活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


≫ EDIT

AIの衝撃



満足度★★★
付箋数:20

マイクロソフトの共同創設者のビル・ゲイツさんは、2001年に

  「これからのAIはベイズ理論によって完全に生まれ変わる」

と予言しました。

この予想は見事に的中し、ゲイツさんの先見性の確かさが証明されました。

そんなゲイツさんは2014年3月に行った講演会で、次のように述べます。

  「AIによる雇用の浸食は “運転手”  “ウエイター”  “看護師” 等々、
  さまざまな職種に広がろうとしている。
  ・・・今から20年後、現在の労働者が持っている各種職能への
  需要は大幅に低下しているだろう。しかし、(現時点で)人々は
  それに全く関心を寄せていないように思われる」

本書の著者、KDDI総研リサーチフェローの小林雅一さんは、
このゲイツさんの「AIが雇用破壊を引き起こす」という予想も
相当に信憑性があると見ています。

本書は、「自ら学んで成長する能力」を身につけた次世代ロボットが、
人間社会をどのように変えるかをレポートする本です。

これまで、私たちの仕事は、単純作業ではコンピュータに
取って代わられても、クリエイティブな仕事は、
人間に敵わないと考えられてきました。

つまり、人間とコンピュータを分ける最大の要素は、
「創造性」あるいは「独創性」にあると思われていたのです。

しかし、米カリフォルニア大学サンタクルーズ校の
デビット・コープ名誉教授は、自身の開発した作曲用ソフトの
「エミー(EMI)」で、ある実験を行いました。

それは3つのバッハ風のピアノ協奏曲による聴き比べ実験でした。

一曲は本物のバッハ、もう一曲は大学で音楽理論を教えている
スティーブ・ラーソンさんが作曲したもの、
そしてもう一曲はエミーが作曲したものでした。

実験では、これら3曲を聴き比べ、どれが誰の作品であるかを
判定しました。

その結果、聴衆の多くはラーソンさんの作品をエミーの作品と、
エミーの作品を本物のバッハの作品と判定しました。

それまでコンピュータが芸術を生み出すことには、
批判的な発言をしていた学者のダグラス・ホフスタッターさんも
聴衆の一人としてこの実験に加わったそうですが、
この結果を受けて次のように発言しました。

  「残念ながら、音楽とは私が思っていたほど大したものでは
  ないようだ」

また、コープさんは、エミーが作った曲をコンサートで演奏する際に、
それがコンピュータよって作曲されたことを聴衆に知らせない場合と、
知らせた場合で、結果に違いがでるかどうかについても実験しました。

その結果、知らせない場合は、聴取は演奏される曲に深く感動した
様子を示し、演奏後には拍手喝采を贈りました。

逆にコンピュータの作品と知らせてから聴いてもらうと、
聴衆は全く感動した素振りを見せず、演奏後も会場は静まり返った
そうです。

これらの実験結果を受けて、コープさんは次のように思うように
なったようです。

  「音楽が持つ意味は、結局、それを聴く者の耳(つまりその人の心理)
  の中に宿っている」

この本から何を活かすか?

  「最終的に、人類はテクノロジーによって絶滅するだろう。(中略)
  今世紀におけるその最大の危機要因はAIだ」

これはディープマインド共同創設者の一人、シェーン・レッグさんの言葉。

また、理論物理学者のスティーブン・ホーキングさんらも、

  「AIは人類が成し遂げた最後の偉業になってしまう恐れがある
  (つまりAIは人類を破滅に導くかもしれない)」

と発言しています。

果たして、ターミネーターに登場するスカイネットのようなAIは
本当に開発されるのでしょうか?

本書では、その可能性についても、各方面から情報を集め
真剣に考察しています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| IT・ネット | 08:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

人をうごかすふしぎな力



満足度★★★
付箋数:18

サンクチュアリ出版さんより献本いただきました。
ありがとうございます。

私が最初に本書を手にとって気になったのは、著者名でした。

「こばりひさ」さんと平仮名表記されていますが、
「こばり / ひさ」さんなのか、「こば / りひさ」さんなのか?

実は「こばりひさ」さんとは、対人科学コンサルタントのご夫婦、
小針裕司(こばり ひろし)さんと小針 梨沙(こばり りさ)さん
の名前を合成したネームでした。

  「この人といると、なんだか居心地がいい。
  思っていることを、なんでも話したくなる。
  また会いたいな、と思う。
  そんな人っていますよね。それは、なぜ?
  笑顔がすてきだから? 話しが上手だから? あなたに協力的だから?
  きっとどれも正解でしょう。表面的には。
  本当に “心の人から惹かれる人” というのは、
  お互いに “心の底” で惹かれ合っているのです。」

この「心の底」というのが、いわゆる「潜在意識」のこと。

意識的に人に好かれようと思っても、うまくいくとは限りませんが、
相手の潜在意識に働きかけると、なんとなく安心感を与えたり、
信用できると思わせることができるようです。

大脳と中脳の間に位置する自律神経の中枢のことを
「間脳」と言いますが、本書ではこれを「ひみつの脳」と呼びます。

  「ひみつの脳に、ある “おまじないをかける” ことによって、
  自分が催眠状態、つまり “その気” になり、リラックス状態に
  なります。自分がリラックス状態になると、相手のひみつの脳にも
  共鳴してリラックス状態になる。
  どうもこうして、お互いの潜在意識で惹かれ合うことによって、
  親近感がわくようなのです。」

本書では、ひみつの脳に働きかける「ふしぎな力」が
体験できる実験を紹介しながら、潜在意識を利用した
コミュニケーションの方法を解説します。

最初に紹介されているのが、「ふわっとおじぎ」という技です。

誰かと会っておじぎをする時に、とても美しくて、
さわり心地のいい布をイメージします。

その布をあなたの背後から、相手にふんわりとかぶせて、
すっぽりと包み込むようにして、おじぎをします。

たったこれだけのことで、お互いの緊張が解け、
リラックスした状態で、コミュニケーションがとれるようです。

これが効果があることが、普通におじぎをした後と、
ふわっとおじぎをした後の、体の柔らかさや、
体に入る力の違いを調べるとわかるようです。

言葉で説明しても分かりにくいので、サンクチュアリ出版主催で、
小針さんが山﨑拓巳さんとトークセッションを行ったときの
映像があるので、こちらをご覧くください。



本書では、イラストを使って、ふしぎな力を試す
実験が解説されているので、非常にイメージしやすいです。

いろいろな技が紹介されているので、
本当に効果があるのかどうか、試してみたくなります。

この本から何を活かすか?

  「視点移動の術 安心の答え方」

誰かに心配事を打ち明けられたとき、「大丈夫だよ」と言って、
相手を安心させたいことがあります。

このとき、ただ相手の目を見て「大丈夫」というよりも、
少し視点を動かしてから、「大丈夫」と伝えた方が、
安心感を与えられるようです。

  1. まず右を見ます。
  2. それから右上の天井を見て「うん」と軽くうなずく。
  3. 最後に相手の正面から見すえて「大丈夫」と言う。

このちょっとした目線の動きだけで、未来を見て、確認して、
大丈夫と答えているように、相手の潜在意識はとらえるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.


このエントリーをはてなブックマークに追加

| コミュニケーション | 06:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サルバルサン戦記



満足度★★★★
付箋数:20

  「本作は史実をもとに作られた物語であり、実在しない人物、
  場面、会話が含まれています。」

本書は歴史上で初めて抗生物質を作った細菌学者・秦佐八郎さんの
人生を描いた科学小説です。

伝記、あるいはノンフィクションとは少し趣が違い、
話の骨格となる部分は史実を基にしていますが、
設定や登場人物、エピソードや会話などは創作された物語です。

著者は、現役の医師、神戸大学大学院医学研究科教授の
岩田健太郎さん。

本書の主人公の秦佐八郎さんは、ノーベル生理学・医学賞の
候補に挙がったものの受賞はしていません。

科学的に大きな功績を残しましたが、北里柴三郎さんや
野口英世さん、志賀潔さん、鈴木梅太郎さんらと比べると、
世間ではそれほど知名度は高くないと思われます。

本書のタイトルになっている「サルバルサン」とは、
秦さんが開発した、「梅毒」の特効薬の名前です。

秦さんが師事し、共同で開発を行ったのは、
ドイツ細菌学者パウル・エールリッヒさんです。

エールリッヒさんは、免疫の研究でノーベル生理学・医学賞を
1908年に受賞した、世界的に高名な科学者でした。

そんな有名な科学者であるエールリッヒさんが、
秦さんをドイツの自分の研究所に呼び寄せたのは、
秦さんが8年間のペストの研究に従事する中で、
一度も自分が感染しなかった実績があったからです。

二人が共同開発したのは、感染症に効く「魔弾」。

  「 “結合なくして、作用なし”。魔弾は、病原体に結合せねば
  ならんのだ! それは人体には干渉しない。
  魔弾が故に、狙った獲物だけを、ピンポイントで叩くのだ。
  コルポラーラ・ノン・アグント・ニシ・フィクサータ!」

これは、秦さんの歓迎会のときに、エールリッヒさんが
熱く語った言葉です。

当時、ペスト、コレラ、結核、梅毒などの感染症は、
人類にとって脅威であり、効果的な治療薬が存在しませんした。

また「化学療法」や「特効薬」という概念もエールリッヒさんが
提唱するまで、なかった考えでした。

  「感染症の原因微生物を殺すことは可能である。
  石鹸、水銀、石炭酸。しかしながら、そうした物質を飲ませたり、
  注射したりするのは人体にとって危険である。
  微生物が死んでも、患者が死んでしまっては意味がない。
  感染微生物を殺しつつ、感染した人間を攻撃しない化学的療法薬。
  未だ人類が一度も手に入れたことのない、微生物だけを
  狙い撃ちする魔法の弾丸。この日からエールリッヒと佐八郎の
  静かなる戦いが始まるのだ。死に至る病に魔弾を撃ち込むのだ。
  本書は、その戦いの記録である。
  我々はこれを、 “サルバルサン戦記” と呼ぶ。」

静かなる戦いですが、物語はけっこう熱い。

それは感染症治療に立ち向かう科学者としての
岩田さん自身の想いが込められているからに他なりません。

ストーリーの展開も巧みで、グイグイと引き込まれます。

実際にはありえない人物同士の気の利いた会話もあり、
フィクションならではの楽しみもあります。

この本から何を活かすか?

なぜ、人類で初めて抗生物質を作った秦佐八郎さんは、
一般にはそれほど有名ではないのか?

それは、1928年に「ペニシリン」が発見され、
サルバルサンの治癒率を上回り、
世界初の抗生物質と認識されるようになったから。

イギリスの細菌学者アレクサンダー・フレミングさんは、
ブドウ球菌の培養実験中、実験汚染(コンタミ)が原因で、
アオカビが持つ細菌の発育阻止効果を、偶然発見しました。

秦さんとエールリッヒさんが理論に基づき、苦心の末、
魔弾を探し当てたのとは、対照的な発見です。

そんな偶然の発見があるのもまた科学なんですね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 10:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

運を支配する



満足度★★★
付箋数:23

  「本書の白眉は、藤田君が丁寧に思考を重ね、ときに身を捩る
  ようにしながら、私の語る運やツキの話を仕事上の事柄に
  翻訳している部分にあると思う。その意味では、この本の8割は
  藤田君の力でできたようなものだ。
  これからも藤田君はさらなる高みを目指して、仕事における
  勝負師として、人として、果敢に前へ進んでいくだろう。
  雀鬼流の遺伝子のいくばくかがこのような形で引き継がれて
  いくことは私にとっては嬉しい限りである。」

このように語るのは、かつて麻雀の代打ちとして、
20年間無敗の雀鬼と呼ばれた桜井章一さん。

桜井さんが「藤田君」と呼ぶのは、サイバーエージェント社長の
藤田晋さんです。

本書はこのお二人の共著で、「運やツキ」について語る本です。

片や伝説の雀士、片やIT企業の経営者。

一見、住む世界が違う桜井さんと藤田さんですが、
お二人はどのような接点があるのでしょうか?

実は藤田さん、2014年の麻雀界の日本一を決める大会
「麻雀最強戦」に出場し、並み居るトップレベルのプロ雀士を
抑えて優勝した凄腕の雀士なのです。

そんな藤田さんが学生の頃、麻雀が強くなりたい一心で通ったのが、
桜井さんが主催する雀鬼会でした。

麻雀において、お二人は師弟関係なのです。

本書は対談ではなく、同じテーマに対し交互に考え方を語る
スタイルで書かれています。

  第1章 ツキを整える
  第2章 運をつかむ人の習慣
  第3章 悪い流れを断つ
  第4章 ツキを持続させる
  第5章 運をまねく作法

ところで、麻雀とビジネスに共通点はあるのでしょうか?

麻雀は個人競技でゼロサムゲームです。
そして、騙し合いで相手に勝たなければなりません。

一方、ビジネスは団体競技で価値を生み出す活動です。
ビジネスを円滑に行うには、人を騙すのではなく、
コミュニケーションが重視されます。

麻雀とビジネスでは、求められる力が違うようにも思えますが、
藤田さんは次の点でよく似ていると指摘します。

  ・どんな牌が配られるかわからない「不平等」なところから
  スタートする。

  ・一定のルールにのっとり、配られた牌をもとに、
  いかに人より早く大きく上がれるかの「相対的な競争」になる。

  ・局の進行、相手との点棒差など刻一刻と状況が激しく
  変化する中で、冷静で素早い「状況判断力」が問われる。

  ・4人に1人しか上がれないため、大半の時間は「忍耐力」を要する。

藤田さんは、ビジネスで必要なことの大半は
麻雀から学んだと語っています。

藤田さんのように起業することは、一種のギャンブルですから、
勝負師としての能力は必要なのかもしれません。

この本から何を活かすか?

なぜ、ビギナーズラックは起こるのか?

桜井さんは本書で、次のように語ります。

  「(ビギナーズラックは)単にツイていたというレベルの
  話では実はない。ビギナーズラックは起こるべくして起こったことで、
  決して偶然ではない。
  ビギナーズラックは麻雀というゲームにおいても、しばしば起こる。
  麻雀の手には難しいものからやさしいものまで多彩な
  バリエーションがある。
  だが、ビギナーにとってはどれが難しい手なのか、
  やさしい手なのかわからない。
  つまり、ビギナーは難しい複雑な手が選択肢の中にないので、
  必然的にシンプルな手をもってくる。
  それが結果的に勝ちへとつながるのだ。」

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 成功哲学 | 10:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゆっくり、いそげ



満足度★★★
付箋数:22

本書の著者、影山知明さんは東京大学法学部卒業後、
マッキンゼー&カンパニーを経て、ベンチャーキャピタルの
創業に参画した経歴を持つ方です。

そんな影山さんが2008年に西国分寺の生家の地に、
クルミをテーマにしたカフェ「クルミドコーヒー」を
オープンさせました。

クルミドコーヒーでは、集客のために飲食店でよくやる
ポイントカードやポスティングをやらないといいます。

それは、なぜか?

  「それはひと言で言うならば、お店に来てくださる方の
   “消費者的な人格” を刺激したくないと考えたからだ。
  それとは、 “できるだけ少ないコストで、できるだけ
  多くのものを手にれようとする” 人格。
  つまりは “オトクな買い物” を求める人間の性向だ。」

これは誰しもが少なからず持っている心理です。

オトクな買い物を求める心理は誰もが持つものの、
必ずしも常に優先されるものではありません。

そしてこの消費者的な人格は、お店の姿勢にも影響を与えます。

お客さんがオトクな買い物をしたいのと同様、
店側もコーヒーやケーキを提供するためのコストを
できるだけ小さくして、少しでも高い代金を受け取ろうとする。

実はお客さんとお店の性向は合わせ鏡のようなものなのです。

それぞれが自己の利益を最大化させるべく行動選択する
交換のメカニズムが働きます。

それがホモ・エコノミクスとよばれる合理的経済人。
現在の主流派経済学が前提とする経済主体です。

しかし、一方で人の中にはいい贈り物を受け取った時に、
「いいものを受け取っちゃったな。もらった以上のもので、
なんとかお返ししたいな」と考える人格も秘めています。

これは、自分が手に入れたものより、支払うものの方が
大きくなるので、消費者的な人格とは真逆の性向です。

これを本書では「受贈者的な人格」と呼びます。

  「面白いのは、世に “消費者的な人” と “受贈者的な人” とが
  いるわけではないということだ。事はそれほど単純ではなく、
  きっとあらゆる人の中に両方の人格が存在し、
  時と状況によってそれぞれが発現するのだ。
  だから、問題になるのはお店がお客さんの中に眠るどちらの
  人格のスイッチを押すかということ。
  ポイントカードやポスティングをやるということは、
  ともすればお客さんの中の “消費者的な人格” スイッチを
  押すことになる。そして、そうしたお客さんの姿勢は
  はね返り、お店のありようも変える。」

クルミドコーヒーでは、贈ることを身体的に理解し、
お客さんにも贈り物を受け取る経験をしてもらうため、
期間限定で「くるみ餅」というメニューを出すことがあるそうです。

1つ1つクルミの殻を割り、1つずつ渋皮むきをして作る
手間ひまかけた、コスト度外視しのメニューです。

過剰な負荷がかかりますが、店側の原始的な姿勢が
「贈る」ことだと思い出される貴重な機会のようです。

クルミドコーヒーが目指すのは、ビジネスとスローの
間をいくもの。

それが本書のタイトルにもなっている「ゆっくりいそげ」です。

本書は理想と現実を両立させる新しい経済のカタチを
カフェから考えます。

この本から何を活かすか?

クルミドコーヒーのホームページはこちら
(ページを開くと音が流れます)

食べログのカフェ部門で全国1位になったこともあるそうです。

行ってみたいところですが、私は遠くて行けません。

とりあえず、時間の流れを大切に考えているようなカフェを
地元で探してみたいと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経済・行動経済学 | 06:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT