活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


≫ EDIT

パーソナル・インパクト

パーソナル・インパクト 「印象」を演出する、最強のプレゼン術パーソナル・インパクト 「印象」を演出する、最強のプレゼン術
(2014/02/26)
マーティン・ニューマン、小西あおい 他

商品詳細を見る

Kindle版 パーソナル・インパクト

満足度★★★★
付箋数:25

東京2020年オリンピック・パラリンピック招致の
成功には、それを影で支えた2人の英国人がいました。

1人は、『世界を動かすプレゼン力』の著者ニック・バーリーさん。

コンサルタントのバーリーさんは、五輪招致の請負人で、
メンバーの人選から、プレゼン全体の構成、スピーチ内容など
全体をプロデュースしました。

そして、もう1人が本書の著者、マーティン・ニューマンさんです。

  「プレゼンテーションで、もっとも大切なことは
  何だと思いますか?
  多くの人は、話す内容、つまり “情報” だと考えがちなのですが、
  実はそうではありません。
  もっとも重要なことは、あなたが周囲に与える “印象
  (インプレッション)” なのです。」

東京五輪招致でのニューマンさんの担当は、印象の演出でした。

本書は、五輪招致、そして英首相や英王室に自己表現の
指導をするニューマンさんの演出術を紹介した本です。

  「まず、これだけは覚えておいてください。
  あなたが心の中で思っている自分の姿と、
  あなたが周囲に与えている印象は、
  まったく違っている可能性が非常に高いのです。」

いくらスライドの出来がよくても、
スピーチ内容が素晴らしくても、
あなたが自身が与える印象が悪ければ、
良いプレゼンテーションにはなりません。

プレゼンでは、「3つのV」が大切だとニューマンさんは言います。

3つのVとは、「ビジュアル(visual)」、「声(vocal)」、
そして「言葉(verbal)」です。

本書で特に入念に解説されているのは、
「ビジュアル」の要素の中の立ち方・ジェスチャー・表情と、
「声」の要素の中の呼吸・発生・間のとり方です。

もし、プレゼンまで時間がない時、わずかな時間で、
印象を良くするためには、この中のどれに注目すべきでしょうか?

  「私は時間の限られたクライアントとトレーニングを
  進める場合、2つのことをまず行います。
  それは “立ち方” 、そして “呼吸” です。
  この2つは比較的簡単にマスターできますが、
  どんな人でも “印象” を飛躍的に向上させることができる
  ポイントだからです。」

立っている時の姿勢は目につくのでわかりますが、
「呼吸」が大事だというのは意外でした。

しかもニューマンさんは、呼吸がきちんとできないうちは、
コミュニケーションスキルを上達させることは
絶対にできないとまで、断言しています。

それほどまでに、「呼吸」は重要なんですね。

更に英国人のニューマンさんが、呼吸法のトレーニングとして
「お経」を唱えることを推奨しているのは、もっと意外でした。

呼吸を上手にするポイントは、落ち着いてゆっくり呼吸することと、
深く呼吸をすることです。

できるだけ肺に空気を入れ、お坊さんのお経の真似をして、
「んーーーーー」と深いハミングのような声で、
できるだけ長く出すトレーニングです。

本書には、30分後に迫ったプレゼンでも、
すぐに取り入れることが、効果的なジェスチャーなども
数多く紹介されています。

この本から何を活かすか?

米国元大統領ビル・クリントンさんは、他の追随を許さないくらい
才能あるプレゼンターで、その中でも「間」の取り方は天才的で、
神のように評価されているそうです。

私は、クリントンさんのスピーチで、聞いたことがあるのは、
モニカ・ルインスキーさんとの不倫の謝罪会見ぐらいでした。

クリントンさんのスピーチ映像を探して、ニューマンさんが言う
「間」の取り方に注目して見てみたいと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 交渉術・伝える力・論理・人脈 | 09:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

期待バブル崩壊

期待バブル崩壊――かりそめの経済効果が剥落するとき期待バブル崩壊――かりそめの経済効果が剥落するとき
(2014/02/28)
野口 悠紀雄

商品詳細を見る

Kindle版  期待バブル崩壊

満足度★★★
付箋数:22

  Q. 安倍内閣は賃金についてどう考えているのでしょう?
  A. 遅ればせながら、賃金が重要な課題と認識されるように
    なりました。問題は、それを実現するための政策です。

  Q. 賃金を引き上げるため、安倍内閣は何をやろうと
    しているのですか?
  A. 政労使会議や法人税上の措置などです。
    しかし、これらの方法で賃金を上げることはできません。

  Q. 「利益を賃金にも山分けする」という考えは
    正しいでしょうか?
  A. その考えは、基本的な誤解です。売上から人件費や原材料費
    などを引いた残りが利益になるのであって、利益から
    賃金が支払われるわけではありません。

  Q. 最近の賃金・雇用動向はどうなっていますか?
  A. 現金給与総額は、対前年比マイナスの月が多くなっています。
    それに加えて消費者物価が上昇しているため、実質金利の
    対前年比はマイナスが続いています。さらに、正規従業員数が
    伸び悩む半面で、非正規雇用者が顕著に増加しています。

本書は、野口悠紀雄さんが、『週刊ダイヤモンド』と
ダイヤモンド・オンラインに掲載した記事を中心にまとめたもの。

野口さんと言えば、最近ではアベノミクスを批判し、
デフレではなく、所得低下からの脱却の必要性を
よく訴えています。

本書でも、冒頭で紹介したようなQ&A形式で、
69の問に答えながら、アベノミクスの実際の効果を検証し、
その限界を明らかにします。

2012年からの急激な円安は、安倍政権の金融緩和によって
もたらされたものではなく、国際的な投機資金の流れが変わった
タイミングに、たまたま内閣発足が重なっただけ。

そして何より、アベノミクスで賃金は上がらない。

それに対して、円安で物価が上昇するため、実質賃金は低下。
更に、製造業の設備投資は増えるどころか、減少。
輸出量も増えずに、貿易赤字は拡大・・・・。

野口さんは、こういった実体経済の状況を、一つひとつ、
裏付けとなる根拠を示しながら解説します。

アベノミクスというと、金融緩和のイメージが強いですが、
実際にやっていることは、従来型の公共事業バラマキ政策。

公共事業の著しい拡大と、住宅の駆け込み需要により、
世間の目は実態から背けられている。

現在の日本はアベノミクスに対する、期待バブルであり、
この熱狂的狂酔感(ユーフォリア)の崩壊の時期は近い。

実体経済は、ムードだけでは動かず、
長期的な経済の衰退から脱していないことがわかると、
かりそめの経済効果は剥落するというのが、
本書での野口さんの主張です。

円安や公共事業のバラマキ、消費税税増税前の駆け込み需要
といった一時的な効果への「期待」ではなく、
もっと日本経済が持つポテンシャルや、長期的な将来の可能性に
「期待」することが、日本経済復活の鍵となるようです。

基本的に野口さんは、アベノミクスは評価していませんが、
日本には復活するためのポテンシャルがあると考え、
将来を革新する力も残っていると信じています。

ですから、本書は期待バブル崩壊を指摘するだけでなく、
その先にある本当の経済成長を見越した内容になっています。

この本から何を活かすか?

現在、野口さんがダイヤモンド・オンラインで連載するのは、
通貨革命か、それとも虚構か?「ビットコイン」を正しく理解する
というテーマの記事です。

テーマからすると、数回の連載で終わる企画かと
思いましたが、2014年4月現在、8回まで連載は続いています。

今回も、この連載から書籍化されそうな勢いです。

昔からインターネットの活用など、先進的な野口さんでしたが、
70歳を越えてもなお、こういった新しいテーマに
精力的に取り組んでいるとことはさすがですね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経済・行動経済学 | 09:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なぜ、わかっていても実行できないのか

なぜ、わかっていても実行できないのか 知識を行動に変えるマネジメントなぜ、わかっていても実行できないのか 知識を行動に変えるマネジメント
(2014/01/21)
ジェフリー・フェファー、ロバート・I・サットン 他

商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:24

原書は1999年10月に刊行された、全米のベストセラー
The Knowing-Doing Gap』。

日本では流通科学大学出版から2000年9月に
変われる会社、変われない会社』として邦訳版が出版されました。

更に、2005年12月にはランダムハウス講談社から
実行力不全』として復刊。

同書を改題して、3度目の刊行となったのが本書です。

こうして邦題のタイトルの変遷を見ると、
その時代の流行りのタイトルのパターンがわかります。

本書のようなロングセラーは、さっさとKindle化して、
出版社も在庫を抱えず、いつでもデータで買えるように
した方が得策のように思えますね。

知っていることと、実際にやることの間にある隔たりは大きい。

本書は、組織における「知識と行動のギャップ」が
なぜ起こるのかを、4年の歳月をかけ調査し、
そのギャップを埋めるためのガイドラインを示した本です。

著者は組織行動論の権威である、スタンフォード大学教授の
ジェフリー・フェファーさんと ロバート・I・サットンさん。

私たちが、よく聞く例では、トヨタのカンバン方式があります。

この世界的に有名なトヨタ生産方式は、数多くの研究本で紹介され、
工場も見学することが可能です。

しかし、見た目のカンバンだけは真似することはできても、
実際にこの生産方式を再現することは難しい。

多くの自動車メーカーが真似できないのは、
ここにも、「知識と行動のギャップ」があるからです。

本書で、フェファーさんとサットンさんは、調査の結果、
ギャップの原因を次の5つに特定しました。

  原因1. 問題を話し合っただけで仕事をした気になる
  原因2. 過去のやり方にこだわりつづける
  原因3. 部下を動かすために恐怖をあおる
  原因4. 重要でないことばかり評価している
  原因5. 業績を上げるために競争させる

まずは、あなたの組織がこれらの要因に陥っていないかを
確認するのが優先です。

その上で、知識と行動のギャップを乗り越えた企業の
成功例を参考にしながら、本書のガイドラインに沿って
行動を起こす必要があります。

当然、本書自体にも読んで知識を得るだけと、
実際に行動を起こす間には、The Knowing-Doing Gapがあるので、
それを乗り越えてこそ、本書の存在意義が証明されます。

  <知識を行動に変える8つのポイント>
  1. 大事なのは哲学である―「どうやって?」よりまず「なぜ?」
  2. 行動することや教えることで知識は身につく
  3. すばらしい計画やコンセプトより、行動がまさる
  4. 行動すれば間違いも起こる―企業はこれにどう対応するか
  5. 恐怖心はギャップを広げる―まず、恐怖心を追放しよう
  6. 似ている言葉に気をつけよう―互いに張り合うのではなく、
    「競争」を相手に戦おう
  7. 何が大切なのか? 知識を行動に変えるのを助けるのは何か?
  8. 問題はリーダーの行動だ―リーダーは時間をどう使い、
    資源をどう分配すればよいか?

基本的に本書は組織における、知識と行動のギャップを
埋めるための本ですが、一部は個人にも活用できそうです。

この本から何を活かすか?

  「本当に実行できる知識は、本を読んだり人に聞いたり、
  考えたりして学ぶよりも、行動から得られる」

知識と行動のギャップを埋める1つの要素は、
それができても、できなくても、実際に行動して得られる
経験に基づく知恵にあるということ。

個人で考える場合は、それを「習慣」とどのように
結びつけていくかが鍵となりますね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 組織・社内教育・コーチング | 07:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハーバード戦略教室

ハーバード戦略教室ハーバード戦略教室
(2014/01/30)
シンシア モンゴメリー

商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:23

ハーバード・ビジネス・スクール(HBS)で20年以上教壇に立つ
シンシア・モンゴメリーさん。

彼女が担当するエグゼクティブ・プログラムは、
最低でも年間売上$10 million(約10億円)以上の企業の
オーナー、CEO、COO、マネージングディレクターのみが
参加できるコースです。

それは、経験を積んだビジネスリーダーのためのブートキャンプ。

本書は、そのエグゼクティブ・プログラムの内容を書籍化したもの。

なぜか、本書ではそのプログラムをEOP(Entrepreneur起業家、
Ownerオーナー、President経営者のprogram)として
紹介していますが、正式な名称はOwner/President Management
コースと言うようです。

モンゴメリーさんは、あのマイケル・ポーターさんとも共著を
書いたこともある戦略論の専門家。

本書が、初の一般向けの単著です。

  「本書の目的は “戦略” についての考え方を根本的なところから
  見直すことにある。これまであなたが学んできたことが
  間違っていたというつもりはない。
  ただ、それだけでは不十分だったのだ。」

実際のビジネスにおいて戦略を成功させるには、
MBAで学んだ戦略論の知識だけではなく、
正しい判断と責任感を持って継続的に取り組むリーダーが
必要です。

つまり、リーダーシップと戦略は別物ではなく、
密接につながっているというのがモンゴメリーさんの考え。

ストラテジスト(戦略家)は、リーダーシップも併せ持って
初めてその戦略を実現することができるのです。

  シラバス 企業のオーナー・経営者だけが受けられる講義
  第1講 35の国から164名の経験豊富なリーダーが集まった
  第2講 最初の課題「マスコの異業種参入」をクラス全員で検討
  第3講 「スーパーマネージャー」の失敗にどよめく受講生
  第4講 イケアの躍進が示す、会社の「目標」の重要性を議論
  第5講 ファッションという意外な業界に、目標を実現する
      戦略の例を見る
  第6講 今度は受講生の番だ。独自の戦略を立てるメソッドを明かす
  第7講 最後のケーススタディで、戦略決定後も続く戦いを知る
  最終講 最後にストラテジスト、そして戦略の本質を語る

最初のケーススタディで取り上げられるのは、
日本ではあまり馴染みがありませんが、アメリカを代表する
住宅・商業用建材の総合企業「マスコ/Masco」。

マスコは水栓蛇口、台所や浴槽のキャビネットなどを扱い、
「日用品の巨人」とも呼ばれていた超優良企業で、
当時、29年連続の増収を記録していました。

マスコは、その潤沢な資金を使って、
家具業界に進出することを目論みました。

講義は、その異業種参入は是か非かを問うところから始まります。

受講生自身も自分の企業に帰れば経営判断する立場の
人ばかりですが、ここではマスコのCEOになったつもりで
真剣に討議されます。

よくあるビジネススクールのケーススタディ本といえば、
それまでですが、モンゴメリーさんの深い洞察が示された
非常にわかりやすい内容になっています。

失敗する戦略には、何が欠けているのか?
成功のために戦略をどのように実現すれば良いのか?

講義だけを収録した本ではありませんが、
ライブ感が伝わってくる良書だと思います。

この本から何を活かすか?

モンゴメリーさんがアデレード大学で出張講義を行った際の
「Leading Strategy」のプレゼン映像はこちら。

字幕はありませんが、非常に聞き取りやすい英語です。



Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経営・戦略 | 11:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

明日を変える働き方

「このままでいいのか」と迷う君の 明日を変える働き方「このままでいいのか」と迷う君の 明日を変える働き方
(2014/03/13)
金井 壽宏

商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:20

日本実業出版社さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

人は誰でも、自分の働き方に迷う時期があります。

今の働き方でいいのか? 
自分は成長しているのか?
もっと自分に合った仕事があるのではないか?

働き出してすぐに感じるのは、覚えることの多さや、
新しい環境への戸惑い、そして仕事の厳しさ。

この時期は苦しいながらもガムシャラにやるだけなので、
迷っているほどの余裕はありません。

少し仕事にも慣れてきたころに、迷いは生じます。

あまりやる気が出なくなることもあるでしょう。

長いキャリアの中で見ると、そういった気持の浮き沈みは
誰しもが必ず経験することです。

本書は働き方に悩んでいる人と、悩んでいる人に相談にのる
立場の人が読む本です。

  「本書は、働く20代の人々に焦点を合わせた、
  仕事の場面でのやる気、つまりワーク・モチベーションに
  ついて実例をもとに考察した本である。
  働く若い方々14名に協力をいただき、これまでを振り返って
  もらいながら、どのような要因がモチベーションを
  左右しているのか、モチベーションの低下をどのように
  凌いでいるかについて、丁寧に聞き取りを行った。」

著者は、キャリア研究の第一人者、
神戸大学大学院経営研究科教授の金井壽宏さん。

金井さんは、14名の生の声にモチベーション理論を活用。

モチベーションを自己調節しながら、キャリアをデザインする
ためのヒントを与えてくれます。

  序章 「働き方」に迷うとき
  第1章 いったい仕事とは何なのか
  第2章 働く20代がぶつかる問題
  第3章 仕事の面白さを見つける
  第4章 「会社」としたたかに付き合う
  第5章 自分のキャリアを考える

仕事とは、「つらく、義務という位置づけの苦役」なのか、
それとも「面白く、自分を磨くためのお勤め」なのかという
考察から始まります。

ほとんどの人は、生きていくためにお金が必要で、
仕事はそのお金を得るための手段です。

しかし、すべてのことを犠牲にしてまで、
お金を追い求める必要はありません。

そんなことはわかっていても、雇われていると、
忙しさや仕事量は、自分で調整できないのが現実です。

仕事の環境がどうあれ、自分でコントロールできるのは、
唯一「やる気」の部分です。

  「やる気のサイクルを恒常的に高い位置に保っておくためには、
  常日頃からやる気がダウンしたときのことを想定しておくことも
  大切です。」

そして本書では、自分のやる気をアップ・ダウンさせる要因を
言語化して自己制御につなげ、自分なりのモチベーション持論
(自論)を持つことを目指します。

この本から何を活かすか?

  キャリア・トランジション・モデル

金井さんは、キャリアのトランジション(節目)を
迎えるに姿勢について、次の4つの段階があると説明します。

  1. キャリアに方向感覚を持つ
  2. 節目だけは、キャリア・デザインする
  3. 具体的なアクションを起こす
  4. 偶然のドリフト(寄り道)を取り込む

では、「今、人生の節目にいる」かどうかは、
どのようにすると、わかるのでしょうか?

金井さんは、「何らかの危機」に陥っている時や
「メンターの声」があった時などが節目を意識する
ポイントとして挙げています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 12:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT