活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


≫ EDIT

海駅図鑑 海の見える無人駅

満足度:★★★
付箋数:21

著者の清水浩史さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

清水さんの本は、毎回、旅の虫を刺激します。

最初は、2012年6月に刊行された
海に癒される。 』でした。

次は、2015年7月に刊行されて話題になった
秘島図鑑』です。

そして、今回が海が見える無人駅をテーマ
にした『海駅図鑑』です。

どの本も「海」絡みであるのは、
学生時代に、早大水中クラブに所属していた、
清水さんらしいところでしょうか。

  「海の見える無人駅は、どこか島に似ている。
  海に面して駅舎やホームがポツンと佇む姿は、
  まるで大海原に浮かぶ孤島のよう。
  海と駅の他には何もない。
  そんな無人駅を訪れると、時間が止まって
  いるかのように感じる。
  島と同じく、ゆるやかな時間が流れている。
  海の見える無人駅―。
  いったい、そこにはどんな景色と暮らしが
  あるのだろう。」

清水さんは、2015年から2016年にかけて、
全国の海駅をめぐる旅を重ねました。

本書は、海駅を紹介するガイドというより、
海と駅を中心とした「旅行記」です。

海駅に行くことが旅のゴールではなく、
そこは旅の出発点でもあります。

  「海駅を旅の目的地とすれば、
  そこが旅の “終着駅” になる。
  しかし本書では、目の前の海から
  見えてくるもの、駅の周辺から
  見えてくるものにも、旅を広げていきたい。
  駅がある。海がある。
  でもそこから目を凝らせば、
  もっと多くのものが見えてくる。
  何もない(ように思える)場所が、
  多くのことを語りかけてくる。
  いうなれば、海駅は “終着点” であり、
  新たな旅の “始発点” にもなる。
  そんな “はじまりの海駅” へと、旅立とう。」

本書では、海駅を次のように定義します。

  ・駅のホームから海が見える
  ・ホームからの眺めが優れている
  ・レトロな雰囲気がある
  ・駅員がない
  ・ひっそりとした趣がある
  ・駅周辺に知られざる場所や物語がある

海駅とは、海の眺めが良くて旅情をそそる
無人駅です。

本書では、日本全国9000の駅の中から、
選りすぐりの海駅30箇所をカラー写真付きで
紹介しています。

清水さんが2年間かけて全国の海駅を巡り、
気づいたのは、海岸線を走る路線は
数あれど、ホームから海がバッチリ見える
駅は意外と少ないということでした。

それだけ、海駅は貴重な存在なのです。

そして、何と言っても海駅がいいのは、
思い立ったら気軽に行けることです。

「秘島」もすごく魅力的でしたが、
きちんと計画を立てないと行けない、
ハードルの高さがありました。

しかし、陸続きの海駅は、
急に予定のなくなった休みの日にでも、
ふらっと行くことができます。

しかも、他の人と予定を合わせていくよりも、
1人で行った方が、海駅の持つ魅力や風情を
より感じることができるように思えます。

清水さんから、本書を読んで海駅を
訪れる読者に1点だけ注意があります。

  「ただ一点だけ拘りたいのは、
  やはり海駅は鉄道を使って訪れたい、
  ということ。
  今回の旅は、すべて鉄道を使って、
  ひとりで海駅を訪ねた。」

この本から何を活かすか?

私の住む北海道で紹介されていた海駅は
次の4駅です。

  ・釧網本線 北浜駅(網走市)
  ・室蘭本線 北舟岡駅(伊達市)
  ・室蘭本線 大岸駅(虻田郡豊浦町)
  ・函館本線 石倉駅(茅部郡森町)

北海道の海駅は、夏に訪れるよりも、
雪景色の見られる冬に訪れる方が、
深い趣があってイイかもしれません。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 旅行・アウトドア | 05:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

生命科学の静かなる革命

満足度:★★★
付箋数:22

  「生命科学とは本来、医学の下僕ではなく、
  新しい産業にシーズを与えるべく推進される
  ものでもない。社会利益に直結する研究は
  科学の意義を問ううえで重要な一側面では
  あるものの、本質ではないのだ。
  生命科学の本質は、生命とはいかなるものか、
  生命とはいかにして生命たりえているのか、
  そのHOWを解き明かす営みにあるはずだ。」

最近の生命科学の研究者たちは、
目先の実益や目に見える結果を
重視し過ぎる傾向にある。

研究者は失われた矜持を取り戻して、
純粋な探求者として、原点に返って欲しい。

本書は、福岡伸一さんのそんな危機意識に
よって書かれた本です。

福岡さんは京都大学で博士課程終了後、
1988年7月から米国ニューヨーク市にある
ロックフェラー大学の分子細胞生物学研究室
にポスドクとして籍を置きました。

ロックフェラー大学は、生命科学分野の
スター研究者が名を連ねる大学院大学です。

これまで在籍したノーベル賞受賞者は
25人います。

その数こそ、ハーバード大学やコロンビア大学
には及ばないものの、生物学・医学分野へは
計り知れないほどの貢献をしています。

AOB式血液型を発見して1930年に
ノーベル生理学・医学賞を受賞した
カール・ラントシュタイナーさん。

ウィルスの正体が核タンパク質であることを
証明し、1946年にノーベル化学賞を受賞した
ジョン・ノースロップさん。

ロックフェラー大学は、このような現代医学の
基礎となる大発見をした研究者も所属した
生命科学の殿堂とも言える研究施設です。

本書では、その偉大な先人たちの偉業を
振り返りながら、生命科学における研究者
としてのあり方を考え直します。

同大学には現在でも5人のノーベル賞
受賞者が現役で所属しています。

本書では、そのノーベル賞受賞者3名を含む、
5名の研究者との対談も収録。

  第1章 生命科学は何を解明してきたのか?
  第2章 ロックフェラー大学の科学者に訊く
  第3章 ささやかな継承者として

ロックフェラーの偉大な先人の中でも、
福岡さんがとりわけ熱く語るのが、
最初の分子生物学者、免疫化学の創始者
とも言われるオズワルド・エイブリーさんです。

エイブリーさんのDNAが遺伝子の実体である
という発見は、ジェームズ・ワトソンさんと
フランシス・クリックさんのDNAの二重らせん
構造の発見へとつながります。

  「ロックフェラー大学に古くから
  所属している研究者に
  エイブリーのことを語らせると、
  そこには不思議な熱がこもる。
  誰もがエイブリーにノーベル賞が
  与えられなかったことを科学史上最も
  不当だと語り、ワトソンとクリックは
  エイブリーの肩に乗った不遜な子どもたち
  にすぎないという意見も少なくない。
  皆がエイブリーを自分に引き寄せて、
  自分だけのヒーローにしたがる。」

福岡さんにとっても、エイブリーさんは、
時代は違えど同じ場所で研究したことを
誇りに思うほどのヒーローなのです。

本書を読むと、理系・文系を問わず、
生命科学が非常にキラキラとしたものに
感じられることでしょう。

本書には、ベストセラーになった
生物と無生物のあいだ』を執筆した後に
判明した新発見についても語られていますが、
同書の続編という位置づけではありません。

この本から何を活かすか?

福岡さんが5名の研究者との対談を通じて
知りたかったことが2つあります。

1つは、「生命とは何か」という問いの答え。

もう1つは、論文や教科書には書かれていない
研究者たちの原体験やパーソナリティーに
関すること。

この2点を意識して、本書の対談を読むと、
福岡さんと同じ気持ちで、5名の研究者の
話を聞くことができそうです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 06:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自分を劇的に成長させる! PDCAノート

満足度:★★★
付箋数:20

  「PDCAが重要だというのは、誰もがわかって
  いることでしょう。しかし、ここで問題が
  あります。それは、多くの人がPDCAを
  知っているにもかかわらず、PDCAを回せて
  いないことです。PDCAを回さないのではなく、
  回せないのです。
   “PDCAは重要だ”  “PDCAを回そう” と思って
  いても、ほとんど9割の人が回せていないと
  感じています。」

PDCAとは、Plan(計画)→Do(実行)
→Check(評価)→Action(改善)という
サイクルを回すビジネスのフレームワーク。

もともとは製造業で品質管理や生産性向上を
目的にエドワード・デミングさんらによって
考案されたものです。

現在では、製造業に限らず、ビジネスの
あらゆるシーンで「PDCAを回せ」と
言われるようになりました。

実際にこのサイクルをしっかり回すことが
できれば、あらゆる問題を解決・改善する
ことができる強力なツールです。

しかし、本書の著者、岡村拓朗さんは、
ほとんどのビジネスパーソンは、
PDCAが回せていないと指摘します。

なぜ、ほとんどの人はPDCAを回せないのか?

その理由は単純で、「PDCAの回し方」を
知らないからです。

確かに、社会人になってPDCA自体は
教えられていても、その回し方は
あまり教えられていないように思えます。

岡村さんは、PDCAを回すためには、
次の3つの「ルール」が必要と言います。

  ルール1 見える化
   PDCAは視覚化できれば回る

  ルール2 仕組み化
   PDCAは仕組みで回る

  ルール3 習慣化
   PDCAを回すことを習慣化する

この3つのルールを押さえているのが、
本書で紹介される「PDCAノート術」です。

毎日5分、PDCAノートを書くだけで、
自分自身のPDCAも、仕事のプロジェクトの
PDCAも、夢を実現するためのPDCAも、
回せるようになるようです。

用意するものは、A4サイズ以上のノートと
ペンだけです。

ノートは方眼ノートがオススメ。

PDCAノートのフレームは次のように書きます。

 1. ノートを横向きに置く
 2. 上から3~5cmのところに水平線を引く
 3. 水平線の下部分を垂直直線で4分割する
 4. 水平線の上に日付とタイトルをつける
  目標やテーマでもOK
 5. 4分割した枠の上部に「P」「D」「C」「A」
  を書き入れる
 6. 左端のPのフレームに時間軸を縦に記入

このフレームを作ったら、手帳からP欄に
予定を書き入れます。

手帳に書かれていなくても、思いついた
行動があれば、追加で記入します。

次に、その日に実行したことや実績が出たら
D欄に記入します。

そして、C欄には事実を踏まえて、
自分視点で気づきを書きます。

最後に、気づきから、次に計画するための
「よりよくする行動」を書き出します。

PDCAノートには、デイリー用、目標達成用、
プロジェクト用などの、いくつかの種類が
ありますが、基本的な書き方は同じです。

ポイントとなるのは、このPDCAノートを
書くことを習慣化できるかどうかでしょう。

  「PDCAノートが書けなくなる人は、
  計画通りに事が進まなかったことを “失敗” 
  と捉えているのです。逆に、PDCAノートを
  書き続けられる人は、計画通りに
  進まなかったことを “気づきと改善が
  生まれるチャンス” として捉えています。
  PDCAを回している限り、本来的な意味での
  失敗ではなく、すべて成長するための
   “チャンス” なのです。」

この本から何を活かすか?

  PDCAの前に「G」をつけよ

PDCAを回していくためには、何よりも先に、
「ゴール」の設定が必要です。

何のためにPDCAを回すのかという、
具体的なゴールが明確になっていなければ、
方向性を見失ってしまうからです。

本書では、このゴールをつけたフレームを
「G-PDCA」と表現しています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 目標達成本 | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

座右の書『貞観政要』 中国古典に学ぶ「世界最高のリーダー論」

満足度:★★★★
付箋数:25

ライフネット生命会長の出口治明さんは、
価値観の押しつけることが大嫌いなため、
基本的に「この本を読みなさい」と
人に勧めることはありません。

しかし、同社社長の岩瀬大輔さんには、
唯一「これを読め」と勧めた本があります。

それが本書で紹介される『貞観政要』。

『貞観政要』は、唐の時代に編纂された
第2代皇帝、太宗・李世民さんの言行録です。

ちなみに、太宗とは、創業者に次ぐ功績が
あった皇帝に与えられる廟号。

貞観とは、当時の年号のことで、中国史上、
もっとも国内が治まった時代のひとつと
言われます。

政要とは、読んで字のごとく、政治の要諦
という意味です。

『貞観政要』は、太宗と臣下の政治上の
議論や問答が、全10巻40編の中に
まとめられたもの。

  「『貞観政要』に書かれた治世(マネジメント)
  の方法論は、普遍的です。わが国でも、
  鎌倉時代には北条政子が、江戸時代には
  徳川家康が、そして明治時代には明治天皇が
  愛読したといわれていることからもわかる
  ように、『貞観政要』の中には、時代を
  超えても変わらいリーダーシップのすべてが
  語られているのです。
  本書では『貞観政要』全10巻40編の中から、
  マネジメントの原理原則が語られている
  部分を厳選、抜粋しました。」

李世民さんは、西暦627年に父の譲位を受けて、
唐の第2代皇帝として即位します。

唐の創業は父である高祖・李淵さんでしたが、
挙兵を勧めたのも、軍隊を率いて隋を滅ぼし、
中国全土を統一したのも李世民さんでした。

そこから唐は約300年にわたり中国を支配し、
中央アジアの草原地帯をも支配する
大帝国になりました。

唐は、日本にも政治・文化面で、
多大な影響を与えました。

日本から最初に遣唐使が送られたのも、
李世民さんの時代です。

李世民さんの治世は、「貞観の治」と呼ばれ、
君主政治の理想「盛世」と称えられます。

盛世と呼ばれる時代は、長い中国の歴史の
中でも、わずか4回しかないそうです。

李世民さんは、中国史上有数の名君の名君
として、今も語り継がれているのです。

  「『貞観政要』は、ビジネスにおける最良の
  ケーススタディです。この本を読めば、
  人間と人間がつくる社会はどのようなものか、
  皇帝(リーダー)と臣下(部下、フォロアー)
  の関係はどうあるべきか、理想のリーダーに
  なるためには何をなすべきかを予行演習
  することができます。」

出口さんが、『貞観政要』を読み解いて、
組織のマネジメントを考える上で、大切な
ポイントとして挙げたのが次の5つです。

  1. 組織はリーダーの器以上のことは
   何一つできない。

  2. リーダーは、自分にとって都合の悪い
   ことを言ってくれる部下をそばに置くべき。

  3. 部下は、茶坊主になってはいけない。
   上司におもねってはならない。

  4. リーダーが舟で、部下が水。
   舟は水次第で、安定もすれば転覆もする。

  5. リーダーは常に勉強し続けなければいけない。

並外れた読書家でもある出口さんが、
帝王学の教科書・リーダー論の集大成として、
座右の書としている『貞観政要』。

本来は原典である『貞観政要 新釈漢文大系』を
読むべきなのかもしれません。

しかし、それはかなりハードルが高いので、
現代のビジネスシーンに照らし合わせて
わかりやすく解説された本書で学ぶことが
オススメです。

この本から何を活かすか?

  リーダーが持つべき「3つの鏡」

『貞観政要』の中には、正しい意思決定を
するために、次の「三鏡」を持つべき
という教えがあります。

三鏡とは、銅・歴史・人の3つの鏡です。

  銅の鏡で、自分を映し、部下が自然に
  ついてくる「いい表情」をしているかを
  チェックする。

  歴史の鏡で、過去に照らして将来に備える。

  人の鏡で、厳しい直言や諫言をしてくれる
  部下を大切にする。

出口さんのマネジメントでも、常に、
この「三鏡」が意識されているようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| リーダーシップ | 06:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

頭のよさはノートで決まる 超速脳内整理術

満足度:★★★
付箋数:23

齋藤孝さんが東大法学部の学生だったころ、
同級生からノートを借りる機会が多かった
ようです。

「東大生のノートは美しい」と言われますが、
デキる同級生のノートには、美しいだけでなく、
ある共通した特徴があったそうです。

それは、ノートが「構造化」されていること。

本書で齋藤さんが説明するのは、
備忘録のためのノート術ではなく、
思考するためのノート術です。

  「大人こそ、ノートをとるべきだ。
  私は声を大にして、そう主張したい。
  (中略)ノートをとる技術は、
  ビジネスパーソンになっても活かせる。
  いや、ビジネスパーソンになってからこそ、
  本当のパワーを発揮する。(中略)
  ノートは単に情報をメモするための
  ものではない。
  頭をよくし、心を強くするためのものだ。
  利益を生み出す仕事をするのにも、
  生産性を高めるのにも役に立つ。」

齋藤さんは、ノート術には3つのレベルが
あると言います。

第1段階は、「中高生レベル」で、
先生が板書したことをそのまま写すだけの
ノートです。

第2段階は、「東大生レベル」で、
板書+ポイントをしぼった先生の言葉を
メモしているノートで、ひと目で内容が
わかるように構造化されているのが特徴です。

第3段階は、ワザ化された「上級者レベル」で、
本書が目指すのはこのレベルです。

この段階は、受け身でノートをとるのではなく、
主体的かつ攻撃的にノートを書きます。

ポイントが3つにまとめられ、
客観情報と主観情報が図などによって
整理されていています。

思考が整理され、アイディアが生まれる
だけでなく、心もスッキリするノート術です。

  「大人になってからノートをとらなくなった、
  という人は、まずはノートをよる習慣を
  身につけてほしい。
  それだけでも、知的生産性が格段に上がる。
  さらに “ノートをとる技術” を磨いていけば、
   “これほど便利なツールはない” 
   “ノートなしではいられない” と
  実感するだろう。」

本書で紹介される「齋藤式ノート術」の
10のメソッドは次の通りです。

  1. いつもノートをカバンに入れておく
  2. 自分にフィットするノートを見つける
  3. ノートに名前をつける
  4. ページにタイトルをつける
  5. 三色ボールペンを使う
  6. 図を描く
  7. ポイントを3つにまとめる
  8. 日付を入れる
  9. ノートは1冊にする
  10. 本をノート化する

メソッド3に「ノートに名前をつける」
というのがあるので、複数のノートを使う
ように思われますが、使うノートの数は
メソッド9にあるように「1冊」のみです。

「段取りノート」とか「ワザを盗むノート」
のように名前をつけるのは、「課題」を
意識するため。

もちろん、ノートの名前から逸脱している
ことでも、どんどん書いて問題ありません。

私が見ている限りでは、すぐに結論が
出せない人や、考えが浅い人は、
紙やノートに書いて考える習慣が
ないように思えます。

本書は、そういった習慣がない人には
参考になる本だと思います。

ちなみに本書は、2010年4月に刊行された
『大事なことは3つにまとめなさい!』を
改題して、再刊行したものです。

すでに旧版を読んでいる方は、
中身は変わっていないのでご注意ください。

この本から何を活かすか?

メソッド10の「本をノート化する」方法

三色ボールペンを使って、重要なところは赤、
まぁ重要なところは青、面白いと思うところは
緑で線を引きます。

特にひっかかる部分には、矢印を引っ張って、
余白部分に自分のコメントを書き込みます。

この本に直接書き込む方法は、時間は節約
されるものの、読んだ本を保管しておく
「スペースが必要」というデメリットも
あります。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ノウハウ本 | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT