活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


≫ EDIT

もう銀行はいらない


もう銀行はいらない

満足度★★★
付箋数:20

  「この本の執筆を通して、私はある結論に
  至りました。銀行業界が抱えるさまざまな
  問題をすべて解決するための方法は、
  1つしかありません。
  それは銀行業務から人を排除することです。
  (中略)
  ここまで発達したIT(情報技術)やAI
  (人工知能)の技術があれば、
  近い将来、銀行は巨大な情報システムの
  塊となって、それをメンテナンスする
  プログラマー以外、人はいらなくなります。
  銀行の9割が消え、銀行員は99%リストラ
  される。それが銀行の未来像です。」

これが上念司さんの考える結論です。

本書は、現在の銀行の様々な問題を指摘し、
銀行大崩壊時代を予測する本です。

なぜ、上念さんは銀行は不要と考える
のでしょうか?

それは、今の銀行には融資の審査能力が
ないと考えるからです。

実績がない、新しい会社は銀行から
お金を借りることができません。

ただし、実績や将来性がなくても、
コネや紹介があると、非常に良い条件で
お金を借りることができます。

そして、主に銀行がお金を貸している先は、
不動産などの担保を持っている会社。

もともとお金を持っていて、返すことが
できる会社にしかお金を貸しません。

つまり事業の将来性に融資は関係なく、
失敗しても取りっぱぐれのない所にしか
銀行はお金を貸さないのです。

  「ブランド物の時計やバックを質として
  預かる代わりに、お金を貸して利子を得る
  質屋とやっていることは変わりません。」

銀行がマクロ経済の中で果たすべき、
大きな役割は「信用創造」をすること。

信用創造とは、銀行が貸し出しを
繰り返すことで、最初に受け入れた預金額の
何倍ものお金をつくりだすことです。

つまり、お金を回してお金を増やす機能。

上念さんは、このお金創造機能を持たない
銀行は存在価値がないと言っています。

本書の序章では、これまで上念さんが銀行と
関わった際のトラウマ体験が語られています。

独立した直後、メガバンクで預金口座の
新規開設を断られたこと。

そして、総合格闘技ジムのフランチャイズ
経営で、融資を申請した際に、相対融資
ではなく、制度融資を勧められたこと。

この2つの実体験により、上念さんは
今の銀行の無能さをリアルに感じました。

ただし、これを冒頭で語っていることで、
個人的に銀行に恨みがあるように感じて
しまいます。

その後、銀行の抱える問題を指摘し、
そのエビデンスを示しても、
恨みの延長のような印象が残りました。

2014年にオックスフォード大学の
マイケル・A・オズボーンさんが、
10年後になくなる仕事を発表して
話題になっていました。

その中にも銀行窓口や融資担当なども
含まれています。

ですから、今の銀行の大半の仕事が、
AIの発達によってなくなる事自体は、
大げさなことではないように思えます。

本書は、いくつも鋭い指摘をしていながら、
どこかバランスを欠いていて、
ちょっともったいない印象が残りました。

 序章 質屋と同じ銀行なんていらない
 第1章 非効率極まりない銀行業務
 第2章 銀行の消える日がやってくる
 第3章 消費者金融も焼け石に水
 第4章 銀行経営はがんじがらめ
 第5章 銀行と裏社会
 第6章 何も変わらない銀行の体質
 第7章 「銀行大崩壊時代」の結末
 終章 日本の銀行が変わる究極のプラン

この本から何を活かすか?

本書では、金融後進国である日本が、
一発逆転するプランが紹介されています。

  「それは日銀による円の仮想通貨化です。
  ブロックチェーン(分散型台帳)の技術
  を使って、日本円と “1:1” でペッグ
  (連動)した“円コイン”を発行し、
  最終的には現金(お金と硬貨)を廃止
  して仮想通貨に統合する。
  これが究極プランです。」

実際に日銀も仮想通貨発行の研究を
していますし、仮想通貨えお発行する
こと自体には私も賛成です。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 06:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東大No.1頭脳が教える 頭を鍛える5つの習慣


東大No.1頭脳が教える 頭を鍛える5つの習慣 (単行本)

満足度★★★★
付箋数:25

開成高校在学中に全国高等学校クイズ
選手権で優勝して注目を浴び、その後、
東京大学理科三類に現役合格した
水上颯さん。

東大医学部生となった後は、TBSの
クイズ番組『東大王』に出演して、
東大王チームのリーダーとして
活躍しています。

そんな水上さんも『東大王』の番組は、
2020年3月で卒業するようです。

水上さんを見ていると、何でそんな
ことまで知っているんだ!という、
驚きを感じます。

水上さんは、どのようにして、
圧倒的な知識量を身につけているのか?

生まれながらの「天才」なのでしょうか?

  「(テレビ番組では) “天才”  “異才” 
  などと紹介されることがよくあります。
  ただ、僕はこの表現にずっと違和感を
  持っていました。なぜなら、僕は天才、
  つまり、 “もともとできる人” では
  ないからです。そうではなく、
  自分なりに効率的な勉強法を追求したり、
  読書で幅広い知識を吸収したりといった、
  日々の “積み重ね” で、少しずつ頭を
  鍛えてきたのです。 “才能” でも “素質” 
  でもなく “習慣” で僕はここまできた。
  そう自負しています。」

本書は、水上さんの頭を鍛える習慣
の作り方と、その実践方法を紹介
した本です。

「勉強」「読書」「記憶」「時間」
「アウトプット」の5つの分野で、
習慣の作り方を解説しています。

クイズ番組で活躍する水上さんには、
ファンが多いと思いますが、こうして
改めて考えを聞くと、もっと好感が
持てると思います。

「天才」と形容される水上さんですが、
その裏には非常に合理的に努力している
姿がありました。

私が最も参考になると思ったのは、
「読書」の習慣です。

  「結局のところ、本は “教えてくれる
  もの” ではなく、 “考えさせてくれるもの”
  だと思います。 “教えてもらう” と思った
  ときから、著者のいっていることを信じ
  込んでしまうリスクが上がります。」

本は、「知る」より「考える」ための
ものだから、その中身は忘れてもいい。

本に書いてあった内容を知識として、
思い出せなくても、そのとき鍛えた
「考える力」があれば、あらゆる場面で
活用することができます。

水上さんは、このように考えているので、
難しそうな本は、簡略本を先に読むより、
「原典」を先に読むことを勧めます。

なぜなら、難解な原典を読むことで、
「考える力」が磨かれるからです。

そして、考えながら読むからこそ、
本書の内容も「疑って読むべき」と
書いています。

  「本書で紹介しているのは、僕自身が
  実践している方法にすぎません。
  もちろん、多くの人に使えそうなものを
  選んでいますが、それでも読者全員に
  とって役立つということは残念ながら
  ありえません。無批判的にすべて
  受け入れるのではなく、 “これは使え
  そうだ” と思ったものを取り入れて
  もらえばと思います。」

あとは、水上さんの「暗記」と「筋トレ」
が似ているという考えにも、納得しました。

脳も筋肉と同じで、使わないと衰えます。

そして思考をフルに働かせるためには、
その基礎となる知識を覚えていなければ
なりません。

そのため「暗記」は、思考力を鍛える
ためのベースとなるのです。

今はネットで何でも検索できる時代に
なったので、暗記は不要と考える人も
いるかもしれません。

しかし、暗記をする地道な努力は、
筋トレと同じで、それを続けることで、
頭の基礎的な力を磨くことができるのです。

この本から何を活かすか?

本書には巻末に特別付録として、
「水上颯をつくった10冊」が紹介されて
いました。

 『幸福論』アラン 著
 『ボトルネック』米澤穂信 著
 『深夜特急』沢木耕太郎 著
 『虚人たち』筒井康隆 著
 『スロウハイツの神様』辻村深月 著
 『幻の女』ウイリアム・アイリッシュ 著
 『V.』トマス・ピンチョン 著
 『夜と霧』ヴィクトール・E・フランクル 著
 『帰らざる夏』加賀乙彦 著
 『ブラック・ジャック』手塚治虫 著

この中から、『ボトルネック』と『V.』を
読んでみようと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新・リーダーのための教養講義 インプットとアウトプットの技法


新・リーダーのための教養講義 インプットとアウトプットの技法 (朝日新書)

満足度★★★★
付箋数:27

  「日本の大学教育を抜本的に改革しないと、
  21世紀に日本が国際社会で主導的役割を
  果たせなくなるという危機感を抱いている
  大学人は多いと思う。しかし、改革に
  向けた一歩を踏み出すことが難しい。
  この点で、同志社大学が興味深い試みを
  した。琵琶湖畔の北小松にある同志社
  びわこリゾートセンターに文科系、
  理科系の両学部から選んだ24人の学生と
  3泊4日の合宿をし、日露外交、ゲノム編集、
  AI(人工知能)について教授が授業を行い、
  学生と質疑応答やディベート、レポート
  作成を行うかなり密度の濃いセミナーを
  行った。」

本書は、そのセミナーを紙面に再現したもの。

セミナーの名前は「新島塾」。

同志社大学を創設した教育家の
新島襄さんの名前を冠しています。

セミナーの講義を中心的に進めるのは、
知の怪物との呼ばれる、作家で元外交官の
佐藤優さんです。

このセミナーに実際に参加できた学生は、
本当に幸せだと思います。

なぜなら、短期集中セミナーであるものの、
間違いなく、参加した後の人生観が変わる
からです。

これだけ圧倒的な知の洗礼を受けて、
人生観が変わらないわけがありません。

本書を読むと、誰もがそのセミナーを
追体験できます。

 小テスト1【歴史1・数学】一切参照不可
 1.以下の出来事の年号を記せ。
  (1)ウェストファリア条約
  (2)第一次世界大戦勃発
  (3)第二次世界大戦勃発
  (4)真珠湾攻撃
  (5)広島・長崎への原爆投下
  (6)サンフランシスコ平和条約の発効
  (7)ソ連崩壊
  (8)ロシア社会主義革命
  (9)9.11米国同時多発テロ
  (10)明治維新
  (11)朝鮮休戦協定
 2.整数に関して、任意の偶数と任意の
    奇数を足すと必ず奇数になることを
    証明せよ。

これはセミナーの区切りで出題された
最初の小テストです。

これらの年号の中で、覚えてムダになる
ものは一切なく、覚えていれば人生で
絶対に役に立つと佐藤さんは言い切ります。

それは歴史を理解するためのカギは、
時間理解にあるからです。

歴史では、ある出来事が起こる前後
において、世界の意味が大きく変わる
ことがあります。

その変化を知るためには、タテから
歴史を切断して、前後を見ていかなければ
なりません。

そのときに年号の暗記が重要な役割を
果たすのです。

これはセミナーのほんの入口。

セミナーでは、同志社大学学長や
その他の専門家を招き、圧倒的な知識量
によって本当の教養を身につける
リーダー教育がなされます。

 第1講 専門を超えた統合知
 第2講 知識は生きるために役に立つ
 第3講 外交の実務と裏側その1
    北方領土交渉1988年‐1992年
 第4講 外交の実務と裏側その2
    北方領土交渉1993年‐2002年
 第5講 領土問題の現実・2018年から未来へ
 第6講 熱血!ディベートの極意
 第7講 ゲノム編集の現在
 第8講 AIを数学的に考える
 第9講 教育の技法

単なる知識のインプットではなく、
なぜ学ぶ必要があるのか、どうやって何を
学ぶべきなのかを知ることができます。

それは知の技法にと言ってもいいでしょう。

正直、講義を受ける側の脳みそは、
むちゃくちゃ負荷がかかります。

しかし、講師側が全身全霊で講義する
意気込みが伝わってくるので、
何とか最後までやり抜けると思います。

この本から何を活かすか?

セミナーの最後で、佐藤さんは学生に、
「マタイによる福音書」の第10章16節に
ある言葉を伝えています。

  「わたしはあなたがたを遣わす。
  それは、狼の群れに羊を送り込むような
  ものだ。だから、蛇のように賢く、
  鳩のように素直になりなさい。」

鳩のような素直さと、蛇のような狡猾さ
の両方がないと世の中を渡りきって
いけないということです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 勉強法 | 05:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

我々は生命を創れるのか 合成生物学が生みだしつつあるもの


我々は生命を創れるのか 合成生物学が生みだしつつあるもの (ブルーバックス)

満足度★★★
付箋数:23

  「たとえ僕が今の人口細胞を見せて、
  面白おかしく発表したとしても、
  それを生命だと思う人はほとんど
  いないでしょう。ただ、何とか中で
  脂質ができて、エネルギーがつくれて、
  タンパクもつくれて、1個が100個くらいに
  増えましたという、ボコボコボコという
  ムービーを見せたら、 “ああ、やべえこれ” 
  と思ってくれるかもしれない。
  そう思ってくれたら、それは生物で
  いいんじゃないか」

これは海洋研究開発機構(JAMSTEC)
超先端研究開発部門研究所で合成生物学の
研究をしている車兪澈さんの言葉。

車さんにとっては、人工細胞が自己複製
したら、それはもう「生命」です。

それは「5年以内」に実現する可能性が
あるようです。

厳密に生命の定義に当てはまるかどうかは、
別にして、見た目で本当の生命と区別が
つかなくなったら、それを生命とみなす
という考えは理解できます。

その考えは人工知能の分野で行われている
「チューリングテスト」と似ています。

チューリングテストとは、目隠し状態で
コンピューターと対話した人が、相手を
人間とみなすかどうかを判定するテスト。

人間と区別がつかなければ、人間並みの
知能を得たとみなします。

あなたは、生命はどこで生まれたと
思いますか?

このように聞くと、ほとんどの人が、
「海」と答えるはずです。

それは、生命史を扱ったテレビ番組等で
海で生まれた原子生物の姿が描かれている
ことが大きく影響しています。

確かに、海は生命が生まれた最有力候補
ではありますが、最近では他の説も
支持を集めています。

それは、「陸」から生まれたという説と、
「宇宙」から来たという説です。

果たして、生命は、どこでどのようにして
誕生したのでしょうか?

この究極の問いに、全く別の角度から
アプローチするのが「合成生物学」です。

それは生命の起源を探るために、
新たに生命を生み出してしまおうという
試みです。

冒頭のJAMSTECで研究する車さんも、
その分野で活躍する気鋭の研究者です。

  「もし起源を不連続なものとするなら、
  生命の起源もビッグバンにさかのぼる
  と言わざるをえない」

さて、本書はそんな最先端を走る
合成生物学者や宇宙生物学者たちに
連続取材して、「生命の起源」に迫った
本です。

著者は、SF作家でノンフィクションライター
の藤崎慎吾さん。

藤崎さんの個人的な想いやエピソードを
交えながら、レポートしています。

純粋な研究者の書く本とは違った趣で、
生命の起源の謎にアプローチしています。

科学的な解説もしっかりしていて、
素人が読んでも十分理解できるように
書かれています。

 第1章 「起源」の不思議
 第2章 「生命の起源」を探す
 第3章 「生命の起源」をつくる
 第4章 「生命の終わり」をつくる
 第5章 「第二の生命」をつくる

この本から何を活かすか?

車さんは、かつて「クックパッド」に
「簡単♪人工細胞」というタイトルで、
人工細胞を作るレシピをアップしたことが
あったそうです。(現在非公開)

本書では、それをもう少しわかりやすく
改良した「キッチンで人工細胞」のレシピが
掲載されていました。

私が一番惹かれたのは、このパートです。

スーパーやドラッグストアで揃う材料、
総額1500円以内で人工細胞が作れます。

材料は以下の通りです。

 1. 鶏卵
 2. 捨ててもかまわない容器
 3. 食紅
 4. 小さなタレの瓶
 5. にがり
 6. 無水エタノール(消毒用エタノール)
 7. 純粋(精製水でも可)
 8. ポカリスエット

詳しい手順は本書を参照ください。
私も挑戦してみたいと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 05:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

親子ゼニ問答


親子ゼニ問答 (角川新書)

満足度★★★★
付箋数:25

 康平 『年収300万円時代を生き抜く経済学
   が自身のヒット作としてあるわけ
   だけど、公表されているデータを
   見てみると、日本の現状は当時予想
   していたものよりひどいよね。

 卓郎 ここまで日本の現状が悪化することは
   予想できなかった。でも、当時は年収
   300万円時代が訪れると言っても、
   誰一人まともに聞いてくれなかったんだ。
   むしろ、「アイツはトンデモ経済学者だ」
   とか、散々な言われようだったんだよ。

2003年光文社から刊行された森永卓郎さんの
年収300万円時代を生き抜く経済学』。

当時そんな時代が来るわけがないと
考えていた人も多かったように思います。

しかし、15年以上経ってみると年収300万円
でもリッチに思える時代になりました。

国税庁の調査によると、1997年の平均給与は、
約420万円でしたが、2017年では約370万円
になっています。

これだけだと、300万円は超えているように
見えますが、労働者の約4割を占める、
非正規雇用者に目を向けると、もっと厳しい
現状が見えてきます。

2017年の非正規雇用の平均給与は約175万円。

  「このデータを見て、どう感じるだろうか。
  もはや年収300万円は人々を不安にさせる
  言葉ではなく、むしろリッチな人にすら
  見えてしまうのが現状だ。」

本書は、経済アナリストとしてマスコミに
よく登場する森永卓郎さんと、その息子さんで
同じく経済アナリストの森永康平さんの
「ゼニ教育」に関する共著本です。

親子なので、実際に森永家で教育した側と
された側の両方の意見を聞くことができます。

ちなみに、康平さんは2018年に起業して、
親子への金融教育を行っている方です。

本書では、それぞがお金について語る
パートと、対談するパートのがあり、
両面から、お金との正しい付き合い方を
学べるようになっています。

卓郎さんの若干偏りがちな考えを、
康平さんがうまくバランスを取っている
ような印象を受けました。

 プロローグ 我が家の金融教育のはじまり
 第1章 おやじ、「年収300万円時代」は
    見通しが甘かったよな!
 第2章 3世帯に1世帯が貯蓄ゼロ
    「まず貯めろ!」は間違ってなかった
 第3章 これからはお金に働いてもらう時代
    だけど、博打はNG
 第4章 この世にうまい話はないぞ
    日本人は臆病なくせして、欲深い
 第5章 算数すら使わず理解できる経済学
 第6章 家でお金の話を隠さない
 第7章 我が家の金融教育(卓郎編・息子2人)
 第8章 我が家の金融教育
    (康平編・娘2人と息子1人)
 エピローグ 親子ゼニ問答(親子対談)

個人的には、卓郎さんの康平さんへの
教育方針には好感がもてました。

  「料理人が弟子に対して、 “技術は
  目で盗め” と丁寧な指導をしない
  やり方と一緒で、康平に与えた情報は
  断片的だった。ただ、康平は、断片情報
  に自分で勉強したピースを加えることで、
  ジグソーパズルを完成させた。
  自分で調べて、考えたほうが、ずっと
  身に付くから、私は放置スタイルの
  金融教育自体が大きな間違いだったとは
  思わない。」

仕事が忙しかった卓郎さんは、
丁寧に系統立てて、お金の教育を
康平さんに施したわけではありません。

ヒントだけ与えて、自分で考えさせる
スタイルだったようです。

結果として、その方がたくましい子が
育つことを康平さんが証明しています。

本書は、これからお金との付き合い方を、
家庭でどのように教えようかと考えて
いる方には、参考になると思います。

もちろん投資経験のない大人の方が
読んでも、十分学びのある内容です。

この本から何を活かすか?

村上世彰さんが、中高生に投資経験を
積んでもらうために、10万円を供与する
教育プロジェクトがあります。

中高生に1年間株式投資をしてもらい、
1年後に元本は返済します。

利益が出たら自分のものにできて、
損失が出ても残っている資金だけを
戻すというもの。

この教育プロジェクトに、卓郎さんは、
反対しています。

それは、「リスク」と「リターン」が、
一致していないから。

確かに、自分でリスクを取った上での
投資ではないので、本当の意味での
学びになるかは、微妙に思えますね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| マネー一般 | 05:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT