、
横並びになるのが好きなので、
平均思考の罠に陥りやすいでしょう。

ローズさんは、本書の「はじめに」で、
「みんなと同じになるための競争」が
存在することを指摘していますが、
正に、言い得て妙だと思います。

本書では、平均思考を捨てて、個性を重視して
人物を見ることを推奨しています。

個性を生かすための3つの原理、
「バラツキの原理」、「コンテクストの原理」、
「迂回路の原理」を紹介しています。

個性重視の原理を、様々な事例をもとに
解説していていますが、最も頻繁に登場
する事例が、ローズさん自身の人生です。

ローズさんは、高校を中退し、21歳のときには、
妻と2人の子供を養うために、最低賃金労働を
いくつも転々とした経験があります。

その後、個性重視の道を見つけたことで、
高校を中退してから15年後には、
ハーバード教育大学院の教員となりました。

現在は、心・脳・教育プログラムの
責任者を務めています。

いわゆる平均的なエリート路線とは、
これまで全く異なる人生を歩んで成功した
実例そのものなのです。

 第1部 平均の時代
  第1章 平均の発明
  第2章 私たちの世界はいかにして標準化されたか
  第3章 平均を王座から引きずりおろす
 第2部 個性の原理
  第4章 才能にはバラツキがある
  第5章 特性は神話である
  第6章 私たちは誰もが、行く人の少ない
     道を歩んでいる
 第3部 個人の時代
  第7章 企業が個性を重視すると
  第8章 高等教育に平均はいらない
  第9章 「機会均等」の解釈を見直す

この本から何を活かすか?

コンテクストの原理とは、私たちの性質は、
常に首尾一貫したものではなく、
特定の背景(コンテクスト)においてのみ、
一貫しているという考えです。

例えば、いつも冷静沈着に行動する人が、
車のハンドルを握ると、人が変わるというのは、
コンテクストの原理の典型です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 06:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

3年で年収1億円を稼ぐ 「再生」不動産投資

満足度★★★
付箋数:24

オトバンクの上田さんに献本いただきました。
ありがとうございます。

あなたは、「不動産投資」に対して、
どのようなイメージをお持ちでしょうか?

私は、不動産投資の魅力を伝えるために、
最も貢献した本は、ロバート・キヨサキさんの
金持ち父さん 貧乏父さん』だと思います。

そのため、「不動産投資=不労所得」という
イメージが強く残っています。

しかし、本書の著者、天野真吾さんは、
不動産投資で成功するポイントは、
不労所得と考えないことだと説明します。

  「 “できる大家” は不動産投資は “投資” と
  名前はあるものの、“事業”に近いと考えて
  います。(中略)

   “おしい大家” は、不動産投資は、投資であり
  不労所得を得る手段だと考えています。
  不動産投資を、簡単にお金を得る手段として
  い続けています。入居者が快適に暮らすことは
  二の次であり、振り込まれてくる家賃のみに
  興味があります。(中略)

   “できる大家” は、事業に真剣に向きあい、
  入居者に “快適な住環境” を提供するので、
  入居者待ちが出るくらいの人気物件を
  持つことができます。」

本書は、不動産投資に興味がある人向けに、
不動産投資を始めるにあたり必要な考え方を
説明し、「覚悟」を持たせてくれる本です。

不動産投資は、資産、人脈、リソースを
「もっている者」と「もっていない者」では、
同じ条件で競争できない世界です。

最初から手をかけなくても儲かる
立地も良く、利回りが高く、入居率が高い
「一流物件」は、「もっている者」である
資産家にしか回ってきません。

では、資産をあまり持っていない個人投資家は、
まったく勝ち目のない世界なのでしょうか?

ここで大切なのが、不動産投資を「事業」と
捉える考え方です。

入居者あっての商売ですから、当然、
快適な住環境を提供するために手がかかります。

だからこそ、資産のない個人投資家でも、
利益を得る余地が残されているのです。

  「資産家や大物投資家が見逃すような
   “二流物件” にも、磨けば光る “一流物件” 
  はあるのです。ポテンシャルは高いのに、
  不運にも “二流” に甘んじている物件を
  激安で購入して “一流” に再生する。
  これが “再生” 不動産投資のコンセプトです。」

本書の著者、天野真吾さんはサラリーマンを
しながら、2008年に不動産投資を始めました。

わずか3年で家賃収入が1億円を突破し、
現在は12棟200室を保有するまでになった、
「再生」不動産投資です。

「湘南再生大家」の愛称で呼ばれ、
国内最大級の不動産投資と収益物件情報サイトの
「健美家」でコラムも執筆している方です。

天野さんにとって大切なのは、その不動産が、
磨けば光る「伸びしろ」があること。

ですから空室率が高い物件は、リスクではなく
チャンスなのです。

  「多くの投資家は空室率の高さをリスクと
  捉えますが、私にとってはチャンスでしか
  ありません。満室物件が安く売られることは
  ないので、購入できたとしても経営が低迷
  すれば、採算が取れず、売却もしづらい物件
  になってしまいます。一方、空室率の高い
  物件は、経営が低迷して入居率を伸ばす
  ことができなくても、安値で購入できるので、
  出口を用意しやすいのです。」

本書では「おしい投資家」と「できる大家」の
違いを明確にし、3年で1億稼げる不動産投資に
なるロードマップを示します。

不動産融資を始めたいと考える人にとっては、
非常に参考になる本だと思います。

この本から何を活かすか?

不動産投資をするときに、「融資」はつきもの。

実は、サラリーマンへの不動産融資は、
かなり歪んでいて、特殊な状態です。

  「(できる大家は)日本国内の金融機関で、
  サラリーマンにフルローン、オーバーローンの
  可能性がある融資という状況は、世界的に珍しい
  ことを理解しています。利回りも高く、割安な
  価格帯で不動産を購入できて、個人名義、
  会社名義で登記できることが、いかに特殊な
  状況であるかを理解しています。」

できる大家は、この歪みを理解した上で、
上手に活用しているのです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 投資 | 06:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

無敵の思考

満足度★★★
付箋数:23

本書で定義される「無敵」とは「幸せ」のこと。

本書は、「2ちゃんねる」の元管理人で、
「ニコニコ動画」を作ったことでも知られる
西村博之さん(以下ひろゆきさん)の幸福論です。

最初に断っておきますが、本書のうち、
ひろゆきさんがちゃんと書いたのは、
「おわりに」の2ページのみです。

本文は、ひろゆきさんが過去に書いたことや
話したことを中心に編集者がまとめたもの。

もし、ちゃんと本人が書かれた本じゃないと
読む価値がないと思っている方がいれば、
本書は読まない方がいいでしょう。

それは、本書がひろゆきさんの手によって
書かれていないからではなく、
その思い込みがあると、ひろゆきさん的な
「幸せ」は理解できないからです。

本書は、「幸せ」に生きるための考え方を
21のルールとしてまとめた本です。

  「 “考え方” 次第で、人は“無敵”になれます。
  けれど、多くの人はそれができていません。
  たとえば、期待値が1を下回るギャンブルは、
  やり続ける限り絶対に損をします。
  お金に余裕があって、損をすることを前提で
  やっているのなら別にかまいません。
  でも、なぜか “自分だけは大丈夫だ” という
  非理論的な考え方をしてしまいます。
  そして、 “わかっているけど、やめられない” 
  という言い訳をします。
  そんな人に向かってできることは、
   “論理的に正しくないよ” と言い続けること
  しかありません。」

ひろゆきさんの考え方は、合理的です。

そして、自分で決めたルールに従って
暮らすことを心掛けています。

ひろゆきさんが事前にルールを決めるのは、
人は何かを選択するときには、
かなりのエネルギーを使うからです。

選択に迷ってしまうと、それがストレスに
なるからです。

  「僕は、 “こういうときは、こうしておこう” 
  というルールを先に決めます。
  それで実際に、 “これ、違うな” と思ったら、
  その都度見直してルールを変えます。」

これが本書で語られる幸福論の大前提です。

私は、世間一般では「変わり者」と言われる
部類なので、ひろゆきさんの考えに同意できる
ルールもたくさんありました。

特に「お金」に関するルールには同じような
考えを持っています。

 ルール15 「金銭感覚」を保っておく
 ルール18 「払いたくない支出」を明確にする
 ルール19 「元をとること」を考える
 ルール20 買い物は「思想」と「機能」に分ける

一方、「さすがにそれはできないな」と思う
ルールもけっこうありました。

例えば、ひろゆきさんが実践している
「海外旅行に行くと必ず生水を飲む」という
ルールです。

これは耐性を増やしておくことが目的で、
現地の人は必ずその水を飲んでいるという
理由で実践しているようです。

もちろん、翌日のスケジュールが空いていて、
トイレにこもってもいいという条件で。

さすがに、いくら探究心があっても、
限られた旅行期間のスケジュールを潰して、
敢えてこのリスクを取ろうとは思いません。

これは、時間的に余裕があるひろゆきさん
だからこそ実践できるルールでしょう。

本書の考えを、単に理屈っぽいと思うのか、
それとも論理的で無駄がないと思うのかは
その人次第です。

しかし、ひろゆきさんのような考え方が
理解できないと、「幸せ」を感じる頻度は
多くないように思えます。

この本から何を活かすか?

ひろゆきさんは、次の5つの条件を満たす本を
「良書」と考えています。

 1. 今後10年以上も影響を与える「技術」や
  「文化」をテーマとしている

 2. 結論に至る「経緯と理由」に筋が通っている

 3. 「資料」から組み立てられていて、
  個人の感想を書いているわけではない

 4. 一般的な「常識」とは違う結論や発見がある

 5. 単純に読んでいて「おもしろい」

本書では、この条件を満たす本として
マルク・レビンソンさんの『コンテナ物語』が
紹介されていました。

古い本ですが、私も読んでみようと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 人生論・生き方・人物・哲学 | 05:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT