活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


≫ EDIT

日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義


日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義

満足度★★★★★
付箋数:29

これまでもデービッド・アトキンソンさんの
デービッド・アトキンソン 新・観光立国論
などでは、非常に斬新な指摘がありました。

しかし、本書はそれら過去の著作を超えて、
アトキンソンさんの最高傑作と言える
本だと思いました。

私は、本書を読んで、何度、目から鱗が
鱗落ちたかわかりません。

  「日本には今、大きなパラダイムシフトが
  訪れています。(中略)
  パラダイムシフトの原因は、人口減少と
  高齢化です。日本では、こらから、人類史上
  いまだかつてない急激なスピードと規模で、
  人口減少と高齢化が進みます。」

さすがに、ほとんどの日本人はこの2つの
問題が訪れていることは知っています。

しかし、その深刻度はあまり認識されて
いないように感じます。

実際、どの程度、日本の人口は減るのか?

2060年までに、世界全体で人口は36.1%
「増加」すると予測されています。

アメリカは25.2%増、日本を除くG7でも、
14.9%の増加です。

これに対して日本の人口は、驚くべきことに、
「32.1%の減少」です。

しかし、日本の経済モデルは今でも
人口増加モデルがベースになっています。

例えば、「いいものをより安く」は、
そもそも人口増加を前提にしないと
成り立たない経営戦略です。

では、人口減少と高齢化のパラダイムシフトに
どのように対処したらいいのでしょうか?

アトキンソンさんが本書で示した処方箋は、
「最低賃金の引き上げ」というものでした。

これだけ聞くと、なぜ?と思うかもしれません。

しかし、本書のロジックはしっかりしていて、
それを証明するデータも揃っています。

人口が少なくなっても、経済を縮小させない
ためには、高付加価値・高所得経済への
転換が必要です。

そのために避けて通れないのは、
日本人の「生産性が低い」問題です。

これは、アトキンソンさん以外の識者からも、
ずっと指摘されていることですね。

この生産性問題の原因の1つが、日本には
小さな企業が多すぎるという現実です。

実は、20人未満の企業に勤める人の割合と
その国の生産性には強い相関があるようです。

そこで、「最低賃金の引き上げ」。

小さな企業のままでは賃上げはできないので、
企業の統廃合は進みます。

そして、継続的な賃上げが、生産性の向上に
つながります。

最低賃金の引き上げが望ましい理由は6つ。

 1. もっとも生産性の低い企業をターゲット
  にできる
 2. 効果は上に波及する
 3. 消費への影響が大きい
 4. 雇用を増やすことも可能
 5. 労働組合の弱体化
 6. 生産性向上を「強制」できる

最低賃金を引き上げると、失業者が増えると
懸念する人もいますが、これも誤った認識
であることが本書で示されています。

そして、最低賃金の引き上げとセットで
提言されているのが、人材育成トレーニング
の強制化です。

賃上げに見合うだけの中身も要求される
ということです。

  「まずは所得を継続的に上げることです。
  その結果、生産性が上がります。
  それには企業の規模を大きくする必要がある。
  それによって輸出もできるようになる。
  技術の普及も進む。所得が増えるから、
  税収が増える。株価も上がる。
  財政が健全化する。
  要するに、今の悪循環を好循環に変える
  ことができるのです。」

これこそが、日本が再び世界で輝くための
「勝算」です。

ただし、この勝算に乗るためには、
まずは人口減少という問題を直視する
ことから始めなくてはなりません。

アトキンソンさんが示す生存戦略は、
非常に理にかなっていて、すべての日本人に
本書を読んで欲しいと感じました。

この本から何を活かすか?

日本では「人手不足」の問題をよく聞きます。

しかし、先進国では「人手不足」という
概念はすでになくなっていると言います。

日本で言う、「人手不足」はあくまでも、
「人を安く使う今までの経済システムを
維持したい」という前提があります。

その前提で、人口が減るから人が足りない
と言っているに過ぎないのです。

人が足りないなら、人を効果的に使う
仕組みを作ればいいと、アトキンソンさんは
指摘しています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

読書する人だけがたどり着ける場所


読書する人だけがたどり着ける場所 (SB新書)

満足度★★★
付箋数:24

  「映画を見た感想やニュースに対する
  コメントにしても、聞く人が刺激される
  面白い話ができる人と、みんなが言っている
  ような一般的なことしか言えない人がいます。
  浅い人と深い人。
  どちらの人の話が聞きたいか、聞くまでも
  ありませんね。
  では、その浅い・深いはどこから来ている
  のでしょうか。
  それは一言で言えば、教養です。」

あなたは、教養のある人生とない人生の
どちらがいいですか?

このように問いかけると、ほとんどの人は、
「教養のある人生がいい」と答えます。

なぜなら、教養がある方が人生を楽しめるから。

  「驚くべきことに驚けるのは、実は教養が
  あるからです。知識豊富で教養豊かな人は、
  もうあまり驚くべきことがないのではないか
  と思うかもしれませんが、逆なのですね。
  知れば知るほど、心の底から驚くことが
  できるのです。
  知識がないと、何がすごいのかわからない。
  ぴんとこない、ということになります。」

では、深さや知識の源泉となっている
教養はどうすれば、身につけられるのか?

それは、もちろん「読書」です。

「必要な情報はネットから得るから、
読書なんて必要ない」と考える人もいます。

しかし、いくらネットから効率的に情報を
拾っても、それは教養にはなりません。

それは向かい合い方が、まったく違うからです。

  「ネット上の情報を読むのと、読書とは
  行為として全然違います。
  ネットで文章を読むとき、私たちは “読者” 
  ではありません。 “消費者” なのです。」

本書は、読書の大家である齋藤孝さんが、
読書の意義と効用、そして読書の仕方を
語る本です。

読書は、人の深さを作ります。

その深さとは、思考力であり、知識であり、
人格であり、人生そのものです。

読書が人生のすべてとまでは言いませんが、
読書によって人生が変わることだけは
間違いありません。

「センス」は、いくら磨こうと思って、
努力しても万人に開かれいないところが
ありますが、「知性」は万人に開かれている。

それは知的好奇心や知的な欲求は、
誰もが持っているものだからです。

その知的好奇心を刺激して、知的な欲求を
満たすために、読書に勝るものはありません。

読書の効用を語ると、「実体験の方が大事」
だと反論する人もいます。

もちろん、実際に体験することが
大事なことは、言うまでもありません。

しかし、それは読書と比べて、
優劣をつけるものではありません。

  「私は読書と体験は矛盾しないと考えて
  います。本を読むことで、 “これを体験
  してみたい” というモチベーションに
  なることはありますし、それ以上に、
  言葉にできなかった自分の体験の意味に
  気づくことができます。
  実際の体験を何十倍にも生かすことが
  できるようになるのです。」

本書は、読書の素晴らしさを実感できる
本ですが、やはり「読書本のパラドックス」
からは抜け出すことはできません。

そもそも本書を読む人は、
はじめから読書の効能を知っています。

本を読まない人に、いくら読書の有用性を
語っても、本書を手にしないので伝わらない
ということです。

これは書籍で読書の良さを語るときの、
逃れられない限界です。

よって、本書は読書好きの人にとっては、
自分の行為を肯定してくれる訳ですから、
非常に満足感の高い本だと思います。

この本から何を活かすか?

本書では、ざまざまな名著を案内しています。

ここでは齋藤さんがオススメしていた、
「思考力を高める名著10」を紹介しておきます。

  『方法序説
  『論理哲学論考
  『五輪書
  『風姿花伝
  『この人を見よ
  『君主論
  『饗宴
  『歴史とは何か
  『寝ながら学べる構造主義
  『ファスト&スロー

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 読書法・速読術 | 05:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今すぐ本を出しなさい ビジネスを成長させる出版入門


今すぐ本を出しなさい ビジネスを成長させる出版入門

満足度★★★★
付箋数:24

秀和システムの中野さんより献本いただきました。
ありがとうございます。

ビジネスの売り上げを劇的に伸ばすには、
マーケティングを効果的に行う必要があります。

しかし、消費者の購買行動の変化によって、
単に広告を打つマーケティング手法では、
売り上げを増やすのが、難しくなっています。

そんな中、「広告費はゼロで、売り上げを
今の10倍」にする方法があるといいます。

それが、「出版マーケティング」という手法。

その名の通り、本を出版することで、
世間の認知度を上げ、売り上げを伸ばす
マーケティング手法です。

確かに、「本を書いている」というだけで、
一般的にその人の信用度は上がります。

そして、本が売れて有名になると、講演会や
取材のオファーも舞い込んで来るでしょう。

すでに自分の商品を持っている方であれば、
バックエンドの商品で売り上げを作る
こともできます。

そんな出版マーケティングの効果を知って、
本を出し続けている有名人もいます。

堀江貴文さんや、Daigoさんはその代表例。

では、出版マーケティングが効果があっても、
果たして有名人でも作家でもない素人が、
本を出版することなどできるのでしょうか?

  「(素人でも)出版社のニーズさえ満たせば、
  誰でも企画が通るチャンスがある。」

仮に、出版社への企画が通ったとしても、
文章を書いたり、出版した本をビジネスに
活かすには、どうしたらいいのでしょうか?

そのすべての手法を説明するのが、本書です。

著者は、自らも出版マーケティングで
成功した、水野俊哉さんです。

10万部突破の『成功本50冊「勝ち抜け」案内
などが有名で、数多くのビジネス書を
出版しています。

実は、水野さんは、かつてベンチャー企業で
3億円の負債を抱えていたことがありました。

その危機から蘇るきっかけとなったのが、
「出版」だったのです。

また、水野さんは出版マーケティングの
ノウハウを、商業出版を目指す経営者や
自営業者向けにセミナーを行う、
出版プロデューサーとしても活躍しています。

本書では、水野さんが有料セミナーで
行っている出版マーケティングの手法を、
惜しみなく公開しています。

  「私自身が(そして多くの塾生たちが)
  身をもってその効果を実感したからこそ、
   “この手法を他の人にも伝えて、
  私と同じように売り上げをアップする人が
  増えて欲しい” と思い、長年かけて
  培ってきたノウハウをこの1冊にまとめました。」

本書は、水野さんの集大成とも言える本です。

ビジネス書を書くにあたり必要なテクニックは、
次の6つの要素です。

  1. ゴールセッティング
  2. タイトルとまえがき
  3. 章立てと構成
  4. ベストセラーの文章術
  5. キャラ立ち
  6. セールスプロモーション

本書では、それぞれのステップを実際の
ベストセラーを例に出し、解説します。

「これだったら自分も本が出せそうだ」と
思えるハズです。

水野さんの本は、読者を惹きつけるものがあり、
文章のわかりやすさは折り紙付き。

それは古今東西のビジネス書の名著を
研究し尽くして、ベストセラーを作るための
方程式を知っているからです。

そして、1冊書いて終わりになるのではなく、
著者として生き残っていく秘訣も伝えます。

  「繰り返しになりますが、本を出すことは
  あなたの人生を大きく変えるきっかけに
  なります。でも、そのきっかけをうまく
  活かせるかどうかは、あなた次第なのです。
  ただ売り上げのことだけを考えて出版する
  のではなく、読者のことをしっかり想って
  書かないと、その先はないのです。」

この本から何を活かすか?

本書では、本文を書くための11のパターンの
テクニックが紹介されていました。

その中で、私が気に入ったのが、
「キャラクターを立てる、北方謙三パターン」。

これは、かつて『ホットドッグ・プレス』に
連載されていた北方謙三さんの人生相談の
コーナー、『試みの地平線』のパターンです。

「おい、小僧ども!」と語りかけ、
多くの悩める若者に「ソープに行け!」と
アドバイスを送っていました。

確かに、私もこのコーナーは大好きで、
今でも強烈に記憶に残っています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| マーケティング・営業 | 06:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

宇宙の覇者 ベゾスvsマスク


宇宙の覇者 ベゾスvsマスク

満足度★★★★
付箋数:25

  「30年前、パーソナルコンピュータ革命が
  起こって、何百万もの人々がコンピュータの
  力を手に入れると、人類が潜在的に
  持っていた能力が無限に引き出され始めた。
  20年前、ウェブ時代の到来とそれに続く
  スマートフォンの普及では、何十億もの
  人々が地理的にも商売でも、制約から
  解放された。
  そして今、地球低軌道へのアクセスの
  拡大で、同じような革命的な変化が
  生まれようとしている。」

このように語るのは、マイクロソフトの
共同創業者であるポール・アレンさんです。

インターネットの次の革命は、「宇宙」で
起ころうとしています。

宇宙と言えば、個人的に一番ドラマチック
だと思うのは、アポロの月面着陸ですね。

船長ニール・アームストロングさんと
操縦士エドウィン・オルドリンさんは、
アポロ11号で月面に21時間30分滞在しました。

人類史上初の月面着陸に成功したのは、
1969年のこと。

米大統領ジョン・F・ケネディさんは、
1960年代中に人間を月に到達させると宣言し、
10年足らずでその公約を果たしました。

このアポロ計画の偉業を知っている世代は、
子供の頃に思ったはずです。

当時の科学技術で月面着陸ができたなら、
すぐに月面に基地ができ、次は火星旅行も
実現するのではないかと。

しかし、1972年にアポロ計画終了後、
有人の宇宙進出に関して人類は、
それ以上の大きな進歩はありません。

  「アポロが最高到達点だったなんてことには
  したくなかった。将来、子どもたちに
  これが精一杯だったなんていいたくない。
  わたしは子どもの頃、月に基地ができる日や
  火星旅行が始まる日を心待ちにしていた。
  それがそうならず、進歩が止まってしまってる。
  こんなに残念なことはない。」

こんな想いから、本気で火星への移住計画を
実現しようとしているのは、スペースX社の
共同設立者のイーロン・マスクさんです。

マスクさんは、猪突猛進する実行力で
宇宙革命を牽引しています。

そして、人類が大きな進歩を遂げる時には、
強力なライバル関係が必要です。

マスクさんの宇宙開発のライバルとなるのは、
アマゾンの創業者、ジェフ・ベゾスさんです。

ベゾスさんは、有人宇宙飛行事業を目的とする
民間企業ブルーオリジンを立ち上げ、
垂直離着陸機などの開発を行っています。

今、人類の宇宙革命競争を牽引するのが、
マスクさんとベゾスさんのライバル心です。

  「この物語(宇宙探査)を活気あるものに
  しているのは、新しい宇宙開発を引っ張る
  マスクとベゾスのあいだに芽生えた競争心だ。
  ふたりの対抗意識は訴訟やツイッターの発言、
  それぞれのロケットの着陸の意義や推力を
  めぐる論争、さらには発射台の争奪戦と
  なって表れる。猛烈に突っ走る “兎” 
  イーロン・マスクと、秘密主義でゆっくり
  進む “亀” ジェフ・ベゾス。
  先行するのはマスクだ。ただしレースは
  始まったばかりで、ベゾスに慌てるようすは
  ない。一歩一歩、着実に前進を続けている。」

本書は、2人の億万長者、マスクさんと
ベゾスさんを中心とした、現在進行中の
宇宙開発の物語。

他に、冒頭に言葉を紹介したマイクロソフトの
ポール・アレンさんと、ヴァージングループの
リチャード・ブランソンさんが登場します。

4人の億万長者が繰り広げる、宇宙開発競争の
過程を描いたノンフィクション。

入念に取材をして本書を執筆したのは、
ワシントンポスト紙の記者で宇宙・防衛産業を
担当するクリスチャン・ダベンポートさんです。

宇宙開発のエピソードが十分詰まっていて、
新時代の幕開けの興奮が感じられる力作です。

この本から何を活かすか?

  「ベゾスは5歳のとき、アームストロングが
  月面を歩くのを見た。マスクはそのとき、
  まだ生まれていなかった。しかしふたりは
  並外れた資産と野心によって、冷戦時代の
  宇宙競争を再演していた。かつての米ソの
  役割を演じるこのふたりの宇宙の覇者には、
  数十年前のアポロ計画の後継者たらんとする
  意気込みがあった。ふたりを競争に駆り立てて
  いるのは、戦争や政治ではなく、金とエゴと
  冒険心、それに人類の宇宙進出の先陣をなす
  という千載一遇のチャンスだった。」

確かに、いまのところ先行しているのは
マスクさんです。

しかし、アマゾンの支配力を持ってすれば、
ベゾスさんが宇宙開発の歴史に、
名を残す可能性は十分にあるように思えます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 05:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あらゆる悩み・不満・ストレスが消える! 最強の人生相談


あらゆる悩み・不満・ストレスが消える! 最強の人生相談〈家族・結婚・夫婦編〉―ビジネスの成功にも共通する 人間関係、深すぎる40の教訓

満足度★★★
付箋数:23

  「本書は、 “東洋経済オンライン” の
   “ミセス・パンプキンの人生相談室” へ
  6年間にわたって寄せられた600件あまりの
  人生相談をもとに、家庭関係・人間関係の
  さまざまな悩みやコンプレックスを
  幅広く取り上げ、その解決策や考え方を
  学ぶ一冊です。」

東洋オンラインと言えば、ビジネス系サイト
では圧倒的なアクセス数を誇ります。

そこで2013年から「人生相談」の連載を
続けるのが、ミセス・パンプキンさんです。

ところで、「パンプキンさんて誰?」
と思う方も多いでしょう。

  「初めまして。大層なコラムを担当する
  ことに、なりました。
  まず “グローバルエリート” という言葉を
  息子が名乗るのは、息子特有の冗談とはいえ、
  大変恥ずかしく思っています。」

パンプキンさんが最初に連載を始めたときに、
このように語っています。

グローバルエリートを名乗る息子さんとは、
最強の働き方』や『最強の健康法』などの
ベストセラーの著者、ムーギー・キムさんです。

パンプキンさんは、キムさんのお母さんで、
4人のお子さんを、国際弁護士、国際金融マン、
海外著名大学教員、公認会計士に育てた
そうです。

パンプキンさんも、自身の子育て論を
執筆した『一流の育て方』が20万部を
超えるベストセラーになっています。

本書は、最強の母親であるパンプキンさんに
寄せられた、多くの人生相談の中から、
「家族・結婚・夫婦」に関する40ケースを
厳選してまとめた本です。

本書の対象読者は次のように書かれています。

  「未婚者と既婚者、そして離婚者を対象とした、
   “人間関係を改善する教科書” 」

結局、家庭問題を中心に扱っているものの
独身者を含めた、すべての人を読者として
想定しているようです。

 <相談ケース1>
  妻との会話が死ぬほどつまらない!

  ドラマやワイドショー、人の悪口しか
  話さない妻の話をやめさせたい

 <パンプキンさんからのアドバイス>
  嫌なことは、はじめから「嫌」と言うべし。
  家庭内で演技はしてはならない。

 <このケースに学ぶ3つのポイント>
  ・「時間泥棒」は、家族さえガマンしたら
   いいという問題ではない。
  ・妻は夫次第、夫は妻次第。
   伴侶が怠けているときほど、
   自分は建設的に。
  ・夫婦間で演技をしてはならない。

 <人間関係 最高の教訓>
  相手に対して不快に思うことは、
  伝えるのが誠意。
  率直に伝える前に軽蔑することは、
  時期尚早である。

お悩み相談もパンプキンさの回答も
この記事では、一部のまとめの部分しか
紹介していません。

しかし、実際は1つの質問に対して、
5ページ以上かけて丁寧に回答しています。

相談者の悩みを見ると、「ある、ある」と
共感できるものも多く、それに対して、
明快にパンプキンさんが答えています。

周りが見えていない人には、
視点を変えるきっかけを作ります。

また、自分で答えがわかっていても、
一歩が踏み出せに人には、
その背中を後押してくれます。

ときに優しく、ときに厳しく。

誠実に真剣に悩みに向きあって
回答している、人生相談だと感じました。

大なり小なり、悩みがある方には、
いい助けになる本だと思います。

この本から何を活かすか?

世相を反映して「不倫」に関する相談も
パンプキンさんには、多く寄せられています。

  「まずお断りしておきますが、
  私は不倫や浮気をとても卑しい行為だと
  思っています。心変わりを責めるのではなく、
  どうしても配偶者以外の人と一緒に
  なりたければ、婚姻関係を完全に解消
  してからにすべきだと考えるからです。
  最も近しい人との信頼関係を裏切ると
  いう意味で、よほどの例外的な状況でも
  ないかぎり、不倫行為はその人の
   “根本的な無責任さの象徴” なのです。」

反論の余地のない、至極真当な考え方ですね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 人生論・生き方・人物・哲学 | 05:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT