活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


≫ EDIT

光とは何か

光とは何か (宝島社新書)光とは何か (宝島社新書)
(2014/07/10)
江馬 一弘

商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:19

本書の中から、光の性質に関するクイズを出題しましょう。

  「鏡に映った像は、左右だけが逆になり、
  上下が逆にならないのはなぜでしょうか?」

この問題を聞いて「確かに不思議だよね」と思う方もいれば、
「いやいや、上下が反対になる例もあるでしょ」と
思う方もいるでしょう。

鏡に映った自分が左右逆転して見えるのは、
目が左右横並びでついているからでもありませんし、
人間の目の錯覚だからでもありません。

実は、「左右が逆」と思っている事自体が間違えなのです。

正しくは、鏡が写している像は「手前と奥」が逆。

つまり左右も上下も逆ではなく、前後が逆なのです。

では、なぜ私たちは左右逆に映っていると思っているのでしょうか?

それは、あなたが鏡の世界に行ったときに、
無意識のうちに左右を逆にする操作をしているからです。

鏡に映ったあなたは、こちらを見ています。
それは、前後が逆になっているから。

ここでもし、あなたが、次のように言われたらどうしますか?

  「鏡の向こう側の世界に行って、鏡に映った像と同じように、
  こちらを見てごらん」

鏡の世界には実際に行けないので想像の話ですが、
こう言われると、おそらくあなたは、鏡の後ろに回り込み、
くるんと向き直るはずです。

このくるんと向き直る際にやっているのが、水平方向の回転。
これが上下はそのままで、左右が逆になる操作なのです。

実際の鏡は左右の入れ替えは起きていませんが、
鏡の世界を想像したときに、「くるんと向き直ったときの自分の姿」
と「鏡に映った自分の像」とを比較して、左右が逆に映っていると
思ってしまうのです。

ちなみに、上下が逆に映っているように見える代表例は、
「湖面に映った逆さ富士」です。

これも上下が逆に見える理由は同じで、本当は上下が逆ではなく、
前後が逆に映っているだけなのです。

さて、本書は、知っているようで知らない光の性質、
身の回りで起こる光の不思議な性質を解説した一般向け科学書。

著者は、上智大学理工学部教授の江馬一弘さん。

  第1章 あなたが光と「出会う」とき
  第2章 光の性質を知ろう
  第3章 色のしくみを知ろう
  第4章 光の正体は何なのか
  第5章 光の最新テクノロジーに触れよう

江馬さんは、中学レベルの光の性質から、
最先端の光テクノロジーまで、カラーの図解を多用し、
わかりやすく解説します。

あまり難しい話はせず、光にまつわる面白い現象を
数多く取り上げていますから、文系の方でも楽しめる
光の入門書になっています。

この本から何を活かすか?

  ドラえもんの「透明マント」の実現は近い?

本書では、まだ実用化されていませんが、将来的に
期待されている光テクノロジーも紹介されています。

その1つが「メタマテリアル」。

これは負の屈折を持つ常識を超えた新素材です。

メタマテリアルに光を当てると、通常の屈折とは異なり、
「く」の字のような形で光の進路が変わります。

物体の背後から来る光を迂回させてしまうのです。

メタマテリアルで作ったマントで身を包めば、
見ている人は背後の景色しか見えないので、
「透明マント」のように姿を消すことができるのです。

現時点では、マイクロ波でしか実現できていないので、
本当の「透明マント」の開発は、まだ先のことのようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 06:44 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大人のための読書の全技術

大人のための読書の全技術大人のための読書の全技術
(2014/07/31)
齋藤 孝

商品詳細を見る

kindle版 大人のための読書の全技術 (中経出版)

満足度★★★
付箋数:24

教育学者の齋藤孝さんは、明治大学文学部の教授として
数多くの学生を指導し、毎週月曜から金曜まではTBSテレビ
「あさチャン!」生放送のMCを務め、土曜は同じくTBSの
「情報7days ニュースキャスター」などにもレギュラー出演します。

他にも年に何冊もの本を執筆するなど、
かなり忙しい毎日を送っています。

そんな中でも、齊藤さんは毎日読書し、多い日には1日10冊以上
の本を読破することもあると言います。

なぜ、齋藤さんは僅かな時間で、たくさんの本を
早く、そして深く読むことができるのでしょうか?

  「私が忙しい中でも大量の読書をできる理由、それは、
  長い間をかけて自分でつくり上げてきた、最強の読書術を
  マスターしているからです。本書では、そのすべてを
  出し惜しみすることなく、あなたにお伝えします。」

読書術を駆使すると、本を沢山読めるようになります。

しかし、それよりも大切なのは、本を読むことが、
逆に時間を生むということ。

実は、限られた時間の中で本を読めば読むほど、
もっと早く、もっと深く、読むことができるようになるのです。

「あなたが本を読む時間がないのは、本を読んでいないから」
と言ったのは、確か本田直之さんだったと思います。

齋藤さんの読書に対する考えも共通するところがありますね。

そして、インターネットで情報を得るのとは違って、
読書は社会人に必要な「思考力」を飛躍的に高めてくれます。

  「読書ほど現代人にとって必要不可欠なものはない、
  と言っても過言ではありません。読書は自分を磨き、
  豊かに生きていく力を与えてくれるのです。」

「アイディアは(旅行した)移動距離に比例する」と言った
高城剛さんの言葉を真似ると、「思考の深さは読書量に比例する」
あるいは「人生の豊かさは読書量に比例する」
と言うことができそうです。

齋藤さんは、ビジネスパーソンが厳しい競争社会の中で
生き残っていくためには、正しい読書術を身につけて、
沢山の本を精密に読み、仕事に応用することが
必要不可欠であると説きます。

本書は齋藤さんの読書メソッドの集大成。

序章では、読書の効用について改めて語り、
第1章では読書の習慣付けの秘訣、第2章では速読技術、
第3章では精読技術、第4章では本選びの秘訣、
第5章ではアウトプット方法、第6章では50冊の必読書が
紹介されています。

特に読書の大切さと効用について、齋藤さんは力を入れて
書いているといった印象を受けます。

もちろん齋藤さんを有名にした、声に出して読む方法や
3色ボールペンを使う方法も、精読技術として登場します。

350ページ近いボリュームで、読書技術に関すること、
すべてが本書に盛り込まれています。

ただし、齋藤さん独自の特殊な読書方法が書かれている
訳ではないので、他の読書術の本を読んでいる方は、
それほど目新しさを感じることはないと思います。

この本から何を活かすか?

「社会人が読んでおくべき50冊リスト」では、
私は、文学の古典や哲学書が最初にくるものと思っていましたが、
理系の本がリストの最初の6冊に選ばれていたのが意外でした。

齋藤さんクラスの知識人になると、理系と文系の垣根は
ないのかもしれません。

ちなみに、6冊の理系の本は次の通りです。

  ・「利己的な遺伝子
  ・「知の逆転
  ・「宇宙は何でできているのか
  ・「世界がわかる理系の名著
  ・「進化しすぎた脳
  ・「新しい生物学の教科書

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 読書法・速読術 | 06:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

異端児たちの決断

異端児たちの決断 日立製作所 川村改革の2000日異端児たちの決断 日立製作所 川村改革の2000日
(2014/07/31)
小板橋 太郎

商品詳細を見る

kindle版 異端児たちの決断

満足度★★★★
付箋数:21

  「日立の値がつかないぞ」

2009年2月3日。月曜朝の東京証券取引所は混乱に陥っていました。
日立の株に場が開く前から大口の売り注文が殺到し、
取引開始から1時間以上たっても値がつかなかったのです。

この日、日立株の下落率は一時19%に達し、239円となり、
28年9ヶ月ぶりの安値を更新しました。

これは前の週の金曜日に、2009年3月期の連結業績の見通しを
下方修正し、最終損益が7000億円の赤字になることを発表したためです。

日立はリーマンショックの直撃を受けただけでなく、
これまでデジタル化やITの進展による変化に対応できず、
急激に経営が悪化していたのです。

かつて2度の石油ショックを乗り越えて不沈艦と呼ばれた
日本的コングロマリットの日立は、沈みゆく巨艦と揶揄される
ようになっていました。

その1か月後、日立は東お茶の水ビルで緊急会見を開き、
社長交代を発表。

ひな壇の中央に上がったのは、4月1日から執行役会長兼社長に
就任する川村隆さん。

  「川村って誰だ?」

日立ほどの歴史のある大企業になると、次期社長候補は
通常、事前にある程度知られているものです。

しかし、見慣れない人物の登壇は驚きをもって迎えられました。

この電撃的な社長交代を、翌日の朝刊の記事に掲載するために
取材に来ていた記者たちは、一斉にインターネットで過去の記事を
検索したそうです。

経済界では、改革を行うために経営陣の若返りを図る
流れが一般的でしたが、この時、川村さんは69歳。

しかも、川村さんはすでに日立本流の経営から外れて、
グループ会社の会長をしていたところ、本体に戻るよう
要請を受けて再登板に至ったのです。

日立の経営改革にあたったのは、川村さんを含めた六人組。

彼らはいずれも一度は本流から外れてしまった異端児たち。

航空業界用語で、非番のパイロットやパーサーのことを
「デッドヘッド」と呼びますが、本書ではそれに習い
経営再建にあたった六人組を「デッドヘッドの男たち」と
呼んでいます。

川村さんが指揮を執った2000日にも及ぶ再建は、
経営体制を透明化してグローバル化を進めました。

そして、沈みゆく巨艦と呼ばれた日立を奇跡的に蘇らせます。

  「それでは、2013年度の業績についてご説明いたします。
  まず、売上高は9兆6162億円で、前期比6%の増収。
  見通し比でも2%の増収となりました。
  営業利益は、5328億円で前期比1170億円増加、
  見通し比でも228億円増加し、23年ぶりに過去の営業利益を
  更新することができました。」

本書は日立復活までの経営改革のドキュメンタリー。

  「ゆでガエル状態からグローバルな視野を持つ企業に
  生まれ変わった日立製作所 ― 。その変革の軌跡を描くことで、
  日本企業、ひいては日本そのものの生きる道が
  見えると考えて本書を執筆した。」

著者は、日本経済新聞社、企業報道デスクの小板橋太郎さん。

入念な取材を重ねて紡ぎだす物語は、プロジェクトX的な
男たちのドラマでもあります。

この本から何を活かすか?

日立は鉄道事業を統括するグローバルCEO職を、
2014年4月1日付で新設しました。

CEOは「英国」に駐在し、鉄道関連事業の世界戦略を立案します。

これは日立が2012年7月に英国の都市間高速鉄道計画(IEP)で、
シーメンス、仏アルストム、カナダ・ボンバルティアの
鉄道ビッグ3との受注競争に勝って、IEP車両のリースと保守事業の
一括受注に成功したためです。

これを機に、日立の海外展開は益々加速しているようなので、
今後の動向にも注目です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経営・戦略 | 10:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

戦略の教室

古代から現代まで2時間で学ぶ 戦略の教室---生き抜くための勝利の全法則古代から現代まで2時間で学ぶ 戦略の教室---生き抜くための勝利の全法則
(2014/08/29)
鈴木 博毅

商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:23

著者の鈴木博毅さんから献本いただきました。ありがとうございます。

  「本書は、孫子からナポレオン、ポーター、ドラッカー、
  コトラー、クリステンセンまで、人類3000年の歴史で培われた
  主要戦略、戦略コンセプトのエッセンスを一気通貫で
  読むことができます。
  1つの戦略ではなく、戦略を歴史として俯瞰することは、転換点を
  見抜く力につながります。3000年におよぶ戦略を学ぶことは、
  懐古主義ではなく、目の前を遮る壁を打破し、未来を築き上げる
  発想を過去から学び、現代に最大限活かすためです。」

本書に集められたのは、実際の戦争で使われた軍事戦略から、
今もなお世界中の企業で使われている経営戦略まで。

人類が3000年の歴史の中で生み出した、傑出した30の戦略を
選び抜き、そのコンセプトやポイントをまとめています。

まさに、人類の叡智の集積とも言うべき戦略集。

これらの戦略を知らずしてビジネスを行うのは、
飛行機や車が使われる時代に、すべての行程を飛脚だけで
荷物を運ぶようなものです。

ビジネスシーンで直面するまざまな問題を解決し、
競合の中で生き残っていくためには、
過去に人類が培ってきた戦略を使わない手はありません。

それでは、紀元前に使われていたような軍事戦略が、
私たちが置かれる現代のビジネス環境の中でも、
本当に使うことができるのでしょうか?

戦争でも企業経営でも、突き詰めると、
戦っているのは人間です。

人間同士の戦いの本質は今も昔も変わりません。

ですから3000年前に作られた戦略のエッセンスは、
今もなお有効に機能するのです。

その証拠となる代表が、「孫子」です。

ビル・ゲイツさん、孫正義さん、松下幸之助さんなど、
名だたる経営者が愛読したことで知られる戦略書。

これは古代中国、紀元前500年ごろの春秋時代の呉国の将軍で、
天才的軍略家の孫武さんが著した全13編の本です。

史上最強の戦略書とも言われていますね。

本書では孫子の中で特に有名な4つの指摘を紹介しています。

  1. 目的は勝利であって戦いではない
  2. 百戦百勝するのは善の膳なるものにあらず
  3. 敵を知り己を知れば百戦危うからず
  4. まず勝ちてのち戦う

孫子の究極のポイントは、戦わずして勝つこと。

相手が一番嫌がる戦略を選び、戦う前に勝負を決めることが、
最上の勝利であるという教えです。

本書は、こういった戦略が実際のビジネスで
活用されている事例も紹介してます。

30の戦略はそれぞれ8ページ前後で解説され、
全体を通しても、本当に2時間程度で学べるのが有り難い。

難しい戦略コンセプトも理解しやすい言葉で説明され、
豊富な図解は更に理解を助けてくれます。

個別の戦略を深く学ぶ前のオリエンテーションとして、
戦略全体を見渡すこともできますし、
教養として、知っておくべき知識を身につけるにも最適な一冊です。

この本から何を活かすか?

個人的には本書で紹介されていた戦略の中から、
リデル・ハートさんの「戦略論」をもう少し深く学ぼうと思いました。

ハートさんは、第一次世界大戦時のイギリス陸軍の士官で、
「間接的アプローチ戦略」を提唱しました。

  「間接的アプローチとは、敵が十分備えている正面への
  攻撃を避け、備えの薄い部分を攻撃する、
  あるいは間接的に相手を無力化する方法を選ぶこと」

この戦略も孫子の影響を受けているようですね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経営・戦略 | 06:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本経済 2020年という大チャンス!

日本経済 2020年という大チャンス!日本経済 2020年という大チャンス!
(2014/07/26)
竹中平蔵

商品詳細を見る

満足度★★★
付箋数:22

  「2020年東京オリンピックをへて、日本(東京)は
  ギリシャ(アテネ)になるか、それともイギリス(ロンドン)に
  なるのだろうか ― いま、そんな視点が必要だ、
  と私は考えています。」

オリンピックの開催国になると、例外なく世界中から
人もお金も集まってきます。

しかし、オリンピック後はその国によって状況が大きく違う。

2004年にアテネオリンピックを開いたギリシャは、
そのとき使った巨額の財政資金が、あの財政危機を招く
きっかけとなりました。

一方、2012年のロンドンは、オリンピック前の需要があるうちに、
サプライサイドを強化して、都市機能を強化しました。

その結果、ロンドンは都市総合力ランキングで、
ニューヨークを抑え1位へ躍り出ました。

もちろん、日本はアテネではなくロンドンに
学ばなければいけないということになります。

オリンピックは経済の流れを変える起爆剤になりますが、
開催されるだけで自動で経済がよくなるものではないのです。

本書は竹中平蔵さんがホストを務める対談本。

オリンピックや経済に関係する各分野の7人の専門家を招き、
オリンピックにはどのような可能性があるか、
開催後も見据えてどのような準備をすべきなのかを議論します。

  「本書は、オリンピック・パラリンピックをきっかけに
   “2020年以降のの日本に必要な改革とは何か” について
  徹底検証した本である」

  第1章 日本の政治と経済(ロバート・フェルドマンさん)
  第2章 東京の開発(市川宏雄さん)
  第3章 日本のIT技術(村井純さん)
  第4章 日本のスポーツ(二宮清純さん)
  第5章 日本の消費者(袖川芳之さん))
  第6章 日本の産業・技術(李根秀さん、南川明さん)
  第7章 東京と日本(平田竹男さん)

オリンピックをきっかけに変わる必要があるのは、
なにも国や企業だけではありません。

オリンピックに備えて、インフラを整備し、
建物をつくるのは目に見えるハードへの投資ですが、
例えば、個人が「オリンピックがあるから英語を学ぶ」のも
ソフト面での一つの投資です。

しかも、このソフト面の投資で得たアセット(資産)は、
オリンピック後もずっと使える資産なのです。

更に良いことに、ソフト面のアセットは、
壊れて使えなくなることがなく、維持費もかからないのです。

オリンピックが東京で開催されるから生で見ようという
レベルではなく、自分の会社や仕事などに
オリンピックをどう生かすかを戦略的に考えるべきと
竹中さんは言っています。

オリンピックをきっかけとした成長戦略は、
個人でも採用すべきなのです。

個人的には、五輪のたびに進化してきたインターネットにも
注目したいところです。

2020年の東京オリンピックに向けては、
人類の9割がインターネットを使う前提での社会を想定して、
準備を進める必要があるようです。

この本から何を活かすか?

  平日に「エクストリーム出社」する人が増えている

これは袖川さんとの対談で出ていた言葉。

エクストリーム出社とは、平日の早朝から
トレーニングや登山、ダンスの練習など、
自己実現のためのヘビーな活動をしてから、
何食わぬ顔をして出社すること。

朝に勉強会や読書会などをやって出社するのも、
一種のエクストリーム出社なのでしょう。

個人的には、朝の時間の有効活用には大賛成です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経済・行動経済学 | 06:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT