活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


≫ EDIT

星野佳路と考えるファミリービジネスの教科書


星野佳路と考えるファミリービジネスの教科書

満足度★★★★
付箋数:27

日本の上場企業1367社の過去の業績で、
次のうち、誰が経営した会社の成長が
最も高かったか?

 a. 創業者
 b. 創業者の実の息子、娘
 c. 創業者の娘、息子の配偶者
 d. サラリーマン経営者

最も成長したのは、aの創業者。

創業で失敗するリスクは高いものの、
ゼロから立ち上げた会社の成長力は
高いものです。

この答えは納得感がありますが、
この問いの肝は、「2番が誰か?」
にあります。

2番は、cの創業者の娘、息子の配偶者。

ほとんどが、娘婿のパターンです。

このクイズは、星野リゾート代表の
星野佳路さんが講演会を行うときに、
つかみとして出すクイズです。

選択肢a・b・cの3つはほとんどの場合、
経営の形態が「同族経営」です。

では、同族経営と非同族経営では、
どちらの経営の業績が良いのか?

実は業績が良いのは、「同族経営」。

かつては、研究の対象にさえなって
いなかった同族経営でしたが、
近年の研究によりその優位性が、
数字でも示されるようになりました。

同族経営という言葉を本書では、
ファミリービジネスと呼びます。

  「1990年代から2000年代にかけて、
  ROE(株主資本利益率)、ROA
  (総資産利益率)といった資本効率
  や利益率、売上高成長率といった
  数値において、ファミリー企業の
  ほうが優れているという研究報告が、
  米国、イギリス、フランス、イタリア
  など世界各国で発表されました。」

では、なぜ同族企業の業績の方が
非同族企業より優れているのか?

その問いに答えるのが本書です。

本書は、星野佳路さんがライフワーク
として行っているファミリービジネス
の研究についてまとめた本です。

本というより、研究レポート。

日本では、ファミリービジネスの
研究が欧米に比べて進んでいないので、
貴重な文献になっています。

ファミリービジネスが強い理由は、
「30年に1度のビジネスモデル
自動転換システムがビルトイン
されている」ことにあります。

非ファミリー企業では、別に株主が
いるので、重視されるのはの安定性。

そのため経営トップの継承は、
まだ経験の少ない30代などへの
大幅な若返りが難しいのが実態です。

しかし、ファミリー企業の場合は、
好むと好まざると、親から子へ
政権が渡ったときに、突然30歳も
若返りが起こります。

前任者とは、世代も違いますし、
価値観も大きく異なります。

これがビジネスモデルの自動転換
システムです。

星野さんは、ファミリービジネスは、
「立ち上げリスクが軽減された
ベンチャービジネスだ」とも言います。

本書は、星野さんの研究プロセスを
たどり、そこで得られた知見を一冊の
本としてまとめたもの。

研究アシスタント兼記録者として
書籍としてまとめたのは、
日経トップリーダー副編集長の
小野田鶴さんです。

星野さんが、ライフワークとして
取り組んでいるだけあって、
非常に中身の濃い本になっています。

対談形式のケーススタディも豊富に
掲載され、読み応えがあります。

ファミリービジネスの教科書と
銘打っている通り、同族企業の経営者は
必読の本だと思います。

この本から何を活かすか?

  「 “ファミリービジネスは駅伝
  である” というのが、私の持論です。
  タスキを受け取る側の覚悟も
  大事ですが、それと同じぐらい
  タスキを渡す側に準備と覚悟が
  必要です。」

同族経営では、一般的に継ぐ側に
注目が集まりがちです。

しかし、星野さんは継がせる親側の
覚悟や勉強が足りないことに言及
しています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経営・戦略 | 07:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「段取りが良い人」と「段取りが悪い人」の習慣


「段取りが良い人」と「段取りが悪い人」の習慣 (アスカビジネス)

満足度★★★
付箋数:17

あなたは、次のリストのうち、
いくつ当てはまりますか?

 □お先に失礼します、が言いづらい
 □頼まれたら断れない性格だ
 □相手の顔色をうかがうことが多い
 □忙しそうな人に話しかけない
  ようにしている
 □会議のとき、必要数より余分に
  資料をコピーする
 □反対意見を言うのが苦手だ

6つのうち、3つ以上当てはまれば、
「抱え込み症候群」の可能性が
あるようです。

相手を気遣うのは良いことです。

ただし、気遣いの度が過ぎて、
相手に肝心なことを伝えられないと
自分で仕事を抱え込んでしまいます。

  「段取りが良い人は甘え、
  段取りが悪い人は自立する」

甘えという言葉は、悪い印象が
ありますし、自立という言葉は、
良い印象があります。

しかし、全体の効率を考えて、
他の人に協力してもらうのは、
仕事の効率化を考えた甘えです。

この甘えがないと、協業できません。

一方、自分でやる意識が強すぎて、
仕事を抱え込んで、オーバーフロー
するのは、悪い意味のでの自立です。

  「リーダーや管理職になると、
  人を巻き込んで動かす力が求め
  られます。ですから、あなたが
  今の仕事に慣れたら、その仕事を
  手放すことを次の目標にしてみて
  ください。人を育て、その人が
  早期戦力化したなら組織にとって
  ありがたいこと。あなたの評価も
  アップしますし、ほかの仕事に
  チャレンジできますよ。」

本書は、仕事を効率よく進める
ための、50の習慣をまとめた本です。

その習慣が明確にわかるように、
「段取りが良い人」と「段取りが
悪い人」の二項対立で紹介します。

著者は、株式会社ヴィタミンM
代表取締役の鈴木真理子さん。

鈴木さんは、これまで企業研修や
公開セミナーで、3万人以上に生産性の
高い仕事術を指導してきた方です。

本書では、そのノウハウをわかりやく
解説しています。

「忙しい」が口癖になっていて、
いつも仕事に追われている人には、
本書が役に立つかもしれません。

  「いくらがんばっても仕事が
  おわらない。 “早く帰りましょう” 
  と言われたってムリ!
  この先もずーっと忙しく働き続け
  なきゃいけないのかな・・・・。
  そんな悩みや不安を抱えている人は
  いませんか?
  それって自分のことかも、と思った
  あなた。どうか諦めないでください。
   “段取り力” を身につければ、
  仕事は劇的にうまくいきます!」

段取り力といっても、特別なことが
書かれているわけではありません。

仕事を進める上で必要な、基本的な
ことが書かれています。

しかし、効率の悪い人は、急ぐあまり、
その基本が疎かになっているものです。

  「段取りが良い人は基本を大切にし、
  段取りが悪い人は応用したがる。」

本書で、基本的な習慣や姿勢が
身についているかどうか、
確かめてみると良いでしょう。

本書では、優先順位とスケジュール管理
の2つを土台にして、定型業務と
日常生活のヒントまで学べるように
なっています。

この本から何を活かすか?

もし、請求書発送の締切が毎月5日
だったら、あなたはどのように
仕事を進めますか?

  「段取りが良い人はミニ締切で
  進捗管理し、段取りが悪い人は
  デッドラインで管理する」

請求書発送という簡単な業務でも、
ミニ締め切りを作り仕事を進めます。

 1. 請求書作成・・・前月末まで
 2. ダブルチェック・・・月初2日まで
 3. 上司に印をもらう・・・月初3日まで
 4. 封入し切手を貼る・・・月初4日まで

段取りが良い人は、慣れているからこそ
慎重に仕事を進めるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事術・スキルアップ・キャリア | 05:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自分をコントロールする力 非認知スキルの心理学


自分をコントロールする力 非認知スキルの心理学 (講談社現代新書)

満足度★★★★
付箋数:26

子どものときの知能指数(IQ)は、
学力や将来の年収に影響することが
知られています。

しかし、子どもの将来にIQよりも
影響する、重要な能力があります。

その能力とは、「実行機能」。

日本では、あまり聞き慣れない言葉
ですが、海外では注目されています。

実行機能とは、目標を達成するために、
自分の欲求や考えをコントロール
する力です。

いわゆる「頭の良さ」を測るIQは、
認知スキルと呼ばれるのに対し、
実行機能は非認知スキルと呼ばれます。

日本の幼児教育ではIQを高めることに
熱心ですが、実は実行機能を高めた
方が、社会的な成功につながりやすい
ことが研究により示されています。

具体的に、将来の何に影響するかと
いうと、仕事の成果、肥満、性的行動、
依存症や犯罪などです。

なぜなら、私たちは、大人も子どもも、
男性も女性も、毎日様々な誘惑と
戦っているから。

私たちは1日のうち4時間は、
誘惑と戦っているようです。

頭が非常に良くても、突然キレたり、
性的犯罪に走る人は、実行能力が
足りないのです。

本書は、人生を左右する実行機能に
ついて説明し、その育て方と鍛え方を
解説する本です。

著者は、京都大学大学院教育学研究科
准教授の森口佑介さん。

実行能力は、自制心に近い能力です。

目標を達成するために、自分の行いを
抑えたり、切り替えたりする能力で、
社会生活に欠かせません。

実行能力が高いと、仕事ができたり、
健康な生活を送れる可能性が高いのです。

子どもに対する、自制心を問うテスト
では、「マシュマロテスト」が有名です。

目の前のマシュマロを、すぐに食べて
しまう場合は1個だけ、15分ほど待つ
ことができると2個食べられるという
テストです。

このマシュマロテストは、子どもの
将来を予測するということで、
一時期、非常に話題になりました。

しかし、現在の研究ではその結果は
疑問視されています。

なぜなら、マシュマロテストは
実行機能の調べるための1つの方法
に過ぎないからです。

「マシュマロテスト=実行機能」
ではなく、マシュマロテストで測定
できない、実行機能も大事だからです。

実行機能には、2つの側面があります。

1つは、感情の実行機能。

これは目標のために欲求や衝動を
コントロールする力です。

車の運転に喩えると、アクセルと
ブレーキに当たります。

もう1つは、思考の実行機能。

こちらは目標のためにくせや習慣を
コントロールする能力。

車の運転ではハンドルに該当します。

子どもの実行機能は、ゲーム、運動、
音楽、マインドフルネスなどによって
鍛えることができます。

しかし、残念ながら大人の実行機能は
鍛えるのは、簡単ではないようです。

そのため、大人は、いざというときの
準備が必要と説明されています。

具体的には、誘惑はできるだけ目に
しないように工夫し、強いストレスを
感じているときは、しっかりと休息
することが大切です。

本書は、学術的な裏付けがしっかり
した、非常に興味深い本でした。

この本から何を活かすか?

本書では、自分をコントロールする力
のセルフチェックが紹介されていました。

13項目の問に、自分が当てはまるか
どうかを答えるだけで、判定できます。

最低13点から最高65点で、点数が
高いほど自分をコントロールする力が
あります。

大学生は平均が36点、一般は40点。

私はテストの結果、45点でした。

しかし、それで喜んではいけません。

自分をコントロールする力がないと、
誘惑に負けてしまって、甘く答えて
しまう傾向があるからです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 自己啓発・セルフマネジメント | 05:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

問題解決力を高める「推論」の技術


問題解決力を高める「推論」の技術

満足度★★★★★
付箋数:29

フォレスト出版の三上さんより
献本頂きました。ありがとうございます。

あなたは、今よりもっと
頭が良くなりたいですか?

もしくは、問題解決力を手に入れ、
仕事ができるようになりたいですか?

もし、少しでもYesと思うなら、
何も言わず本書を読んでください。

本書を読むと、これからの時代に必要な
「頭の使い方」が手に入ります。

これからの時代とは、VUCAの時代。

Volatile(変動性)、Uncertainty
(不確実性)、Complexity(複雑性)、
Ambiguity(曖昧性)に象徴される、
「正解のない」時代です。

  「今のあなたに必要なのは、
  不確実性の高い環境変化を読み解いた
  上で確実性の高い結論を生み出す
   “推論力” だ。そして、推論力を
  元にPDCAを愚直に回すことによって
  初めて、さまざまな問題が解決
  できるようになる。」

本書の著者は、これまで外資系
コンサル会社と広告代理店で経験を
積んできた羽田康祐さんです。

羽田さんは、正解のない時代に、
最も必要な能力は、「推論力」である
と断言しています。

では、推論力とはどんな能力なのか?

本書では、次のように定義します。

 推論力=未知の事柄に対して道筋を
   立てて推測し、論理的に妥当な
   結論を導き出す力

推論力は、限られた人だけが
もともと持っている頭の良さではなく、
誰もが身につけることができる
頭の使い方だと言います。

では、具体的にどんな頭の使い方を
するのでしょうか?

本書では、3つの推論するための
方法論を解説します。

1つ目は、帰納法。

帰納法とは、複数の事実から共通点を
発見して、結論を導き出す推論法。

帰納法を身につけると、些細ない事実
から、見えていないものを見抜き、
そこから発想できるようになります。

2つ目は、演繹法。

演繹法とは、正しいとされている
ルールに物事を当てはめて結論を
出す推進法。

演繹法が使えるようになると、
当たり前の常識を覆し、新たな側面
の発見や価値の創造につなげられる
ようになります。

3つ目は、アブダクション。

アブダクションとは、起こった現象
に対して、法則を当てはめ、
起こった現象をうまく説明できる
「仮説」を導き出す推論法。

アブダクションを手に入れると、
帰納法や演繹法では導き出せない
仮説が立てられるようになります。

仮説の可能性を広げられると、
意思決定やアクションにつなげる
ことができるようになります。

そして、本書ではこの3つの推論法を
合わせ技で使う方法も解説します。

  「推論力は、ビジネスに活かせ
  なければ成果はゼロだ。
  そして、ビジネスに活かすためには
  “個々の推論法の頭の使い方を知る”
  だけでなく “組み合わせて運用する
  頭の使い方” も試される。」

本書では、教科書的な知識だけで
終わらせによう、実際のビジネスで
使い倒すための方法を解説します。

推論力は、ビジネスで必要な
あらゆるスキルの中核をなす能力。

AIが発達して、既存の仕事を代替する
世の中では、ますます希少性が高く
なります。

本書は、多くのビジネスパーソンに
自信を持ってお勧めできる一冊です。

この本から何を活かすか?

これまでも、帰納法・演繹法・
アブダクションを解説している本は
ありました。

しかし、本書が類書と大きく異なるのは、
「具体的な頭の使い方」や「ビジネス
実務への活用法」、「トレーニング方法
と習慣の仕方」まで解説している点です。

ここまで踏み込んで説明している本は
ほとんど見たことがありません。

本書でしっかりトレーニングを積むと、
本当に使える推論力が手に入りそうです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 問題解決・ロジカルシンキング・思考法 | 06:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ストレングス・リーダーシップ―さあ、リーダーの才能に目覚めよう


ストレングス・リーダーシップ―さあ、リーダーの才能に目覚めよう

満足度★★★
付箋数:20

  「より有能なリーダーになる秘訣とは
  なんだろうか。この問に答えるために
  われわれは専門家でチームを組織し、
  数十年分の自社データを検討した。
  (中略)この調査結果から3つの
  重要な事実が判明した。」

この調査を行ったのは米ギャラップ社。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう
で「ストレングス・ファインダー」を
提供している会社です。

ストレングス・ファインダーとは、
自分の強みを知るためにオンラインで
診断するツールです。

『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう』は
2版出ていて、2001年に初版が刊行され、
2017年に第2版が刊行されました。

いずれも、ストレングス・ファインダー
を受けるためのアクセスコードが
ついていました。

さて、本書はストレングス・ファインダーを
より良いリーダーになるために活かす本。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう』の
リーダーシップ編です。

著者はギャラップ社のトム・ラスさんと
バリー・コンチーさんです。

本書にもストレングス・ファインダーを
受けるためのアクセスコードが付いています。

ところで、ギャラップ社が調査した、
有能なリーダーになるための3つの秘訣
とは次の通りです。

 1. 最も有能なリーダーは常に強みに
  投資している

 2. 最も有能なリーダーは周囲に適切な
  人材を配置し、チームの力を最大限に
  引き出す

 3. 最も有能なリーダーはフォロアー
  たちの欲求を知っている

本書ではこの結果から、優れたリーダー
になるための第一歩は、自分の強みを知る
ことであると結論づけています。

また、本書の調査では優れたチーム共通
する4つの領域を挙げています。

それは、実行力・影響力・人間関係構築力
・戦略的思考力の4領域です。

この4領域とストレングス・ファインダー
で示される強みの34の資質を関連付けて、
本書ではリーダーシップの強化を図ります。

つまり、リーダーとして34の強みごとに、
その強みを活かした「人の動かし方」を
探ります。

また、部下の強みを活かすことも
強固なチームを作り上げる秘訣です。

そのため、部下の強みに対して、
リーダーとしてどのように振る舞えば
良いかもアドバイスしています。

ストレングス・ファインダーありきの
本なので、読むパートとしては
100ページぐらいでしょうか。

残りは、ストレングス・ファインダーの
診断ごとに、自分の該当するページの
アドバイスを読むことになります。

本書は2013年に刊行された本です。

実は、この本については2013年5月
一度記事を書いています。

なぜ、再購入・再読したかというと、
ストレングス・ファインダー自体が
アップデートされたらしいという話を
聞いたから。

これでストレングス・ファインダーを
受けるのは3回目となります。

年齢と共に、自分の強みは変わるのか
という点も気になって、再読しました。

果たしてその結果は?

この本から何を活かすか?

2009年ストレングス・ファインダー結果
  戦略性
  活発性
  指令性
  着想
  親密

2013年ストレングス・ファインダー結果
  戦略性
  着想
  学習欲
  達成欲
  分析思考

2020年ストレングス・ファインダー結果
  着想
  戦略性
  未来志向
  学習欲
  自己確信

やはり、少しずつ強みは変わっています。

年数が経っても、ずっと変わらない資質は
着想と戦略性の2つですね。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| リーダーシップ | 05:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT