活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


≫ EDIT

Who Gets What(フー・ゲッツ・ホワット)

満足度★★★★
付箋数:25

男女10対10の「婚活パーティー」で、
後悔しないようにパートナーを選ぶには、
どのような選び方をしたらいいのでしょうか?

実は、このパートナー選びについては、
経済学の論文で最適な方法が示されれています。

選び方の手順は次の通り。

最初に男性全員が第一希望の女性に対して
一斉にプロポーズします。

このとき、複数の男性からプロポーズを受けた
女性は、その中で最も好みの男性をキープします。

1人の男性からプロポーズを受けた女性も、
その男性をキープすることができます。

誰からもプロポーズを受けなかった女性は、
第二希望のプロポーズが来るのを待ちます。

次に、第一希望が通らなかった男性のみ、
第二希望の女性にプロポーズします。

ここでプロポーズできる対象の女性は全員です。

つまり、第一希望のプロポーズを受けて、
男性をキープしている女性に対しても、
第二希望でプロポーズできるものとします。

同様にして、希望の通らなかった男性だけが、
第三希望、第四希望と繰り返しプロポーズします。

女性側は、プロポーズしてきた男性をキープ
しているだけなので、最後まで好みの男性からの
プロポーズを待つことができます。

この婚活パーティーの最大のポイントは、
プロポーズを受け入れるのはあくまで暫定的で、
最後までその決定を保留しておくことにあります。

この方式を「受け入れ保留方式」と呼びます。

「受け入れ保留方式」を婚活パーティーで使うと、
どんなに好みが重なったり、別れようとも、
最適のマッチングができるようになります。

このマッチングをアルゴリズムとして示したのが、
米経済学者・数学者のデイヴィッド・ゲールさんと
ロイド・シャープレーさんです。
(ゲール-シャプレイ アルゴリズム)

そして、このアルゴリズムを「研修医のマッチング
制度」として実用化したのが、本書の著者である
アルヴィン・ロスさんです。

シャープレーさんとロスさんは、2012年に
「安定配分理論と市場設計の実践」の功績で
ノーベル経済学賞を受賞しました。
(ゲールさんは2008年に亡くなっていたため、
受賞していません)

本書は、ノーベル経済学賞受賞の経済学者、
アルヴィン・ロスさんによるマッチング理論の
入門書です。

  「マッチングとは、私たちが人生のなかで、
  自分が選ぶだけでなく、自分も相手に選ばれ
  なければ得られない多くのものを手に入れる
  方法を指す経済用語だ。
  イェール大学やグーグルに対して、
   “いまから入学します” とか “これから働きに
  いきます” と一方的に宣言してもどうにもならない。
  またイェール大学もグーグルも、誰が入ってくる
  かを決めることはできない。
  結婚相手を勝手に選べないのと同じで、
  自分が相手を選ぶだけでなく、選んだ相手によって
  自分も選ばれる必要があるのだ。」

かつての経済理論では、市場のメカニズムは、
「需要」と「供給」が一致するように、
「価格」は調整されるものとされてきました。

しかし、現実の社会では価格で調整されないものが
たくさんあります。

最初の婚活パーティーの例もそうですし、
臓器移植、企業への就職や、大学への進学など、
「お金」では買えないものがあるのです。

こういったマーケットで必要なのは、
最適で効率的なマッチング(組み合わせ)です。

本書では、マッチング理論と現実の社会で機能する
マッチメイキングの制度(マーケットデザイン)
についてわかりやすく解説します。

この本から何を活かすか?

アメリカの医師は、NRMP(全国研修医マッチング
プログラム)によって、医師としての最初の仕事を
得ています。

このアルゴリズムを1990年代半ばに再設計したのが、
本書の著者、ロスさんです。

今では、毎年、2万人を超える医師が、
NRMPを使って約4000もの研修プログラムに
割り当てられています。

このプログラムは、日本の研修医のマッチングにも
使われているそうです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経済・行動経済学 | 08:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ビル・ゲイツとやり合うために仕方なく英語を練習しました。

満足度★★★
付箋数:24

かつて、『日本人の9割に英語はいらない
という本を執筆した元日本マイクロソフト社長の
成毛眞さん。

ほとんどの日本人に「英語はいらない」
という考は変わりません。

本書は、英語がどうしても必要になった
「1割の日本人」に向けに書かれた本です。

そして、本書で解説されるのは英語の
「勉強法」ではなく、あくまで「練習法」です。

なぜなら、英語はビジネスをするための
「ツール」に過ぎないからです。

成毛さんは、大学卒業後、自動車部品メーカーに、
勤めていましたが、雑誌を作ってみたいと思い、
アスキー出版へ転職しました。

しかし、転職した初日にその子会社である
「アスキー・マイクロソフト」への出向を
命じられます。

これが、後の日本マイクロソフト社です。

当時のアスキー・マイクロソフトは、
まだまだ小さな会社で、米国本社で会議があると、
入ったばかりの成毛さんが、出張しなければ
ならなかったそうです。

その本社で議論することになった相手が、
あのビル・ゲイツさんだったのです。

それまで英語が話せなかった成毛さんが、
転職して1週間で、突然、英語を使わざるを得ない
状況に陥ってしまったのです。

本書では、そんな追い詰められた成毛さんが
編み出した、効率的な英語練習法を紹介します。

  ・仕方なく英語を身につけなくてはならなくなった
  ・でも、英語に時間をかけたくない
  ・とはいえ、外国人はもとより、日本人の前でも
  臆せずに英語を話せるようになりたい

このような要望がある人にピッタリの本です。

本書で貫かれているのは、目標達成のために、
徹底的に「手抜き」の道を探ること。

ラクして目標に近づくために、何が必要で、
何が無駄かを見極め、コツコツとした努力を
しないために、どんな努力も惜しみません。

そんな成毛式英語練習法の極意は次の通りです。

 1.  “文法通り” にこだわらない
  フォーマルな場でなければ、日本人が日本語を
  話すときにも、文法通りに話してはいません。
  英語も文法にこだわり過ぎずに、中高6年間の
  蓄積で十分と考えます。

 2. それっぽく話したい
  必要なのは習った英語をそれっぽく話す練習。
  日本人らしい英語より、それっぽい英語のほうが、
  日本人の前でも堂々と話せます。

 3. なるべく暗記も減らしたい
  名詞を中心に一定の単語は覚えますが、
  あまり使い道のない単語は覚えません。
  使い回しのいい単語を使って、
  なんとか表現することを考えます。

ちなみに、それっぽく英語を話すためには、
「目標とする人」を決めて、その人のマネを
するのが一番です。

成毛さんがマネすることを決めたのは、
当時、最も英語で話す機会が多かった
ビル・ゲイツさんでした。

特に、具体的な目標人物が思い当たらない方は、
クリントン政権時代に副大統領だった
「アル・ゴアさんのような英語」を目指すのが
オススメのようです。

ゴアさんの英語は、変な癖がなく上品で、
講演などの映像が、Youtubeなどネット上に
多く残っていることがオススメのポイントです。

成毛さんが本書で教える練習法は極めて合理的。

特に、夏休みの宿題を8月31日から始めていた
切羽詰まったタイプの人とは相性がいい。

逆に、英語の勉強が好きで、英語を極めたい
という方には、本書は合いません。

この本から何を活かすか?

  「話したいことがあるとき、頭の中ですべき
  ことは “和英変換” でも “翻訳” でもありません。
   “統合” です。」

言いたいことを英語に直訳しようとすると、
単語が出てこなかたりして、歯がゆい思いをします。

言いたいことが英語で出てこないときには、
自分は何を言いたいのかを改めて頭の中で確認し、
知っている単語や表現を使って言い換えることを
成毛さんは「統合」と表現しています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 08:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なぜ部下とうまくいかないのか

満足度★★★★
付箋数:26

    「さっそくですが、皆さんに質問があります。

    ・なぜ人と組織はなかなか変われないのでしょうか?
    ・どうしたら人と組織は変わっていくのでしょうか?
    ・人はどのように成長して、どうしたらより成長
    できるのでしょうか?

    これらの質問に対して、皆さんであればどのように
    答えますか。
    また、企業人としての、さらには一人の人間としての
    ご自身の今の成長をどのように捉えていますか?
    部下を持っている方であれば、部下の成長を
    どのように支援していますか。
    それらの問いや課題に対して、ヒントと行動指針を
    提供してくれるのが、発達心理学の一分野である
     “成人発達理論” です。」

本書は、「成人以降も私たちの知性は成長・進化
し続ける」とする「成人発達理論」の入門書。

著者は、人材開発コンサルタントの加藤洋平さん。

加藤さんは、米ハーバード大で、成人教育の権威
ロバート・キーガンさんとリサ・レイヒーさんの
下で、自己変革・組織改革モデルを学び、
成人発達理論の大家オットー・ラスキーさんに
師事しました。

本書では、ロバート・キーガンさんの発達理論を
中心に、部下と組織を率いるリーダーとしての
「器」や「人間力」と呼ばれるものが、
どのように成長を遂げるかについて、
2人の登場人物の対話を通じて学びます。

主人公は、日本の大手製造業に勤務し、
開発部で課長を務める山口光さん45歳。

山口さんは、会社の人事評価で
「部下とのコミュニケーション能力の向上」と
「人間としてのさらなる向上」が必要であることを
指摘されました。

自分でも停滞していると自覚はあるものの、
どうしたら変わることができるのか、
皆目見当がつかず、鬱憤晴らしのために
銀座のワインバーで、1人ワインを飲んでいました。

そのバーにたまたま居合わせて、山口さんに
声をかけたのが、人材開発コンサルタントの
室積敏正さんです。

ワインがきっかけで、話を始めた2人ですが、
室積さんは、山口さんが部下の指導で
悩んでいることを聞き、相談に乗りはじめます。

その中で活用されたのが、「成人発達理論」。

この理論によって、心が成長し、視野が拡大すれば、
部下や自分自身に関する悩みが解決されるかも
しれないと考え、山口さんは、室積さんと会って、
定期的にコーチングを受けることにします。

成人発達理論では、5つの意識段階があると考えます。

発達段階1は、具体的思考段階と呼ばれ、
抽象的概念を扱うことができない成人以前の段階。

発達段階2は、道具主義的段階と呼ばれ、
極めて自己中心的な認識の枠組みを持っている段階。

成人の約10%がこの段階にいます。

発達段階3は、他者依存段階と呼ばれ、
組織や集団に従属し、他者に依存する形で意思決定
するのが特徴です。

この段階は成人の約70%に見られます。

発達段階4は、自己主導段階と呼ばれ、
自分なりの価値観や意思決定基準を設けることが
でき、自律的に行動できるようになります。

この段階は成人の約20%。

最後の発達段階5は、自己変容・相互発達段階と
呼ばれ、自分の価値観や意見にとらわれることなく、
多様な価値観や意見などを汲みとって意思決定が
できるようになります。

この段階は成人の1%にも満たないようです。

意識段階が高くなるほど、物事を広く深く
捉えることができるようになります。

また、自分より上の意識段階のことは
理解できない特徴があります。

本書で山口さんは、様々な意識段階にいる部下の
指導方法ついて室積さんからコーチングを受け、
同時に山口さん自身も成長します。

会話形式で話が進み、非常にわかりやすく、
成人発達理論について学ぶことができます。

この本から何を活かすか?

無理に成長・発達を促そうとすると、
どこかで成長が止まってしまうことが
心理学の長年の調査で分かっています。

これを「ピアジェ効果」と呼びます。

早期英語教育された子どもは、20歳を過ぎてから、
成長が止まってしまうことが多いようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 組織・社内教育・コーチング | 08:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界の最も野心的なビジネスエリートがしている 一流の頭脳の磨き方

満足度★★★
付箋数:24

世の中には、圧倒的なスピードで質の高い
仕事をしていたり、次々と画期的なサービスや
ヒット商品を生み出す人たちがいます。

彼らは、一般のビジネスパーソンと何が違うのか?

  「その理由を突き詰めて考えてみると、そもそも
   “インプットの質と量が違う” ということに
  気づかされる。インプットが人と変わらなければ、
  アウトプットにも限界がある。事実、生産性の高い
  ビジネスパーソンと話してみても、知識量が
  抜きんでていることが多い。勤務中にどれだけ
  質の高いパフォーマンスを続けるかも当然大事だが、
  その質を生んでいるのは、仕事時間以外での
  インプット、すなわち “勉強の質と量” なのだ。」

では、どのようにして、「勉強の質と量」を
高めていくのか?

この質問に対して、本書が提示する答えが、
「EMBA」での学びです。

EMBAとは、エグゼクティブMBAのことで、
フルタイムMBAと違い、エグゼクティブや
創業社長などが通うパートタイムMBAプログラム。

本書の著者、山崎裕二さんと岡田美紀子さんは
UCLA-NUS EMBAの卒業生です。

このEMBAは、米カリフォルニア大学ロサンゼルス校
(UCLA)とシンガポール国立大学(NUS)が
共同で行っているプログラムで、EMBAとしては、
「世界のトップ5」に入ると言われています。

2014年の12月に、山崎さんと岡田さんは、
UCLA-NUSの同窓生で集まり、議論したときに、
次のようなアイディアが浮かんだそうです。

  「私たちの学びを一人でも多くの人に知って
  もらえば、いまの不確実かつグローバル化の
  時代を生き抜く人たちにとって成功するための
  ヒントになるのではないか?」

そのアイディアを形にしたのが、本書です。

お二人は、UCLA-NUSだけでなく、シカゴやケロッグ
などのEMBAの卒業生・現役生にもインタビューを
重ね、EMBAでの学びを本書にまとめました。

EMBAはエグゼクティブや創業社長などが
仕事を辞めずに、働きながら学ぶわけですから、
ビジネスに直結する実践的な内容のプログラムに
なっています。

そのEMBAのプログラムを学ぶことこそが、
「勉強の質と量」を高める最適な方法であると、
考えたわけです。

  序章 「最速で結果につなげる思考」をつくる
  第1章 「あらゆる相手」を動かす方法を学ぶ
  第2章 「絶対に負けない交渉法」を頭に
     インプットする
  第3章 「不毛な消耗戦」から抜け出す発想をつかむ
  第4章 「勝つ方法」のすべてを頭に叩き込む
  第5章 「世界視点」で考える

例えば、プレゼンテーションで考えることも
かなり実践的で生々しいことです。

結局それで「カネを集められるか」どうかが
プレゼンの成否。

そのためには、次の2点を押さえておく
必要があります。

  ・決断する立場の人の「置かれている状況」
  ・決断する立場の人が「知りたがっていること」

まずは、相手のレベルが上げれば上がるほど、
次々と決断をしていかなければなりませんから、
短時間で要点を伝えるプレゼンが求められます。

そして、決断者が知りたいことである、
「いかに速く儲けられるのか?」、「どれだけ
ユニークなのか?」、「本当に実現できるのか?」
の3点に絞ってプレゼンをします。

本書では、このように「いかに人を動かすか」
という視点が常に意識されています。

この本から何を活かすか?

あなたは、転職時の給与交渉でどの程度の
希望金額を言って交渉しますか?

  1. 前職の給与とほぼおなじ金額で交渉する
  2. 前職の給与より高い金額で交渉する
  3. 自分からは金額を言わず相手からの提案を待つ

EMBAの卒業生の回答は、ほぼ全員が「2」番。

インド人やシンガポール人などは、
最初から前職の給与より1.5倍から2倍の金額で
希望を出す人が多いようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 09:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

脳はなにげに不公平

満足度★★★
付箋数:25

神経の可塑性を研究することで、脳の健康や老化
について探求している、東京大学薬学部教授の
池谷裕二さん。

本書は最先端の科学論文をわかりやすく
噛み砕き、池谷さんの解釈を加えて紹介する
脳に関するエッセイ集です。

池谷さんは、毎日、新しく公開された論文を
100報ほどチェックするのが日課となっています。

そこまで多くの論文をチェックするのは、
仕事で使うというよりも、最先端の科学情報を
知ることが、池谷さんの知的好奇心を満たすから。

しかし、この最新の論文チェックで、
池谷さんの脳をもっと刺激することがあります。

それは、思わず人に伝えたくなるような、
面白い情報に出会ったときに、
それを自分から人に伝えること。

実は、本書のようなエッセイを書くことは、
池谷さんにとって、仕入れた面白いネタを
人に話してスッキリしたい欲望のはけ口なのです。

なぜ、人は面白い情報を人に伝えたいのか?

ミシガン大学のフォーク博士らは、
この疑問に答えるために、ある実験を行いました。

短いバラエティ番組を24種類用意して、
被験者にその番組を見せます。

被験者には「感動したか」、「よい番組だったか」、
「人に教えたくなったか」の3つの観点で
評価してもらい、同時に見ているときの脳活動を
測定しました。

3つの質問は似ているようで、異なります。

感動したからといって、よい番組だとは限らないし、
よい番組だからといって、人に伝えたくなる
わけでもありません。

実験の結果、それぞれの評価で脳の活動パターンが
異なることがわかりました。

「感動した」と評価したときには、主に前頭葉が
活性化しました。

「よい番組」と評価したときには、側頭葉と
頭頂葉の境界が活性化しました。

そして、「人に教えたくなる」と評価したときには、
両方の領域に加え、報酬回路も活性化しました。

この報酬回路が作動したときは、
「自分だけのものにしておくのはもったいない」、
「私はこんな秘話を手に入れた」と考え、
他人と情報を共有することで、
「快感」を得ているのです。

つまり、とっておきの話を人に伝えたいと思うのは、
相手を思いやってのことではなく、
あくまで自分が快楽を得るための行為なのです。

ツイッターの「リツイート」機能なども、
この快楽を得たいという気持ちを利用したもの。

ですから、本書のようなエッセイ本で、
最先端のとっておきの話を語ることは、
池谷さん自身にとって快感を得る行為なのです。

本書は、週刊朝日の2012年1月6-13日号から
2013年7月26日号に連載エッセイとして
掲載された、「パテカトルの万脳薬」を
再編集したもの。

選りすぐり62本が、まとめられています。

各エッセイには、必ず論文として発表された
科学的根拠がありますが、軽めの文体で、
そういった難しさを感じさせない、
非常に読みやすいエッセイになっています。

ちなみに、「パテカトル」とは、
アステカ文明の神話に登場する神の名前です。

酒の神、ひいては「薬」をつかさどる神として
古代メキシコで崇められた謎めいた存在で、
池谷さんお気に入りの古代神。

本書を読んだ後は、きっとあなたも
仕入れた面白い情報を誰かに話して、
快感を得たくなるはずです。

この本から何を活かすか?

  最も簡単に記憶力を上げる方法

米モントクレア州立大学のプロッパー博士らの
研究によると「手を拳にしてギュッと握る」
だけで記憶力が18%アップすることがわかりました。

手を握るだけなので、非常に簡単ですが、
少しだけコツがあります。

覚える前に「右手」を握りしめて、
思い出すときには「左手」を握りしめます。

この「右手→左手」の順番が非常に大事で、
脳半球の機能が左右で異なることに関連しています。

順番を間違えると逆に何もしないときより、
記憶力が下がってしまうので要注意です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.


このエントリーをはてなブックマークに追加

| | 09:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT