活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


≫ EDIT

LVMHグループ時計部門プレジデント ジャン-クロード・ビバーの経営学 間違える勇気。

満足度★★★
付箋数:20

ディエゴ・マラドーナさん、明石家さんまさん、
フロイド・メイウェザーさん、田中将弘さん、
クリスティアーノ・ロナウドさん、香川真司さん、
ウサイン・ボルトさん、吉田沙保里さん、
コービー・ブライアントさん・・・

これらの著名人の共通点が何かわかりますか?

実は、ある時計ブランドの愛用者です。

そのブランドとは、「HUBLOT」。
読み方は「ウブロ」です。

ウブロは、1980年に創業したLVMHグループに
属する、スイスの高級時計メーカーです。

それほ長い歴史のブランドではありませんが、
多くの著名人が求める高級時計の地位を
確立しています。

少し気にしてテレビを見てみると、この人も
ウブロ、あの人もウブロというぐらい、
かなり多くの出演者や有名人の腕に巻かれて
いることに気がつくはずです。

成功者はなぜウブロの時計に惹かれるのか。
という篠田哲生さんの本が以前ありましたが、
本当に多くの著名人に愛好されています。

今でこそ至高の時計ブランドになったウブロも、
実は2000年代前半までは、クォーツ時計しか
販売しておらず、経営難に陥っていました。

そのウブロのCEOに2004年に就任し、
短い期間で立て直しを図ったのが、
最古の時計メーカー「ブランパン」も再建した
ジャン-クロード・ビバーさんでした。

ビバーさんがCEOに就いてから、ウブロは、
初めて機械式腕時計の「ビッグ・バン」シリーズ
を発売します。

以来、ビバーさんはわずか10年足らずで、
ウブロを押しも押されぬ高級時計ブランドへ
成長させます。

  「当時、ウブロのCEOで、現在はLVMHグループ
  の時計部門(ウブロ、タグ・ホイヤー、ゼニス)
  のプレジデントを務めるジャン-クロード・ビバー
  に、私が初めて出会ったのは、彼がワイン
  ビジネスクラブに招待され、腕時計における
  ゴールドとラバーの組み合わせについて
  話していたときだった。(中略)

  経営者である彼が代表を務めていた会社の
  売上高や利益率を見る限り、その経営哲学には
  高い競争力があるようだ。1983年にブランパン
  を復興させ、1993年からオメガを再編し、
  2004年にウブロを軌道に乗せた高級時計界の
  立役者である。また、タグ・ホイヤーの
  スマートウォッチ “コネクテッド” を開発し、
  責任者を務めるLVMHグループの売り上を
  劇的に上昇させた実績ももつ。」

本書は、講演家で経営コンサルタントの
ジェラール・ルラルジュさんが、ビバーさんに
行ったインタビューをまとめたもの。

ビバーさんは、どのように各時計ブランドの
改革を行ってきたのか?

本書では、ビバーさんの持つビジョンを
明らかにし、その経営手腕の秘密に迫ります。

まずは、仕事に関する情熱について。

  「情熱は生まれながらに備わっているとは
  限らない。自分で探さなければいけない
  からだ。そして情熱を見つけた時、
  あなたの仕事はただの生計を立てる手段
  ではなく、情熱になるのだ。
  そこにあなたは自分の道を見いだし、
  その痕跡を残すことができるだろう。」

ビバーさんは、特に若い人にこのように
伝えることが多いようです。

そして、本書のタイトルにもなっている
間違えることについて。

  「多くの起業家はビジョンを持っているが、
  間違えることを恐れて、それらを実施するのを
  遅らせるか、実行する勇気が持てない。
  しかし、私たちはこれまで失われたものなど
  何もないと知る必要がある。間違えることは
  まったく決定的なものではないのだ。
  ビジネスライフは成功と失敗でできているので、
  失敗した時に再起を図ることが重要だ。」

本書は、時計好きの人には、たまらない本です。

ただし、ビバーさんが語っているのは、
経営者や起業家としての本質なので、
時計に興味がない方でも参考になると思います。

この本から何を活かすか?

本書では最後にビバーさんの「人生のルール」
をまとめています。

  1. 分かち合うこと、尊重すること、許すこと
  2. 間違える勇気を持ち、失敗を受け入れること
  3. しっかりした個人的関係を築くこと
  4. 常に、もっと、学ぶこと
  5. 自分のDNAを決して放棄しないこと

他にも「マネジメント」と「マーケティング」
のルールがそれぞれ5つずつあります。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経営・戦略 | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブレインフィットネスバイブル 脳が冴え続ける最強メソッド

満足度★★★
付箋数:21

あなたは、自分の脳を意識的に休めるなどの、
「脳のケア」をしていますか?

今の世の中で働いていると、多かれ少なかれ、
いろいろな事を同時に行う「マルチタスク」
が求められます。

マルチタスクが習慣になると、
集中力が低下し、深く考えて物事に取り組む
ことがどんどん苦手になっていきます。

大量の情報を浅く読み飛ばしているうちに、
いつのまにかしっかり考えることが
できなくなってしまうのです。

しかし、定型化できる仕事がAIに移っていくと、
浅い思考しかできない人間は不要になります。

こらからのビジネスでは、脳をケアする人
だけが生き残っていけるのです。

  「 “ブレインフィットネス” とは、脳の健康な
  状態を維持するために行う総合的な取り組みの
  ことです。フィットネスという言葉は、
  一般的には、体を健康な状態にするために行う
  運動のことを指しますが、そこに脳(ブレイン)
  という言葉を加え、脳の健康な状態を維持する
  ために行う様々な取り組みやアプローチの
  ことをこのように呼んでいます。」

本書は、脳を総合的にケアして健康を保つ
ブレインフィットネスについて解説した本です。

株式会社イノベイジは、若いビジネスパーソン
から中高年の方を対象に、脳疲労やストレスを
解消し、認知機能を長期的に維持していく
ことを目的とした脳トレーニングジム
「ブレインフィットネス」を運営しています。

本書は、ブレインフィットネスの科学的根拠
とノウハウを書籍化したもの。

著者はブレインフィットネスのプロデューサー
髙山雅行さんと、脳科学者の杉浦理砂さんです。

杉浦さんは、株式会社イノベイジで
ニューロサイエンスラボのディレクターも
務めています。

ブレインフィットネスを実践すると、
脳が不健康な状態から脱し、次のような効果が
得られると説明されています。

  ・記憶力や思考力が高まる
  ・アイディアが湧きやすくなる
  ・前向きな気持になれる
  ・意欲に満ちた日々を送れるようになる
  ・感情のコントロールをしやすくなる
  ・集中力が高まる

では、具体的にブレインフィットネスは
どのように行うのか?

ブレインフィットネスの行う脳への取り組みは、
「総合的」であることがポイント。

ひとつのことだけを集中的に行うのではなく、
多方面からアプローチして、総合的に脳の
健康を維持します。

その総合的アプローチを「習慣」として
続けることを目指します。

本書では、7つのカテゴリーに分けて、
ブレインフィットネスの方法を解説します。

 運動・知的刺激・食事・睡眠・ストレスケア・
 その他の生活習慣・社会交流

それではこの中から、脳の健康を維持する
ための代表的な「運動」を紹介しましょう。

 1. 下半身を中心とする筋トレ

  十分な血液を脳に届けるために、ポンプとして
  押し出す役割の下半身の筋肉を鍛えます。

 2. 有酸素運動で海馬の体積を増やす

  有酸素運動を継続的に続けると、記憶を司る
  海馬の体積が増えたという研究結果があります。

 3. 1日8000歩のウォーキングと20分の
 中強度の負荷の運動(早歩きなど)をする
 
  心拍数が最大心拍数の50%~70%程度の
  息切れする程ではないが、少し激しいと感じる
  運動が体にも脳にも良い影響をもたらします。

ここだけ切り取ると、実践することは
それほど難しくないように思えますが、
総合的にアプローチすることが、
個人では難しいように感じました。

この本から何を活かすか?

「パワーナップ(短い仮眠)」は科学的に
有効性が認められています。

ただし、ただの昼寝とは違うため、
間違ったやり方で行うと、逆効果になる
こともあるようです。

注意事項は以下のとおりです。

  ・正午から15時までの間にとる
  ・眠る時間は30分以下
  ・カフェインを摂ってから眠る
  ・自分にあった落ち着ける場所を見つける

カフェインは、起きたタイミングで
丁度、覚醒するように摂るようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| | 06:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

宇宙ビジネスの衝撃――21世紀の黄金をめぐる新時代のゴールドラッシュ

満足度★★★
付箋数:23

今、最も過熱しているビジネス市場はどこか?

グーグル、アマゾン、フェイスブック、
マイクロソフト、アップル

いわゆる「BIG5」が、こぞって狙っている
市場が、インターネット以外にあります。

それは、「宇宙ビジネス」。

IT企業の巨人以外でも、シリコンバレーの企業や
ベンチャーキャピタルも、宇宙ビジネスに
熱い視線を送っています。

実際に2005年に17兆円だった宇宙ビジネス、
「スペース・エコノミー」の市場規模は、
ここ10数年で倍増しています。

民間の宇宙への商業的な投資が大きく伸び、
2016年には33兆円に達しました。

この過熱ぶりは、21世紀の「ゴールドラッシュ」
とも呼ばれています。

なぜ、宇宙ビジネスがゴールドラッシュ化
しているのでしょうか?

  「IT関連の技術や資金が流れているのは、
  宇宙をインターネットの延長として見ている
  からです。宇宙にネットワークを張り巡らせる
  ことで “地球のビッグデータ” が手に入る。
  これが、さまざまなビジネスを生み出すと
  期待されているのです。」

今、宇宙で何が起きているのか?
これから何が起きるのか?

「宇宙旅行」や「火星移住計画」は、
もはやSFではありません。

本書では、ここ10年で一気に加速した
宇宙ビジネスの最前線を詳細にレポートします。

著者は、宇宙ビジネスコンサルタントの
大貫美鈴さん。

大貫さんは、大学卒業後、清水建設に入社し、
新設された「宇宙開発室」に配属されてから、
宇宙ビジネスに関わるようになりました。

2002年には清水建設を退職して渡米し、
宇宙ビジネスが勃興していく姿を
目の当たりにしました。

帰国後はJAXAに入社し、宇宙のことを
世の中に広める広報活動を行っていましたが、
現在は宇宙ビジネスコンサルタントとして独立。

海外と日本の宇宙ビジネスのブリッジ役として
活躍しています。

民間による宇宙ビジネスと言えば、まず最初に
名前が挙がるのが、イーロン・マスクさんです。

大風呂敷を広げている印象もありますが、
実際に、ロケット開発と打ち上げを成功させ、
既にビジネスとして動かしています。

また、マスクさんの掲げる「火星移住」は
構想ではなく、「計画」です。

液体酸素とメタンを燃料とする超大型ロケット
「BFR」で、800人以上を月や火星に大量輸送
する計画を発表しています。

もう1人、宇宙ビジネスのキーマンとなるのが、
アマゾン・ドット・コムの創業者である、
ジェフ・ベゾスさんです。

ベゾスさんは、「100万人が宇宙に住んで働く」
というビジョンをかかげています。

ベゾスさんの会社、ブルーオリジン社へは、
日本の宇宙関連予算の3分の1に当たる
1000億円が毎年投入されることになっています。

この予算で、垂直離着陸型のサブオービタル機
によって、有人宇宙飛行を目指しています。

また、月面基地建設のための輸送機となる
「ブルームーン」の開発も発表されています。

ただし、この辺りの話は本書でなくても、
一般のニュースで報道されていることです。

本書では、宇宙ビジネスの最先端を行く
人や企業の狙いをレポートし、その実現性と、
私たちの生活への影響についても解説します。

非常にわかりやすい本なので、これまで宇宙に
興味がなかった方でも十分にわかる内容です。

 第1章 なぜ、IT企業の巨人は宇宙を目指すのか?
 第2章 宇宙ビジネスは、私たちの生活を
    どう変えるのか?
 第3章 シリコンバレーが狙う新時代の金脈
 第4章 宇宙旅行はいつ実現するのか?
 第5章 月と火星に人類は本当に住めるのか?
 第6章 宇宙という「未来産業」の幕開け

この本から何を活かすか?

2017年10月、JAXAは月の地下に長さ50kmの
巨大な空洞があることを発表しました。

これは月探査機「かぐや」に搭載されていた
電波レーダー等で取得したデータを解析して
判明したものです。

この巨大地下空洞は、月の起源と進化の
謎を解く鍵になる、世紀の大発見です。

また、NASAも巨大空洞を住居空間として
活用できると考え、今後、探査ロボットで、
詳しく調べることを表明しています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

声のサイエンス―あの人の声は、なぜ心を揺さぶるのか

満足度★★★
付箋数:23

あなたは、自分の声が好きですか?

本書の著者、音楽・音声ジャーナリストの
山﨑広子さんが独自に行った調査では、
約80%の人が「自分の声が嫌い」
と回答したそうです。

更に、自分の声を録音して聞いたことがある人
に絞って再調査したところ90%超の人が、
「自分の声が嫌い」と答えたそうです。

「私の声は、こんなにキンキンしていない」
「こんなに鼻にかかった声じゃない」

たいていの人はこう思います。

しかし、その声で人と話しているのです。

私たちが生涯もっともたくさん聞く音は、
「自分自身の声」です。

そうであれば、もっと自分の声を好きに
なった方がいいのでしょう。

声には、「その人のすべて」が出てしまうと、
山﨑さんは言います。

具体的には、身長、体格、顔の骨格、
性格、生育歴、体調から心理状態まで。

その人の、ほぼすべてが声に情報として
現れてしまうのです。

体格や骨格などの生まれつきの先天的な
声の素質が2割、残り8割は育成環境や
性格とそのときの心理状態で決まります。

  「自分の声を知ることは、なかなか
  わからない自分というものを真剣に
  見つめるきっかけにもなります。
  誰しも自分はこうしたい、これが好きだ、
  あれは嫌いだ、ということはわかっていても、
  それは感情の動きでしかありません。
  そのような感情を宿す主体としての
  自分をわかっている、と言える人は
  どれだけいるでしょうか。(中略)
  声と向き合うことは、自分の過去と向き合い、
  現在の自分と向き合うことです。
  それは間違いなく、将来の自分をも
  くっきりと描き出すことになるでしょう。」

世の中には、「話し方」や「歌い方」に
関する本は多く出版されています。

しかし、「声とは何か」に焦点を絞り、
声そのものについて書かれた本は、
それほど多くありません。

山﨑さんは、音が心身に与える影響を主に、
音響心理学、認知心理学をベースに研究し、
調査を行ってきました。

本書は、その山﨑さんの経験に、
世界の最新の研究成果を加えて、
「声の影響力」を明らかにします。

声の影響力は、「他者への影響力」と
「自分自身の影響力」の2つがあります。

私たちが、語られている内容よりも、
声によって動かされてしまうのは、
他者への影響力の最たるもの。

本書では、他者への影響力を宗教家、
政治家、歌手などを例に説明します。

また自分自身への影響力としては、
「本物の自分の声」を見つけて、
定着させる方法を解説します。

自分の声を味方にして、人生をより良く
することにも言及しています。

本書はマイケル・ファラデーさんが
執筆した名著、『ロウソクの科学』への
オマージュでもあり、さまざまな分野から
「声という音」を解き明かす本になっています。

この本から何を活かすか?

山﨑さんの言う「本物の自分の声」とは、
その人の心身の恒常性に適った声のこと。

それは心身を正常で健康的な状態に
安定させる声のことです。

「本物の自分の声」は、自分の声を
録音して聞くことで見つけられます。

自分の声の中でも「この声、嫌じゃない」
と思える部分が「自分の本物の声」です。

その声が出た部分を何度も聞いて、
自分に記憶させることが大切のようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 06:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ピーター・ティール 世界を手にした「反逆の起業家」の野望

満足度★★★
付箋数:24

  「今日のビジネス界でピーター・ティールの
  名を聞いたことがないという人間がいたら、
  そいつはまちがいなく三流だ。
  新興企業の聖地シリコンバレーでは、
  ティールは偉大なテクノロジーのパイオニアで、
  しかも卓越した知性とビジョンを備えた人物
  とみなされている。
  彼は三つの世界的企業に決定的な影響を
  及ぼしている――まず世界最大のオンライン
  決済サービス、ペイパルの共同創業者として。
  次に、いまや20億人を超すユーザーをかかえる
  世界最大のSNS企業、フェイスブックを
  創業から支える、初の外部投資家として。
  そしてCIAやFBIを顧客にもつビックデータ
  解析企業、パランティアの共同創業者として。」

本書は、起業家、投資家、トランプ政権支援者
として大きな影響力を持つピーター・ティール
さんの全貌を明らかにする本です。

ピーター・ティールさん本人の書いた本では、
以前、当ブログでは『ゼロ・トゥ・ワン』を
紹介しました。

本書の著者は、シリコンバレー通として
知られるドイツ人ジャーナリスト、
トーマス・ラッポルトさんです。

第三者が書くと、少し引いて全体像が見え、
また違った一面も見えるので、それはそれで
興味深い内容の本に仕上がっています。

ピーター・ティールさんと言えば、
シリコンバレーに絶大な影響力を持つ
「ペイパル・マフィア」の首領(ドン)
として知られる方です。

ペイパル・マフィアと呼ばれる面々には、
イーロン・マスクさん(テスラ・モーターズ)、
リード・ホフマンさん(リンクトイン)、
ジェレミー・ストッペルマンさん(イェルプ)
などが名を連ねています。

本書で特に私の関心を引いたのは、次の2点です。

1点目は、投資家としてウォーレン・バフェット
さんと比較していること。

ティールさんが投資する企業の資産価値は
4820億ドルにも上り、その額はバフェットさんの
バークシャー・ハサウェイの4100億ドルを
超えています。

純粋な投資家ではないので、バフェットさんとの
優劣はつけがたいですが、本書では2人の共通点を
いくつも見い出しています。

その最たるものは、独占的な企業へ集中投資
していることです。

また、自分が理解できる範囲で、長期的な視点に
立って投資することなども共通点です。

2点目は、トランプ政権に腹心を送り込み、
「影のアメリカ大統領」と呼ばれている点です。

  「2016年秋、ピーター・ティールはまたしても
  逆張りで勝利をおさめた。
  あらゆる政治評論家が、ヒラリー・クリントンの
  優勢をはっきり予想しているのに、ティールは
  ドナルド・トランプに賭けていたのだ。」

ティールさんは、1億3000万円をトランプさんに
寄付するだけでなく、ティールさんと関係の深い
人物を次々と政権に送り込んでいます。

ティール・キャピタルで参謀役を務めていた
マイケル・クラツィオスさんもその一人。

トランプ政権では副最高技術責任者(CTO)に
就任しています。

本書では、ティールさんが教育・ヘルスケア・
行政機関・エネルギーなどの分野に関心があり、
トランプ政権に関与していると分析しています。

これまでシリコンバレーの多くの大物たちが、
トランプさんに反対する立場を取ってきましたが、
トランプ政権に深く入り込み、政治に影響力を
与えるティールさんは、やはり注目に値します。

本書には、『ゼロ・トゥ・ワン 』からの引用も
多くありましたが、ティールさんの起業家とは
違う面も見えて、非常に新鮮でした。

この本から何を活かすか?

本書には、ティールさんが優先的に投資する
「特別な企業」を見極めるために、
次の3つの質問に答えることが重要であると
書かれています。

  1. 何に価値があるのか?
  2. 自分には何ができるか?
  3. 他の誰もしないことは何だろう?

ティールさんは、「ゼロから1を生む」ことが
本当のイノベーションであると考えます。

そのため、真にイノベーティブな企業に
投資するために、3つの質問で見極めていると
解説されています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 06:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT