活かす読書

読んだ本を、どう活かすか? セミリタイヤしたikadokuが、週に5冊、ビジネス書・自己啓発本・投資本・ベストセラーなどの本を紹介します。


≫ EDIT

脳を最適化すれば能力は2倍になる

満足度★★★★
付箋数:28

2004年アテネオリンピックで金メダル、
2012年ロンドンオリンピックで銅メダルを
獲得したハンマー投の室伏広治選手。

室伏選手が、ハンマーを投げる直前に、
大きな声を出すところをテレビで見たことが
ある人も多いでしょう。

よく見ると室伏選手に限らず、ハンマー投の
選手の多くが、同じように投げる直前に
大声を出しています。

なぜ、ハンマー投の選手は、大声を出すのか?

「気合を入れる」ために、大声を出している
ように思えるかもしれません。

もちろん、そういった心理的な面の効果も
あることでしょう。

しかし、大声を出す最も大切な理由は
他にあります。

それは脳内物資の1つである「アドレナリン」
を分泌させること。

大きな声を出して叫ぶことで、脳に刺激が
与えられ、アドレナリンが分泌されるのです。

アドレナリンには、大きく2つの効果があります。

1つ目は、身体機能や筋力を一時的に
アップさせる「身体に対する効果」。

2つ目は、集中力や判断力を高める
「脳に対する効果」です。

このシャウティング効果は、実験的にも
確かめられていて、他のスポーツでも
用いられています。

元プロレスラーのアニマル浜口さんが、
「気合だー、気合だ―!!」と連呼すると、
応援する相手よりも、浜口さん自身に、
アドレナリンが分泌されているのです。

しかし、アドレナリンが分泌されると、
プラスの効果だけでなくマイナスの効果も
あります。

アドレナリンが過剰分泌されてしまうと、
血圧が上がり過ぎて、筋肉がこわばって
しまいます。

また、冷静さを失って暴走してしまう
可能性もあります。

更に、アドレナリンは依存性もあるので、
常にその状態を求めてしまう
アドレナリン・ジャンキーになる
危険性もあるのです。

アドレナリン・ジャンキーになると、
心臓疾患、脳卒中、糖尿病、癌などの
身体の病気だけでなく、うつ病などの
心の病気になる可能性もあります。

アドレナリンは、あくまで「勝負物質」なので、
オンにするのと同様に、オフにすることも
重要なのです。

さて本書は、米国で脳科学の研究にも
携わっていた精神科医の樺沢紫苑さんによる
脳内物質を活用した仕事術の本です。

本書で紹介される脳内物質は以下の7つです。

  ・ドーパミン(幸福物質)
  ・ノルアドレナリン(闘争か逃走か)
  ・アドレナリン(興奮物資)
  ・セロトニン(癒やしの物質)
  ・メラトニン(睡眠物質)
  ・アセチルコリン(記憶と学習)
  ・エンドルフィン(脳内麻薬)

実際に脳内物質は50以上ありますが、
その中でも脳の重要な役割を担っている
7つを厳選して仕事術としてまとめています。

これまでにも、どれか1つの脳内物質を
扱った本はたくさんありますが、
樺沢さんは、あえて1冊の本の中で、
7つの脳内物質を紹介しています。

その理由は、脳内物質は「バランス」が
重要だからです。

どれか1つの物質が多過ぎてもダメで、
脳や身体がうまく働かなくなるので、
バランスをとるために、7つの脳内物質を
まとめて紹介しているのです。

本書は非常に濃い内容の本で、
1冊でここまで内容が詰まっている本は
珍しいと思います。

こんなお買い得の本は滅多にありませんが、
1点だけ注意が必要です。

それは、本書が2010年にマガジンハウスから
刊行された『脳内物質仕事術』の改訂版で
あることです。

以前の本を持っている方だけは、
本書を購入する必要はないと思います。

私はそうと気づかず、本書を読みましたが、
改めて樺沢さんの本の凄さを実感しました。

この本から何を活かすか?

セロトニンは癒やしの物質で、覚醒や気分、
心の安定と深く関わっています。

このセロトニンをうまく活用すると、
朝の時間がゴールデンタイムになり、
量と質の両方で仕事の効率が上がります。

では、どのようにするとセロトニンが
うまく生成されるのか?

その方法は、ズバリ「カーテンを開けて寝る」。

カーテンを閉めずに、朝日を浴びて
目覚めることが、セロトニンの合成を促し、
朝のゴールデンタイムを作るのです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| | 06:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やり抜く力 GRIT(グリット)

満足度★★★
付箋数:24

成功する人と、失敗する人の違いは何か?

それは、生まれながらに持っていた
「才能」ではありません。

重要なのは、最後まで「やり抜く力」です。

このやり抜く力のことをGRIT(グリット)と
呼びます。

偉業を達成するには、才能よりもグリットが
重要であることを科学的に突き止めたことで、
2013年にマッカーサー賞を受賞したのが、
本書の著者、アンジェラ・ダックワースさん
です。

ちなみに、マッカーサー賞とは、分野を問わず
「人並み外れた独創性、創造性探究への献身、
顕著な自己実現能力」を発揮した人に贈られる
アメリカ国民を対象とした賞で、ノーベル賞に
匹敵するほどの栄誉ある賞と言われます。

「やり抜く力」は「情熱」と「粘り強さ」の
2つの要素でできています。

あなたの「やり抜く力」がどの程度あるかを、
こらから紹介するグリット・スケールと
呼ばれる簡単なテストで調べてみましょう。

次の各5項目に、同僚や友人、家族と比べて
どうか、または、たいていの人と比べて
どうかをあまり考え込まずに答えてください。

<情熱>
5、4、3、2、1の5段階評価でスコアを付け、
まったく当てはまらないを「5」、
非常に当てはまるを「1」とします。

 ・新しいアイディアやプロジェクトが出て
  くると、ついそちらに気を取られてしまう。
 ・目標を設定しても、すぐべつの目標に
  乗り換えることが多い
 ・達成まで何ヶ月もかかることに、ずっと
  集中して取り組むことがなかなかできない。
 ・興味の対象が毎年のように変わる。
 ・アイディアやプロジェクトに夢中になっても、
  すぐに興味を失ってしまったことがある。

<粘り強さ>
同じく5段階評価ですが、先ほどとは逆に、
まったく当てはまらないを「1」、
非常に当てはまるを「5」とします。

 ・私は挫折をしてもめげない。
  簡単にはあきらめない。
 ・私は努力家だ。
 ・一度始めたことは、必ずやり遂げる。
 ・私は勤勉だ。絶対にあきらめない。
 ・重要な課題を克服するために、
  挫折を乗り越えた経験がある。

すべての項目に5段階で答えたら、
「情熱」、「粘り強さ」それぞれを5で割って
平均を出します。

数値が高ければ高いほど、「やり抜く力」が
あることになります。

アメリカ人の成人の平均は3.8。

スコアの目安は、下位20%の人のスコアは3.0、
下位40%の人は3.5です。

上位は30%で4.1、上位20%は4.3、
上位10%は4.5、上位5%は4.7です。

もし、あなたのスコアが4.1なら、
上位30%に入るので、全体の70%の人
よりも「やり抜く力」が強いことになります。

ちなみに、ダックワースさんは本書を
執筆中にこのテストをやったところ、
「情熱」は4.2で、「粘り強さ」は4.6の
スコアだったそうです。

「やり抜く力」は、伸ばすことができます。

その方法は2つあり、1つは「内側から伸ばす」
方法で、もう1つは「外側から伸ばす」方法。

内側から伸ばす方法は、興味を掘り下げる、
自分のスキルを上回る目標を設定しては
それをクリアする練習を習慣化するなど。

外側から伸ばす方法では、親、コーチ、教師、
上司、メンター、友人など周りの人々の力を
利用します。

本書はあなたの「やり抜く力」を高める方法を
解説するだけでなく、子どもの「やり抜く力」
を高める子育て方法にも言及しています。

この本から何を活かすか?

少し前のものになりますが、ダックワースさんが
TEDでスピーチした映像がこちらです。



Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 自己啓発・セルフマネジメント | 06:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

感じるままに生きなさい ―山伏の流儀

満足度★★★
付箋数:20

さくら舎、松原さんから献本いただきました。
ありがとうございます。

  「 “修験道って何ですか?”
  私はいつもこう答える。
   “大自然のなかに身を置いて、
  感じたことを考える哲学” 
  まず感じること。それから考える。
  その場に身を置かないと
  わからないことって、あるからね。
  だから説明しない。
  俺は修行に入ったらほとんどしゃべらない。
  山伏から聞くんじゃない。
  大自然が先生だ。
  山伏はただつなぐ人。」

修験道とは、山へ籠もって厳しい修行を
行うことで、悟りを得ることを目的とする
平安末期に成立した宗教です。

霊験を得るための山中の修行と加持、祈祷、
呪術儀礼を主とします。

修験道の実践者を山伏と言います。

本書は、山伏の生き方や感じ方を伝える本です。

著者は、羽黒山伏の星野文紘さん。

星野さんは、関ヶ原の戦いの頃から続く
山形県出羽三山(羽黒山・月山・湯殿山)の
宿坊「大聖坊」の13代目。

宿坊とは、お山参りの人たちが泊まるところ。

星野さんの職業は宿坊です。

そして、山伏は世襲の生き方です。

山伏は、山に入り、山中をめぐって、
祈りをあげたり、水があればそこで禊をしたり、
滝に打たれたりします。

夜は夜で勤行、祈ったりする修行をします。

かつては山に籠もりっぱなしの山伏も
いたようですが、出羽三山の羽黒山伏は、
昔から修行しつつ、宿坊を営む
半聖半俗のスタイルのようです。

星野さんは、普段は山麓の宿坊にいて、
修行の時に山に入ります。

また、奥さんもいる妻帯山伏です。

ところで、山伏は、なぜ修行するのか?

  「簡単にいうと、昔の人のような魂に
  するためだ。昔の人たちは魂が強いんだよ。
  だから昔の人の魂の段階に、自分の魂を
  持っていけばいいわけだ。
  魂を強くして、その感じたことが答えだから。」

魂を強くすると、見えないものが見えてくる。

それは、考えのではなく、
感じれるようになることです。

すべての基本は感じることにあり、
感じることを中心に生きると、
トラブルにならないと星野さんは言います。

頭を使うから、トラブルになり、
考えるから難しくなると。

これは、あのブルース・リーさんが、
映画「燃えよドラゴン」で言ったセリフ、
「Don't think. Feel!(考えるな!感じろ!)」
と同じ考えですね。

では、なぜ、修行をするのは山なのか?

山を神聖なものとする山岳信仰は、
古代ギリシャのオリンポスや中国の五岳信仰
など古くから世界中で見られます。

日本では縄文時代から、狩りの獲物を
もたらすのは、山であることから、
山に対する感謝と畏敬の念をもって
始まったとされています。

山は生命の源で、生きとし生けるものは
すべて山から生命をいただいていると
考えるから、山で修行をするのです。

また、星野さんは、ハイキングや登山の人は、
「もったいない」と思っています。

なぜ、もったいないかというと、
山に入っても「お祈り」をしないから。

ハイキングや登山で、自然を感じるのは
いいことですが、お祈りをすると、
その先が見えてくるといいます。

私はこれまで山伏の方の言葉を聞く機会が
なかったので、本書は非常に新鮮でした。

この本から何を活かすか?

星野さんの宿坊、大聖坊では、
山伏の修行体験ができます。

出羽三山をめぐる2泊3日の修行で、
毎年、7月から8月にかけて行われています。

白装束を着て山を歩きますが、
これは、実は死に装束。

山に入って修行することで、いったん死んで、
生まれ変わるということだからです。

修行体験は、死と再生、生まれ変わりを
体験できるようです。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 人生論・生き方・人物・哲学 | 07:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

腸科学 健康な人生を支える細菌の育て方

満足度★★★★
付箋数:25

私たちの健康は、遺伝に大きく左右されています。

遺伝に関する情報は、染色体のDNAに
含まれるゲノムによって伝えられます。

このゲノムを書き換える技術として、
「ゲノム編集」が食品や医療技術に
応用されることが期待されています。

ただし、この遺伝子操作技術はある種、
神の領域に踏み込むことを意味し、
人間のゲノム編集には、生命倫理感の観点から、
反対の声が世界的に挙がっています。

もし、倫理面を気にする必要のない、
体重や気分、長期的な健康に影響する、
第二の「柔軟な」ゲノムがあるとしたら
どうでしょうか?

しかも、そのゲノムが、ある特定の生活習慣の
選択によって変えられるとしたら?

実は、この第二の柔軟なゲノムは存在します。

それは私たちの腸内に棲みつき、いろいろな
意味で私たちの健康全般に欠かせない、
「細菌のゲノム」です。

ヒトの腸内には100兆個を超える細菌が
暮らしています。

この腸内細菌のことを「マイクロバイオータ」
と言います。

がん、糖尿病、アレルギー、喘息、自閉症、
炎症性腸疾患などの病気の研究が進むに連れ、
マイクロバイオータがこれらの病気の発症や
症状に重要な役割を果たしていることが
わかってきました。

私たちの体内で暮らす細菌は、ヒトの健康の
あらゆる側面に、直接、間接に影響を与えて
いるのです。

このマイクロバイオータは、特に免疫系を
支配していて、腸内細菌が健康だと、
免疫も良好な状態で、腸内細菌が不健康だと、
自己免疫疾患やがんを発症する恐れが多いと
されています。

ヒトゲノムは簡単に書き換えることが
できませんが、第二のゲノムである
マイクロバイオータは入れ替えが可能。

しかし、私たちは初期の人類に比べて、
腸内に持つ細菌の種類が大幅に減っています。

それは、現代の生活が招いたものです。

過剰に加工された食事や抗菌物質の乱用、
殺菌が進んだ家屋などによって、
私たちの腸内細菌の種類は激減しています。

より多様な腸内細菌をもつ社会では、
肥満や糖尿病、自己免疫疾患などの病気は
あまり見られませんでした。

つまり、今の生活を続けていると、
腸内細菌の数が更に減って、現代病に罹る
リスクが高まるのです。

では、どうしたら腸内細菌の種類を
増やすことができるのか?

その最も効果的な方法が、食生活を変える
ことです。

本書では、最新の研究からわかってきた
私たちと腸内細菌の関わりを解説し、
腸内細菌を復活させ、健康な人生を過ごす
方法にまで言及します。

本書の著者は、ソネンバーグさんご夫婦。

ご主人は、スタンフォード大学
スクール・オブ・メディスン微生物学・
免疫学部准教授のジャスティンさん。

奥さんも同じ学部の上級科学研究員の
エリカさんです。

お二人ともマイクロバイオータ研究の
第一人者で、日本では2016年1月に
TBSで放送された「世界ふしぎ発見!」で、
育腸の実践者として紹介されました。

ヒトと細菌の共生については、私たちの健康に
直接関わるので、興味深く読むことができます。

しかも本書の巻末には付録として、
「マイクロバイオータにやさしい1週間の
メニューとレシピ」も掲載されています。

読んで知るだけなく、実際に食生活を変える
ことができる本になっています。

この本から何を活かすか?

 腸内細菌のためのブラウニー

 材料
  無塩バター・・・大さじ5
  ダークチョコレート(カカオ含有量70%)
   ・・・約170グラム
  アーモンドプードル・・・1カップ
  砂糖・・・1/3カップ
  カカオニブ・・・大さじ1
  卵・・・大2個
  バニラエクストラクト・・・小さじ1
  シナモンパウダー・・・小さじ1
  海塩・・・小さじ1
  オレンジゼスト・・・大さじ1

今週末、このブラウニーを作ってもらうよう、
妻に頼んでみようと思います。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 科学・生活 | 06:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最後の資本主義

満足度★★★★
付箋数:24

  「大企業のCEOや金融界のトップトレーダーや
  ポートフォリオマネージャーは、
  インサイダー情報を使って自らの取り分を
  膨らませつつ、企業収益を増大することが
  できるような市場ルールを推し進め、
  自分たちの報酬を自分たちで効率よく
  決めている。
  一方、平均労働者の給与は政治面でも
  経済面でも対抗できる影響力を失ったために、
  ずっと上がらないままだ。」

これはアメリカについて述べられた文章ですが、
日本でも対岸の火事ではありません。

フルタイムで働いても貧困から抜け出せない
「ワーキング・プア」。

日本でもこの言葉を聞くようになって、
しばらく経ちますが、これと真逆の層に、
「ノンワーキング・リッチ」があります。

増えているのは、ワーキング・プアだけでなく、
ノンワーキング・リッチも増えています。

この両極端の層が増えているということは、
もはや報酬が努力と連動していないことを
意味しています。

今の資本主義下では、明らかに二極化が
進んでいます。

このままで、資本主義は大丈夫なのか?

現在の自由市場のメカニズムはどうなっていて、
何が原因で二極化が進んでいるのか?

今の市場のルールは、富裕層だけが勝ち続け、
富が一方的に増える仕組みになっています。

富裕層が富を得た後で、その再分配について
議論しても、根本的な問題の解決には
なりません。

最初の市場のルール自体を変えなければ、
継続性のある社会は築けないのです。

資本主義そのものを見直す時期にきています。

原題『Saving Capitalism(資本主義を救え)』。

邦題の『最後の資本主義』よりも、原題の方が
しっくりくるような感じがします。

本書の著者は、米政治経済学者で文筆家の
ロバート・B・ライシュさんです。

ハーバード大学ケネディスクール教授、
ブランダイス大学社会政策大学院教授、
カリフォルニア大学バークレー校公共政策大学院
教授を歴任し、ビル・クリントン政権では
労働長官を務めた方です。

1991年の著書『ザ・ワーク・オブ・ネーションズ
では、格差社会の到来を予言しました。

2007年の著書『暴走する資本主義』では、
大企業が政治活動に大きな影響力を持ち、
民主主義を脅かすまでになっていることを
指摘しました。

ライシュさんは本書で、格差社会を
生み出しているルールの作られ方と向き合い、
資本主義を希望ある仕組みとして、
もう一度、蘇らせる方法を提示します。

その方法とは、現在、ゲームのルール作りに
対する影響力を失っている圧倒的大多数の
人々を、50年前に広範な繁栄のカギであった
「拮抗勢力」として再結集させること。

そのために、拮抗勢力を組織化して
統一することです。

本書の拮抗勢力とは、大企業、ウォール街、
富裕層の政治的影響力を抑制する勢力。

主に中間層と貧困層で持つべき力です。

本書は、米国の資本主義について書かれた
本ですが、日本でも資本主義の新しい未来が
見えてくると思える本です。

350ページを超えるページ数で、
難しいテーマについて論じていても、
非常にわかりやすく書かれているため、
意外とスイスイと読めると思います。

  第1部 自由市場
  第2部 労働と価値
  第3部 拮抗勢力

この本から何を活かすか?

  「人類が直面しているのは、単に労働力を
  代替する技術ではなく、知力を代替する技術
  なのだ。高感度センサー、音声認識、人工知能、
  ビックデータ、テキストマイニング、
  パターン認識アルゴリズムが組み合わさって、
  人間の活動を素早く学習し、さらに相互学習
  する機能も備えたスマート・ロボットが
  生み出されつつある。」

単純労働だけでなく、頭脳労働でさえも、
ロボットにとって代わられる時代です。

本書でライシュさんが提案している
新しい資本主義の形を作っていく
必要があるように感じました。

Miss a meal if you have to, but don't miss a book.

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 経済・行動経済学 | 06:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT