活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


≫ EDIT

ハーバード・スタンフォード流 「自分で考える力」が身につく へんな問題


ハーバード・スタンフォード流 「自分で考える力」が身につく へんな問題

満足度★★★★
付箋数:26

  「あなたは、初めて訪れた異国の地で
  原因不明の病気にかかり、現地で医師に
  診察してもらうことになりました。

  この医師が信頼できる人かどうか、
  質問して見極めようと思います。

  できる質問は1つだけ。
  なんと質問しますか。」

こういう問いを出されると、
私たちの脳は、自然と答えを出そうと
考えはじめます。

と同時に、日本の教育を長く受けてきた
私たちは、つい「正解」を求めてしまう
傾向にあります。

この問題に「正解」はありません。

ただし、考えるヒントはあります。

  「その質問をすることで得られるものは
  何か、徹底的に考えてみてください。」

この問題は、いかにして効果的な
質問をつくるかを求めています。

効果的な質問をするには、次の8つの
ステップを踏むといいようです。

 1. 状況を理解する
 2. 質問を書いて、書いて、書きつくす
 3. ステップ2で書き出した質問を
  「クローズド」と「オープン」の
  2タイプに振り分ける
 4. 「クローズド」は「オープン」に、
  「オープン」は「クローズド」に、
  それぞれ変える
 5. それぞれの質問をすれば何が
  わかるのか、考える
 6. それぞれ質問した場合の最悪の
  シナリオを考える
 7. 何のために質問するのか、
  目的を考える
 8. ステップ7の目的に合った質問を選ぶ

冒頭の問題では、信頼できる医師か
どうかを見極めることがミッションです。

この場合、「信頼できる」とは具体的に
どういう意味かを考えることが、
大きなポイントになります。

さて、本書は「自分で考える力」を
身につけるための本です。

正解のない問題に対して、オリジナルな
答えを出すためのトレーニングを行います。

著者は、慶應義塾大学、聖心女子大学、
ビジネス・ブレークスルー大学講師の
狩野みきさんです。

狩野さんは、長年、大学などで
クリティカル・シンキングを教え、
どうすれば学生たちが、自分なりの答えを
出せるのかを探求してきました。

そこで出会ったのが、ハーバード大学の
教育プロジェクトと、スタンフォード大学
の、クリエイティビティを伸ばすための
授業でした。

これらの大学のメソッドを、狩野さんの
授業の中に取り入れると、大きな効果が
実感できたそうです。

本書は、この2つの大学のメソッドを
ベースにした、思考を鍛える問題集です。

トレーニングを行うに当たって、
守るべきルールが4つあります。

 その1. 「正解アンテナ」はかなぐり捨てる
 その2. どんな答えでもOK
    合っているか間違っているかではなく、
    説明できるかどうかを考える
 その3. 回答は紙やスマホに書き出す
 その4. ヘンテコな問題を楽しむ

これからの時代、答えのある問題は、
AIが簡単に解答を導き出してくれます。

私たち人間に問われるのは、AIにできない
正解のない問題に、答えることです。

他の人と同じように考えるのではなく、
オリジナルなアイディアが求められます。

そうした自分だけのオリジナルな思考力を
磨くためには、フツーの問題をフツーの
やり方で考えてもダメ。

本書では、突出した思考を呼び覚ます
ために、ヘンテコな問題がたくさん
用意されています。

用意されている問題は全部で15問あります。

一気に読み切るのではなく、1日1問程度の
ペースで、しっかり時間をかけて取り組む
のがオススメです。

この本から何を活かすか?

もう1問だけ、本書から紹介しましょう。

  「あきらめたらそこで試合終了だよ」

これは井上雄彦さんの漫画『SLAM DUNK
の安西先生の名言です。

問題は、このセリフの根拠を考えること。

SLAM DUNK』の中での根拠を調べる
必要はなく、一般論として、この「結論」に
どんな根拠があれば説得力が出るかを、
考えます。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 問題解決・ロジカルシンキング・思考法 | 05:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

航空のゆくえ 自由化の先にあるもの


航空のゆくえ: 自由化の先にあるもの (ちくま新書)

満足度★★★
付箋数:18

1903年12月17日、ライト兄弟が開発した、
ライトフライヤー号は、世界で初めて
有人動力飛行に成功しました。

それからわずか6年後、フランス人の
ルイ・ブレリオさんは、ドーバー海峡の
横断飛行に成功します。

航空の歴史は、技術発展の歴史。

当初、飛行距離が国内に留まっていた
ときは問題ありませんでしたが、
飛行距離が伸びて他国にまで及ぶと
新しい問題が生じるようになりました。

そこで初めて、「領空」という概念が
登場します。

ときは、第一次世界大戦。

そこで、爆撃機などによる攻撃の脅威を
抑えるために、「排他的領空主権」、
自国の領空を完全かつ排他的に支配する
という考えが登場しました。

その後、パリ条約(国際航空条約)
によって、領空主権が国際法として
明記されたのは、1919年のことでした。

今から100年前のことです。

航空はこれまで、どのような歴史を辿り、
これからどんな未来に進んでいくのか?

  「本書が試みようとしたのは、
  航空の変転が世界の変化と同じ歩調
  であることから、航空のあり方を
  詳細に検証することによって、
  世界の今後を展望しようという
  ことである。」

著者は、国際公法を専門とし、
空港勤務も経験された柴田伊冊さん。

空港勤務時代には、航空機事故対応、
運用管理、法令審査などを歴任した
方です。

本書は大きく二部で構成されています。

前半は、第二次大戦後の復興期から
自由化の時代まで現代史を俯瞰した、
「Ⅰ 航空現代史」。

後半は、アメリカ・ヨーロッパ・
アジア・太平洋の各地域の航空の
現状を分析した「Ⅱ 世界の再構築」。

以前は、レガシーキャリアと呼ばれる
フルサービスを提供する、大手航空会社
が独自の路線を運行していました。

それが20世紀後半に入ってから、
共同運航便(コードシェア)が活用される
ようになって、航空会社の経営は
大きく効率化されることになります。

更に、1960年台に入り、英レイカー航空や
米サウスウェスト航空によって、
いわゆるローコストキャリア(LCC)の
ビジネスモデルが確立しました。

LCCの登場以降、運賃の多様化で運航が
柔軟になり、国々が地域として一体化し、
多国間での航空の自由化が進みました。

当初、LCCの安全性やサービスを疑問視
する人も多かったと記憶していますが、
今では、LCCは選択肢の1つとして、
当たり前の存在になっています。

本書では、これまでの航空の発展史を
丁寧に紐解き、エアラインの世界から
地球の将来までを展望します。

 Ⅰ 航空現代史
 第1章 混乱と荒廃の世界に秩序を打ち立てる
 第2章 自主性を確立する
 第3章 国際航空を航空協定の変遷からみる
 第4章 自由を追求する
 Ⅱ 世界の再構築
 第5章 新たな世界の模索
 第6章 アメリカが自由を普及させる
 第7章 ヨーロッパのための自由
 第8章 アジア・太平洋地域のその後
 終章 航空の近未来

本書の内容は、かなりマニアックです。

ただし、そのマニアックさが、
いわゆるエアライン好きな方の好みに
合うとは限りません。

一度、書店で手に取って中身を見てから
購入を判断することをオススメします。

この本から何を活かすか?

現在、私たちが飛行機で自由に他国と
行き来できるのは、それぞれの国との
「二国間航空協定」があるから。

この航空協定では、5つの空の自由が
扱われています。

 1. 上空通過の自由
 2. 技術的な着陸の自由
 3. 相手国への運行の自由
 4. 自国への運行の自由
 5. 相手国から第三国への運行の自由

こういった背景があって運行されて
いることは、普段飛行機に乗るときには、
全く考えたことはありませんでした。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 05:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

仕事も部下の成長スピードも速くなる 1分ミーティング


仕事も部下の成長スピードも速くなる 1分ミーティング

満足度★★★
付箋数:23

  「 “生産性が上がり” 
   “部下が結果を出しやすくなり” 
   “部下の成長スピードが上がり” 
   “さらに部下の、そして自分自身の
  仕事が速くなる” 
  そんなマネジメントができたら最高
  だと思いませんか?
  この本が、そして私が提唱する
  “行動科学マネジメント” が目指すのは、
  まさにそんなマネジメントなのです。」

本書は、部下の行動を変えて、
より実績を出せるようにするための本。

その手法として「1分ミーティング」が
用いられます。

著者は、行動科学マネジメントを日本に
紹介して普及に務める、石田淳さんです。

 始業直後の「朝礼」(毎日)
 営業会議(月1回)
 チーム会議(週1回)
 リーダー会議(週1回)
 終業直前の「夕礼」(毎日)

これは一般的な営業部で実施される
会議例ですが、これに加えてスポットで、
実施される会議もあることでしょう。

会社の生産性を下げている原因の
1つが会議の多さです。

「毎日毎日会議ばかりで、うんざり」
と思っている方も多いと思います。

実は、無駄な会議が多いことには、
部下のみならず、多くのリーダーや、
マネジャーも気づいています。

しかし、それが「習慣」として、
実施され続けているのが実情です。

では、その習慣でやっている
無駄な会議をどのように変えるのか?

それが、本書で石田さんが紹介する
「1分ミーティング」です。

  「私が提唱する部下との接触機会、
  日々のコミュニケーション・・・
  それは基本的には、リーダー、
  マネジャーと部下による
   “1対1のミーティング” という
  かたちのものです。」

1分ミーティングの実施形態は、
以下の通りです。

 1. 時間は「1分」回数は「毎日」を目指す
 2. 「場所」はどこでもいい
 3. 「名前」を呼び、相手の「目」を見る
 4. 会話の中心は「今日は何するの?」

最初から毎日実施はハードルが高いので、
週1回の実施から始めて、最終的なゴール
として、毎日の実施を目指します。

1分ミーティングの目的は、3つです。

部下の行動を把握、部下の価値観を確認、
信頼関係の構築です。

この内、毎回の1分ミーティングで
確認するのは、「部下の行動の把握」
のみです。

残りの2つは、接触機会を増やして、
毎日のコミュニケーションを取る中で、
自然とできあがっていくようです。

では、1分ミーティングで部下が発言した
その日の行動計画で、成果に結びつかない
ものが出てきたらどうするか?

その場合、「うん」とか「なるほど」と、
決して相槌を打ってはいけません。

また、「それはやらなくていい」などど、
否定もしてはいけません。

正しい対応は、「・・・他には?」と、
流してしまう。

否定ではなく、「消しこんで」しまいます。

これを行動科学マネジメントでは、
「行動の消去」と呼ぶようです。

本書は、短時間で仕事が効率化して、
部下の成長スピードが上がることを
目指します。

手間もお金もかかりませんから、
部下の行動を変えて成果を出すために、
試してみたい手法です。

この本から何を活かすか?

部下のやる気を出すには、どうしたら
いいのでしょうか?

実は行動科学マネジメントでは、部下の
やる気を出すことや、積極的させることに
フォーカスしません。

モチベーションや意識、心構えといった
相手の内面には踏み込みまないのです。

まぜなら、人の内面を変えるのは、
難しいからです。

そのかわりに、「行動」を変えること
だけに専念します。

成果に結びつく小さな行動を
積み重ねることで、実績というゴールに
たどり着くことを目指します。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 会議術・ファシリテーション | 05:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なぜ人は騙されるのか-詭弁から詐欺までの心理学


なぜ人は騙されるのか-詭弁から詐欺までの心理学 (中公新書)

満足度★★★
付箋数:23

  「もちろん本書は騙す側に味方
  しようというものではない。
  騙される側、いや、そうした恐れの
  ある側の立場に立つ。様々な怪しげな
  言動につけ込まれる際の心理過程が
  理解できれば、 “安易に言いくるめ
  られないためには、騙されない
  ためには、いかに注意すべきか” 
  ということも明らかになるだろう。」

著者の岡本真一郎さんはこのような
希望を書いています。

しかし、そうは言っても本書は、
これから詐欺を働こうと考えている
輩にとっても、騙しのテクニックを
体系的に学べる教科書になります。

これまで経験則でやってきた詐欺師に
とっては、自分の手法の効果を高める
手助けになるかもしれません。

さて、いくら注意喚起されても
なくならない「オレオレ詐欺」。

オレオレ詐欺に、引っ掛かってしまう
理由として、「脅し」の効果があります。

これは「防護動機理論」として、
知られています。

オレオレ詐欺師たちは、防護動機理論
を使って、高齢者を騙しているのです。

防護動機理論の説得効果は、
2つの要因に分解されるようです。

1つ目は、脅威評価。

このまま不適切行動をしているときに
もたらされる結果の深刻さ、および
その生起確率と、不適切行動を続ける
ことによる報酬との差で評価します。

2つ目は、対処評価。

説得されたやり方に従うことで
達成できる効果と、それが自分で実行
できるという感覚と、自分が実行する
のにかかる負担の差で見積もられます。

これら2つの要因で「防護動機」が、
決定されます。

例えば、脅しで「禁煙」を迫る場合。

脅威評価は、病気の深刻さとその確率
の見積もりから、喫煙によるストレス
解消の見積もりを差し引いたもの。

対処評価は、禁煙によって病気の
危険性がどの程度減らせるという
見積もりから、禁煙する苦痛の度合い
を差し引いたものになります。

喫煙による病気の危険性を軽く見る
人には、喫煙がガンや心臓病などの
リスクを高める客観的なデータを
見せます(脅威評価)。

これまでさんざん吸ってきたので、
今更禁煙しても無駄と考える人には、
今からでもやめれば、リスク軽減に
相応の効果がある客観的なデータを
示します(対処評価)。

騙しのメカニズのベースには、
このような説得の原理が働いています。

 第1章 説得する
   ー そのメカニズムを探る
 第2章 宣伝する
   ー 広告に惑わされる
 第3章 騙す
   ー 日常生活に潜む危険
 第4章 言い逃れる
   ー 詭弁を弄する政治家たち
 第5章 信じ込む
   ー フェイクニュースが跋扈する

本書の第4章と5章は、岡本さんの
政治的な見解がかなり入っています。

ここは好みが別れるところですが、
言語心理学からの冷静な分析とは、
言えない部分もあるように感じます。

この本から何を活かすか?

日本の「オレオレ詐欺」を英訳すると、
「ore ore」または「It’s me scams」
となります。

また、これとは別にアメリカにも
「grandparent scam」という
表現があります。

これこそ、まさにオレオレ詐欺と同じ。

騙すときに使われているテクニック
もそれほど変わりはありません。

政府や自治体から騙されないように、
注意喚起されているにもかかわらず、
全く減らないのはアメリカでも、
日本と変わらない状況ようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 05:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プレゼン・コンシェルジュが教える 社会人1年目の「アピり方」


プレゼン・コンシェルジュが教える 社会人1年目の「アピり方」

満足度★★★
付箋数:20

  「本書は新社会人、または社会人歴の
  浅い方がビジネスマナーだけでなく、
  プラスアルファの言葉がけや行動で、
  周囲から一目置かれる存在になって
  いただくための本です。」

パッと見ただけでは、新社会人向けの
ビジネスマナーの本のように思えます。

しかし、よくよく読んでみると、
期待を超える仕事の仕方、さり気ない
アピールの仕方が盛り込まれています。

それは、著者の天野暢子さんが、
プレゼンコンシェルジュとして
活躍する方だからなのかもしれません。

社会人は存在自体が、一種のプレゼン。

普段からの自然なアピールの仕方が、
後々に効いてきます。

  「私は新卒で中堅の広告代理店に
  就職し、新聞の広告スペースを
  買いつける担当をしていました。
  大手代理店との枠取り競争の中で、
  経験の少ない私の要望をどうしたら
  聞き入れてもらえるかをつねに
  考えていました。そして、その中で
  さりげないけれど、光り輝くすてきな
  方々の言動を研究してマネし、
  仕事を勝ち取ってきたのです。」

アピールし過ぎると、周りから見ると、
イタかったり、鼻についたりします。

さりげないアピールの力加減が大事。

ただ、その力加減が新社会人には
難しく感じてしまうものです。

例えば、研修などの何十人もが
集合する場合の「正しい席の着き方」。

講師にやる気を見せるために、
最前列に座ることが正解でしょうか?

  「前に立つ司会者や講師などの
  スピーカーからよく見えるのは
  最前列ではありません。
  真下や最前列は案外見にくいもので、
  2~3列目あたりの中央がよく見えます。
  自分をアピールして覚えてもらいたい
  なら、会場に真っ先に行って、
  その席を確保しましょう。
  そして、話は相づちを打ちながら
  聞きます。」

ここまでなら、普通のマナー本です。

本書には、これにプラスアルファの
さり気ないアピりポイントを加えます。

  「話している人のほうに椅子ごと
  体を向けて座る」

そんなに張り切って発言しなくても、
周囲とのちょっとした違いが、
講師からするとかなり印象に残ります。

また、何回も続くセッションなら、
毎回同じ席に座るようにします。

  「目立つ外見でなくても繰り返し
  同じ席に座るだけで、群衆の1人
  ではなく、キラリと光る
   “いつもあの席の人” として
  印象に残すことができるのです。」

ちょっとした座り方の工夫で、
相手に与える印象は大きく異なります。

社会人として研修に参加する機会は
いくらでもありますが、この積み重ねが、
数年経つと更に大きな差になるのです。

本書では、89のビジネスマナーを
紹介しています。

少し社会人経験のある人なら、
そんなの常識と思うかもしれません。

しかし、そこから一歩踏み込んだ、
「アピりポイント」までは、
できていない人が多いと思います。

自分は同期や同僚と比べて、
アピールできていないと思う方は、
参考にして欲しい本です。

この本から何を活かすか?

2019年6月4日、「闇営業問題」で
吉本をクビになった入江慎也さん。

本書では、「できる人の持ち物」の
エピソードで、入江さんを紹介しています。

  「入江さんは携帯電話の充電ケーブルを
  通信キャリア全社分を持ち歩いている
  とのことです。携帯電話の電池切れで
  困っている先輩にいつでもお貸し
  できるので感謝され、それがきっかけに
  信頼関係ができて、ときに食事を
  ごちそうになったり、仕事を任せて
  もらったりしていったのだそうです。」

振り込め詐欺グループとの関与は別にして、
こういた細かい所への気配りはさすがです。

人脈作りの達人の、なせる技なのでしょう。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ビジネス一般・ストーリー | 04:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT