活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


≫ EDIT

プレゼンの語彙力 おもしろいほど聞いてもらえる「言い回し」大全


プレゼンの語彙力 おもしろいほど聞いてもらえる「言い回し」大全

満足度★★★
付箋数:19

  「結論から言いましょう。 “スティーブ・
  ジョブズのようなプレゼン力をすべての人に
  提供する” 、私はそれを目指しています。
  つまり、この本は “プレゼンで革命” を
  起こすために書きました。
  こう思うことはないでしょうか。
   “なぜ、あの人が話すと心が動くの
  だろう?” と。」

本書は、タイトルの通り、プレゼンのときに
使う、気の利いた語彙・フレーズ集です。

プレゼンだけでなく、会議の際や営業でも
使えます。

本書で紹介される語彙を使っても、
中身自体が良くなるわけではありません。

しかし、ピンポイントで聴衆の関心を集め、
聞きたいと思わせる、力のあるフレーズが
紹介されています。

著者の下地寛也さんはコクヨ株式会社の
トップコンサルタント。

下地さんは、プレゼンが上手い人の共通点は
「相手の心に響く言い回し」をたくさん
知っていることだと分析しています。

あなたは、「相手の心に響く言い回し」を
いくつ持っていますか?

自分のものとして使いこなしている
フレーズが5個以下の人は、注目です。

本書で紹介されている100個のフレーズの
中から、シックリくるのを選びましょう。

そのまま、パクって使えば、次の瞬間から、
あなたのプレゼンは、洗練されていて、
注目を集めるものに変わることでしょう。

実は、冒頭で紹介した「はじめに」の
下地さんの言葉は、本書の言い回しを
寄せ集めて作ったものです。

  「 “プレゼンの語彙力” は誰でも身につき、
  すぐに使えるスキルなんです。
  本書で解説している言い回しの全体像は
  7つの視点(自信・興味・驚き・納得・
  信頼・共感・決断)で構成しています。
  この7つの視点と具体的な例を覚えて
  いただくだけでもあなたのプレゼン
  スキルはグッと高まり、ビジネスに
  おける成果は何倍にもあがるはず!
  と確信しています。」

例えば、本書で紹介されてる言い回しは、
こんな感じです。

自分たちが目指しているサービスの
将来像を伝えるとき。

「このサービスを世界一に育てましょう」
とは言いません。

壮大な敵をライバル視して、より具体的に
イメージできる言い方に変えます。

「グーグルを一緒にやっつけましょう!」
と言います。

ライバルのスケールが大きければ、
大きいほど、聞き手はスゴイと思う
ようです。

本当にそのライバルを倒せるかどうかが、
重要ではありません。

自分の志が高いことを示すのが目的。

ライバルとして名前を挙げる会社は、
人気があってスケールが大きなところを
選ぶのがポイントのようです。

本書では大人気キャラクター「けたクマ」
がイラストとして挿入されています。

そのため、お堅いビジネス書ではなく、
楽しく(半分冗談のように)読むことが
できます。

正直、フレーズ集のため中身が濃い本とは
言い難いですが、すぐに使える即効性が
本書の最大のウリです。

 第1章 「自信を示す」言い回し
 第2章 「興味を引く」言い回し
 第3章 「驚きを与える」言い回し
 第4章 「納得感を高める」言い回し
 第5章 「信頼させる」言い回し
 第6章 「共感を得る」言い回し
 第7章 「決断を促す」言い回し

この本から何を活かすか?

本書から、私がすぐに使おうと思った
フレーズをいくつか紹介します。

 ・「これこそ○○革命なんです」

 ・「残念な人は大抵○○してしまうん
  ですね」

 ・「ドラッカーも、こう言っています」

 ・「ベストな方法がないときでも、
  ベターな方法を試すべきです」

 ・「今日の話を聞いただけで皆さんの
  変化はもう始まっています」

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| ノウハウ本 | 04:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「承認欲求」の呪縛


posted with ヨメレバ満足度★★★★
付箋数:27

あなたは、部下を育成するために
「承認」することを大切にして
いませんか?

もしそうなら、「承認」を活用する
前に、絶対に本書を読んだ方がいい。

コーチングが一般的になってから、
褒めるのではなく「承認する」ことが、
推奨されてきました。

人は、承認されたい生き物です。

これを裏付けるのが、米国の心理学者、
アブラハム・マズローさんが提唱した
「欲求段階説」です。

人は自分が価値ある存在だと
認められたいからこそ、人は努力するし、
健全に成長していくと考えられます。

しかし、「承認」には、とてつもない
ダークサイドが存在します。

それはアナキン・スカイウォーカーが
堕ちるべくして、堕ちてしまったように、
「承認欲求」は使い方によっては、
マイナスに働くことがあるのです。

それは、自分がいくら認められたいと
思っても、相手が認めてくれなければ、
この欲求は満たされないからです。

  「スポーツ界で次々と発覚した、
  暴力やパワハラ。社会問題化している、
  イジメや引きこもり。官僚による
  公文書改ざんや事実の隠蔽。
  日本を代表する企業で続発する、
  検査データの捏造や不正会計などの
  不祥事。電通事件をきっかけに、
  あらためて深刻さが浮き彫りになった
  過労自殺や過労死。掛け声だけで、
  なかなか進まない “働き方改革” 。
  これらの問題の背後に隠れているのは
   “承認欲求の呪縛” である。」

著者は、同志社大学政経学部教授の
太田肇さんです。

太田さんは、これまで承認や承認欲求の
ポジティブな面に焦点を当てた本を
何冊も執筆してきました。

しかし、それらを書いている中で、
承認や承認欲求にはネガティブな面が
あり、それが多くの社会問題の原因に
なっていることに気づいたそうです。

本書は、承認欲求の持つダークサイドを
解明する本です。

承認欲求は、人間にとって「最強」の
欲求の1つです。

これが満たされると、芋づる式に、
他の有形無形のさまざまな欲求も
満たされることになります。

更に、尊敬や信頼といった好ましい
対人関係も築くことができます。

しかし、あることがきっかけで、
今度は獲得した報酬や人間関係に
とらわれるようになります。

しかも、そこからは容易に逃れる
ことはできません。

それが、「承認欲求の呪縛」です。

なぜなら、人は失うときの価値を、
得るときの価値の何倍も大きく
感じるからです。

これはR・セイラーさんが提唱した
「保有効果」として知られています。

本書は、誰もが持つ「承認欲求」の
正体を明らかにし、それを制御する
方法を教えます。

私は本書を読んでいて、恐ろしさを
感じました。

それが、単なる煽りではなく、
論理的に少しずつ解明されていくので、
より恐ろしく感じました。

あの事件も、この事件も、その背後には
承認欲求があった・・・・。

それは他人事ではなく、誰しも、
「承認欲求の呪縛」に陥る可能性が
あるということです。

本書は、是非、読むべき本として
薦めたい一冊です。

この本から何を活かすか?

プレッシャーに押し潰されないため
には、「問題を相対化」するのが、
効果的なようです。

本書では、白鵬さんに王貞治さんが
与えた助言が紹介されていました。

それは白鵬さんが、大鵬さんの大記録、
優勝32回を目前に控えて、大きな
プレッシャーを感じていたときのこと
でした。

  「32回と考えるのではなく、
  35回、40回と考えたら楽になる」

王さんのアドバイスは、目の前の
目標より、はるか先に目標を置く
ことで、問題の相対化を図ったのです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 自己啓発・セルフマネジメント | 06:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

僕たちは14歳までに何を学んだか


僕たちは14歳までに何を学んだか 新時代の必須スキルの育み方(SB新書)

満足度★★★
付箋数:23

新しい時代を切り開く、卓越した
革命家は、「根拠のない自信」を
持っています。

それは、前進すれば「なんとかなる」
という感覚です。

別の言葉では、「セルフ・エスティーム」
とも言うことができます。

卓越した革命家になる人たちは、
14歳までに勉強ばかりせずに、
ちゃんと遊び回っていたといいます。

本書は、教育改革実践家として活躍する
藤原和博さんが、4人の時代を代表する
革命家にインタビューした本です。

選ばれたスーパーヒーローは、
いずれも藤原さんと親交があり、
藤原さんがリスペクトする方々です。

キングコングの西野亮廣さん
ホリエモンこと堀江貴文さん
SHOWROOMの前田裕二さん
DMMの亀山敬司さん

  「僕自身が改めてインタビューし、
  彼らが14歳までにどんなふうに
  遊び、学び、育ったのかを根堀り
  葉掘り聞くことにした。
  子どもの頃、何をゲットしたことが
  今の “根拠のない自信” と行動力に
  結びついているかという謎解きだ。
  そのインタビュー集が本書である。」

実際に4人の方々が14歳までに、
どんなことをやったかについては、
本書をお読みください。

ここでは藤原さんが「頭の良さ」
について解説しているパートから
少しその考え方を紹介します。

単純に「頭がいい」といっても、
それは2つの要素に分けられます。

1つは「アタマの回転の速さ」。
もう1つは「アタマの柔らかさ」。

これは「情報処理能力」と
「情報編集力」と言い換えることが
できます。

情報処理能力は、現在使われている
基礎学力と近い能力です。

正解が問われたときに、早く正確に
その答えを出す能力。

一方、情報編集力は、正解がないか
1つではない課題に対して、
自分なりの仮説を生み出す力です。

正解がないから、答えを当てる
わけにはいかず、クリエイティブな
仮説を生み出さなければなりません。

藤原さんは、この2つの能力を、
「ジグソーパズル型学力」と
「レゴ型学力」とわかりやすく
喩えています。

従来の学校教育で身につけやすい
のは、「ジグソーパズル型」。

未来を拓く力でもあり、子どもの
頃から遊ぶことによって身につけ
られるのが「レゴ型」です。

この2つの能力はどちらも必要です。

今の学校教育のカリキュラムでは
9:1の割合でジグソーパズル型に
偏重しているようです。

藤原さんは、7:3が理想的な
バランスだと考えています。

本書は、お子さんの教育について
考えている方はもちろん、
それ以外の方にとっても興味深い
本だと思います。

この本から何を活かすか?

  「勘違いしてほしくないのは、
  だからと言って、子どものおもちゃ
  箱にあるジグソーパズルを捨てて
  レゴブロックを買ってくれば、
  未来を拓く “情報編集力” が身につく
  かというと、そうではないと
  いうこと。」

もし、そのように考えたとすると、
それこそ「正解主義」の弊害だと
藤原さんは指摘しています。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 人生論・生き方・人物・哲学 | 06:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

NEW POWER これからの世界の「新しい力」を手に入れろ


NEW POWER これからの世界の「新しい力」を手に入れろ

満足度★★★★
付箋数:26

あなたは、ニューパワーか?
それとも、オールドパワーか?

本書は、今、世の中で起こっている
新たしい「潮流」を説明する本です。

「ニューパワーVSオールドパワー」という
対立概念を使って読み解きます。

まずは、患者と医者の実話を1つ紹介します。

医師はコンピューターから目を上げ、
怪訝な顔で言いました。

 「いったいどこでそんな言葉を覚えた
 んです? 医師の使う専門用語ですよ。
 あなた、医学部にでも通ったんですか?
 これ以上、余計なことをネットで調べる
 つもりなら、もうあなたのことは
 患者として診れません」

それまで女性患者は、自分の症状に対して、
「ぼーっとする」という表現を使って
いました。

しかし、この日、患者は自分の身に起きた
のは「二次性全身性強直間代発作」だと
思う、と医師に伝えました。

この病名が医師の気に障ったのです。

この患者が自分の症状について調べたのは
「ペイシェンツ・ライク・ミー」という
オンライン患者コミュニティでした。

このサイトは、会員数が50万人超、
疾病の種類は2700以上にもなっていて、
素人でも専門知識を活用できる
巨大なコミュニティです。

医師はオールドパワーの作用する世界で
生きています。

専門知識を習得するために、厳しい訓練を
積み重ねてきました。

しかし、彼らは医学知識を独占するのに
慣れてしまいました。

難解な専門用語を操り、一般人には
理解不能な処方箋を書いているうちに、
患者から遠ざかってしまったのです。

一方、患者はニューパワーを発見しました。

自分の症状を改善するために、
個人のデータを共有し、意見交換し、
励まし合いました。

ときには、医学論文を紹介し合い、
クライドソーシングで治験まで実施する
ようになったのです。

患者はオールドパワーで閉ざされていた
世界で、ニューパワーを手に入れたのです。

  「本書のテーマは、2つの大きな力の
  せめぎ合いと均衡を特徴とする世界に
  おいて、しっかりと歩を進め、
  たくましく成長するための方法を
  探ることだ。その2つの力を、
   “オールドパワー” と “ニューパワー” 
  と呼ぼう。」

オールドパワーは、貨幣(カレンシー)
に似ています。

少数の人が力を握り、リーダー主導型。

また、ダウンロード型で閉鎖的な
特徴を持ちます。

一方、ニューパワーは潮流(カレント)
に似ています。

その力は多くの人によって生み出され、
仲間主導型です。

また、アップロード型で開放的な
特徴を持っています。

本書では「価値観」と「ビジネスモデル」
の2軸マトリックスで、現在の企業や組織、
リーダーがどこに位置するかを示しながら
その概念を説明します。

そして、ニューパワー使い方を伝授する
ことを最終的な目的としています。

・どうすれば大勢の人が飛びつき、
 盛り上げ、拡散してくれるアイディアを
 生み出せるのか?

・集団との結びつきがますますゆるく
 一時的になっていく時代に、どうすれば
 大勢の人が長く所属したがる場を
 つくれるのか?

・新旧のパワーをどのように使い分け、
 どんなときに両方を組み合わせるべきか?

・オールドパワーのほうがよい結果を
 もたらすのは、そんなケースか?

本書では、世界を大きく変えている
パワーシフトの全容が、非常にわかりやく
解説されています。

読む価値のある、非常に良い本でした。

この本から何を活かすか?

本書の主張は、オールドパワーが完全に
廃れ、ニューパワーに取って代わられる
というものではありません。

実は、オールドとニューの2つのパワーの
ブレンドが凄まじい力を生むとしています。

ですから、私たちに求められているのは、
新旧2つのパワーのスキルを身につける
ことなのです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 社会・国家・国際情勢 | 05:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なぜ日本の会社は生産性が低いのか?


なぜ日本の会社は生産性が低いのか? (文春新書)

満足度★★★★
付箋数:24

ずいぶん前から、日本の会社は生産性が
低いと指摘されています。

事実、日本生産性本部の調査によると、
時間当たりの労働生産性はOECD35カ国中、
日本は「20位」となっています。

トップのアイルランドやルクセンブルグの
およそ半分程度の生産性です。

生産性、生産性とうるさく言わなくても、
生活レベルはそれほど変わらないので、
別にいいんじゃないの?

そう思っている人もいるかもしれません。

しかし、生産性が低くなっていくと、
日本は確実に貧しくなっていきます。

個人の賃金水準が上がらないどころか、
いずれ下がっていくことになる。

特に日本では、医療・福祉・介護の分野で
生産性の低さが目立ちます。

また、他の生産性の高い国に比べて、
ニッチな分野において、突出した
非価格競争力をもつ企業が少ないのも
日本の特徴です。

そこで最近では「生産性を高めよう」が、
合言葉のようになっています。

しかし、本書の著者、人気エコノミストの
熊野英生さんは、それは「愚の骨頂」だと
指摘します。

なぜなら、「個人の工夫で生産性を上げる」
ことが前提になっているから。

  「筆者は本書の執筆を思い立ったとき、
  生産性に関する書籍をかき集めてみた。
  巷に溢れる書籍の多くは個人のスキル
  アップの指南書だった。
  これらはそれなりに役立つのだろうが、
  いくら個人が頑張っても、企業組織や
  チームの生産性は、全体の機能や
  ビジネスモデルが変わらなければ、
  大きく向上することはない。
  個人の仕事術を無数に積み上げても、
  集団的な生産性向上は難しいからだ。」

もちろん個人の生産性も上げるべきですが、
それだけでは問題の本質的なところは
解決しないというのが熊野さんの考えです。

そして、部下を持たない上級管理職が増え、
一人だけでする仕事が増えている現状で、
生産性向上を求められるのは、「旧日本軍」
に近い体質だと指摘しています。

熊野さんは、野中郁次郎さんらの名著
失敗の本質―日本軍の組織論的研究
から次の文の引用しています。

  「日本軍はある意味において、
  たえず自己超越を強いた組織であった。
  それは、主体的というよりは、そうせざる
  をえないように追い込まれた結果である
  ことが多かった。
  往々にして、その自己超越は、
  合理性を超えた精神主義に求められた。」

旧日本軍は失敗しているので、
その教訓から、旧日本軍がやった
逆を目指せばいいとの結論に至っています。

つまり目指すべき戦略は、「物量重視」で、
「持久戦志向」で、「判断の柔軟性」を
持つこと。

実際に今の日本の職場が、どの程度まで
旧日本軍に近いかはわかりませんが、
「働き方改革」に漂う不条理さを考えると、
熊野さんの説には説得力を感じます。

では、個人の頑張りだけに頼らずに、
生産性を上げるにはどうしたらいいのか?

本書では、次の3つの要因を掘り下げます。

  1. チームワークと協業のメリット
  2. 働く目線の高さ
  3. 職業への忠誠心と利他的行動

この中で3番の「忠誠心と利他的行動」が
生産性の向上につながるという考察は、
斬新でしたが、納得できる内容でした。

個人の生産性を最大化しても、必ずしも
組織全体の生産性の最大化につながらない
のは、組織には「協業」が存在するから。

その協業で成果を上げるために必要なのが
「利他的行動」に尽くすことなのです。

最近では、生産性向上を謳うビジネス書は
多くなりましたが、本書はその中でも、
独自の視点を持った、面白い本でした。

この本から何を活かすか?

熊野さんは、成果主義には限界があるとし、
メンバーが個人の利益ではなく、
もっと大きな目的を見出すべきと考えます。

そのため、サン・テグジュペリさんの
次の言葉を紹介しています。

  「船をつくろうとするなら、男たちに
  木材を集めさせたり、仕事や労働を
  割り当てて命令するなりするのでではなく、
  代わりに果てしなく広大な海への憧憬を
  伝えるといい」

これは、私の好きな名言の1つです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 仕事論 | 05:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT